感情的に叱ってはいけない!発達障害の子どもへの接し方のポイント6つ

提供:gooヘルスケア

出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」
著者:高貝 就 浜松医科大学 子どものこころの発達研究センター特任准教授

 広汎性発達障害の子どもに対して、家庭ではどんな点に気をつけて接するといいのか、基本的な考え方を紹介していきましょう。

 広汎性発達障害の子どもは、指示をすんなりと理解したり、器用にこなすことが苦手です。また、成功したという体験やほめられる体験を重ねる機会が少なく、「私(ぼく)はできるんだ」という自信が育ちにくく、劣等感が強くなりがちです。ですから、家庭では子どもが成功する機会を増やせるようにしてください。そして子どもの行いを、なるべくポジティブに受け止めてあげましょう。

 以下は家庭での接し方の6つのポイントです。

①感情的に叱らない

②いけない行動は無視する

③いい行動ができたときには必ずほめる

④いけない行動をコントロールしたり、いい行動ができたら目に見える形で評価する

⑤行動目標は具体的に小刻みに

⑥親は安定したぶれのない対応をする

 日々の暮らしのなかで、つい叱りたくなることもあると思います。けれども、激しい口調できつく怒鳴ったり体罰を加えても、それで子どもの行動を直すことはできません。子どもの行動には必ず原因となっている出来事があります。それを見極めましょう。

 たとえば、公園でお友だちと一緒に過ごしているときに、お子さんが急に友だちにおもちゃを投げつけ、大声で泣き出してしまったとします。お母さんはあわてて「何やっているの! ○○ちゃんにぶつかったらどうするの! 仲良く遊べないならもう帰るわよ!」と言い、子どもの手を引っ張って無理矢理その場から離れさせようとすると、子どもはますますひどく泣いて興奮してしまいました。このときの子どもの行動を3つに分けて考えます。

 ①公園で友だちと一緒に遊んでいる

 ②子どもが友だちに対しておもちゃを投げ出して大声で泣き出す

 ③お母さんにひどく怒られてその場から引き離される

 この過程のうち、①が「きっかけ、または手がかり」、②が「行動」、③が「結果または対応」と考えてください。つまり、②の行動を考えるとき、その前後の過程を考えることが重要です。具体的には①で一見静かに一緒に遊んでいるように見えていたけれど、何か子どもが怒りだすきっかけがあったのかも知れません。友だちが使っている遊具を使いたかったのかも知れません。また③の結果については、もし別の方法をとることができたら、叱って引き離すのではなく、穏やかに興奮をしずめるように声をかけられたかも知れません。そして「遊具をほかの子が使っていたら『使わせてね』と頼もうね」「おもちゃを投げるのはよそうね」と話し、子どもに具体的にどうしたらよかったかを教えてあげるのです。

 このように、行動の前後の状況を分析し、効果的な関わりを考えて行動をより望ましい方向に変えて行こうとするアプローチを応用行動分析 (Applied Behavior Analysis ; 以下、ABAと省略) と呼びます。このABAの考え方は、広汎性発達障害の子どもの療育で活用されています。頭ごなしに叱って終わりでは、その行動への振り返りをその後の子どもの対人交流スキルの改善に役立てることができません。また子どもはただ怒られたのでは、自信をなくすだけになってしまいます。

 ABAの基本的な考え方は、間違った行動をくり返させずに、正しい行動を伸ばすというものです。間違った行動については無視して(取りあわない、リアクションしない)、正しく望ましい行動ができたときには、「ほめたり、ごほうびを与える」という流れが基本です。子どもにはうまくいったという成功体験を積ませ、少しずつ自信を身につけさせる働きかけが大切です。このため、目標はシンプルでハードルが高すぎないものにすることが必要です。




【発達障害の特徴】なんでも言葉通りに受け止めてしまう理由と対処法

提供:gooヘルスケア

言外(げん がい)の意味がわからない

出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」
著者:高貝 就 浜松医科大学 子どものこころの発達研究センター特任准教授

「すべて言葉通りに受け止める」発達障害の子ども(低学年~)行動の理由と対処法

 たとえば授業中に先生が怒って「もう授業をやめるから、みんな帰れ」と言った場合、その言葉通りに帰る生徒はほとんどいないと思います。けれども広汎性発達障害の子どものなかには、「先生がそう言ったから」とそのまま帰宅してしまう子がいます。また、いわゆる社交辞令を理解することが苦手です。「お近くにいらした際はぜひお立ち寄りください」と言われて突然訪ねてもいいのかなと考えてしまうことがあります。

Why ?

*言葉で説明されていること以外の言外の意味を読み取ることができません。

 これは「比喩がわからない」と似た特性に由来するものです。広汎性発達障害の子どもは、言葉に表現されない表情やニュアンスを読み取ることが苦手なので、相手が本気で言っているのかわからないことがあります。「天然キャラ」などとプラスに評価されることもありますが、自分が真面目に対応しているのに笑われたり、からかわれたりして傷ついてしまうことがあります。

こう対処

*冗談まじりの言い方はしない努力を。また意味がわからないときに怒ったり笑ったりしないこと。

 ご家庭で何か子どもにメッセージを伝えるときには、冗談や皮肉をこめた表現を使うことはなるべくしないで、静かに率直に伝えるようにします。もしも言葉通りに受け取ってしまって、ちぐはぐな反応になっても笑ったりせずに「お母さんはこういう意味で言ったのよ」などと、丁寧に説明してあげましょう。

 また、子どもが友だちから「遊びにきてね」などと言われた場合は、いつでも行っていいわけではなく、あらかじめ相手の親御さんを通して都合を確認するように説明しておくといいと思います。

続きを読む




【発達障害の特徴】たとえ話が理解できない理由と対処法

提供:gooヘルスケア

たとえや比喩(ひ ゆ)の意味がわからない

出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」
著者:高貝 就 浜松医科大学 子どものこころの発達研究センター特任准教授

「たとえ話が理解できない」発達障害の子ども(低学年~)行動の理由と対処法

 たとえば「隣の赤ちゃんは玉のような男の子ね」と言ったときに、「その赤ちゃんはそんなに丸いの?」とびっくりして聞き返したり、誰かが「そのギャグ寒い」と言うと「ぼくは寒くないよ。毛布を持ってこようか」などと答えたりします。

 物事を、たとえ話やことわざを使ってわかりやすく説明しようとすると、その意味がわからず、かえって混乱してしまいます。

Why ?

*たとえ話と現実の区別がつかずに、言葉そのままの意味だと思ってしまいます。

 抽象的な概念を現実に当てはめて考えたりすることが苦手なため、たとえ話を理解できないことがあります。たとえ話や比喩を使った説明と、実際の事柄との区別がつかず、話についていけなくなってしまいます。

こう対処

*家ではことわざや慣用表現は使わずに、シンプルでストレートな言い方を心がけて。

 低学年のうちは、たとえ話やことわざを控え、具体的な表現で話すようにしましょう。たとえば早起きをした方がいいという場合には「『早起きは三文(さん もん)の徳』っていうでしょう? だから早く起きた方がいいよ」という声かけよりも、「毎朝6時半に起きようね」とシンプルに、伝えてみてください。ことわざや慣用句について教える必要がないわけではありません。高学年になれば、授業でも取り上げられるでしょう。そうした教育の場で、意味を理解させながら覚えていくといいでしょう。慣用表現は年齢がもっと大きくなれば、覚えることもできるようになっていきます。

続きを読む




【発達障害の特徴】整理整頓が苦手・散らかしても気にならない理由と対処法

提供:gooヘルスケア

何でもやりっぱなしの状態で、気づくとものに囲まれている

出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」
著者:高貝 就 浜松医科大学 子どものこころの発達研究センター特任准教授

「片付けられない」発達障害の子ども(低学年~)行動の理由と対処法

 整理整頓がとことん苦手で、自分の部屋や学校の机のなか、ランドセルのなかがいつもぐちゃぐちゃ。文房具や本、衣類などを決まった場所にしまえません。そのため、いつもその子が使ったものは出しっぱなしで、ゴミもそのままにされていたりします。本人もどこに何があるかわからず、いつも何かを探しています。また、散らかった状態でも気にならないように見えるのも特徴のひとつです。

Why ?

