感情的に叱ってはいけない!発達障害の子どもへの接し方のポイント6つ

提供:gooヘルスケア

出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」
著者:高貝 就 浜松医科大学 子どものこころの発達研究センター特任准教授

 広汎性発達障害の子どもに対して、家庭ではどんな点に気をつけて接するといいのか、基本的な考え方を紹介していきましょう。

 広汎性発達障害の子どもは、指示をすんなりと理解したり、器用にこなすことが苦手です。また、成功したという体験やほめられる体験を重ねる機会が少なく、「私(ぼく)はできるんだ」という自信が育ちにくく、劣等感が強くなりがちです。ですから、家庭では子どもが成功する機会を増やせるようにしてください。そして子どもの行いを、なるべくポジティブに受け止めてあげましょう。

 以下は家庭での接し方の6つのポイントです。

①感情的に叱らない

②いけない行動は無視する

③いい行動ができたときには必ずほめる

④いけない行動をコントロールしたり、いい行動ができたら目に見える形で評価する

⑤行動目標は具体的に小刻みに

⑥親は安定したぶれのない対応をする

 日々の暮らしのなかで、つい叱りたくなることもあると思います。けれども、激しい口調できつく怒鳴ったり体罰を加えても、それで子どもの行動を直すことはできません。子どもの行動には必ず原因となっている出来事があります。それを見極めましょう。

 たとえば、公園でお友だちと一緒に過ごしているときに、お子さんが急に友だちにおもちゃを投げつけ、大声で泣き出してしまったとします。お母さんはあわてて「何やっているの! ○○ちゃんにぶつかったらどうするの! 仲良く遊べないならもう帰るわよ!」と言い、子どもの手を引っ張って無理矢理その場から離れさせようとすると、子どもはますますひどく泣いて興奮してしまいました。このときの子どもの行動を3つに分けて考えます。

 ①公園で友だちと一緒に遊んでいる

 ②子どもが友だちに対しておもちゃを投げ出して大声で泣き出す

 ③お母さんにひどく怒られてその場から引き離される

 この過程のうち、①が「きっかけ、または手がかり」、②が「行動」、③が「結果または対応」と考えてください。つまり、②の行動を考えるとき、その前後の過程を考えることが重要です。具体的には①で一見静かに一緒に遊んでいるように見えていたけれど、何か子どもが怒りだすきっかけがあったのかも知れません。友だちが使っている遊具を使いたかったのかも知れません。また③の結果については、もし別の方法をとることができたら、叱って引き離すのではなく、穏やかに興奮をしずめるように声をかけられたかも知れません。そして「遊具をほかの子が使っていたら『使わせてね』と頼もうね」「おもちゃを投げるのはよそうね」と話し、子どもに具体的にどうしたらよかったかを教えてあげるのです。

 このように、行動の前後の状況を分析し、効果的な関わりを考えて行動をより望ましい方向に変えて行こうとするアプローチを応用行動分析 (Applied Behavior Analysis ; 以下、ABAと省略) と呼びます。このABAの考え方は、広汎性発達障害の子どもの療育で活用されています。頭ごなしに叱って終わりでは、その行動への振り返りをその後の子どもの対人交流スキルの改善に役立てることができません。また子どもはただ怒られたのでは、自信をなくすだけになってしまいます。

 ABAの基本的な考え方は、間違った行動をくり返させずに、正しい行動を伸ばすというものです。間違った行動については無視して(取りあわない、リアクションしない)、正しく望ましい行動ができたときには、「ほめたり、ごほうびを与える」という流れが基本です。子どもにはうまくいったという成功体験を積ませ、少しずつ自信を身につけさせる働きかけが大切です。このため、目標はシンプルでハードルが高すぎないものにすることが必要です。




【発達障害者支援センター】とはどんなところ?専門家のアドバイスや訓練も

提供:gooヘルスケア

出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」
著者:高貝 就 浜松医科大学 子どものこころの発達研究センター特任准教授

