201508_3_300

連日、日本中で猛暑が続いています。自宅や職場、移動に使用する車や電車などでもクーラーが効いていて、涼しく快適に過ごせるようになっています。

とはいえ、暑い中を歩いてきた人には快適な電車でも人によっては寒く感じますし、職場は背広姿の男性に合わせた設定温度になっていて、オフィスワークの女性には寒すぎるという話もよく聞きます。このように、夏のクーラーは女性の冷えの原因になりかねないのです。

こんな症状に気づいたら

最近、こんな症状がありませんか?
・頭痛
・肩こり
・全身のだるさ
・足のむくみ
・手足の冷え
・下痢や腹痛
・食欲不振

もしかしたら、クーラーの冷えが影響して症状が出ているかもしれません。症状を感じる方で、職場や家庭環境のクーラーが効きすぎて寒く感じることがある方は、要注意です!

「クーラー冷え」の予防・対処法

クーラーの設定温度を調整できる場合は、基本的には27℃前後で設定しておき、外気温との差が5℃前後になるようにしておくといいでしょう。外気温との差がありすぎると自律神経の乱れが起きやすく、症状が悪化する可能性がありますので注意してください。

設定温度が変えられない職場などでは、薄手の腹巻がイチオシ!カーディガンを1枚羽織るよりも、腹巻を使う方が保温効果が高いことは実験研究などによりわかっています。深部体温を下げないように、お腹を温めることは体調管理に一番大切なことです。

それ以外にも、くびれているところを温めること。足首、ウエスト、首、いずれも、素肌を出さないように冷えない工夫が必要です。

夏になると、サンダルに素足の女性が多いですね。ファッションとしては素足の方が素敵かもしれませんが、健康的には良いとは言えません。素足に近いストッキングをはいたり、クーラーの部屋ではレッグウォーマーや靴下で温めることができます。首も、できることならオシャレにストールやスカーフで温めておくことをオススメします。

冷えのせいでむくみや肌のくすみも

体が冷えている方は、全身の循環が悪くなり、むくみやお肌のクスミ、だるさを引き起こしやすくなります。漢方でも、冷えているとどんなお薬も効果がなくなると言われるほど、冷えの改善が必要とされています。

1日の終わりはシャワーで済ませず、38℃~40℃くらいのぬるめのお湯で入浴して、日中に冷えた筋肉をほぐしてあげてください。リラックス効果もあり、冷えも解消し、元気が回復します。

暑い夏、熱中症対策も大切ですが、クーラーによる冷えも対策が大切です。

おすすめ

  1. 炭酸飲料や酸っぱいもので歯が溶ける『酸蝕歯』にご注意!-予防と対処法
    炭酸飲料や酸っぱいもので歯が溶ける『酸蝕歯』にご注意!-予防と対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 熱い…
  2. お酒・たばこ好きな人【慢性咽頭炎】に注意! 喉の痛み・イガイガ・違和感
    お酒・たばこ好きな人【慢性咽頭炎】に注意! 喉の痛み・イガイガ・違和感
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 息苦しい鼻づまり5つの解消法…いますぐ試せる方法と対策
    息苦しい鼻づまり5つの解消法…いますぐ試せる方法と対策
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 呼吸…
  4. 【いびきを治したい方に】舌の体操でいびきが改善できる!
    いびきの原因は舌の筋力低下かも? 舌体操で筋力アップ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  5. 不安神経症になりやすい人の特徴|発症しやすい年齢は20代~30代の女性
    不安神経症になりやすい人の特徴|発症しやすい年齢は20代~30代の女性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …