201508_13_300

外は暑いのに、オフィスなどの室内は冷房のせいで寒い…。特に下半身の冷えは、体調不良を招きます。そこで活躍するのが、ムートンブーツ。ムートンブーツが活躍するのは冬だけにあらず! しまい込んであるムートンブーツを早速出してきましょう!

冷えを解消するために温めたいのは脚

女性は男性に比べて、熱をつくりだす筋肉が少なく、脂肪が多いことから、身体が冷えやすいという特徴があります。冷房によって身体が冷えると、血流やリンパの流れが悪くなり、脚がむくみやすい状態になります。また、冷えによって血液の循環が悪くなることで、自律神経のバランスが崩れ、肩こりや倦怠感の原因となったり、生理不順を招いたりすることもあるのです。

このような身体の冷えを防止するには、首やお腹、足首を温めるのがよいとされていますが、特に足首を温めることで、身体全体の血流やリンパの流れがよくなることが期待できます。

くるぶしまで温めるならムートンブーツ

冷房による身体の冷えを防止するには、くるぶしまで温めることが先決。しかし、夏は脚をすっぽりと覆ってしまうものを履くには、ムレも気になるところです。

意外なことに、真冬に大活躍するムートンブーツには、通気性がよくてムレにくいというメリットがあります。暑苦しく見えるかもしれませんが、実は天然のムートンブーツは夏も快適に履くことができるアイテムなのです。ただし、ムートンブーツの中には、フェイクもありますので注意が必要です。

ムートンブーツを夏に履くことに抵抗がある人にはウールでできたサマーブーツがおすすめです。ウールは熱伝導率が低いことから、夏涼しく冬暖かい、吸湿性に優れているという特徴があります。

オフィスでのシューズをムートンブーツにすれば、1年を通して冷えに悩まされることなく、快適に過ごすことができます。ブーツを履くことが、業務内容や職場の環境面で難しい場合には、ソックスでしっかりとくるぶしから温めておきたいものです。