201509.18_300

夏バテは、夏の暑さにバテてしまうことで有名ですが、秋は季節がガラッと変わり気温の変化や気候の変化で体調を崩しやすい時期でもあります。夏の暑さに疲れ、十分な休養をとれないまま秋に突入した方は、今もだるさや疲れなどが抜けにくい、眠りが浅いなどの症状はありませんか?

すっかり涼しくなったのに、そんな夏バテを引きずった症状があれば、要注意!秋バテを解消して、季節にあった養生法を身につけていきましょう。

「肺」と「燥」に要注意!

秋は、漢方で考えると「肺」に影響が及ぶ時期です。また、「燥」の時期ですから、粘膜の乾燥がおこり、咳や喘息など症状が出やすく、外部からの侵入を防ぐ粘膜の機能が弱まることで感染症にかかりやすくなります。風邪が流行したり、インフルエンザが流行ることも頷けます。

精神的な面からみると、「悲」という感情と関係があるといわれ、気持ちの落ち込み症状が起きやすい時期でもあります。うつ病や不安障害で気分の落ち込みがひどくなる、生理前の落ち込みが気になるなど、いつもより症状が気になるのは季節の特徴なのかもしれません。症状が日常生活に影響する場合は、専門家にご相談ください。

秋バテには旬の食材がオススメ

そんな秋におススメしたい自分でできる簡単養生法は、旬の食材を取り入れることです。

まずは、肺を潤す作用の強い「梨」。咳や喘息、風邪で呼吸器系に症状が出ている方には特におすすめです。

また、白くて辛いものも、この季節には良いとされています。代表的なものは、ネギ、ニンニク、ショウガです。これらの食材は風邪の初期症状を改善する手助けになることでも知られていますよね。こうした食材を、おいしく、上手にとっていただくといいと思います。ただし、とりすぎは粘膜を傷つけますので、ご注意を!!

急に寒くなって、風邪などひきやすいこの時期。身近な食材で、美味しく健康に秋をお過ごしくださいませ。