知ってる?デオドラント剤の正しい使い方。間違った使い方をすると逆効果に

【お話を伺った人】桐村里紗(きりむら・りさ)先生

内科医・認定産業医。 治療より予防を重視し、ヘルスケアをライフスタイルデザインと再定義し、生活者の行動変容を促すコンテンツ開発を行う。著書に『日本人はなぜ臭いと言われるのか~体臭と口臭の科学』(光文…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

汗のにおいをケアするグッズ、ドラッグストアでなんとなく選んでいるのでは? 正しい使い方をご紹介。

過剰な使用でにおい菌が繁殖することも!

真夏のこの時期に大活躍するのが、汗のにおいをケアするデオドラント剤。いろいろなメーカーから、たくさんの種類が出ていますが、選び方や使い方をわかって使っている人は少ないものです。
自分に合わないものを適当に使ったり、においを気にし過ぎて過剰に使うと、逆に、においの原因となる菌が繁殖したり、不快なにおいが増してしまうことも!
まずデオドラント剤には、働きによっていくつかの種類があります。おおまかに分けると「制汗」「消臭」「マスキング」「殺菌」の4つ。それぞれの機能や特徴、使い方のポイントを解説していきましょう。

知ってる?デオドラント剤の正しい使い方、間違った使い方をすると逆効果に

汗のにおいを抑える4つの機能とは

○制汗剤

制汗剤とは、化合物で毛穴をふさいで、汗の量を減らすもの。汗を減らすことで、常在菌の繁殖を抑え、においの発生を防ぎます。しかし、汗とはそもそも上がり過ぎた体温を下げるためにかいており、体にとって必要なもの。汗を抑える制汗剤を全身に使うと、体温が下がらなくなり危険なのです。使用するときは、脇の下や足の裏など、汗をかきやすく、ムレやすく、においが強くなりやすい部分へのポイント使いにとどめて。
また、常に汗腺をふさいでいると、サラサラした“よい汗”がかけなくなり、その結果、においの原因菌が繁殖しやすくなります。休みの日は、制汗剤を使うのもお休みにするなどして、汗腺の負担を減らしましょう。

○消臭剤

制汗剤を使うほど汗の多くない人は、消臭効果のあるグッズで対策を。消臭作用とは、におい成分自体を包んだり、分解することでにおいを抑える作用のこと。消臭効果のあるグッズとしては、まずゼオライトや炭など、天然の吸着剤を配合した下着や靴の中敷きなどがあります。また、におい成分を分解して消臭するタイプのスプレーは、効果的で安全性も高いので◎。下着や靴下にスプレーしておくと、におい成分を分解し、消臭してくれます。

○マスキング剤

マスキングとは、香りの成分で悪臭を覆い隠すことで、芳香剤などの作用です。香水やアロマスプレーもその一種。また、多くのケア用品には、マスキングのために柑橘系やフローラル系などの香料が使われています。軽い体臭なら、こうしたマスキング剤でカバーできます。ただし、強い体臭やワキガの場合は、体臭との相性が悪いと、逆に不快なにおいになってしまうこともあるので要注意です。

○殺菌剤

一般的には、殺菌剤まで使わなくてもにおいのケアはできます。しかし、ワキガ体質の人は、よく洗っても、殺菌しても回復力の強い「ジフテロイド菌」という菌が、肌に多く定着しています。他の対策ではにおいが抑えられないワキガ体質なら、殺菌剤配合のケア用品が効果的。また、菌の繁殖は衣類で起こるので、抗菌繊維を使った下着や靴下を選ぶのもおすすめです。

あなたの体に合ったデオドラント剤を選んで、夏をさわやかに乗り切りましょう。




女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

おじさんくさいニオイといえば、加齢臭。中年男性だけが持つニオイと思いがちですが、なんと女性にも加齢臭が発生するんです! ニオイを生み出す悪習慣に注意して。

ストレスや肉食で女性でも加齢臭が!

加齢臭といえば、おじさんのニオイというイメージですが、女性もうっかりしてはいられません。女性にも加齢臭が発生するんです。女性が意外とやりがちな、加齢臭を生み出す悪習慣をまとめました。ひとつでも当てはまる人は、もしかして加齢臭がするかも。でも、生活習慣を改善すれば、ニオイのもとを断つことができます。加齢臭を予防する生活習慣は、健康的な生活にもつながるので、ぜひ取り入れて!

