201509.12_300

猛暑だった夏、たくさん汗をかいて、食欲も落ちてしまったのになぜか太ってしまった……。それは、外の暑さとエアコンの効いた室内との温度差により自律神経のバランスが崩れて、基礎代謝量が落ちてしまったことが原因かも。そんな「夏太り」に悩んでいる人に、秋に向けてオススメしたいのが「豆もやしダイエット」です。

栄養が豊富なだけじゃない!リラックス効果も

日本で一般的なもやしといえば緑豆もやしですが、豆もやしは大豆を発芽させたもやしで、豆部分が大きいのが特徴です。

豆もやしは、100gで37kcal程度と低カロリーな食材です。それだけではなく、ビタミンやミネラルが豊富に含まれることから脂質や糖質の代謝を促進。カリウムによって体内の水分が調整されてむくみを防ぎます。食物繊維も多いので、便通の改善効果もあります。さらに、心身をリラックスさせるGABAも含まれ、自律神経のバランスを整えることも期待できます。

このように、豆もやしを食べることで、食事の摂取カロリーを抑えるとともに、痩せやすい身体に変えることが期待できるのです。

豆もやしで食事のカロリーをカット

では、そんなダイエット向きの食材、もやしはどのように食生活に取り入れればよいのでしょうか。

おすすめの「豆もやしダイエット」は、ごはんを1食豆もやしに置き換えるか、食前にもやし100gを食べるという方法。これならばさまざまな食材を楽しみつつ、バランス良く栄養を摂ることができます。

腹持ちがよくなるように献立にスープを取り入れたり、人参やゴボウといった食物繊維が豊富で噛むことで満足感が得られやすい食材を使うのがオススメです。茹でたササミやワカメともやしをごま油や醤油などと和えればタンパク質も同時に摂れますし、ナムルや野菜炒めなど簡単につくれる料理にも使えます。これからの季節には、キムチなどのピリ辛系の鍋にして、主食として麺類の代わりに食べるのもいいですね。

手間が掛かるダイエットはなかなか続きにくいもの。豆もやしは調理が簡単なことも嬉しいポイントです。手軽に調理できる豆もやしを食生活に取り入れて、お手軽なダイエットをしましょう。