足にむくみがある人は筋肉が少ない?むくみの原因と解消法

提供:gooヘルスケア

つらい「むくみ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法

余分な水分をとりのぞき、水の滞りを改善
足にむくみがある人は筋肉が少ない?むくみの原因と解消法

出典:株式会社法研「女子漢方」
著者:矢久保 修嗣 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 科長
木下 優子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 外来医長
上田 ゆき子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 救急担当医長


漢方医学の考え方

症状

水分をとりすぎた翌朝に、まぶたがはれていたり、夜になると靴がきゅうくつになるなど、顔や手足がはれる状態がむくみです。

むくみは、体内に水が滞り、巡りが悪くなっている水毒(すい どく)の状態だと考えられます。とくに冷え症の人は、体が冷えることで水の流れがより悪くなって、体内に余分な水分がたまってしまいます。

気、血、水の症状の中で、日本人にもっとも多いのが、この水毒です。湿度の高い気候や、しっとりした食べ物を好む傾向にあることが原因の一つだと考えられています。水毒の状態になると、むくみとともに、体が重い、手足が重だるい、汗をかきやすい、めまい、肩こり、頭痛、疲れがとれにくいなどの症状が起こりやすくなります。このようなときは、冷えを解消し、水の巡りをよくする治療を行います。

漢方処方

*下半身が冷えて疲れやすい場合

体力のない人で冷えがあるときは、血の巡りを改善し、体を温める当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)が有効です。

*下半身がむくんでいて、腰の冷えや痛みがある場合

水の流れが滞り、体が冷えてむくみが生じている状態です。とくに、下半身の冷えを改善し、足腰の痛みを和らげる苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅっかんとう)を使います。

*トイレに行く回数が少なく、口が渇く場合

体の水のバランスの乱れによって、巡りが悪くなっている状態です。

このようなときは、五苓散(ご れい さん)が有効です。五苓散に使われている生薬(しょうやく)には、余分な水分をとりのぞく働きがあり、その中の猪苓(ちょ れい)には口の渇きを抑える作用があります。

*疲れやすく、汗をかきやすい状態の場合

余分な水がたまることで、むくみが生じ、身体が重たく感じます。この場合はまず、水はけをよくする防已黄耆湯(ぼう い おう ぎ とう)などを使います。

 

西洋医学の考え方

症状

朝起きたときに顔がはれぼったい、夕方になると靴がきつくなってくる、靴下のゴムの跡がついてとれにくいなどの症状を伴うむくみは、血液の循環が悪くなって、余分な水分が体の中にたまっている状態です。

原因は、冷え、運動不足、睡眠不足、塩分のとりすぎなどで、疲れているときや、一日中立ちっぱなし、座りっぱなしだったときに起こりやすくなります。

また、女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)には水分をためこむ作用があるため、月経前はむくみやすくなります。

対処法

むくみがある場合には、心臓病や腎臓病、甲状腺の異常など、原因となる病気が隠れている可能性があります。むくみが長く続くときや、発熱や息切れ、尿が少ないなど、ほかの症状があるときは、すぐに病院を受診しましょう。

むくんでいるときは、水分を控えようとする人も多いのですが、塩分やアルコールを控え、腎臓病などがなければ、水分はしっかりとることが大切です。そして、水の巡りをよくするためには、休養や睡眠を十分とり、適度な運動も必要です。

足のむくみがある場合には、階段の昇り降り、散歩など、足の筋肉を鍛えられる運動がおすすめです。筋肉がつくと、筋肉が余分な水分を体外に押し出すポンプの役割をするためです。

 

つらい「むくみ」を食材で改善-余分な水分をとりのぞく

水分を上手にとりながら、余分な水分をとりのぞく


日本人は水分の多い食べ物を好んでいる

日本人にもっとも多いのが、水の巡りが悪くなっている水毒(すい どく)です。

その背景には、一つは日本の湿度が高いことがあげられます。しかも、主食は、水で米を炊くご飯ですし、食べ物も、水分を多く含んでいるしっとりした食べ物を好む傾向にあります。

しかし、水分を控えたほうがよいというわけではありません。私たちの体は、6、7割が水分で構成されていて、生命機能を維持するために水分は必要です。

水毒の人は、体に余分な水分を排出させる働きが弱っていて、水分をうまく吸収できていないことが多いのです。とくに、女性は男性よりも筋肉の量が少ないので、体内の水分を筋肉のポンプで流す力が弱くむくみやすくなっています。

水毒は、細胞と細胞の間、皮膚の下など、不要な部分に水が偏在して、たまっている状態です。偏って、滞っている水分の流れを起こさせるには、呼び水となる水は必要です。

また、便は、小腸から大腸に送られた食べ物のカスを1.5~2.5Lの水分を吸収しながら、排出されます。

ここでも水分は必要です。摂取する水分の量が問題なのではなく、排出できない状態が問題なのです。そのため、水は、一度にたくさんの量を飲んでもむくむ原因になります。数回に分けて、少しずつ飲むのが効果的です。