女性も注意! 加齢臭を生み出す悪習慣4つ

1)肉食女子である

肉類や揚げ物など、皮脂分泌を促しやすい食材ばかりを食べていると、ニオイが強くなります。また、肉などのタンパク質はニオイの元となる、アンモニアの原料になる食材。食事が肉のタンパク質に偏っている人は、ニオイの原料をメインに食べていることに! 野菜や果物の摂取量を増やして、バランスの良い食生活を心がけて。

2)ストレス過多の環境にいる

性格の悪い上司と一緒に働いている、同僚がグチっぽい、朝から晩まで働きづめで昼食をとることもままならないなど、ストレス過多の環境に身を置いている女性は要注意。

心のストレスも、アンモニアを発生させて加齢臭になるそう。さらに、ストレスでホルモンバランスが乱れることもニオイの原因に。そして、もともと心配性の人は、ストレスを感じやすく、その汗からニオイが…。小さなことは気にしないという強い心を持つことも、ニオイ対策のひとつに。ストレス発散で心を解放することも忘れずに!

3)お酒やタバコなど嗜好品が好き

体内でアルコールを分解すると、アセドアルデヒドという物質になります。この物質は毒性のあるもので、体内にたまりすぎると、頭痛や吐き気などの症状が出る二日酔いに。さらに体臭の原因にも! また、タバコのニコチンは息だけでなく、皮膚からも臭いを発生させてしまいます。お酒とタバコが好きな女性は、おじさんくさいニオイをまとっている可能性が。タバコはもちろん、お酒の飲み過ぎも体に悪いので、量を減らす努力を!

4)潔癖症の傾向がある

ニオイを気にして、お風呂で体を洗うときにゴシゴシと強くこすっていると、皮脂を取りすぎてしまい、逆に皮脂分泌が過剰に。それが、より加齢臭を強くしています。ニオイは強くこすったからといって取れるものではありません。また、潔癖症の人は、より体をきれいにしようと洗浄力の強い石鹸や、かたいタオルなどを使いがちなので注意して。

洗う時に気をつけてほしいのは、ニオイの出やすい場所。背中や首の後ろは皮脂分泌が活発なので、ここは清潔に。ただしゴシゴシこするのでなく、やさしい泡で包み込むように洗いましょう。

続きを読む




足がクサくなる2大条件。コレさえ予防すればブーツでも臭わない!

【お話を伺った人】桐村里紗(きりむら・りさ)先生

内科医・認定産業医。 治療より予防を重視し、ヘルスケアをライフスタイルデザインと再定義し、生活者の行動変容を促すコンテンツ開発を行う。著書に『日本人はなぜ臭いと言われるのか~体臭と口臭の科学』(光文…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

ブーツの季節や宴会シーズンになると気になる、靴を脱いだときの足のニオイ。その予防法を解説します。

足がクサくなる2大条件。コレさえ予防すればブーツも臭わない!

ニオイが出る足には2つの条件がある

ブーツは人前で絶対、脱ぎたくない!という女性は多いはず。また、座敷の宴会は足のニオイが気になって困るもの。体臭は体質による違いも多いですが、足のニオイは体質にかかわらず、誰でも発生する可能性があります。

そして足のニオイ発生には2つの条件があります。それは「靴の中が高温多湿」であることと「足の角質が多い」こと。

足の裏には「エクリン汗腺」が豊富にあるため、体感の5倍以上もの汗をかきます。しかもブーツやビジネスシューズの中は、温度30度以上、湿度90%以上の超高温多湿になっている場合も。このように高温多湿の状態だと、ニオイの元となる肌の常在菌が繁殖しやすくなるのです。

菌が繁殖して強烈なニオイに

この菌が皮膚の汗や皮脂を分解し「イソ吉草酸」などのニオイ成分を作り出します。これは、納豆のニオイの元にもなっている成分で、酸性なのでツーンと酸っぱいあの強烈な足のニオイが発生することに。
もうひとつ足のニオイの原因になるのが、角質の存在です。角質とは、皮膚の一番外側にある細胞で、体を外的刺激から守り、体の水分を保つための重要な働きをしています。これがはがれ落ちると、いわゆる垢になります。角質は体に必要ですが、タンパク質が豊富で常在菌のエサにもなるもの。そして足裏は摩擦が多いため、他の皮膚に比べて角質が厚いところ。つまり菌にとってはエサが豊富な場所なのです。

軽石で足の裏をゴシゴシこするのはNG!

