みんな知らずにやっている!?からだが歪む3つの危ない習慣

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

洋服や髪型でも体がゆがむ原因に。その理由と、体をゆがませないおしゃれをご紹介。

毎日のおしゃれが体に負担をかけている!?

自分では気づきにくいのが「体のゆがみ」。肩こりなどの不調や、ぜい肉にもつながります。
体のパーツがひとつでもうまく動かないとたった1日で体はゆがむ、と指摘するのは、1万件以上の骨格診断を行っているという、芝崎義夫先生(芝崎プロポーション&ボディケア院長)です。
そして洋服や髪型は、同じスタイルで長い時間過ごすことになるため影響が大きく、選び方次第で体に大きな負荷を与えてしまうのだそう。

みんな知らずにやっている!?からだが歪む3つの危ない習慣

たとえばブラジャーは、つけたとき深呼吸をしても肋骨が苦しくないか、両腕をぐるぐる回せるかをチェックして。
またデニムを買うときは、試着のときにその場で足踏みをして、脚のつけ根からスムーズに動かせるかを選ぶ基準に。体がしっかり動かせるか、違和感がないかを確認して、ゆがみの元を退治しましょう!

体がゆがむ!3つの危ない習慣

1、「数年前のブラジャー」→ 背骨、肩がゆがむ

ブラジャーの適正サイズは、たった1kg体重が増えただけでも変わります。加齢で胸が少し垂れても同じこと。だから数年前のブラは、あなたの体に合っていないはず! 脇の下や背中の肉がはみだしている人は、肋骨が動かしにくくなっています。また、脱いだとき肩ひもの跡が残る人は、肩甲骨の動きが妨げられている証拠。どちらも猫背や巻き肩の原因になるから、すぐにブラをチェンジして。

2、「タイトすぎるデニム」→ 股関節、膝、骨盤がゆがむ

体を動かすときによく着る服といえば、デニム。しかしこれがゆがみの元に! ぴったりしたデニムは股関節の動きが制限されて不自然な歩き方になり、1日歩くだけでも脚全体がゆがみます。下半身の血流も悪くなるので、骨盤のゆがみにも。デニムをはくなら、動きをじゃましないストレッチ素材のものか、腰骨に指1本分の余裕があるものを選びましょう。

3、「おしゃれ重視で髪を横むすび」→全身がゆがむ

左右どちらかに髪を束ねて結ぶヘアスタイル。一見おしゃれですが、頭皮が片側だけ引っ張られて、危険です。頭蓋骨には、少しずつ収縮することで「脳脊髄液」を全身に送って神経に栄養を届けるという働きがあります。横結びにすると、この頭蓋骨の動きが妨げられるのです。動きが滞ると脳脊髄液がうまく届かず、体全体のバランスが崩れ、全身がゆがむことに。髪は真ん中で結びましょう。




虫刺され跡の茶色いシミをどうにかしたい!早く消す方法は?

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

虫に刺された後にできる茶色いシミ、できるだけ早く治したいですよね? 跡を残すことなく、きれいに消す方法がこちら。

虫刺され跡は日焼けと同じような症状

キャンプやバーベキューなど外で遊んだ時、虫に刺されてしまったら、跡が残らないようにするには、どう対処するのがベストなのでしょうか?
まず、虫に刺された跡にできる茶色いシミは「炎症後色素沈着」というものです。蚊などの虫刺されや、ニキビ、湿疹、やけどなどの炎症が原因で、日焼けもそのひとつ。皮膚に炎症が生じた後、その部分の皮膚が茶色くなってしまった状態のことをいいます。物理的な刺激により色素細胞が刺激され、メラニンが増加することで茶色いシミができるのです。

蚊に刺され跡の茶色いシミをどうにかしたい!早く消す方法は?

