「なるほど~」が多い人は話を聞いてない? 口ぐせで分かる相手の本音

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

人が発する言葉には、その人の深層心理が含まれています。言葉とは裏腹に「実はこう思っている」という正直な気持ちを、口ぐせから見抜きましょう。

言葉をそのまま受け止めずにその心理を読む

会話の中で「なるほど~」とよく言う人は一見、よく話を聞いているように見えますが、実はそうでもないのだそう。言葉では納得したように見えても、実は違うことを心で思っているということはよくあるもの。そんなわかりにくい人の心理ですが、口ぐせで見抜く方法があるのです。よく使われる口ぐせに隠された、深層心理をご紹介します。

「なるほど~」が多い人は話を聞いてない? 口ぐせで分かる相手の本音

<相手の本音を見抜く口ぐせ>

・ なるほど~

納得した時に使うと思われがちな「なるほど」。本来はそうですが、何度も言う人は、「相手に納得しているという姿を見せて、早くこの話を切り上げたい」と思っています。または、聞いているふりをしているだけで、聞き流している可能性も大です。また、仕事などで交渉している時に相手が「なるほど」といったら要注意。一度、納得しているようにみせて油断させ、そのあとに反論を言おうと待ち構えているおそれが。交渉術で使える手でもあるので、セールスマンが口ぐせにしがちです。

・ でも

相手の言葉と逆のことを伝える言葉です。これが口ぐせの人は、否定的、ネガティブな人が多数。例えばせっかくほめられても「でも、私ここがダメなんだよね」とあえて自分を卑下して、誰かに励ましてもらいたいのです。さらに、自分の意見を押し通そうとするガンコな面も見られます。「でも」をたくさん使う人とのコミュニケーションは、その人の意見を否定せずに受け入れながら話を進めるのがコツ。

・ すみません

「すみません」は謝罪の意味を含む言葉ですが、謝罪の必要がないのに「すみません」を使う人は、とりあえずあやまっておけば安心と考えている人です。つまり、責任感が薄い人。口では「すみません」と言っているものの、自分が悪いという意識はゼロに近いので、いざ何かが起きたとき自分のせいではないと逃げる可能性が大いにあります。過度に信用するのは避けて。

・ここだけの話

自分だけにこっそり秘密を打ち明けてくれるようなこの言葉。なんとなく魅力的な、自分に得のある話をしてくれるように感じます。この言葉が口ぐせの人は、相手との距離を縮めたい、人と親密になりたいと思っています。ただし、この言葉の裏には下心も潜んでいて「いい情報を教えてあげるから、私と仲良くしてよ」といった気持ちも。また「ここだけの話」と聞くと、とても貴重な情報を教えてくれるように聞こえますが、冷静に考えるとそうでもないことが多いので、惑わされないで。

・忙しい

この言葉が口ぐせの人は、自己顕示欲が強いタイプ。「忙しい」という言葉を使うのは、「仕事ができる」「人気がある」といったことを間接的にアピールしたいから。実際「忙しい」と頻繁に言う人ほど、たいして忙しくないものです。また、相手から信頼されたいという願望もあるので、頼みごとをすると「忙しい」割には意外にさらっと引き受けてくれることも。

・絶対に

物事を強調する言葉の「絶対」には、その人の不安感が含まれています。根拠がないからこそあえて「絶対」を使って、自分の意見を強調するのです。この言葉が口ぐせの人は自分に自信がない傾向が。不安感があるものの、この言葉を付け加えることで自信をプラスし、何度も使うことで自己暗示をかけ、不安感を取り除いているのです。絶対という自信がありそうなイメージとは、逆であることを認識しておきましょう。




自己中・プライドが高い・かまってちゃん…面倒な人のかわし方

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

人間関係のあるところには、どこにでもいる面倒な人。タイプ別の特徴と、上手なかわし方をご紹介します。

気まずくならない距離の保ち方とは

会社、ママ友、親戚、ご近所さんなど、面倒な人はどこにでもいます。話さないようにする、無視するといったことができればいいのですが、人間関係を考えると、そうもできません。早めに面倒な人のタイプを見極めて距離を保てば、面倒な人とも上手につき合えます。

自己中・プライドが高い・かまってちゃん…面倒な人のかわし方

○ 自己中心的

このタイプは会話の途中でもとにかく「私は~」、「私の時は~」と、話の中心を自分にもってきたがります。相手の立場や事情などおかまいなしで、自分の主張を述べ始めます。この手のタイプの人が発する言動は、とにかく聞き流すのが吉。「また、はじまった」という程度に考え、相手の気が済むまで話すのを待つか、「仕事の時間が~」などと言って早々にその場を切り上げましょう。