高温多湿という環境と、菌を元気にする厚い角質という2つの条件が整うことで、靴の中では菌がどんどん繁殖し、キツ~いニオイが生まれることに。そこで、足のニオイを防ぐ対策としては、以下の点に注意してください。

1.高温多湿にしないために足の汗を抑える

汗を抑えるには、足裏用の制汗剤などを使用して。また、消臭・抗菌・殺菌などの効果のある靴のインソールや、靴下を使うのも有効。他にも5本指の靴下は、指の間の通気性がよくなるので、ニオイの軽減につながります。
毎日同じ靴を履くのもよくありません。1日履いたら、1日2日は置いて、湿気を乾かしましょう。
なお、ストレスがかかると足の裏からの発汗が増えるので、ストレス解消も必要。足のニオイを気にし過ぎると、ストレスになってニオイがきつくなるので、気にし過ぎないのも大切です。

2.菌のエサになる角質をためない

足の裏は丁寧に洗い、角質が残らないようにして。特に指の間はしっかり洗えていないことが多いので、指1本1本をきれいにする気持ちでケアを。
また、角質を軽石などでゴシゴシこする人も多いですが、実は、皮膚を守ろうと角質が分厚くなってしまい、逆効果! 湯船に浸かって角質をふやかすと、指でこする程度で充分、余分な角質がとれます。また入浴後、足のかかとなど角質が厚いところにクリームを塗ってケアしてあげましょう。

続きを読む




肉ばかり食べると体が臭くなる…糖質制限ダイエットの落とし穴

【お話を伺った人】桐村里紗(きりむら・りさ)先生

内科医・認定産業医。 治療より予防を重視し、ヘルスケアをライフスタイルデザインと再定義し、生活者の行動変容を促すコンテンツ開発を行う。著書に『日本人はなぜ臭いと言われるのか~体臭と口臭の科学』(光文…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

ダイエットへの効果でブームの「糖質オフ」。しかし肉を増やすだけだと、クサイ人になる恐れも。

肉ばかり食べると体が臭くなる…糖質制限ダイエットの落とし穴

消化できないタンパク質が腸内で腐敗

ブームが続く糖質制限食ですが、思わぬニオイのモトになるので要注意です。
糖質制限食では、糖質を減らす分、タンパク質と脂肪の摂取を増やすことになります。食べ物は、それぞれに合う消化酵素を出して消化するのですが、その分泌が追いつかないと、しっかり消化できません。すると、腸内でタンパク質が腐敗菌によって腐ってしまい、有害物質である、ニオイ分子が発生しやすくなるのです。また、咀嚼不足で十分に噛まずに飲みこんでしまう場合も、消化が不十分になり、腐敗の原因になってしまうかもしれません。

食物繊維が減ると善玉菌が育たない

糖質を減らすために、単純に炭水化物をカットする方法で穀物を減らすと、食物繊維も減ってしまう可能性があります。炭水化物の中には、糖質と食物繊維が含まれます。食物繊維は、腸内細菌のエサとなったり、寝床になったりして、腸の善玉菌を増やしてくれる働きがあります。
糖質制限で減った分、野菜や海藻類で食物繊維をとらないと、やはり腸内環境が悪化して、ニオイのモトに。
糖質オフでは「炭水化物さえ抜けば、肉は無制限に食べていい」などと勘違いされていますが、ただ肉を増やすだけでは、腸内環境や代謝を悪くし、不健康と悪臭の原因になってしまいます。

甘い物やアルコールで脂臭い体に!

また糖質制限とは逆に、糖質の多い食べ物のとり過ぎもニオイの原因に。甘い物などの糖質は、体内でエネルギーとして使われずに余ると、中性脂肪に変化します。中性脂肪は皮脂の原料なので、皮脂分泌が過剰になり、脂臭い体臭に。
また、お酒の飲み過ぎも中性脂肪の増加につながります。アルコールが肝臓で処理されてできる代謝物は、中性脂肪の合成促進に働きます。その結果、血中の中性脂肪を増やしてしまうことに。飲み過ぎは、体に悪いだけでなく、脂臭さの原因にもなることを知っておいて。

いまの食事の内容があなた自身の体にあっているかどうかを判断する一つの方法として、こうしたニオイを指標にしてみてはいかがでしょう。

続きを読む



頭皮が臭いのはシャンプーのせい?芸能人もやってる『湯シャン』の効果

【お話を伺った人】桐村里紗(きりむら・りさ)先生

内科医・認定産業医。 治療より予防を重視し、ヘルスケアをライフスタイルデザインと再定義し、生活者の行動変容を促すコンテンツ開発を行う。著書に『日本人はなぜ臭いと言われるのか~体臭と口臭の科学』(光文…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

頭皮はTゾーンより皮脂が多い!