*順序立てて片づけるのが大の苦手。どう片づけていいのかわからないのです。

 片づけたくてもうまくできません。その原因は、はっきりとはわかっていません。気づくとものがあふれ、自分でもどうしたらいいかわからなくなってしまいます。散らかっていても平気でいますが、きれいな状態になると、やはりそれはいいことだと思うようです。また「片づけはほかの誰かがやってくれるもの」と思っている場合もあります。

こう対処

*子どもだけに任さない。片づけ方を図案化して手順が見てわかる工夫を。

 片づけなど、成長とともに身につく習慣に、他人の何倍もの労力を必要とします。自分の力ではうまく片づけることができないので、保護者が助言・サポートしてあげます。ものを決まったところにしまう習慣をつけるために、その行動をしようと本人が思う気持ちを引き出すことが重要です。たとえば、引き出しに仕切りをつくって「えんぴつ」「けしゴム」「じょうぎ・コンパス」などと記したシールを貼っておくと、片づけに取り組みやすくなります。片づけが上手にできたらほめて、子どものがんばろうとする気持ちを尊重しましょう。

続きを読む



【発達障害の特徴】「じっとしていられない」聴覚が敏感・ADHDの場合も

提供:gooヘルスケア

自分の行動をコントロールできない

出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」
著者:高貝 就 浜松医科大学 子どものこころの発達研究センター特任准教授

「授業中、座っていられない」発達障害の子ども(低学年~)行動の理由と対処法

 授業中、ずっと座っていられずに席を立ったり、座っていてもじっとしていられずに体をゆすったり、ほかの子にちょっかいを出したりしてしまいます。また先生に指されてもいないのに、答えを大声で言ってしまうという事例も多く見られます。先生が注意すると聞き入れることができず、教室の外に飛び出してしまったり、怒りだして、トラブルになることもあります。

Why ?

*苦手な音から遠ざかるために出て行ってしまう場合や、集中力が持続しないためにじっとしていられないケースがある。

 この行動にはいくつかの原因が考えられます。まず幼児期の項目でも説明した聴覚の過敏性が影響しているケースです。教室掃除などの作業では、物音や話し声などの騒音に耐えられず、教室に留まることがつらいのです。またADHDであることも考えられます。ADHDの人は、長い間じっとしていることが苦手です。頭では「座っていなきゃ」とわかっていても考える前に行動してしまうため、なかなか直すことができません。

こう対処

*聴覚過敏によるものなのか、ADHDによるものか、原因を見極め、原因に応じた対処を考える。

 幼児期の項目で説明したように、聴覚過敏の疑いがあるのなら耳栓の使用が音の刺激を下げるのに有効です。また集団活動の重要性については「ほかの子に迷惑になるから」という概念的な説明は、こうした行動をする子どもたちには理解しづらいものです。「『名前を呼ばれた人が答えを言う』というようなシンプルな説明だとわかりやすい」とか「授業中に動いてもいい場面があるとわが子は授業についていきやすい」などの具体的な対応法を担任の先生と相談しておくといいでしょう。

続きを読む



【発達障害の特徴】注意力の不足は治る? 忘れ物が多い子どもの対処法

提供:gooヘルスケア

注意をしても、言ったそばから忘れてしまう

出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」
著者:高貝 就 浜松医科大学 子どものこころの発達研究センター特任准教授

「忘れ物が多い」発達障害の子ども(低学年~)行動の理由と対処法

 忘れ物が多く、「明日は絵の具をもってくること」と先生に特別なプリントをつくってもらっても、あまり効果がありません。また、おうちの方への連絡事項を書いたプリントをもらっても、持ち帰ること自体を忘れてしまったり、渡すことを忘れたりしてしまいます。注意を促しても忘れ物がなかなか減らないので、叱られることが多く、自信を失いがちです。

Why ?