 

利尿作用のある食べ物

むくみの食養は、利尿作用のある食材を使い、滞っている水分の排出を促すことが基本です。

利尿作用のある代表的な食材には、小豆、キュウリ、冬瓜、ナス、トウモロコシ、アスパラガス、クレソンなどがあります。

小豆は、和菓子のアンコのイメージが強いと思いますが、ご飯と炊きこんだり、お茶にしたりするととりやすくなります。

なお、和菓子の手法で、小豆を煮る際に、最初の湯を茹でこぼす渋切りという手法がありますが、茹でた湯の中に有効成分が流れ出るので、渋切りをすると小豆の利尿作用が薄まってしまいます。小豆を煮た湯も、使うことをおすすめします。

トウモロコシは、ひげ、軸など、黄色い粒以外の部分にも薬効があります。ひげは南蛮毛とも呼ばれ、漢方にも用いられています。

トウモロコシの炊き込みご飯をする際は、トウモロコシの軸の部分も一緒に炊き込むと、味も濃くなり、有効成分が一緒にいただけます。

また、トウモロコシのお茶は、甘みがあり、ノンカフェインなので妊婦さんにもおすすめです。韓国では日頃から飲まれていますが、現在は、日本でもスーパーマーケットやインターネットなどで購入できます。

それから、塩気の強い料理は、水分をとりすぎる原因になるので、塩分も控えめにしましょう。

ただし、塩分が足りなすぎても、むくみや疲労などが起こります。適度にとることが大切です。

なお、塩は、海塩、湖塩、岩塩など、さまざまな種類が市販されていますが、海に囲まれた日本の食事にもっとも適しているのは海塩です。迷ったときには、海塩を選ぶとよいでしょう。

果物は、とくに、夏が旬のスイカやメロンなどは、涼性や寒性で体の熱を冷ます作用があり、糖分も多いので、夏以外の季節は食べ過ぎを控えるようにしましょう。

 

炭酸飲料、酵素ジュースは、むくみや冷え、皮膚のトラブルに

清涼飲料水には、糖分が多く含まれています。砂糖には水分を溜め込む性質があり、むくみの原因になるので、おすすめできません。

そのほか、健康によいと言われている酵素ジュースも同じように、砂糖を大量に使うので、要注意の飲み物です。たしかに栄養はありますが、砂糖をとりすぎると、水が滞りやすくなるので、むくみが強い人は控えたほうがよいでしょう。頻繁に飲むと冷えも加速します。冷えは、むくみの原因となる水毒の症状でもあるからです。

とくに、湿疹などの皮膚トラブルがある人は、ひどくなる可能性があるので糖分の多い飲み物のとりすぎには注意してください。

 

むくみのお助け食材

温性 羊肉、唐辛子、米麹(こうじ)、鮭、イワシ、カジキマグロ、エビ、鶏肉、タマネギ、アスパラガス、エシャロット、紫蘇、ミカン、金柑、ニンニク、生姜、酢、シナモン
平性 玄米、小豆、黒豆、枝豆、苦瓜、トウモロコシ(とくに、ひげ)
涼性・寒性 大麦、ナス、ゼンマイ、冬瓜、キュウリ、緑豆、スイカ

 

+αでいつもの食事が、むくみ解消ご飯に

 

  • 主食に小豆をプラス
    小豆入り玄米ご飯、小豆粥
  • サラダや味噌汁に海藻をプラス
    いつもの野菜サラダにワカメやヒジキをプラス
    味噌汁のだしを昆布でとり、具にワカメを入れる
  • いつものお茶を小豆茶やトウモロコシのひげ茶に
  • 精製塩を自然海塩などに変える

 

 

季節別おすすめ食材とおかず

春の食材 セリ、アスパラガス、グリーンピース、ゼンマイ、アサリ、ハマグリ など

●おかず
グリーンピースご飯、ハマグリのお吸い物、アスパラガスのおひたし、ゼンマイのゴマ和え

夏の食材 冬瓜、トウモロコシ、枝豆、ゴーヤ、スズキ、アユ、ハモ、シジミ など

●おかず
トウモロコシの炊き込みご飯、冬瓜のスープ

秋の食材 アケビ、牡蠣(かき)、梨など

●おかず
牡蠣の酢みそ和え、梨の炭酸ジュース

冬の食材 白菜、ナズナ、シジミなど

●おかず
白菜とシジミのスープ

通年のおかず 小豆粥

 




やる気が出ない・落ち込みがち・息苦しいなど…うつ症状の改善方法

提供:gooヘルスケア

「気分が落ち込みがち」改善-漢方医学、西洋医学での対処法

ストレスを避け、自律神経をととのえる
やる気が出ない・落ち込みがち・息苦しいなど…うつ症状の改善方法

出典:株式会社法研「女子漢方」
著者:矢久保 修嗣 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 科長
木下 優子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 外来医長
上田 ゆき子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 救急担当医長