発達障害者支援センターとは発達障害の専門的な支援施設です

 発達障害者支援センターとは、発達障害児(者)向けの総合的な支援を専門的に行う施設のことで、広汎性発達障害の代表的な支援施設です。

 施設が設置されているのは、全国の都道府県や政令指定都市などです。センターの運営は社会福祉法人や特定非営利活動法人などが委託を受けている場合もあります。活動の目的は、発達障害をもった子どもとその家族が、社会生活を豊かに送るための支援を行うことです。発達の問題に気づくための情報や、発達障害をもつ子どもの理解の仕方と対応法、制度や地域情報などをわかりやすく提供しています。

 センターではこうした支援のために、保健、医療、福祉、教育、労働などの関係機関と幅広く連携し、各地域における支援体制の充実を図る役割を担っています。そのため、広汎性発達障害に関連する事柄についての間口は広いものとなっています。また、広汎性発達障害者が受診できる専門医療機関や支援サークルの紹介なども行っています。

各専門分野の相談員が直接アドバイス

 療育相談員や臨床心理士、言語聴覚士、作業療法士など各分野の専門家が駐在しています。子どもの特性に応じて、親がどのような見守りや接し方をすればいいか、専門医を受診するタイミング、親同士の連携など、具体的なアドバイスを受けることができます。また、個別指導や訓練なども行います。

 ただし専門家とはいっても、一度の相談だけで気になっていることをすべて解決できるわけではありません。わからないことについて納得いくまでたずねることも大事ですが、お子さんの性格や生活習慣も含めて理解してもらってこそ、その子にあった助言もできるものです。何度か通うつもりで、ゆっくりと信頼関係をつくりましょう。

発達障害の専門家から多面的な助言や指導が得られる

支援センターは積極的に活用を。

相談員とはじっくり信頼関係を築いていくつもりで向きあおう。

 

続きを読む




うちの子発達障害かも?と思ったら…早目の支援が社会適応のカギ

提供:gooヘルスケア

出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」
著者:高貝 就 浜松医科大学 子どものこころの発達研究センター特任准教授

発達障害?と思ったら早めの相談を

 普段の生活のなかでわが子の気になる行動が続き、「ひょっとしたら発達の問題があるのかも」と心配になったり、乳幼児健診などで小児科医や保健師に発達の問題について指摘されたりしたときには、できるだけ早目に専門機関に相談することをおすすめします。一人で悩むより専門家に相談することで親御さんの不安も軽くなるでしょう。それだけでもその後の子育てにプラスとなります。この章では、広汎性発達障害の可能性がある子どもとご家族のサポートを行ういろいろな専門機関について紹介します。

障害に早く気づいて、早く手をさしのべるのがカギ

 子どもの心身の健やかな成長のためには、気になる症状などの早期発見、早期からの発達支援が最重要課題です。子どもの成長や特徴にあった適切な医療や保育を提供し、発達を支援することを「療育」といいます。療育を始めるのはなるべく早いほうがよく、できれば小学校就学前が望まれます。発達の問題への対応が早ければ早いほど効果があらわれやすいからです。

判断に迷ったときが相談のサイン

 そうはいっても、「あれ? ちょっと心配だな」と思う程度だったり、何となく違和感を感じながらも「このまま様子を見たほうがいいのかな?」と判断に迷う場合も少なくないでしょう。それは子ども一人ひとりの性格が異なるように、障害の特性や症状もさまざまなため、単なる個性の延長にすぎないと受け取られてしまいがちだからです。

 祖父母や周りの人たちから「まだ小さいからしばらく様子を見てみては?」「父親のあの子も子どもの頃はやんちゃだったのよ」などと言われることもあるかもしれません。ご夫婦の意見が一致しないこともあるでしょう。一見、幼いゆえに見える行動は、発達に問題のある子の場合、残念ながら成長とともに消えてはなくなりません。むしろ「ちょっと変かな?」と思っていたことが「ほかの子とは大分違うのかな?」と感じるまでにはっきりと目立ってくることが多いものです。