髪の毛があるので気づきにくいけれど、頭皮は脂の分泌量が多いゾーン。実は、顔のTゾーン以上に皮脂が多いところです。特に、皮脂は男性ホルモンによって分泌が促進されるため、男性はニオいやすく、特にミドルエイジになるほどニオいが強くなります。しかし、ストレスや生活習慣の乱れにより、自律神経やホルモンのバランスが崩れることで皮脂の量が増えるため、頭がニオいやすのは女性も例外ではありません。

それでは毎日しっかり洗えばよいかというと、洗いすぎは逆にニオいやすい頭になるから要注意!

というのも、皮脂には「皮膚を守る」という役割があります。洗いすぎて皮脂が取れ過ぎると、皮膚を守るため、逆に皮脂の分泌が多くなってしまうのです。洗浄力の高いシャンプーで朝晩の2回、髪を洗っている人は洗いすぎ。1日1回か、2日に1回が適度なペースです。

また皮脂には、肌によい常在菌がすんでおり、これが頭皮を健康にしてくれます。しかし洗いすぎにより、頭皮の環境が悪化すると、皮脂を好むカビの一種が増えてしまうこともあります。これは、フケ症の原因になります。

頭皮が臭いのはシャンプーのせい?芸能人もやってる『湯シャン』の効果

「休プー」のすすめ

シャンプーの回数が多すぎる人は、まず回数を減らしましょう。完全にシャンプーを使わずに髪を洗うことを、ノーシャンプーの意味で「ノープー」といい、SNSなどでも話題になっています。俳優の福山雅治さんが実践しているという「湯シャン」もそれ。お湯だけで洗うことで、皮脂の分泌が適正になり、頭皮の常在菌のバランスも保たれるようになります。
お湯だけできれいになるの? と思われそうですが、実は40度以上のお湯では、皮脂を取り過ぎるほどの洗浄力があります。
ただし、シャンプーに慣れた状態から急にノープーにすると、初めは皮脂分泌がまだ多く、脂臭くなるかもしれません。
そこで提案したいのが、シャンプーを休む「休プー」。まず、シャンプーと湯シャンを1日置きくらいにして、シャンプーを使う回数を減らします。慣れたら湯シャンの割合を増やしていきましょう。

頭皮を指の腹でマッサージするように洗う

ポイントとしては、洗う前にしっかりブラッシングして、ほこりなどの汚れを落としておくこと。また洗う時は40度以下のお湯を使い、頭皮を指の腹でマッサージするようにしっかりと洗い、よく流すことです。そして洗髪後はドライヤーで乾かし、生乾きのままにしておかないこと。髪が濡れていると、雑菌が繁殖しやすくなります。
ただし、脂性肌の人や、フケが多すぎる人に湯シャンは向きません。またワックスなどの整髪料をつける人は、シャンプーでしっかり落とす必要があります。
体を動かして汗や皮脂が多い日もあるでしょうから、湯シャンの頻度に正解はありません。自分の頭皮の状態を確認しながら、実践してみてください。

続きを読む



焼肉やにんにくで疲労回復…実は逆効果!?栄養たっぷり新スタミナ回復食

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

夏に欠乏しがちな栄養素を効率よく摂れる「新スタミナ回復食」をご紹介します。

やりすぎ疲労回復食に注意!