漢方医学の考え方

症状

何に対してもやる気が出なかったり、気分が落ち込んで楽しいと思えなくなることがあります。

これらは、エネルギー、つまり気の流れが停滞している気滞(き たい)の状態だと考えられます。

気が滞っているのでのどや胸のつかえ、息苦しさなどを感じます。また、食欲不振、便秘・下痢、イライラ、のぼせ、動悸、めまいなどがあらわれる人もいます。

おもな原因は、精神的なストレスで、そのほか、過労や不眠などによって生活が不規則になったりすることでも気の流れが滞ると考えられます。

また、女性の場合は、ホルモンのバランスが崩れることでも、このような状態になることがあります。

漢方処方

うつ状態の治療は、通常、西洋薬を選択するのが一般的ですが、漢方で治療する場合には、漢方薬を処方するとともに、十分な栄養と睡眠をとって、気のバランスをととのえながら経過をみます。

*ストレスが強く元気がない場合

体内の気が不足していて、うまく気が巡っていない場合には、気を補って巡りをよくする漢方薬、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)が有効です。

*元気があり、のぼせや動悸、発汗がある場合

気が上にあがってしまう気逆の状態がある人は、婦人科系の多くの症状を改善し、気のバランスをととのえる加味逍遙散(かみしょうようさん)を使います

*むくみやめまいがある場合

水が停滞する水毒の状態によって、気も停滞している可能性があります。まずは、立ち仕事などで足がむくむ人によく処方される防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)で水毒を改善します。

 

西洋医学の考え方

症状

何をするのも楽しめず、おっくうに感じたり、イライラ、息苦しさ、不眠、食欲の低下が生じることがあります。一つひとつの症状は、珍しいものではありませんが、うつ病は、こうした症状が2週間以上続く状態を言います。

気分だけではなく、脳の機能が低下している状態で、考え方が悲観的になります。悪化すると自殺を考えてしまう人もいます。脳がうまく働かないため、考え方の道筋に混乱が生じているのです。

おもな原因は、仕事や人間関係のトラブル、環境の変化、過労などです。

なお、症状は精神的なものだけとは限りません。頭痛や肩こりなどの身体症状があらわれる場合もあります。身体症状のみで、精神症状が目立たない仮面うつ(隠れうつ)というものもあります。

対処法

治療方法は、原因や患者さんのストレスになっている環境要因など、一人ひとり異なります。気分の落ち込みが生じている原因がはっきりしている場合は、その原因をとりのぞきます。たとえば、環境が原因の場合は、環境を変えることを検討します。

うつ病だと診断された場合は、薬物療法としてSSRIと呼ばれる抗うつ薬が処方されることがあります。

そのほか、認知行動療法もあります。認知とは、ものの受け取り方のことで、物事を悲観的に受けとりがちになっている状態から、ストレスに対応できる心の状態をつくっていく療法です。

いずれにしても、慢性化すると、治りにくくなるので、早期の対応が重要です。

続きを読む




めまい、立ちくらみ…女性に多い貧血の症状。鉄分が摂れる食材とは?

提供:gooヘルスケア

つらい「貧血」改善-漢方医学、西洋医学での対処法

鉄分をとり、血を補う

出典:株式会社法研「女子漢方」
著者:矢久保 修嗣 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 科長
木下 優子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 外来医長
上田 ゆき子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 救急担当医長


漢方医学の考え方

症状

おもに、めまい、立ちくらみなどの症状がありますが、血液検査によって貧血を指摘されるまで貧血の自覚症状がない人も珍しくありません。

貧血が起こる原因は、栄養不足、胃腸の消化吸収の不良、過多月経などによって、血が不足している血虚(けっ きょ)の状態だと考えられています。

とくに女性は、月経による出血があるので、貧血になりやすいと言えるでしょう。

漢方処方

貧血を起こす根本的な原因を探り、個々の体質に合わせた治療を行います。

貧血が続いている場合は、ある程度、長期間にわたって根気よく体質を改善する治療を行う必要があります。

また、食事で鉄分を多くとるよう心がけましょう。

*疲れやすく、顔色が悪い場合

体力が衰えている人にも処方できる十全大補湯(じゅう ぜん たい ほ とう)を処方します。ここに使われている生薬(しょうやく)の地黄(じ おう)、芍薬(しゃく やく)は、いずれも血を補う作用があり、大病後の体力回復にも使用されています。

*疲れやすく、食欲不振がある場合

体力が弱く、食後に胃もたれや下痢などがある人には、消化不良などによる胃腸の調子をととのえる作用がある四君子湯(し くん し とう)を処方します。四君子湯には、余分な水分をとりのぞく作用もあり、気、血、水のバランスがととのうことで、体内の消化吸収機能が改善されます。