 「広汎性(こう はん せい)発達障害という診断がついてしまうと『普通の子』として育てることができないのではないか」という心配をされる方もいます。しかし診断のつくことが子どもの将来にマイナスではないのです。診断は障害のレッテルを貼るためにするのではなく、どのようなサポートをしたらいいのかを明らかにするための道しるべです。できるだけ早く支援の手をさしのべてもらうことができたほうが、将来社会に適応しやすくなります。

 逆に対応が遅くなるほど、その後の成長に影響を及ぼす可能性が高くなります。小学校入学以降の集団行動をスムーズにこなせるようになるためにも、療育を始める時期はとても重要です。「もしかしたら」と感じたときをサインと受け止め、ぜひ行動を起こしてください。

相談できる機関と次のステップへの流れ

 広汎性発達障害について相談できる公的機関には、各都道府県や政令指定都市に設置されている発達障害者支援センター、各自治体の保健所・保健センター(以下、保健センターと略)、子育て支援センター、児童相談所などが挙げられます。また、精神科の医療機関や専門団体で相談できる場合もあります。一般に、公的機関での相談は無料(税金でまかなわれている)で、予約制となっているところがほとんどです。

 どこで相談すべきか迷ったら、まず最寄りの保健センターへ相談するといいでしょう。住所ごとに所轄の保健センターが決まっています。保健センターでは保健師が母子保健に関わる相談を定期的に行っています。相談の結果によっては、保健師が必要に応じてよりニーズにあった専門の機関を紹介したり、連携をとってくれます。無料相談の開催日時は各市区町村のホームページや広報紙で確認することができますし、直接電話で問いあわせてもいいでしょう。

 早期の段階で、気になる子どもとそのお母さんのフォローアップを目的としたシステムを運営している自治体もあります。たとえば静岡県浜松市では、1歳半健診で経過観察や指導が必要と判断された子どもを対象に、「発達支援広場」と名づけられた療育活動を行っています。発達支援広場は保育士、心理士、医師で構成されており、保健師や発達障害者支援センターと連携をとっています。子育てに悩みを抱える親が孤立せず、ほかの保護者とも交流したり、スタッフに気軽に相談できる機会になっています。参加を続けるなかで、より専門的な療育が必要と判断されれば、保健師が対応可能な機関を紹介してくれます。

 日本全国で同様の支援体制があるわけではありませんが、早い時期から広汎性発達障害の専門家とつながるきっかけをつくることは大切なことです。

相談内容は、まとめて書き出しておく

 保健センターや専門機関で相談するときには事前に相談内容をまとめておきましょう。ノートを一冊用意して、子どもについて気になることや聞きたいことを書き出しておきます。母子手帳も併(あわ)せて持参してください。相談時間が限られている場合は、質問事項に優先順位をつけておくと大事なことを聞きもらさずにすみます。相談のときにもらったアドバイスは同じノートに日付とともにメモしておきましょう。後から見返したり、ほかの家族に相談の内容を説明するのにも役立ちます。

 

●療育手帳
知的障害のある人が生活上の援助を受けやすくすることを目的とした制度で、広汎性発達障害と診断され、日常生活上の支援が必要と認められた人に対して交付される。援助内容は住民税・所得税の控除、自動車税・軽自動車税・自動車取得税の減免、公共交通機関や公共料金の割引や減免など。

続きを読む




発達障害の子どもこそ『ほめて伸ばす』が大事な理由

提供:gooヘルスケア

出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」
著者:高貝 就 浜松医科大学 子どものこころの発達研究センター特任准教授

発達障害の子どもへの声かけは冷静にストレートに、ほめて伸ばす

 親御さんが一生懸命お子さんに働きかけていても、お子さんがすぐに変化を見せてくれるとは限りません。

 ただ頭ごなしに叱りつけることは、ぜひとも避けてほしいのです。正しくない行動を指摘することは大切ですが、怒鳴りつけられることはおどろきやおびえを感じる原因となります。とりわけ聴覚の過敏性をもっている子どもは、いきなり大声で叱りつけられるとパニックを起こしてしまうことがあります。注意が必要なときは、叱る側もなるべく感情を抑えて、冷静に声かけをすることが望ましいです。