焼肉やにんにくでスタミナ補給、お酢をジャーッとかけて疲労回復…。夏バテ解消にこんな食事をしていませんか? しかし体にいいと思っていた食べ物でも、逆に夏バテが倍増することもあると言うのは、管理栄養士の森由香子先生。たとえば焼肉は大事なタンパク質ですが、それだけでは食物繊維やビタミンCが不足します。さらに食べ過ぎると胃の機能が低下したり、腸内悪玉菌が増えて体がダル重に。

焼肉やにんにくで疲労回復…実は逆効果!?栄養たっぷり新スタミナ回復食

また、スタミナ回復のイメージが強いにんにくは、殺菌力の強さが諸刃の剣に。夏バテ状態でたくさんとると、内臓に刺激を与えすぎることにも。生にんにくなら1日1片、加熱したものは2片程度を目安に食べ過ぎないようにしましょう。

そしてお酢は疲労回復に働く一方、強い酸が消化器の負担になり、栄養がうまく吸収できないようになることも。1日大さじ1杯を目安に、かけすぎに注意して。

今回紹介する「新スタミナ食」は、これらの従来の夏バテ解消メニューではないものをご提案。ダルさのモトになる疲労物質を排出する食材をとったり、疲れによって体内で大量消費する成分を補うことで、夏のスタミナが戻ります。また、毎食しっかり炭水化物をとると、すぐエネルギーに変わるのでバテにくくなります。冷房バテや食冷えバテなど、さまざまな夏バテに効く“パーフェクト食”をご紹介します。

これが「新スタミナ回復食」

○ アスパラギン酸が“疲労毒”を排出「もやし炒め」

もやしに豊富な「アスパラギン酸」は、老廃物のアンモニアを排出して、疲労をストップ。火を通しすぎると栄養素が流れ出るため、サッと炒めるのが◎。さらに、わかめの味噌汁と組み合わせると効果がアップ。アスパラギン酸とカリウムは、栄養吸収を互いに助け合う仲良し食材。カリウムたっぷりのわかめ、腸内環境を整える味噌を使ったシンプルな味噌汁を。

○ たっぷり「タウリン」が夏バテ疲労を解消「シーフードマリネ」

魚介には、栄養ドリンクにも入っている「タウリン」がたっぷり。内臓の機能が高まり、スムーズに血液が巡って、よく動ける体に。エビやイカ、タコ、ホタテなどを、疲労物質に働く酢をあわせて、さっぱりマリネに。

○ 最強の組み合わせで夏疲れスピード回復「豚肉じゃが」

「肉じゃが」に豚肉を使うと、疲れをとるおかずに早変わり。豚肉のビタミンB1が、血流をよくする玉ねぎの成分と結びつき、回復スピードがアップ。豚肉のアスパラギン酸とじゃがいものカリウムのタッグも、老廃物排出に効きます。

○ ミネラル不足の体に速攻エネジーチャージ「塩おにぎり」

ダルくて動けないときに、速攻で効くのが塩おにぎり。炭水化物を抜くと、酵素をたくさん消費してお疲れ体に。塩おにぎりはすぐエネルギーに変わるため、動ける体が復活。また、汗で流れたミネラルを補給するために塩をプラス。

○ 亜鉛補給で夏ストレスに勝つ「トマト納豆」

不快な暑さや不眠など、ストレスが長く続くと血中から「亜鉛」が減少して疲れが抜けない体に。スタミナキープには、手軽な納豆で亜鉛を補給するのがおすすめ。ビタミンCを含むトマトと混ぜ、亜鉛を効率よくチャージ。

○ バテた体に効く鉄分をビタミンCがサポート「ゴーヤチャンプルー」

女性に多い鉄分不足は、倦怠感のもと。卵に含まれる鉄分は、単体では吸収されにくい「非ヘム鉄」ですが、ビタミンCと一緒に摂ればスルリと体内へ。ビタミンCが豊富な夏野菜のゴーヤと、卵を合わせてチャンプルーに。

続きを読む



  1. 1
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  2. 2 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  3. 3
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  4. 4
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  5. 5
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  6. 6 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  7. 7
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  8. 8
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  9. 9 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  11. 11
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  12. 12
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…
  13. 13
    リップを塗っても唇がカサカサ・ぷっくりしない…使い方間違ってるかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと リッ…
  14. 14
    【花粉症対策におすすめ】鼻うがいの正しいやり方。痛みなくスッキリ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 花粉…
  15. 15 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  16. 16 太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    太りにくいチョコレートの食べ方|美容にも健康にもいいおすすめのチョコ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  17. 17 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  18. 18
    足の裏に魚の目やタコができやすい人は、腎臓が弱っているかも…?
    足裏は全身の血液の巡りや新陳代謝のバロメーター。 足の裏が冷えるこ…
  19. 19
    これで節約。ズボラな人でも続く!楽しく家計簿をつけるコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 節約…
  20. 20
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…

一覧