*食欲不振、不眠、不安感などがある場合

加味帰脾湯(か み き ひ とう)を用います。貧血の症状を改善するだけでなく、酸棗仁(さん そう にん)や竜眼(りゅうがん)、遠志(おん じ)という、精神的な興奮を抑える作用のある生薬が使われています。

*月経量が多い、もしくは冷えがある場合

冷えや月経不順を中心とした体調不良に伴う諸症状には、婦人科系の疾患の多くに使える漢方薬、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を処方します。婦人科系の疾患の代表的な処方で、血を補い、体の余分な水分を排出して、体を温めます。

 

西洋医学の考え方

症状

めまい、血色不良、動悸、息切れ、疲労、倦怠感などの症状があらわれますが、自覚症状がない場合もあります。

貧血とは、血液中の物質、ヘモグロビン(血色素)の値が正常よりも少なくなっている状態をさします。ヘモグロビンは、血の流れとともに体のすみずみに酸素を運ぶ重要な役割をしていて、このヘモグロビンが減ると、体内の酸素が不足して貧血が起こると考えられています。

たくさんの出血を伴う過多月経だけでなく、無理なダイエット、インスタント食品などのとりすぎなどによる、鉄分不足も貧血の原因になります。その他、具体的な病気によって貧血が起きている場合もあります。

対処法

貧血を起こす原因となる婦人科系や消化器系のがんや血液の疾患がある場合は、病気に対する治療を行います。

とくに具体的な病気がない場合は、鉄剤を処方して経過をみます。

また、生活面では、魚介類、肉類、大豆製品などの良質なタンパク質と、鶏や豚のレバーのような鉄分を多く含んだ食事、そして、鉄分の吸収をよくするビタミンCの摂取をおすすめします。

 

「肌荒れ、目のクマ、貧血」を食材で改善-血と水を巡らせる

血を補い、血と水を巡らせる


おもな原因は、血虚と瘀血

肌荒れ、目のクマ、貧血は、それぞれ異なる症状ですが、おもに、血の不足である血虚(けっ きょ)か瘀血(お けつ)の状態だと考えられます。顔色は、基本的に、血の状態があらわれたものです。顔には毛細血管が集まっていて、とくに、目の下の皮膚は薄いので、目のクマが目立つのはこのためです。

また、肌荒れ、目のクマは、便秘が原因の場合があります。目のクマは、貧血が原因の場合もあります。「皮膚は内臓の鏡」と言われるように、体の中の状態があらわれやすい場所なのです。

なお、肌荒れの状態が、乾燥している場合は、水の巡りが悪い水毒(すい どく)の場合もあります。

血を補い、巡らせる食材

肌のかさつきは、血虚と水毒の状態だと考えられます。貧血のおもな原因も血虚です。

血を補う食材はたくさんあります。豆類や種実類では、黒豆、アーモンド、黒ゴマ、松の実など。野菜では、枝豆、キクラゲ、シメジ、人参、パセリ、ホウレンソウなど。果物では、プルーン、桃など。魚介類では、ウナギ、鮭、ブリ、マグロ、サバなど一般的なものです。肉類では、牛肉、牛レバー、豚肉、豚レバーなどです。

体を温める作用や、鉄分を多く含む食品が多く、手に入りやすいものばかりです。

体液を補い、潤いを保たせる食材

肌荒れの中でも、かさつきがある場合は、潤いを保たせたいものです。おすすめの食材は、レンコン、白菜、豆腐などです。この、白菜、豆腐に大根を加えた三つの食材を、中国では、「養生三宝」と呼び、不老長寿の食材としても知られているそうです。

そのほか、肌を美しく保つ作用のある代表的な食材は、ハトムギ、トマト、豆乳、クルミ、サクランボ、イチゴ、レモンなどです。

とくに、ハトムギとクルミは、代表的な食材と言ってよいでしょう。ハトムギは、吹き出物など、肌の凹凸をなめらかにする作用があります。クルミは、還暦をすぎても弾力のある肌だったと言われている西太后も好んで食べていたそうで、中国には、「美肌を保つにはクルミを食べる」という言い伝えがあるそうです。実際、血行をよくする作用があり、脂質が多く、腸を潤します。

ただし、カロリーが高いので、食べすぎには注意しましょう。

血を巡らせる食材

目のクマのおもな原因は、血が滞る瘀血の状態だと考えられますので、対応として、血を巡らせる食事が基本になります。大豆製品では、黒豆、納豆がよいでしょう。野菜では、タマネギ、クレソン、オクラ、菊花、菜の花、ニラ、パセリ、などです。

果物や種実では、プルーン、ブルーベリー、桃、栗、カカオなど。魚介類では、イワシ、ウナギ、鮭、サンマ、シシャモなど。肉類では、牛肉に血を巡らせる作用があると言われています。