 一般に広汎性発達障害の子どもは、小さい頃からほめられる体験が少ないので、自信をもてずにいることが多いものです。「ほめること」と「甘やかすこと」は違います。子どもにダメなことはダメとしっかり伝えることは重要ですが、課題がうまく行ったとき、努力の跡が認められたときには、どんなささやかなことでもきちんとほめてあげましょう。子どもに成功体験を積み重ねてもらうようにするには、ほめることがとても大切です。ほめられることは、もらさずほめるようにしましょう。「がんばったね」「よくできたね」「お母さんもうれしいな」と、はっきりと言葉で伝えるようにしてください。広汎性発達障害の子どもの3つの特性の1つに、言語によるコミュニケーションの障害があります。アスペルガー症候群の子どもは言語の遅れが見られない、とされていますが、ストレートに伝えないとほめられていることがわからないと思います。ほめるべきポイントでほめないと、ほめられる行動、つまり正しい行動を今後もくり返そうという正のフィードバックが働かないため、課題に取り組む意欲が続きません。

 診察室で、親御さんにこのようなお話をすると「ほめて伸ばすのは別に発達障害の子に限らず、子育て一般にも言えることではないのですか?」という質問をいただくことがあります。確かに、海軍大将であった山本五十六(い そ ろく)の「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば人は動かじ」という言葉は人材育成の基本といえます。けれども、広汎性発達障害の子どもが普段ほめられる機会にとりわけ恵まれていない残念な現実を考えると、ほめて伸ばす重要性を特に強調したいと思います。

 また当然のことながら、体罰や食事を与えないといったペナルティを与えることはしてはいけません。無視をしたり、育児を放棄することも単なる虐待でいい効果はありません。「いけないことは無視する」ことと、子どもに必要な要求を無視することとは別の話です。「自分の子どもだからいい」といった主張を親御さんから伺うこともあります。こういった意見に対して、私は「自分がされたくないことを自分の子どもにしていいはずがありません」と答えています。児童虐待については世代間連鎖をはじめ、深刻な問題が山積(さん せき)していて、治療的な関わりの整備が急がれるべき分野です。幼児期に虐待を受けて育った子どもに広汎性発達障害とよく似た症状があらわれることは知られています。一方で、発達障害の子どもが虐待の犠牲になり、情緒障害や解離症状など、精神の問題を合併している悲惨なケースも診察の現場では見られます。虐待は絶対にいけません。

子どもを叱るときは感情を抑えて冷静に声かけを。

ほめ続けることが子どもを伸ばす。

無視や育児放棄など虐待は絶対にダメ。

続きを読む



発達障害の子どもに注意するとき、褒めるときのコツ

提供:gooヘルスケア

発達障害の子どもに注意するとき、褒めるときのコツ

出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」
著者:高貝 就 浜松医科大学 子どものこころの発達研究センター特任准教授

発達障害の子どもの注意の仕方、一度に一つずつシンプルに

 何度かご説明していますが、広汎性発達障害の子どもは「暗黙(あん もく)の了解」「空気を読む」「目は口ほどにものを言う」といった、言葉を介さないコミュニケーションが苦手です。また一度に複数のことを伝えても脳の情報処理がついていかないことがあるので、伝える内容は一度に一つずつ、なるべくシンプルにしましょう。そして、成功体験を増やして自信を育てるために、失敗したことを叱ったりするのではなく、できたことをしっかりと言葉でほめて次につないでいく、という働きかけが必要になるのです。

 たとえば、朝寝坊をして遅刻しがちな子どもに、お母さんが「どうして起きられないの!それだから学校に行けないんでしょう!この頃はパソコンばかりに夢中になって!きちんと早起きしなさいって、いつも言っているじゃないの!まったくあんたはしょうがないわねえ」という注意をしているとします。

 この場合、朝寝坊を注意してはいけないというわけではありません。ただ広汎性発達障害の子どもに対しては、「6時半に起きないと学校には間にあわないよ」と具体的な事実を冷静に伝えたほうがいいのです。

