201508_5_300

暑い夏、アロマを快適な環境づくりに取り入れませんか。天然の成分からつくられた精油の香りによって、リラクゼーションできるだけではなく、夏を過ごしやすくする効果も得られます。この時期にオススメのとっておきの「夏アロマ」を紹介します。

基本のアロマスプレーのつくり方

アロマスプレーは精油3~5滴に無水エタノール5mlを混ぜて、精製水45mlで希釈するのが基本。スプレー容器に移して使います。使用する精油によって、違う効能が得られますので、夏アロマに向いた精油でつくってみましょう。

肌の弱い人は、精油で肌にトラブルを起こすことがあります。肌に違和感がある場合には使用を中止するようにしましょう。原液は刺激が強すぎますので、直接肌に触れないように。

ペパーミントで爽やかに涼む

エアコンで体が冷えすぎるのはイヤだけれど、設定温度を上げすぎると蒸し暑い……。そんなときオススメなのが、ペパーミント精油でスプレーをつくり、ルームリフレッシャーとして活用する方法。シュっと一吹きスプレーするだけで、ひんやりとした心地でクールダウンできます。

扇風機を使っている人は、全面のカバーにリボンを結び、ペパーミント精油を1滴ずつたらすと、爽やかな風が広がります。

レモングラスで虫よけ

虫よけスプレーにおすすめなのは、レモングラス。蚊よけとしての効果があるレモングラスをアロマスプレーとして使います。ただし、レモングラス精油は刺激が強いので、お子さんや肌の弱い人が使うときには薄めにつくり、直接肌にスプレーしないようにしましょう。

室内では、アロマデュフューザーで空気中に噴霧すると、蚊取り線香代わりとして使えます。

ティートゥリーの殺菌効果で水虫予防

殺菌作用のあるティートゥリーは、水虫の原因となる白癬菌というカビを阻止する効果があります。水虫の予防には、フットバス器や洗面器にお湯を入れ、精油を3滴ほどたらし、10分ほど足をつけておきましょう。

洗面所や浴室にティートゥリーのアロマスプレーを使うと、黒カビの防止効果も期待できます。

ただし、精油の効果には個人差もあります。目的に応じた精油を使い、この夏を上手に乗り切りたいですね。

おすすめ

  1. サラダ・味噌汁にちょい足しでOK! ダイエットを助ける調味料7選
    サラダ・味噌汁にちょい足しでOK! ダイエットを助ける調味料7選
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 食事…
  2. 【髪質が変わる頭皮ケア】白髪・切れ毛・薄毛は生活習慣が原因かも?
    【髪質が変わる頭皮ケア】白髪・切れ毛・薄毛は生活習慣が原因かも?
    遺伝のせいではない! 切れ毛、白髪、薄毛は栄養不足かも? 切れ毛や薄…
  3. サラダから食べるダイエットは効果がない?! やめた方がいい美容・健康法
    サラダから食べるダイエットは効果がない?! やめた方がいい美容・健康法
    よかれと思ってやっている食習慣が、実は体に悪かった? 健康にいいとい…
  4. 【これで冬も楽々過ごせる】からだを温める5つの簡単テクニック
    【これで冬もぬくぬく過ごせる】からだを冷やさない5つの腸ポカテクニック
    気温が低いと腸が冷えて便秘になりがち。腸を温めて健康に。 腸の冷えは…
  5. 今年の冬は冷え知らず!“3・3・3”入浴法|むくみ解消、デトックスにも
    体を冷やす“水”が流れ出て、体の芯からポカポカに。 湯船に3分間入り…