このほか、いろいろな料理に使える香辛料、調味料として、サフランや酢があります。サフランは、高価な食材ですが、ごく少量でもサフランライス、サフランティーなどで楽しめます。また、サフランは、漢方薬でも、番紅花(ばん こう か)という生薬(しょう やく)として使われています。精神の安定や、寝つかれないときなどによく作用すると言われています。

酢は、安くて、どの家庭にもある調味料ですので、どんどん活用しましょう。酢の酸味が気になる場合は、酢を沸騰させて煮切ると、酸味が気にならなくなります。

続きを読む




目の下にクマができるのは血のめぐりが悪い証拠?原因と改善法

提供:gooヘルスケア

つらい「目のクマ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法

温めて、血を巡らせる

出典:株式会社法研「女子漢方」
著者:矢久保 修嗣 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 科長
木下 優子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 外来医長
上田 ゆき子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 救急担当医長


漢方医学の考え方

症状

疲れがたまっていたり、睡眠不足や栄養不足、冷え、ストレス、月経痛、眼精疲労、貧血などによって、目の下に黒ずんだようにみえるクマができることがあります。

おもな原因は、血の巡りが悪くなっている瘀血(お けつ)だと考えられています。

一時的な疲労によってできたクマならば、目の下に蒸しタオルを当てるなどして、血行を促したり、休養して疲れがとれれば、多くの場合は改善します。

しかし、慢性化している場合は、何か別の病気が原因の可能性もあります。いつまでもクマが消えないようならば、医師を受診するようにしましょう。

漢方処方

*抹梢の冷えや月経痛がある場合

血の巡りをよくして、体を温める作用のある桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)を処方します。

*ストレス、睡眠不足などの場合

ストレスによる不安感の改善や、気の巡りをよくする作用のある加味逍遥散(かみしょうようさん)などを処方します。

 

西洋医学の考え方

症状

目の下の皮膚は、卵の薄皮のように薄く、皮膚の下には、毛細血管がたくさんあります。この毛細血管の血液の色素が肌に透けてあらわれているのをクマと読んでいます。茶色のクマ、青色のクマなど、クマの色によって原因や状態を判断する例もありますが、皮膚の色素は個人差があるので、あらわれるクマの色だけで原因が明確になるとは限りません。

クマができる原因は、睡眠不足や過剰なダイエット、肌の新陳代謝の低下によって、皮膚のメラニン色素が沈着したり、紫外線による刺激、メイク落としや過剰なマッサージなどの摩擦によるくすみ、加齢による皮膚のたるみなどが考えられます。

対処法

クマをつくる原因となっている具体的な病気が見つからない場合は、対症療法が中心になります。

栄養と休養をとり、肌をこすりすぎないように注意しながら、温かい蒸しタオルなどを当てて様子をみます。そして、一番難しいことかもしれませんが、ストレスを軽減させることも重要です。

加齢によるたるみが原因のクマは、改善が難しいのですが、肌の張りをとりもどすような、栄養のある食事をとることが大切です。

 一時的にできた目のクマは、蒸しタオルで温めたり、しっかりと休養をとったり、バランスのよい食事をとることで改善します。

 

続きを読む



肌荒れは内臓からきてる?生理時のニキビ・乾燥・かゆみ肌の対処法

提供:gooヘルスケア

つらい「肌荒れ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法

内臓をととのえて、早めに対処を
肌荒れは内臓からきてる?生理時のニキビ・乾燥・かゆみ肌の対処法

出典:株式会社法研「女子漢方」
著者:矢久保 修嗣 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 科長
木下 優子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 外来医長
上田 ゆき子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 救急担当医長


漢方医学の考え方

症状

「皮膚は内臓の鏡」と言う言葉をご存知でしょうか。”肌荒れは、臓器の状態のあらわれ”という考え方にもとづいた言葉です。

肌荒れには、ニキビなどの炎症が起こるタイプと乾燥によって皮膚がかさつくタイプがあります。

ニキビは、胃の不調から熱をため込み、その熱を発散させようとしてあらわれます。このとき、多くの場合は瘀血(お けつ)になっています。

かさつきは、栄養不足による血虚(けっ きょ)や、水分のバランスが悪くなる水毒(すい どく)などで生じます。

いずれのタイプも、ストレス、暴飲暴食、栄養や水分の偏りが原因として考えられます。肌のトラブルは、放置するとシミやシワが定着しやすくなりますので、原因を探り、早めに改善しましょう。

 

漢方処方

*肌荒れに加えて、胃の調子が悪い場合

暴飲暴食や、胃の働きの低下による消化不良で胃に負担がかかり、体の中に熱をため込んでしまっていると考えられます。熱を発散して気、血の巡りを改善するには、温めて熱を出させる作用のある桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や半夏厚朴湯(はん げ こう ぼく とう)が有効です。

*脂性肌で、赤みが強いニキビがある場合

芯のあるニキビがあり、顔面に熱がのぼって発散できていない可能性があります。肌の機能を正常にととのえる作用がある清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)を処方します。