大人になるほど虫刺され跡が治りにくく

虫に刺された時は、決してかかないこと。かかなければ自然に治り、基本的には跡が残ることはありません。かいてしまうと、爪などで皮膚をひっかいた箇所が傷つき、炎症がひどくなったりして跡が残ります。
また、新陳代謝のよい子供の頃より、大人になってからの方が傷は治りにくく、跡が残りやすくなるのも事実。肌は、28日周期でターンオーバーを繰り返し、新しい皮膚になっていきますが、年齢を重ねるごとにその周期が延びるため、肌が生まれかわるのも遅くなります。虫に刺された跡がなかなか治らないからと、触ったりしていると刺激で跡が残りやすくなるので、極力触らないようにして。どうしても治りにくい場合は、皮膚科を受診しましょう。そのほか、自分でできる方法はこちら。

虫に刺された後の茶色いシミを早く消す方法

・紫外線に当てない

虫に刺された箇所は、紫外線ダメージを受けやすくなっています。絆創膏で保護するなどして、紫外線を当てないようにしましょう。また、絆創膏はかきむしってしまうのも防げるので一石二鳥です。

・美白化粧水や美白サプリを使う

虫に刺された部位が完全に治り、シミだけになった場合は、美白用化粧水などで保湿しながら、美白を促すのも有効です。また、美白サプリメントなど活用する方法も。あまりに濃いシミになってしまった場合は、皮膚科を受診して「ハイドロキノン」などの美白クリームを処方してもらう方法もあります。

・傷跡の改善薬を使う

市販薬で傷跡を改善する目的の軟膏も販売されています。傷跡に特化したものなので、活用するのもおすすめ。塗ればすぐに茶色いシミがとれるというわけではありませんが、用法用量を守ってじっくり使い続けて。

・バランスの良い食事

肌のターンオーバーを促して、シミを消すためには、バランスのよい食事も欠かせません。食事からとった栄養は、まず生命維持活動に必要な内臓や筋肉、骨などに使われます。肌に届くのは最後といわれているので、毎日栄養をしっかりとることが大切です。

続きを読む




秋の始めはスキンケアの正念場!肌の透明感を取り戻すスキンケア

山崎 多賀子さん

【執筆者】山崎 多賀子さん

美容ジャーナリスト 美容、健康に関する幅広いジャンルで長年取材を続ける。自らの乳がん体験から、各種NPO団体でのサポート活動、講演やがん患者対象のメイクセミナーにも力を注ぐ。NPO法人CNJ認定乳が…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

夏の間の老化のつけは秋まで残さない。秋口はスキンケアの正念場です。できたシミは早めに美白、顔以外も今、ケアして!

複数のダメージに包囲される夏の肌に、老化を定着させないお手入れを

そろそろ秋の気配を感じるころ。暑さから解放されるとホッとしますが、それはお肌も同じです。肌は夏の間に一気に年をとるといわれます。その理由は、いわずと知れた強い紫外線をはじめ、空気汚染による酸化、エアコンによる乾燥など複数のダメージに、肌が包囲されてしまうから。

紫外線やそのほか環境ダメージを受けると、肌は防御反応として、角質を厚くします。そのため、夏を過ぎた肌は手触りが固くなり、カサカサし、くすんでしまうのです。
若いうちは放っておいても時間がたてば回復していきますが、20代の後半にもなると、衰えを完全には回復できず、ひと夏ごとに老化が定着してしまいます。だから、秋口は、スキンケアの正念場といえます。

秋の始めはスキンケアの正念場!肌の透明感を取り戻すスキンケア

まず、固くなった肌は、朝晩の洗顔でていねい洗って、肌表面の角質を落とす。そのあとに、不要な角質を取り去るタイプの化粧水を、コットンに含ませてやさしく拭き取ると、なお効果的。肌のざらつきや固さが早く回復します。ただし、肌のざらざらを取りたいがため、コットンでごしごしこすると、頬に色素沈着を起こすので、絶対に力を入れて拭かないことが条件です。
そのあと、すかさず化粧水や美容液でたっぷり保湿をしてあげる。あとはお好みの乳液やクリームでしなやかさを与えれば、徐々に肌は柔らかさを取り戻し、透明感も戻ってくるはずです。