*注意力の不足ですが、本人もどうしたら治るのかわからない状態。

 広汎性発達障害ではADHD(注意欠陥多動性障害(ちゅう い けっ かん た どう せい しょう がい))が合併していることが少なくありません。ADHDとは、注意を持続したり、じっと落ちついて過ごしたりすることが苦手なために社会生活で困りごとが出てくる障害です。忘れ物は注意力の不足の結果です。

こう対処

*周囲の大人と一緒に確認することからスタート。忘れ物をしなかったらほめて、やる気の向上を。

 本人の自覚だけで解決するのは難しいので、親のサポートや学校の先生方との連携をしていくのが望ましいでしょう。科目ごとに教科書とノートの組みあわせをつくり、前日のうちにおうちの方と時間割表に鉛筆で印をつけながら鞄に入れていく、という風に本人任せではないサポートをしましょう。配布物などは担任の先生や同級生の保護者にメールなどで確認し、そのうえで本人に確認してみることをおすすめします。肝心なのは忘れ物をしたことを叱るのではなく、きちんと準備できたりもち帰ったりしたときに、しっかりと言葉でほめて自信をつけさせ、がんばる気持ちを保つ働きかけを行っていくことです。

続きを読む



  1. 1
    【発達障害の特徴】指示がうまく理解できない理由とは?
    次に何をすべきか、わからない 出典:株式会社法研「子ども…
  2. 2 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  3. 3
    【発達障害の特徴】整理整頓が苦手・散らかしても気にならない理由と対処法
    何でもやりっぱなしの状態で、気づくとものに囲まれている …
  4. 4 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  5. 5
    【発達障害の特徴】「じっとしていられない」聴覚が敏感・ADHDの場合も
    自分の行動をコントロールできない 出典:株式会社法研「子ども…
  6. 6
    【発達障害の特徴】たとえ話が理解できない理由と対処法
    たとえや比喩(ひ ゆ)の意味がわからない 出典:株式会社…
  7. 7
    おつまみの一品目はこれがベスト!お酒で太らない人になる5つのコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ビー…
  8. 8
    寝る前にやってはいけない事リスト。寝つきが悪くなる・睡眠の質が下がる…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人生…
  9. 9
    【発達障害の特徴】なんでも言葉通りに受け止めてしまう理由と対処法
    言外(げん がい)の意味がわからない 出典:株式会社法研…
  10. 10
    【発達障害の特徴】一方的に自分の話ばかりする子どもの対処法
    自分ばかりが話をして終わりがない状態 出典:株式会社法研…
  11. 11
    子どもの"かんしゃく"と発達障害ー対応の仕方と予防のコツ
    かんしゃくを起こすとみさかいがなくなる 出典:株式会社法研「子ど…
  12. 12
    目のお疲れ度をチェック。スマホ・PC 5時間以上使っている人は要注意!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 夕方…
  13. 13
    正月太りを7日でリセット!増えた脂肪を短期集中で落とすワザ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おい…
  14. 14
    【発達障害の特徴】興味のあるものが独特。好奇心は尊重すべき?
    なぜそんなものに熱中するかわからない場合も 出典:株式会社法研「…
  15. 15
    風邪なんか引いてられない人!寝るときに”濡れマスク”をやってみて
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  16. 16
    【発達障害の特徴】注意力の不足は治る? 忘れ物が多い子どもの対処法
    注意をしても、言ったそばから忘れてしまう 出典:株式会社法研「子…
  17. 17
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  18. 18
    【発達障害の特徴】みんなと同じ行動をとるのが苦手な子の対処法
    なぜみんなで同じ行動をとるのかが理解できない 出典:株式会社法研…
  19. 19
    バチバチっとくるのは老化のサイン?静電気をためやすい人の特徴
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 乾燥…
  20. 20
    二日酔いでつらい…からだを即効チャージする4つのポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと お酒…

一覧