*膿や熱を持った、痛みを伴うニキビがある場合

赤みだけでなく、化膿している場合は、薄墨色のような顔色の場合が多く、体内に毒素がたまっていると考えられます。このような症状には、十味敗毒湯(じゅう み はい どく とう)を処方します。

*月経前や月経中にニキビができる場合

月経周期に関連してニキビができる場合は、瘀血が原因だと考えられます。このような場合には、血の流れを改善し、月経不順の改善やニキビの改善に処方される桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)が有効です。

*乾燥とかゆみがある場合

水分が必要なところに行き渡らず、血も不足して肌に栄養が届いていない可能性があります。肌の湿疹や乾燥のかゆみを鎮める作用のある当帰飲子(とう き いん し)は、当帰(とう き)、地黄(じ おう)など血の巡りをよくし、水分を保つ作用の生薬(しょうやく)が配合されています。

*ストレスが多い場合

気の巡りが悪くなっている気滞が原因だと考えられます。環境の変化など、ストレスの原因がわかっている場合は、その原因をとりのぞきましょう。心身のバランスをととのえ、精神を安定させる作用のある、加味逍遥散(かみしょうようさん)がおすすめです。

西洋医学の考え方症状

ニキビには、毛穴が詰まる白ニキビ、酸化して黒ずむ黒ニキビ、黒ニキビが悪化して炎症を起こす赤ニキビ、さらに悪化した化膿ニキビなどがあります。

私たちの肌には、肌を正常に保つための常在菌があり、その常在菌の一つが、皮脂を好み、ニキビを発症させる性質があるアクネ菌です。このアクネ菌が活性化して繁殖すると、ニキビになると考えられています。このほか、ホルモンバランスや生活の乱れなどによっても、ニキビはできやすくなります。

 

対処法

ニキビを防ぐには、刺激の強くない石けんなどで洗顔して、毛穴の汚れをとりのぞき、皮脂の過剰分泌を抑えるために、しっかり保湿することが基本となります。スキンケアだけでは改善しないくらい悪化した場合には、ステロイド剤、抗菌薬の塗り薬や内服薬などを使って治療していきます。

続きを読む



お腹がポチャポチャするのはなぜ?胃の症状の原因と改善法

提供:gooヘルスケア

つらい「胃もたれ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法

胃を温めて、消化を高める
お腹がポチャポチャするのはなぜ?胃の症状の原因と改善法

出典:株式会社法研「女子漢方」
著者:矢久保 修嗣 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 科長
木下 優子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 外来医長
上田 ゆき子 日本大学医学部附属板橋病院 東洋医学科 救急担当医長


漢方医学の考え方

症状

胸焼け、吐き気、ゲップや胃に痛みや重さを感じたり、動くと胃の中でぽちゃぽちゃという音がしたり、食べ物が消化されずに詰まったままのような感じや、食ベ物がこみ上げるような感じがするのが胃もたれの状態です。

原因は、脂っこいものや冷たいものをとりすぎたり、いつもの食事量しかとっていないのに、胃腸の働きが弱っていることで、胃の中で食べ物がとどまり、消化されず、胃もたれが生じます。

また、水の巡りが悪くなっている水毒(すい どく)の人も、胃腸がうまく働いていない可能性があります。

食べ物を消化させるのは、気と水の働きが弱まっているためだと考えられます。胃は、温かくないと働きません。

また、ストレスによって気の巡りが悪くなっている気虚(き きょ)の状態でも消化機能が弱まることもあります。

漢方処方

*ぽちゃぽちゃと音がする胃もたれの場合

胃を温め、たまった水分をとりのぞく作用のある六君子湯(りっ くん し とう)を処方します。六君子湯には、余分な水分をとりのぞく作用のある茯苓(ぶく りょう)、蒼朮(そう じゅつ)、ミカンの皮を干した陳皮(ちん ぴ)などの生薬(しょうやく)が使われています。

*冷えがあり、体力のない人

胃を温めて、消化機能を高める作用のある人参湯(にん じん とう)を処方します。滋養作用のある人参(にん じん)に加え、生姜を蒸して乾燥させた乾姜(かん きょう)という生薬も使われています。

*胃の働きが弱まっている場合

胃の血行をよくして、自律神経のバランスを抑えたり、胃酸の分泌を調整したりする作用のある安中散(あんちゅうさん)を処方します。安中散に使われている生薬、茴香(うい きょう)(西洋名はフェンネル)は、西洋でも消化を促すハーブとして使われています。

*口の中の粘つきや、苦味、酸味を感じたり、胃のあたりに熱がこもっていると感じる場合

比較的体力があるようであれば、体の熱や炎症をとる作用のある黄連解毒湯(おう れん げ どく とう)を処方します。のぼせやイライラする感じがある人にも適しています。二日酔いなどにも使われます。

 