 パソコンに向かう時間が長くなっているのはお母さんから見れば心配なことでしょう。ついでに一言、言いたくなるのも無理はないのですが、注意することは朝寝坊一つに絞らないと、広汎性発達障害の子どもは受け止めるのが難しいのです。また、寝坊という一つの失敗から「あんたはしょうがない」などと子どもの人格そのものを否定するような言葉づかいは避けるべきです。

 具体的には、このように伝えるのがおすすめです。

 「最近、早起きが苦手になっているね。どうしたの?」と、叱る前に朝起きるのが苦手になっている子どもの事情をたずねてみましょう。そして前向きな解決策を提案します。「朝のホームルームが始まるのが8時だから、家を出発するのが7時半。着替えとか朝ご飯を考えると6時半には起きようね」と具体的に示します。そして、そこから逆算して「8時間睡眠を確保するためには前の日の夜10時半に寝る。そのためにはパソコンは何時までに終了したらいい」など、生活リズムを整えるための枠組みを順番にはっきりとさせていくのです。

 さらに望ましいのは、話しあった内容を紙に書き出して、リビングなど子どもと家族が一緒に見ることができる場所に掲示することです。話しあったことが目に見える形で確認できると、子どもも安心できますし、親御さんも日頃の心がけに役立てられます。

 とはいえ、最初から毎日6時半に起きることは難しいかもしれません。けれども約束した時刻に起きることができたら、「今日はがんばって起きることができたね! すごいね!お母さんとってもうれしいよ」と本人のがんばりを認めて、たくさんほめましょう。6時半までに起きることができたらシールを1枚あげ、スタンプラリーのように手製のカードに貼っていき、5枚貯まったら好きなDVDを1枚借りることができるとか、100枚貯まったら鉄道博物館に連れて行くなど、本人の趣味にあい、家計にも無理のない範囲のごほうびを設定することも、楽しみながらがんばることにつながります。子どものモチベーションを維持するためのとても効果的な方法です。

 

続きを読む



【発達障害の子ども】日常生活をスムーズに送るためのポイント

提供:gooヘルスケア

出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」
著者:高貝 就 浜松医科大学 子どものこころの発達研究センター特任准教授

発達障害の子どもの生活-基本は早寝、早起き、いい生活習慣づくり

 家庭での環境の整え方は、前項で説明したような対応をうまく行える環境づくり、という視点が基本的な考えになります。早寝・早起きをはじめとした生活リズムを整えていくことを目標とするならば、家庭全体の1日のリズムが整っていることが前提となります。仕事のスケジュールが不規則なお父さん、お母さんもおられると思います。けれどもご両親のいずれかが交代で、またはおじいちゃんかおばあちゃんでも、家のなかの大人の誰かが、子どもの1日の規則正しい生活スケジュールのモデルになることが望ましいのです。

 子どもと一緒に夜9時に布団に入って寝てくださいとまでは言いませんが、夕食、入浴、歯みがき、宿題、明日の準備、トイレといった一連の行動を見届けていただきたいのです。寝る時間をきちんと決めておくことは、ゲームやインターネットにのめりこんで生活のリズムが崩れ、寝不足から登校渋りに拍車(はく しゃ)がかかるような事態を予防するためにも有効な手だてです。また、起床時間と朝食の時間を決めることも大切です。

決めたルールを守る工夫

 広汎性発達障害の子どもは、口で言うだけの指示よりも目で見て確認できるように情報を伝えると内容が理解しやすくなります。そこで生活スケジュールや約束事を紙に書いて、リビングなどに貼ることをおすすめします。

 子どものがんばりは、家のなかの大人が足並みそろえて応援したいものです。対応が人によって違うと、何を基準にしたらいいのか混乱してしまうからです。ご両親はもちろんのこと、同居している家族みんなで一緒に話しあって、お子さんの目標を共有していただきたいと思います。

