こんなに簡単でいいの?混ぜるだけで体ポカポカ『薬膳ドリンク』が完成!

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

家庭にある身近な食材を使って簡単に作れる、からだを温める薬膳ドリンクレシピを紹介。

こんなに簡単でいいの?混ぜるだけで体ポカポカ『薬膳ドリンク』が完成!

身近な食材の“薬効”で冷えを追い払う!

薬膳料理といえば、レアな材料を手に入れて面倒な調理をする難しいもの……と思っていませんか? いつもの食材でササッと作れるものでも、薬効が期待できるレシピはあるんです。季節や体質、体調に合わせて、必要な薬効をもたらす食材を取り入れることで、不調を改善するのが薬膳料理。冷えが気になるときには、温める作用の食材を積極的に取り入れましょう。
具体的にはショウガやかぼちゃなどが体を温める力を持つ食材。また黒酢や黒豆は血行促進作用があり、冷えの改善に働きます。
一方、南国生まれのフルーツや白砂糖には体を冷やす作用があるため、寒い季節は控えたほうがいいでしょう。

からだを温める薬膳ドリンクの作り方

薬膳料理の中でも、今回は簡単にできて取り入れやすい、薬膳ドリンクのレシピを2つご紹介します。さっそく試してみて!

○ ショウガくず湯

くずには、発汗を促すことで、体の温め作用をサポートする効果が。風邪の引き始めなどにもおすすめの食材です。また、ショウガは血行を促進し、新陳代謝を上げる作用があります。冷えによる胃の痛みや下痢にも効果的。

(材料)

  • ・ くず粉・・・8g
  • ・ ショウガ(すりおろし)・・・小さじ1
  • ・ はちみつ・・・大さじ1
  • ・ 水・・・150ml
  • ・ ショウガ(細切り)・・・少々

(作り方)
くず粉、すりおろしたショウガ、はちみつ、水を鍋で混ぜ合わせる。中火にかけ、とろみがついたらでき上がり。カップに入れて細切りのショウガを添える。

○ 黒酢ティー

黒酢には、滞った血のめぐりをよくし、手先や足先にまで血液を送り届けることで全身を温かくする作用があります。また紅茶は、お茶の中でも特に体を温める作用が強いもの。利尿作用があるため、むくみの緩和にも◎。

(材料)

  • ・ 紅茶のティーバッグ・・・1バッグ
  • ・ 熱湯・・・150cc
  • ・ 黒酢・・・大さじ1
  • ・ 黒糖・・・適量

(作り方)
カップにティーバッグを入れて熱湯を注ぎ、紅茶をいれる。黒酢を加え、黒糖を入れてお好みの甘さにする。




冷え・むくみを撃退したいなら『シナモン紅茶』がおすすめ!

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

毛細血管を修復して、冷えやむくみを改善するシナモン。その効能と、体にいいとり方を解説します。

毛細血管は40代から減っていく…

細かい網目状に、体内にびっしりと張り巡らされる“毛細血管”。体の末端まで酸素と栄養を届け、老廃物をリンパに送りこんでいます。
ところがこの毛細血管、加齢や運動不足、女性ホルモンの低下により、女性は40代を境に大きく減少します。なんと60〜70代になると、20代に比べて4割も減るとか。
すると栄養が届かず、老廃物を排出できなくなった体の細胞は働きが低下。むくみや冷え、肌質の悪化、臓器機能の低下といった老化の原因に。
そんなアラフォーの毛細血管を若返らせる魔法のスパイスが“シナモン”なのです。

スプーン1杯のシナモンでみるみる復活!

衰えた毛細血管は、血管の細胞間の接着を強固にする分子“Tie2”を活性化することで修復できます。
Tie2の活性化には”アンジオポエチン“という成分が必要ですが、それと同じ働きがシナモンにあるとわかったそう。シナモンの量は1日スプーン1杯で十分。摂取後、たった2〜3時間で、細胞間の接着を強固にする働きを持つ分子が活性化し、不調の改善に働くそう。紅茶に入れて飲めば体があたたまり、むくみがスッキリするのでおすすめです!

毛細血管を若返らせる「シナモン」のとり方

1)パウダーを1日スプーン1杯

スティックより、パウダーでシナモンをとって。スプーン1杯分(約0.6g)で全身に行き渡ります。とりすぎは肝臓に負担をかけるので避けて。ヨーグルト、トースト、バナナやオレンジなどのフルーツ、さつまいも、豆乳、ココア、コーヒーにプラスするとおいしくいただけます。

2)香りを楽しんでリラックス

アロマオイルとしても使われる、甘くスパイシーなシナモンの香りは、香りそのものが体にいい効用のひとつ。ゆったりと楽しみましょう。

3)とったら体を動かす

毛細血管を復活させるには、シナモン摂取後に、血流をアップさせるウォーキングなどの運動をプラスすると効果的です。

続きを読む




納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

日本人が大好きな発酵食品のひとつ、納豆。もともと健康食の代表としても扱われる納豆ですが、その健康効果と味をより最大限に引き出す方法が! まとめてご紹介します。

よく混ぜる&ちょい足しで栄養価と味がアップ!