○ プライドが高い

グイグイ自分の自慢をしてくる、プライドの高い人も面倒なもの。ストレートに自慢話をする人ならわかりやすいですが、最近では自虐風の自慢、グチ風の自慢など、自分を下に見せておきながら自慢する高度なテクニックを使ってくるタイプも。男性の場合は武勇伝を言いたがる人も多いもの。人の自慢話ばかり聞かされるのも疲れます。相手を否定すると、どんどんムキになって自慢してくるので、競り合わないように気をつけて。

○ 否定型

会話が盛り上がっているところに「でも~」と切り込んでくるこのタイプ。否定的な言葉ばかり言ってくるので聞いているだけで疲れます。すべてを否定的にとらえるタイプの人は、発言もネガティブ。その裏には、ネガティブな発言をした後に「そんなことないよ~」などのフォローや、「○○さんなら、できるはず!」など励ましの言葉をもらいたいと内心思っている人も。毎回その人の言動をフォローしてあげると、こちらのパワーを吸い取られるので注意して。

○ かまってちゃん

メールや電話をひんぱんにしてきたり、話しかけてくる人が、かまってちゃん。寂しがりやの人が多く、相手の状況を考えずに、グイグイ連絡してきます。こういうタイプはSNSでみんなと一緒にいる自分をアピールするのが好き。毎回、この人の誘いにのると疲れるので、遊びに行くのは3回に1回にするなど、自分が心地よくつき合える距離感を保って。この手のタイプは、あなたが誘いを断っても傷つくことなく、次の人を誘うだけなので、罪悪感を感じる必要はありません。

○ ウワサ好き

「○○さんって~~らしいよ」など、とにかく人のウワサが大好きなタイプ。この人の前で、うっかりグチを言おうものなら、大きな尾ひれをつけた話が、あっという間に広がります。自分のプライベートなど、知られたくないことは話さないのはもちろん、この人のいうことに同情もしないこと。「そうなんだ」と肯定しただけで、あなたも同様の意見を言ったとみなされます。

一般的に面倒な人への対処法は、長く話を聞かない、断る理由を作っておくなどして、極力関わらないようにすること。こういうタイプの人を変えようと思っても、なかなか難しいもの。適当に話を流しつつ、その場を去るのが一番使える手です。

続きを読む




良い関係を築くには相手の承認欲求を満たすことが大事!その方法とは?

ノーイメージ

【執筆者】ピースマインド・イープ

■ピースマインド・イープ株式会社 高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルーム…

もっとみる

【執筆】ピースマインド・イープ 津田るみ

今回は大切な人にぜひプレゼントしたい「ストローク」についてご紹介します。

承認欲求は誰にでもある

人間の体は生きていくのに栄養や睡眠が必要です。それと同じように人の心には「人に認めてもらいたい」という基本的な欲求があり、それが満たされないと心の健康は保てないのです。その欲求を満たすのが「ストローク」です。
ストローク(stroke)とは直訳すると「なでる」とか「さする」という意味ですが、精神科医バーン博士が開発した交流分析(TA)という理論では「人の存在を認めるための行動や働きかけ」と定義され、「プラスの(肯定的)ストローク」と「マイナスの(否定的)ストローク」に分けられます。

●プラスのストローク…撫でる、抱擁する、褒める、励ます、微笑む、信頼する、任せる など
●マイナスのストローク…叩く、怒る、叱る、制止する など

プラスのストロークをたくさん貯めて、人とプラスのストロークを交換できるとき、お互いに心がより健康になり、豊かな関係を結ぶことができます。

マイナスのストロークでも無いよりはマシ

人はストロークが欠乏すると、マイナスのストロークでもいいから欲するようになります。「無視」されているよりは、叱られる方がマシ、と親の関心を惹くために、子供がわざと叱られるようなことをするのはこのためです。「相手の存在を認める」ことが大切なのですね。

条件つきのストロークと無条件のストローク

条件つきのプラスのストロークとは「お勉強して良い子ね」「君は営業成績がよいから優秀な部下だ」など、相手が自分の期待に沿った行動をとった時に与えられるものをいいます。できるだけ、プラスのストロークは条件なしで与えたいものです。
一方、子供や部下を叱る時は、「○○してはダメ」と部分否定、つまり条件つきでマイナスのストロークを与えると効果的です。「あなたってホントにダメね」などと全否定してしまわないように。そして叱った後は、子供ならしっかり抱きしめて「あなたが大好き!」という無条件のプラスのストロークを与えることができればいいですね。