シミは新しいうちに美白コスメで消してしまおう

ところでみなさんが秋口にもっとも気になるのは、夏の間にできた(あるいは濃くなった)シミではないでしょうか?
みなさんはシミがどういうしくみでできるかご存知ですか? シミの正体は、褐色のメラニン色素です。皮膚は紫外線や摩擦などの刺激を受けると、メラノサイトという色素細胞からメラニン色素を作り出し、周辺の細胞へ受け渡します。そして、細胞の核にダメージを与えないようにブロックして肌を守るという、まるで「黒い日傘」の役目をしているのです。日に焼けると小麦色になるのは、細胞の一つひとつが、メラニンという日傘をさしているからなんです。

紫外線を浴びなくなるとメラニンも作られなくなるので、黒い部分が垢となってはがれ落ち、元の肌色に戻ります。ところが、紫外線などのダメージを何度も受けているうちに、メラノサイトの一部が暴走し、紫外線に関係なくメラニンを大量に作り続けることがあります。すると、メラニン入りの細胞が柱のように重なって、黒く見える。これがシミの正体です。

この、暴走しているメラノサイトなどにアプローチするのが美白成分です。ところが、新しくできたシミは、美白コスメでかなり薄くすることができるのですが、何年も前からあるシミは、その部分が厚くなっているため、メラニンを作り出すメラノサイトまで美白成分を届かせることがかなり困難です。こうなると、レーザーや塗り薬などで薄くするしかないので、シミは新しいうちに美白コスメで消してしまうことが肝心なんです。

また、シミの種類には、頬の両サイドに薄く広い範囲でできる、肝斑(かんぱん)というものがあります。これは、女性ホルモンの影響によるといわれていますが、実は、その半数近くは摩擦など生活習慣による微炎症から起こる色素沈着であるようです。
たとえば、タオルやコットンでごしごしこすると、頬骨に摩擦がかかります。布団の摩擦や、合わない化粧品の成分でも、微炎症が起こり、こういったことが何年も続くと、頬に肝斑のような色素沈着が起こるわけです。

肝斑か色素沈着かの見極めはかなり難しいけれど、こすったりする習慣を改めるだけでも薄くなります。また、肝斑に効果があるとされるトラネキサム酸は、抗炎症作用が高いので、色素沈着にも効果があると考えられています。
いずれにしても、シミは種類によってもケア法が違うので、古いシミを薄くしたいのであれば、シミに詳しい皮膚科に相談することが近道です。

美容用のオイルは夏の終わりのケアに最適

また、顔以外のパーツも、夏のダメージで老化が進んでいるはずです。腕や脚、首やデコルテ、背中はお風呂上がりなどに潤いをたっぷり与えてあげることです。

海やプールで過ごす機会が多かった人は、髪も相当なダメージを受けてパサパサになっているはずです。実は髪のつやは若さの象徴。ある実験では、同じ顔で髪につやがある場合と、つやがない場合では、見た目の印象に3~5歳の差があったといいます。

ボディローションや、ヘアトリートメントでももちろんいいのですが、美容用のオリーブオイルや椿油、スクワランなど、オイルを体や髪に少しすり込むだけでも、かさつきを回復し、若々しいつやを即効で演出してくれ、夏の終わりのケアに最適です。

夏のつけを秋まで残さないこと。これが若々しさを長持ちさせるコツですね。

※この記事は2009年8月に配信された記事です

続きを読む




うっかりやりがち…シワ・たるみができるNG習慣!老け顔の原因に

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

シワやたるみは生活習慣による影響が大きいもの。やってはいけないNG習慣をお教えします。

“オバ線”は自分の行動や表情が原因

顔のシワや、たるみのせいでできる“オバ線”。老けた印象を与えるので、なるべく増やしたくないもの。このオバ線ができるのは、年齢によるものだから仕方ないと思っていませんか? でも、原因は加齢だけでなく、普段使っているスマホやメガネ、枕によるものも。日々なにげなく行っている、“オバ線”ができる習慣を改めるだけで、シワやたるみを改善できるのです。うっかりやりがちな、シワやたるみを作るNG生活習慣はストップしましょう!