昔から日本の食卓に欠かせない納豆。健康食として優秀で価格も安く、手軽にどこでも購入することができます。そんな納豆の健康効果を存分に堪能するために、ちょっとしたコツがあるのをご存知ですか? 注意したい納豆の調理法や、ちょい足しすることで栄養価をアップさせることが可能なんです。そんな納豆パワーを引き出す食べ方をまとめました。

納豆パワーを最大限に引き出す食べ方5選

1)ナットウキナーゼの効果を得るなら50度以下

納豆に含まれる栄養素で有名なのが「ナットウキナーゼ」。血液中にできる血栓を溶解する作用のほか、血圧を下げる、血流の改善など、さまざまな効果があります。ナットウキナーゼは、納豆が発酵する時に生成される成分で、実は熱に弱いのが特徴。納豆の血液サラサラ効果を狙うなら、納豆オムレツやパスタなどは避けて、熱を加えずに食べるのがおすすめです。ご飯に納豆の組み合わせなら、熱々のご飯ではなく、少し熱をさましたご飯でいただきましょう。

2)おいしさを存分に味わうならタレを入れる前に混ぜる

せっかく体にいい納豆を食べるなら、一番おいしい方法で食べたいもの。納豆は混ぜるとうま味成分のアミノ酸が増えることがわかっています。タレを入れる前に、納豆をよくかき混ぜるのがポイントです。タレを加えてから混ぜると粘りが出にくいので、タレは混ぜた後に。

3)代謝アップは朝納豆・美肌サポートは夜納豆

納豆には、タンパク質をはじめとする有効な栄養素がたっぷり含まれています。体の代謝を上げ、冷えを予防するなら、朝に納豆を食べるのがおすすめ。また、美肌を目指すなら夕食に納豆を食べましょう。ナットウキナーゼの血液サラサラ効果&血圧降下作用も夜、納豆を食べるのが効果的。

4)栄養価が高いのはひきわり納豆

丸大豆の納豆よりも、ひきわり納豆の方が実は栄養価が高め。それは、ひきわり納豆の方が、表面積が広く、納豆菌による分解が進みやすいため。丸大豆納豆に比べて、ひきわり納豆の方が、骨を強くするビタミンKは1.6倍、脂質や糖質の代謝をサポートし善玉コレステロールを増やすパントテン酸は1.2倍含まれているそうです。

5)プラスαの食材で相乗効果を

健康維持の重要なポイントとなる腸内環境。納豆に発酵食品をプラスすると、Wの発酵パワーで整腸効果がアップします。例えば、納豆にキムチを混ぜたり、タレのかわりに塩麹や塩辛を使うなど。また、生姜や梅干し、ネギ、にんにくなどを加えれば、納豆のビタミンB1の吸収が高まるので、疲労回復に効果が。目的に合わせて、ちょい足しする食材をアレンジして納豆を楽しみましょう。

続きを読む




寒がりと冷え性には違いがある。冷えない体を作る『温活』5大原則

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

靴下を何枚も重ねてもまだ冷える、冷えで夜眠れない…。ただの寒がりとは違う、冷えの正体を解説します。

寒さに敏感な人が「寒がり」常に体が冷たくつらいのが「冷え」

冷えは体に悪いとわかっていても、冷えの正体についてはよく知らないもの。まず、寒がりと冷えとの違いを知っていますか? 多くの人が寒いと感じない温度でも、寒さを敏感に強く感じる人が「寒がり」。一方、多くの人が寒いと感じないような温度でも、手足の指先や足、お腹など体の一部や全身が常に冷たくてつらく感じるのが「冷え」です。

なかには、自分では冷えに気づいていなくても、冷えが原因で肩こりや腰痛、頭痛、不眠、むくみ、だるさなどを起こしている場合もあるので注意が必要です。

熱が作れない・全身に配れないのが冷えの原因

冷えの原因は血流の悪さにあります。血流と体温は密接な関係にあり、生活環境や食生活の滞り、運動不足などで血行が悪くなると、本来、体の隅々まで運ばれるはずの熱エネルギーが届けられなくなり、体が冷えます。