肯定的ストロークを貯める方法

まず、自分から周囲の人に与えましょう。相手の目を見て笑顔で挨拶する、相手の話をよく聴くなど、できるところからでいいのです。きっと、自分にも返ってきますよ。
また落ち込んでいる時や寂しい時には、誰かに「慰めてほしい」とか「一緒にいてほしい」と求めましょう。自分をほめるなど、自分自身へのプラスのストロークも忘れないでくださいね。

※この記事は2009年11月に配信された記事です

続きを読む




もうクヨクヨ悩まない!気にしすぎる体質を変える、生活のちょっとした工夫

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

なにかとクヨクヨしてしまう気にしすぎ体質の人に向けて、心を軽くする方法をご紹介します。

“気にしすぎ人間”は心が便秘になっている!

「仕事でミスをした」「ママ友からのメールの返事がない」など、ひとつのことが気になってクヨクヨ悩んでしまう。そんなこと、ありませんか?
“気にしすぎ”とは、身のまわりの出来事や情報をうまく処理できず、同じことをぐるぐると考え続けてしまう状態。うつうつした気持ちが消えずにどんどん溜まっていく“心の便秘”といえます。
最近は、SNSなど相手の顔が見えないツールが増え、思うように気持ちのやり取りができず、他人とのコミュニケーションに悩む“気にしすぎ人間”が増えていると、気にしすぎ体質「HSP」の研究を行っている医師の長沼陸雄先生は指摘します。

もうクヨクヨ悩まない!気にしすぎる体質を変える、生活のちょっとした工夫

“気にしすぎ”は性格のせいにされがちですが、原因は人それぞれ。
たとえば、アラフォーの女性は家庭や仕事で心配事が増えるうえ、ホルモンバランスが乱れやすく“気にしすぎ人間”になる人が多いのだとか。
“気にしすぎ”を解消するには、あなた自身の「考え方のクセ」を直す必要があります。そのためにはまず、クヨクヨする自分を嫌いにならないこと。「悩んでもいい」と、ありのままの自分を受け入れ、自分との上手なつき合い方を身につけると楽になります。ちょっとした気持ちの切り替えで、心が自由に。

“気にしすぎ”から脱却する方法

“ありのまま”の自分を受け入れるには、一体どうしたらいいの? まずはふだんの生活のなかで、次のことをやっていきましょう。

◯スマホを見ない日をつくる

今は何をしなくても、どんどん情報が入ってくる時代。情報が多いほど不安のタネが増えるので、まる一日、スマホを見ない日をつくって。外からの刺激をシャットアウトし、自分を守りましょう。

◯欠点を直そうとしない

「人見知り」など、欠点だと思っている部分も大切な個性。直そうとするより、自分のいいところを伸ばすことにエネルギーを注いで。そうすれば欠点と思う部分も、いい方向に伸びていくもの。

◯ポジティブ思考をやめる

クヨクヨするのは「よくないこと」と思われがち。でも「ポジティブになるべき」と無理に思うのは、心の負担になり逆にマイナス思考が加速します。ポジティブにならなければ、と自分を追い込むのはやめましょう。

◯「ありがとう」を言う

「ありがとう」という言葉には、気持ちを落ち着ける効果があるのだそう。イヤなことがあったら、自分に「ありがとう」と言ってみて。言葉の力に影響され、マイナスの感情が消えていきます。

◯「米・水・塩」をしっかり摂る

心と体はつながっていて、体が弱ると心も弱ります。日本の伝統的な食べ物である米や、ミネラル豊富な水と塩は、体を健康に保つもの。体のベースが整えば、心も本来のパワーを取り戻します。

◯静かな場所でボーっとする

1日1回2~3分、落ち着ける場所で頭を空っぽにして。考えが浮かんだら「今は関係ない」と無視。これをくり返せば余計な考えが浮かばなくなり、自分の気持ちを受け入れるベースができます。

◯本音を言ってみる

ストレスが溜まっても発散できず、心に溜め込んでいませんか? ときには本音を吐き出すと、気持ちが楽になります。家族や友人など、誰かひとり本音を言える相手を見つけて。

◯「気にしすぎは成長のもと」と思う

悩ましい出来事が起こったら、「これは自分を成長させるために必要なこと」と思ってみて。「今の自分は、とことん悩むことが大切」と思えば、クヨクヨすることへの罪悪感がなくなります。