西洋医学の考え方

症状

胃痛・胃もたれが起こる原因は、いくつも考えられます。まずは、食べすぎ、飲みすぎや、消化の悪い食べ物をとったことで、胃酸が出過ぎて胃もたれが起こる場合。薬の副作用によって起こる場合。過労やストレスによって胃の働きが弱まる場合。感染症などによって、胃の粘膜が炎症を起こし、胃に痛みが生じる場合などがあります。

進行するまで、症状がほとんどあらわれない「沈黙の臓器」と言われる肝臓に対して、胃は少しの変調でも症状にあらわれる傾向にあるので、「饒舌(じょう ぜつ)な臓器」と言う人もいます。

対処法

胃痛・胃もたれの原因となる胃潰瘍、急性胃炎、十二指腸潰瘍などの病気がない場合は、胃腸薬処方で様子をみます。

それ以外では、一時的に食事の量を減らしたり、休養をとったりするなど、生活習慣をととのえることで、胃痛・胃もたれが改善される場合も多いのです。

 

つらい「胃もたれ」を食材で改善-胃もたれに効く養生法

甘味の食材で胃を補う


女性に多い水毒の胃もたれ

胃の不調で多いのは、胃の中に水がたまって起こる胃もたれです。とくに、水の代謝が悪い水毒(すい どく)が原因で冷え症になって、むくんでいる人にその傾向がみられます。特徴としては、動くと胃の中で水がぽちゃぽちゃと音がします。

原因は、食生活の乱れやストレスによる自律神経の乱れ、冷暖房が普及し、自分で体温を調節する機能が低下したことなどがあげられます。

胃などの消化器は、温かくないと動きません。日本人の平均体温は36・6~37・2度といわれていますが、近年は、35度台という低体温の人も増えています。平熱が低く、胃が冷えていて動きにくい状態の人は胃がもたれやすいといってよいでしょう。

原因が冷えならば、症状が冬に多くあらわれるかというと、そうではありません。実際は、夏の終わりから秋の初め頃に起こりやすい症状です。

これは、夏の間、冷房の効いた室内で、薄着で冷たいものを飲みながら長時間過ごすという生活を1~2カ月も続けていると、秋口になり外気温が下がってくる頃には、体の中がすっかり冷え切ってしまうためです。すると、冷えと夏の疲れで胃は動かなくなるのです。

このようなときにおすすめしたいのは、胃の働きを助け、体を温め、水分を排出する食材です。温熱性の生姜、ネギ、カボチャ、シナモン、また平性の食材ですが、余分な水分を排出させる玄米、ナス、枝豆、トウモロコシなどもとりましょう。

胃の働きを補うのは五味で言うと甘味で、代表的な食材はキャベツです。胃腸薬で有名なキャベジンの由来にもなっていて、消化を促し、気を補います。

また、胃の粘膜の再生を助けるビタミンUが豊富です。ただし、ビタミンUは水に溶けやすく、熱に弱いので、食べるときは、生の状態か、加熱しすぎないよう気をつけて調理してください。そして、体を冷やす寒涼性の食材でもあるので、冷え症の人は生での過食は控えるようにしてください。

 

熱が滞るタイプの胃痛

食事と食事の間が短かったり、間食が多く、いつも何かを口にしているような人は、胃の中に残っているものを消化できず、胃が炎症を起こしている可能性があります。

さらに、朝起きたときに口の中が苦く感じたり、粘つく、すっぱいものがこみあげてくる感じがあるような場合は、体の中に余分な熱が滞って、炎症が起きている状態で、口内炎ができやすくなります。

このほか、辛いもの、油っぽい食べ物のとり過ぎや、ストレスなどが原因で、胃が熱を持つこともあります。

胃の熱を冷まし、炎症を抑えるには、小麦、豆乳、大根、アスパラガスなど、熱を冷ましたりとりのぞく清熱の働きを持つ食材が効果的です。

大根には、でんぷんを分解するジアスターゼや、タンパク質を分解するステアーゼなど、さまざまな消化酵素やビタミンCなどが含まれており、食べる胃腸薬ともいわれます。

焼いたサンマに大根おろしを添えるのは、脂っこいサンマの消化を助けるためです。大根には解毒作用もあることから、刺身のツマにも用いられます。なお、ジアスターゼやビタミンCは、時間が経つとともに減っていくので、大根おろしは食べる直前にすりおろしましょう。

このほか、山芋も胃腸を丈夫にし、消化吸収力を高めます。これは、山芋の粘り気成分ムチンによるもので、胃腸の粘膜を潤して保護する働きがあります。

 

食事は就寝2時間前までに済ませる

食べたものを消化するためには、最低2時間かかるといわれています。そのため、食べてから寝るまでに、2時間以上空けることをおすすめします。

1日の食事回数は、朝昼晩の3回にこだわらず、自分の消化能力に応じて決めるとよいでしょう。たとえば、もともと消化能力が弱い人は、1回の食事量を少なめにして、4~5回に分けて食べるほうが消化しやすくなります。昼食に食べ過ぎて胃もたれするという人は、ときには夕飯を抜くのもいいでしょう。