また、太りたくないからと食事量が少ない人は、食事から十分な熱エネルギーが作られず冷えの原因になる場合も。ストレスで緊張が続いている人や、女性の場合は月経などで血流が滞りやすくなることも冷えの原因になります。下記に冷えの原因をまとめました。

・熱がうまく作れない
熱を作る働きをする筋肉が少なく、熱エネルギーを十分生み出せなかったり、熱エネルギーの元となる食物を十分とっていないと、熱を作り出すことができず冷えます。

・熱がうまく配れない
緊張して交感神経が優位になると、血管が収縮し血流が悪くなり、熱を全身に配れなくなります。リラックスして副交感神経が優位になると血管が広がって血流が良くなり、熱が全身に巡ります。

冷えない工夫を生活習慣に取り入れて

では、冷えを解消するには、まず何からはじめればよいのでしょうか? 血流を良くすることが冷えの改善には最も大切です。下記の5大原則が冷え予防の基礎になるので、このなかで取り入れやすいものからはじめましょう。

●冷えない体を作る「温活」5大原則

  • 1)体を冷やさない
  • 2)体を内から温める
  • 3)体を外から温める
  • 4)体を冷やすものを食べたり飲んだりしない
  • 5)熱を作れる体にする

体を冷やさない服装や、熱を逃がさない着方の工夫をしっかりと。冷たい飲み物やアイスなど体を冷やすものをとらず、温かいものをとって体を内側から温めることも大切です。

また、筋肉を増やし、熱を作れる体にするのも大事なポイント。エレベーターでなく階段を使う、ふだんの動きを大きくしたりゆっくり行うなど、ちょっとした心がけで、軽い運動なみの効果が得られます。

また、入浴はシャワーでなく湯船につかって。38〜40度のぬるめのお風呂に10〜30分入れば、体温を上げる副交感神経が活発になります。ちょっとしたコツで、冷えは改善可能です。生活に取り入れて、冷えない体を作りましょう。

続きを読む



活用しないともったいない!日本のスーパーフード『酒粕』の活用法

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

日本酒の搾りかすである酒粕。粕汁として食べる以外にも、美容テクとして活用もできるんです! 体にも肌にもいい酒粕の魅力をたっぷりご紹介。

活用しないともったいない!日本のスーパーフード『酒粕』の活用法

食べるだけでなく美容にも効果が!

スーパーで手軽に購入できる酒粕。板状になっているものが定番で、近年ではペースト状のものも販売されています。酒粕は日本酒を作るときにできるしぼりかすですが、そこには栄養がたっぷり。タンパク質、食物繊維、有機酸、ビタミンB群など。発酵の過程で産生されるペプチドには、高血圧を予防する作用も。また、アミノ酸は旨味成分なので、シチューなどに隠し味として少量加えると、おいしさがグンとアップします。

でも、粕汁や魚や肉の粕漬けなどに使っても、酒粕はどうしても余りがち。そんなときは、美容に酒粕を取り入れてみてはいかがでしょうか。酒粕に含まれるアルブミンやリノール酸には美白効果があり、古くから美容に役立てられてきました。そんな、酒粕を使った美容法をご紹介します。

酒粕美容のやり方

○酒粕パック
板状の酒粕を100g程度とり、電子レンジで温めて柔らかくします。その後、クリーム状になるまで水またはぬるま湯を加えれば、酒粕パックに。洗顔後の肌に塗り、10〜15分おいてから水、またはぬるま湯で洗い流します。顔を流している最中からわかるほど、酒粕パックの後はお肌がツルツルに。また、肌がブライトアップする効果も。パックをするときは、酒粕特有の香りがあるので、洋服などにつかないように注意して。

○酒粕の入浴剤
手のひらほどの酒粕を、ガーゼの袋に入れて、湯船にドボン。これで酒粕の入浴剤の完成です。板状の酒粕はそのままだと、お湯に溶けにくいので、入浴中にガーゼの袋を揉むようにして酒粕をお湯になじませて。酒粕が体をツルツルにしてくれます。酒粕の量は好みで調整を。

○角質ケア
酒粕の入浴剤を使えば、角質ケアもできちゃいます。酒粕の入ったガーゼをひじやひざなどに当て、軽くマッサージしましょう。角質がやさしく除去されて、黒ずんだひじやひざがきれいになるといわれています。

酒粕にはいろいろな種類が

ちなみに、酒粕にも種類があるのをご存知ですか? 酒粕は日本酒のしぼりかす。日本酒には、大吟醸、吟醸、純米大吟醸、純米吟醸、純米酒などの種類があります。それぞれ、お米の精米度が違い、大吟醸がお米の芯の部分だけを使っているもの。大吟醸などのお酒は日本酒を作る工程でえぐみがでないよう酒粕をしぼるときにはゆるめにするそう。そのため、ねっとりした質感でアルコール分も多く残ります。同様に栄養成分もたっぷり残っているそう。せっかく酒粕を活用するならおいしく、美容にいいものを選びたいですよね。酒粕を選ぶときは、酒蔵の名前が入ったものがあればぜひそちらを。スーパーで見つからないときは、酒屋さんに問い合わせてみて。