続きを読む



良い関係を築きたい相手には心を開くといい|自己開示の効果

ノーイメージ

【執筆者】ピースマインド・イープ

■ピースマインド・イープ株式会社 高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルーム…

もっとみる

集団生活からは逃れられない

私たちは、日々、多くの人々と社会生活を営んでいます。1人で行動することもありますが、ほとんどの場合、様々な集団に属し、その一員として活動しています。集団とは、ある目的を達成するために集まったものと定義され、その中で行なう行動は集団行動です。

近年は、個を尊重するという名目のもと、集団行動自体が少なくなってきたといわれますが、私たちの生活は、地域や学校、職場といった集団で行なわれることが多く、集団を意識しないという方は少ないのではないでしょうか。このように、集団は、私たちが社会生活を送っていく中で欠かせないものです。その集団の中で、私たちは、様々な人間関係を築いています。もっとも身近な人間関係である家族をはじめ、学校では友人、働く人にとっては、職場の同僚や上司、部下などと人間関係を築いていかなければなりません。特に、新しい集団の中では、相手がどういう人か分からず、その距離感をつかんでいくことで精一杯になってしまうことも多いかもしれません。

こうした人間関係を構築していくためには、ある程度の時間が必要ですが、その集団の中では、表面的な人間関係が楽なのでよいと考えている方もいます。特に職場などでは、複雑な利害関係が発生するため、仲間と仕事以外の話をしたことがないという方も少なくないでしょう。しかし、日頃から、その集団の中で、自分自身の様々な話をしていきながら、相手との信頼関係を深め、高いパフォーマンスを上げている例があります。これは一体どういうことでしょうか。

自己開示がもたらす効果とは

自分自身のことを他の人に伝えることを自己開示といいますが、私たちは人間関係を築くとき、相手との関係の進展に伴った自己開示をしています。表面的な自己開示、たとえば、差しさわりのない趣味の話といった個人的な情報を伝えることから、関係が徐々に深まるにつれて、自分自身のこれまでの経験や価値観、将来に向けて考えていることといった深い自己開示をしていきます。

こうした相手との関係に合った自己開示をしていくと、自己開示された相手も同じように自己開示をしてくれることが多く、これを専門的には「自己開示の返報性(へんぽうせい)」と言います。こうした自己開示は、集団の中で、信頼関係を築きやすくさせる効果があり、その信頼関係の深さがパフォーマンスに影響することがあるのです。

自己開示といっても構えることはありません。興味があるものや、日頃考えていること、難しいようであれば、表面的な個人の情報、たとえば、好きな食べ物の話などでもよいでしょう。集団の中で上手に自己開示することによってお互いを知り、信頼関係がもたらす効果を実感してみませんか。

※この記事は2008年6月に配信された記事です

続きを読む



叱り上手・ほめ上手の6つのコツ|人間関係を円滑にする極意

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

どちらも難しいけれど、部下や子どもを成長させたり、人との関係をよくしてくれるキメ手になるのが“叱ること”と“ほめる”こと。うまく使いこなして、人間関係を円滑に構築しましょう。

叱られた経験の少ない人が増えている

人を叱ることと、ほめることは、円滑な人間関係を築くのに欠かせない要素です。特に職場や子育てでは、この2つが大きなポイントに。

「ほめる」は相手のいいところを認めたり、引き出したりすること。ほめられた方は自信がついて、どんどんできることが増えるようになります。また、こちらにとっても、ほめるコツを知ることで、相手のいいところがたくさん見えるようになります。さらに相手をほめることは会話のきっかけにもなるので、初対面の人と会うといった緊張する場面でも使えて、相手との距離を縮めることもできるのです。
一方、少し難しく感じるのは「叱る」こと。上の世代では「隣のおじさんに叱られた」など、周りの大人が遠慮なく叱ってくれるのが日常茶飯事でした。昨今では、叱られた経験も少ない人も多く、そういった経験がない人たちにとって、人を叱るのは難しいことになっています。
でも「叱る」時のコツを知れば、相手に自分の思いを伝えることができるようになります。「上手にほめるコツ」と「上手に叱るコツ」を身につけて、ほめ上手、叱り上手になりましょう。