うっかりやりがちなシワ・たるみができるNG習慣!老け顔の原因に

顔を老けさせる習慣はこれ!

・オーバーリアクションで“波平ジワ”が刻まれる!

良いコミュニケーションのために、豊かな表情は大切。でも、目を大きく見開いたオーバーな表情は、おでこにサザエさんのお父さんのような“波平ジワ”ができることに。オバ線を作らないためには、穏やかな笑顔でリラックスしながら会話を楽しんで。

・視力に合うメガネで目周りのオバ線を予防

視力に合わないメガネをかけていると、遠くのものを見るときに目を細めてしまいがち。これが目尻や目の下の小ジワの原因になります。度数の合ったメガネやコンタクトレンズにして、無意識のダメ習慣をストップ。

・歳バレする首の横線は低い枕でシワなしに!

顔は若く見えても、歳がバレるのが首の横線。高い枕だと眠っている間にあごをひいた体勢になり、首にシワが寄りやすくなります。首筋が伸びた状態になる、低めの枕を使いましょう。また顔と同様に、毎日のケアでは首への保湿も忘れずに。

・スマホは“顔の高さ”で肌をたるませない

スマホを使うときは、顔の高さまで上げて持ちましょう。下を向く時間が長いほど、顔の筋肉を支える筋膜やじん帯がたるんで、ほうれい線や目の下の“ゴルゴ線”のモトに。二重あごのたるみ線も、下向きスマホが原因に。

・ストレス解消法をたくさん持つほど老けない

ストレスは、老化を進める活性酸素を増やしたり、血流を滞らせる美容の大敵。一人でできること、友達と一緒にできること、雨の日、晴れの日にできること。美容のため、いろんなストレス解消法を持ってストレスリセットを。

続きを読む



日焼したくない人は、日傘をいつまでさすべき? 油断ならない秋の紫外線

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

夏の紫外線対策は万全にしていたけれど、これって秋になっても続けるべき? 日傘をはじめとする紫外線対策グッズが、いつまで必要か解説します。

直射日光を避けるのに日傘は最適

紫外線対策といえば、日焼け止めに日傘、帽子、サングラスなど。夏場は、街を完全防備で歩いている人も多く見られます。ところで、これっていつまで必要なのでしょうか? 肌を黒くしたくない、シミをつくりたくないという人は、夏だけでなく、秋まで日傘をさすなどの紫外線対策をするのがおすすめです。その理由には、紫外線の種類が関係しています。

日焼したくない人は、日傘をいつまでさすべき? 油断ならない秋の紫外線

紫外線が肌に与える影響

まず、紫外線には、UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)があります。海や山に行った後、肌が赤くなったりするなど、いわゆる日焼けの状態を起こすのが、UVB。日焼け止めに記載されているSPFは、このUVBを防ぐ数値を表しています。UVBは、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こすのが特徴です。紫外線量全体の5~10%程度と少ないですが、エネルギーが強いため皮膚がんやシミの原因に。これらは、日傘を使うなど物理的に直射日光を避けることで予防ができます。

一方UVAは、UVBに比べて波長が弱いため、紫外線による症状は感じられません。しかし近年ではUVAが、しみやシワを作る大きな原因とされています。UVAは波長が弱いのですが、肌の奥深くまで到達し、コラーゲンを変性させます。UVAに当たっても、熱を感じることはなく、肌表面に症状が現れません。しかし、長時間にわたり、ジワジワ肌に悪影響を及ぼすのが怖いところです。日焼け止めでは、UVAを防ぐ数値を、PA+で表しています。「PA++++(フォープラス)」が最高値です。