器用ではない子どもには積極的に手先を使わせましょう

 手先の細かい運動が苦手な子の場合、絵や字を書くことに消極的になりがちです。園や学校から帰った後の片づけが苦手で、翌日の準備に時間がかかってしまう子どもも多く見られます。このような子どもには、家庭で手先を使う簡単な作業をしてみるような働きかけがおすすめです。庭の雑草取り、洗濯物をたたむといった日常的なお手伝いでかまいません。お手伝いをしたらしっかりとほめるのも忘れないでください。片づけが苦手な子どもには、学用品などの定位置を、棚や引き出しにラベルシールに書いて貼りつけると、見て確認できて整理整頓がしやすくなり、準備をするときにもものを探しやすくなります。

パニックになったときのクールダウンのさせ方

 ささいなことから親子げんかや兄弟げんかなどになり、お子さんがパニックになってしまうこともあるでしょう。激しい怒りを爆発させているのをなだめるために、欲しいものを買ってあげるといったその場しのぎの約束をすることは避けてください。このような対応をすると、子どもが「暴れたら自分の希望が何でも通る」という誤った考え方を学習する危険性があります。こうした考えが身についてしまうと、その後の修正が難しくなります。家の中でイライラが強くなったり、パニックになった場合に備えて、クールダウンのために深呼吸をさせるなどの対応策を教えておきます。場合によっては、医師から頓服薬(とん ぷく やく)の利用をすすめることもあります。

 またクールダウンのために、家族から距離を置き、一人で過ごすことのできる空間を決めておくといいでしょう。自分の部屋がなければ頭を冷やすための場所を決めておきましょう。大体30分~1時間程度そっとしておくと、多くの場合はクールダウンできます。居間に小さなテントを張り、そこをクールダウンのスペースにしているといったお話を伺うこともあります。小さなスペースでいいので、つくってあげてください。

 

続きを読む



  1. 21
    発達障害の診断の基準になる3つの特徴とは?
    発達障害の診断の基準-発達障害の子どもの特徴 出典:株式…
  2. 22
    【発達障害の子ども】日常生活をスムーズに送るためのポイント
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  3. 23
    発達障害の小学生|クラスの問題児『困った子を何とかして』という教師
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  4. 24
    アスペルガー症候群の小学生|不登校から特別支援学級に通うまで
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  5. 25 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  6. 26
    更年期障害ってどんなことがおこるの?つらい症状は薬で改善できる?
    つらい「更年期障害症候群」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 気を巡…
  7. 27
    肌年齢が若くなる食材8選。弾力&うるおいアップの組み合わせ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと いつ…
  8. 28
    便秘・下痢のとき気をつけることとは?食事はどう選ぶ?
    つらい「便秘・下痢」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 胃腸の働きを…
  9. 29
    首のシワ&二の腕スッキリ!10秒で完了の若返りストレッチ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  10. 30
    【発達障害者支援センター】とはどんなところ?専門家のアドバイスや訓練も
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  11. 31
    発達障害は病気ではない。治療に大切なこととは?
    発達障害は病気でなく、社会性やコミュニケーション能力が発達していない状…
  12. 32
    これさえやっとけば間違いない?キレイな人が実践している美肌のコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと キレ…
  13. 33
    発達障害と共に現れやすい障害|ADHD・解離性障害の症状とは?
    発達障害と併存が多い障害(ADHD、運動能力障害、解離性障害、適応障害…
  14. 34
    1キロ分の体脂肪を落とすのに必要な運動はどのくらい?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと つい…
  15. 35
    こんなに簡単でいいの?混ぜるだけで体ポカポカ『薬膳ドリンク』が完成!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 家庭…
  16. 36
    発達障害は障害なのか、個性なのか…その違いはどこにある?
    イギリスの精神科医ウイングが提唱した次の3つの特性 出典:株式会…
  17. 37
    お腹がすくとイライラするのはなぜ? 空腹と怒りの意外な関係
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 用事…
  18. 38 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズ…
  19. 39
    〇〇する人ほど幸せになる!?幸運を呼びよせる6つの習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 幸せ…
  20. 40
    バーゲンセールで損する5つのワナと、得する5つの知恵
    もうすぐ年末のバーゲンセール! 自分では得したつもりで買った…

一覧