叱り上手・ほめ上手の6つのコツ|人間関係を円滑にする極意

<上手にほめるコツ>

◯外見をほめるときは具体的に

ほめるというと浮かぶのは、外見をほめること。「かっこいいですね」「きれいですね」などは、言いやすい言葉です。ただし、よく使われる言葉だけに相手の心に響きにくいことも。これらの一般的なほめ言葉には、具体的な言葉をプラスすると、より印象的なほめ言葉になります。たとえば「そのネクタイかっこいいですね」、「きれいなネイルですね」など。

◯その人の個性はほめポイント

個性的なファッション、珍しい形のメガネやピアス、ナチュラルカールの髪、声質など、その人のオリジナルのものは絶好のほめポイント。まれにコンプレックスであることもありますが、ほめられることでその人の自信になっていくものです。自分がその人の個性的な箇所を素敵だと思ったら、ぜひ言葉にしてほめましょう。

◯結果はもちろん、その過程もほめる

「成績がよかった」「うまくできた」など、よい結果はほめやすいポイントのひとつ。でも、いまいち結果が振るわなかった場合、努力した過程をほめましょう。もちろん、よい結果をほめる場合でも努力した過程もふくめると、相手は自己肯定感を大きく抱くことができるので、よりうれしく感じるのです。

<上手に叱るコツ>

◯感情まかせにしない

「怒る」と「叱る」は違います。「怒る」は、イライラして我慢できない自分の感情を相手にぶつけるもの。「叱る」は、相手のために注意を促すものです。「叱る」時に、感情が入ってしまう場合もありますが、できるだけ冷静に話して。声を荒げて「叱る」と、叱られている方は怒られているように感じ、話の内容に耳を傾けようとはしません。結果的に、叱っている人の意図は相手に伝わらず、その人は同じミスをくり返すことになってしまいます。

◯論理的、具体的に話す

叱っている理由や、どうして叱っているのかなどを、倫理的に話しましょう。具体的に今後はこうした方がよいなども話すと、相手も理解しやすくなってすぐ行動に移せるように。叱る側も、倫理的、具体的に話すことを意識することで、内容がシンプルになり、短い時間で相手に自分の思いを伝えることができます。

◯ひとつのことだけにする

一度にたくさんのことを言われても理解できないもの。特に「叱る」時は、叱られる相手もナーバスになっているので、理解しやすいように叱る内容はひとつのことだけに絞って。叱る時間が短くなるので気持ちも楽になります。

続きを読む



  1. 1 これができない人は『垂れ尻』の可能性大!? 20秒筋力チェック
    これができない人は『垂れ尻』の可能性大!? 20秒筋力チェック
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと お尻…
  2. 2
    洋菓子を食べすぎると体調が悪くなる!? 困った症状7個
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3
    「なるほど~」が多い人は話を聞いてない? 口ぐせで分かる相手の本音
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人が…
  4. 4
    カサカサの唇は胃が荒れている?唇の色やトラブルから分かる体のSOS
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 唇が…
  5. 5 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  6. 6 飲みたくなくなるかも!? ペットボトルのお茶に入っている意外なもの
    飲みたくなくなるかも!? ペットボトルのお茶に入っている意外なもの
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  7. 7
    女性ホルモンを増やす5つのコツ!不調の原因はホルモンの減少かも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ホル…
  8. 8
    コンビニ弁当を食べ続けると早死にする? その理由は…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  10. 10
    老化防止には体幹力が必須!あなたの体幹力を診断
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 動く…
  11. 11 知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    爪の状態をみればからだの不調が分かる!こんな爪の人は要注意
    (編集・制作 (株)法研) (「よくわかる女性のからだ事典」天野恵子…
  12. 12 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  13. 13 知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    キレイに整えられたネイルは、女性らしくてとってもおしゃれ。その反面、ネ…
  14. 14
    【痩せるための朝食レシピ】お腹をスッキリさせる3大成分を摂ろう!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  15. 15
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  16. 16
    ストレスを生みやすい考え方|なんで自分ばっかり…て思ってない?
    ものごとの受け止め方は、人それぞれ違うものです ものごとに対する見方…
  17. 17
    口ぐせやしぐさで分かる、ちょっと面倒な人の見抜き方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 悪い…
  18. 18 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  19. 19
    大豆イソフラボンは納豆1パックに何mg? 毎日どれぐらい摂るといい?
    (編集・制作 (株)法研) 女性の強い味方、大豆・大豆製品を毎日の食…
  20. 20 生理周期の体調変化
    生理周期の短い、こない、長い。生理周期からわかる体調不良。
    毎月の生理、正しい周期や期間できていますか? 30代半ばから40代前半…

一覧