日傘を秋頃まで使ってUVBを防いで

日焼け肌を作るUVBは、4月頃から増え始めて5~8月がピークになります。10月からは減少するので、残暑が続く9月半ばくらいまでは、直射日光を防ぐために日傘を常備した方がいいでしょう。

ちなみに、シミやシワの原因になるUVAは4~8月がピークですが、それ以外の月でもピーク時の50%以上の量が降り注いでいるため、通年を通して紫外線ケアが必要です。暑くない曇りの日でも、UVAは降り注いでいるので気をつけて。特に、UVAをたくさん浴びる顔や髪は、化粧品にも日焼け止め効果のある「PA++(ツープラス)」以上の商品を使うようにしましょう。

秋のスキンケアのポイント

また、秋は夏の紫外線ダメージを受けて肌が乾燥しやすくなっています。日焼け止めを選ぶなら、保湿効果もプラスされた商品を使うのがおすすめです。肌のターンオーバーのサイクルも乱れているので、週1回はAHAや酵素を含むピーリング効果のあるコスメを使って角質除去をして、肌代謝を助けましょう。肌の保湿効果がアップするとともに、黒くなった肌の色も戻りやすくなりますよ。

続きを読む



たるみ・シワが消える!?実年齢より若く見える人がしているスキンケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

40代なのに20代に見える美容家が実践している、たるみなしの若い顔を作るテクニックをご紹介。

超若見えの美容家2人が実践しているテクニックとは

40歳をすぎても一切たるみナシ! 奇跡の美肌を保つ人気美容家2人が、たるみやすいパーツ別のとっておきケア法を特別に公開します。
トータルビューティサロン「Riche」主宰の石井美保さんは、たるみを防ぐため“摩擦ゼロ”と“疲労回復”を徹底。生活から肌をこするしぐさはシャットアウトし、食生活も変えたそう。35歳の頃より、40代の今の方が若いといわれるとか。

そして、読者モデル出演を機に「美しすぎる40代」と話題になった美容家の水谷雅子さんは、30代後半から続けるケアで、アラフィフでもたるみ一切なしの美肌。無表情になることが多い家事中は、顔を必ず動かすことを意識。気になる部位を1カ所でも、毎日やっているそう。彼女たちが実践しているテクニックをまとめました。今日からはじめれば、あなたにもキセキは起こるかも!?

毎日続けたい美肌テク

○目元ケア

・絶対に目をこすらない
摩擦はたるみの一番の原因。目覚めのときや、目がかゆいとき、ゴシゴシしてしまいますが、目は絶対にこすらないで! また肉質をゆるませないため、柔らかいシルクパイル素材のタオルでしか顔をふかないというテクも。

・その日のたるみはシートパックで即戻し!
夜、目元用のシートパックを貼って就寝し、ハリを回復。1日酷使した目元はシワになりやすいので、その日のうちにケア。スキンケアの仕上げに、アイロンをかける感覚で貼りましょう。

たるみ・シワが消える!?実年齢より若く見える人がしているスキンケア

○口元ケア

・鏡の前で「ニコッ」で上向き口角を形状記憶
1日1回、鏡を見ながらニコッと口角を上げ30秒キープ。意外とキツイですが、筋肉に記憶させる効果が。片側の口角が極端にたれてしまっていたのが、これで左右対称に戻ったそう。

・口を左右に動かす“ひょっとこ口”エクサ
黙々と家事をしていると表情筋が固まってしまうので、朝晩は必ずコレを! “ひょっとこ口”エクサは、口をすぼめて左右に10回ずつ、思いっきり動かすだけ。ほうれい線が薄くなる効果が。

○あご下ケア

・良質なタンパク質であごたるみがスッキリ

野菜と玄米中心だった食生活を、38歳をすぎて肉入りにシフト、夜1切れでも肉を食べるようにしたら、以前よりもたるみがスッキリしたそう。肌を作るたんぱく質はしっかりとるのが正解。

・“上向きベロ回し”であご回りがシュッ
顔を真上に向けて舌を出し、右回り5回、左回り5回を3セット。首からフェイスラインがグーッと伸びます。実践している人は、みんなシャープなあご先が復活したそう!