続きを読む



上半身は温かくても下半身は冷えている…婦人科系トラブルと冷えの関係

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

体のさまざまな不調は冷えが原因に。冷えが起こす不調のしくみと改善のコツを解説します。

食生活や冷暖房の使い過ぎで体温調整機能が追いつかない

「日々、薬局でお客様と接していると、冷えが女性の健康と深く結びついていると実感します」と話すのは、漢方薬局の薬剤師である大林多津子さん。
なかなか改善しない不調を抱えている方には必ずと言っていいほど「冷え」があり、これによっていろいろな不調を招いていることが多いのだとか。

本来、人間の体には体温を一定に保つ働きがあり、暑いときには汗をかいて熱を放出し、寒いときには筋肉で熱をつくったり、毛細血管を収縮させて熱を逃さないようにしています。しかし、体を冷やす食生活や冷暖房の使い過ぎ、またストレスなどが重なると、体温調節機能が追いつかなくなり「冷え」がでるのです。

女性の体と関係が深いのが“下半身冷え”

冷えにもいろいろなタイプがあります。毛細血管の働きが悪く、手足が特に冷たくなる「末端冷え性」。手足はポカポカしているのに体の中は冷えている「内臓冷え」。下腹から太ももなど下半身が冷えて、上半身の熱とのバランスが取れずのぼせを感じやすい「下半身冷え」などがあります。

中でも生理痛や生理不順など、女性の体と関係が深いのが、下腹が冷えている下半身冷え。下腹には、子宮や卵巣など女性の体をコントロールする臓器があるので、この部分が冷えていると十分な血液が届かなくなり、ホルモンバランスの乱れにもなるのです。

冷えを改善すれば更年期も快適に過ごせる

そして、女性にとって気になる更年期症状も冷えと関係があります。
更年期は閉経による女性ホルモン低下が原因で、不快な症状が現れる時期。「体がほてって汗がとまらない」というホットフラッシュは、更年期の代表的な症状ですが、若い頃から冷えに悩まされてきた人ほど、症状が強く出る傾向があるのだそう。

下腹や下半身が冷えている人の多くは、上半身に熱がたまってのぼせ気味になっています。この上半身の熱をさますために汗をかきますが、体全体が熱いわけではありません。「冷え」と「多汗」は正反対のようで、実は原因は同じともいえます。冷えを改善すると、更年期につらい症状で悩むことも予防できます。

生活習慣で冷えを解消

こうした冷えの改善には、日常生活で行ってほしいポイントがあります。まず「冷たいもの・体を冷やす食品を控える」こと。暖房で部屋の中が温かいからと、冬でもアイスクリームを食べていませんか。口に入れるものは温かいものか、常温のものにすることを心がけて。白砂糖は体を冷やすとされますから、スイーツは控えめに。

また「入浴」は体を温め、めぐりをよくする最適の手段。39度くらいのぬるめのお湯に15分以上ゆっくり浸かるのがよいとされます。
そして「体を動かす」ことも大切。ウォーキングや軽いジョギングなどの、呼吸しながらできる有酸素運動が、めぐりをよくしてくれます。こうした習慣を心がけて、冷えない体をつくりましょう。

続きを読む



  1. 1
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  2. 2 頭痛には3つのタイプがある-症状からタイプを見極めて予防を
    頭痛には3つのタイプがある-症状からタイプを見極めて予防を
    「片頭痛」と「緊張型頭痛」。女性に多い慢性頭痛の対処方法。まず自分の…
  3. 3
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  4. 4
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  5. 5
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  6. 6
    女性が一番キレイに見えるメガネの色は何色?選び方の大事なポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 老眼…
  7. 7
    老化スパイラルにハマるあぶない食生活とは?5つの心がけで予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 気に…
  8. 8
    使い古した『ゴワゴワタオル』をふんわりさせる蘇り洗濯術
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ふん…
  9. 9
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  10. 10 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  11. 11
    冷え・むくみを撃退したいなら『シナモン紅茶』がおすすめ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 毛細…
  12. 12 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  13. 13 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  14. 14
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  15. 15
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  18. 18 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  19. 19
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  20. 20
    寝る前にやってはいけない事リスト。寝つきが悪くなる・睡眠の質が下がる…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人生…

一覧