続きを読む



  1. 1 あなたは大丈夫? 使わないと衰える…脚の筋力とバランス力をチェック!
    あなたは大丈夫? 使わないと衰える…脚の筋力とバランス力をチェック!
    (編集・制作 (株)法研) (「ジャストヘルス」法研より) 脚…
  2. 2 放置するとダニ・カビの温床に…寝具のお手入れ方法
    放置するとダニ・カビの温床に…寝具のお手入れ方法
    (編集・制作 (株)法研) 汗を吸い込んだふとんは、カビやダニの温床…
  3. 3
    Wi-Fiのせいで体調不良?「電磁波過敏症」ってなに?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと イン…
  4. 4 これなら続けられる! ダイエット効果をより高めるウォーキングの仕方
    短時間で効果を上げるウォーキングのフォーム―脂肪を燃やす歩き方
    (編集・制作 (株)法研) (「ジャストヘルス」法研より) 運動効…
  5. 5
    トイレはどこ!?几帳面で神経質なタイプに多い過敏性腸症候群とは?
    (編集・制作 (株)法研) 外出先で突然、お腹を下す過敏性腸症候…
  6. 6
    忙しい人に知ってほしい、質の高い睡眠をとるための快眠10か条
    (編集・制作 (株)法研) 午後10時から午前3時は睡眠のゴールデン…
  7. 7
    スマホ老眼!にならないための3つの方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 手元…
  8. 8
    好きなだけ食べても太らない!? 18時間プチ断食で食べすぎリセット
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 腹8…
  9. 9
    虫刺され跡の茶色いシミをどうにかしたい!早く消す方法は?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  10. 10
    ストレスやイライラには『ハーブティー』!あなどれないハーブの効能
    (編集・制作 (株)法研) フレッシュ・ハーブは、心を癒す効き目たっ…
  11. 11
    そのむくみ、病気のサインかも? むくみの原因と解消法
    (編集・制作 (株)法研) デスクワークばかりの運動不足はご用心…
  12. 12 緊張してなくても手のひらに汗…多量の汗から考えられる病気とは?
    緊張してなくても手のひらに汗…多量の汗から考えられる病気とは?
    (編集・制作 (株)法研) 夏に汗はつきもの。でも、汗をかきすぎる病…
  13. 13 星野源、KEIKOが患った「くも膜下出血」ってどんな病気?【芸能人健康まとめ】
    GENKINGや今井翼が患った「メニエール病」ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】
    (編集・制作 gooヘルスケア) めまいといえばメニエール病とい…
  14. 14
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  15. 15
    正しく痩せる早道とは? 間違ったダイエットの落とし穴
    (編集・制作 (株)法研) 過剰なダイエットはやせないどころか、命を…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  17. 17
    内臓が悪いと口臭がキツくなる!? こんなニオイがしたら注意して!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 口臭…
  18. 18
    実はかなり他人にみられてる…背中・うなじニキビの原因と治療法
    シャツの襟からのぞく背中やうなじのニキビ。治らないとあきらめていません…
  19. 19 むくみスッキリ! 夜の【美脚エクサ】
    毎日のむくみ解消が美脚への近道-寝る前のストレッチでデトックス
    毎日リセットして老廃物をためないことが、美脚への近道 「…
  20. 20
    睡眠中の"よだれ"に潜む意外な健康リスク
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝、…

一覧