また、胃に水がたまっている人も、消化能力が落ちています。たくさんの食べ物を無理に入れると不完全燃焼になって、パンクしてしまいますので、何回かに分けて、少量ずつ食べるようにしてください。

高齢者の場合も、多くの方は、それほど食べ物から熱量を必要としなくなり、消化能力も落ちてきます。朝からステーキを食べている元気な人もいますが、このような人はもともと消化能力が高い人なのでしょう。

また、前述したように、冷えると一層消化能力が衰えるので、食欲がないからといって、冷たいものや口あたりのよい豆腐やゼリーなどばかり食べないようにしてください。豆乳類や乳製品は、素材そのものが体を冷やす性質を持ちます。豆腐なら冷奴より温奴や味噌汁にするなど、温めて食べましょう。

早食いで、あまり噛まずに食べ物を水で流し込むタイプの人も、消化不良になりがちです。唾液には消化酵素が含まれているので、食事中は水分をとりすぎないようにして、よく噛み、食べ物が唾液と混ざりあうようにイメージして、食べてください。

 

胃もたれ・胃痛のお助け食材

温性 生姜、ネギ、ニンニク、人参、高菜、カボチャ、栗、イワシ、アンチョビー、ブリ、シナモン、ココナッツ、八角、酢
平性 米糠(ぬか)、山芋、キャベツ、トウモロコシ、枝豆、黒豆、ジャガイモ、レンコン、パイナップル、ナツメ、蓮の実、クロダイ、白魚、スズキ、鴨肉、ひまわりの種
涼性・寒性 大麦、ハトムギ、大根、レタス、白菜、ナス、小松菜、豆腐、ハモ、ウニ、マンゴー

 

+αでいつもの食事が胃に優しいご飯に

 

  • 白いご飯を麦飯にしてとろろをかける
  • 味噌汁やスープの具をキャベツやダイコンに
  • 生野菜サラダを温野菜サラダに

 

 

季節別おすすめ食材とおかず

春の食材 キャベツ

●おかず
蒸しキャベツ

夏の食材 苦瓜、レタス、スイカ、トウモロコシ

●おかず
トウモロコシの炊き込みご飯、枝豆のスープ

秋の食材 レンコン、栗

●おかず
レンコンのきんぴら、栗と長芋のケーキ

冬の食材 大根、小松菜

●おかず
ネギと白菜の鍋

 

続きを読む



  1. 1
    発達障害と共に現れやすい障害|ADHD・解離性障害の症状とは?
    発達障害と併存が多い障害(ADHD、運動能力障害、解離性障害、適応障害…
  2. 2
    乳首がかゆくなる原因とは?乳がんの可能性もある?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと たま…
  3. 3
    更年期障害ってどんなことがおこるの?つらい症状は薬で改善できる?
    つらい「更年期障害症候群」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 気を巡…
  4. 4
    かぜを早く治すには?|食欲がないなら食べなくてもいいってホント?
    つらい「風邪」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 早めの対処で、悪化…
  5. 5
    目の下にクマができるのは血のめぐりが悪い証拠?原因と改善法
    つらい「目のクマ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 温めて、血を巡…
  6. 6
    実年齢より『若くみえる人』と『老けてみえる人』の違いはどこにある?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  7. 7
    朝食を変えれば『ヤセ体質』になれる!食べてヤセる食事法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  8. 8
    【発達障害の特徴】幼児期に視線があわないことがあったー理由と対処法
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  9. 9
    めまい、立ちくらみ…女性に多い貧血の症状。鉄分が摂れる食材とは?
    つらい「貧血」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 鉄分をとり、血を補…
  10. 10
    手作りケーキの生クリームに注意!安価な植物性ホイップは体に悪い?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 張り…
  11. 11
    背中の肉がつまめるのは太っている証拠?スッキリ後姿の作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 気づ…
  12. 12 ムシ歯予防には"うがい"も大事。歯磨き後のうがいは何回が正解?
    ムシ歯予防には"うがい"も大事。歯磨き後のうがいは何回が正解?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと むし…
  13. 13
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  14. 14
    やる気が出ない・落ち込みがち・息苦しいなど…うつ症状の改善方法
    「気分が落ち込みがち」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 ストレスを…
  15. 15
    うちの子発達障害かも?と思ったら…早目の支援が社会適応のカギ
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  16. 16 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  17. 17 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  18. 18
    【発達障害者支援センター】とはどんなところ?専門家のアドバイスや訓練も
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  19. 19
    肌荒れは内臓からきてる?生理時のニキビ・乾燥・かゆみ肌の対処法
    つらい「肌荒れ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 内臓をととのえて…
  20. 20
    肩こり・首の痛みの治し方。めぐりを良くする食材で改善!
    つらい「肩こり・首の痛み」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 血行を…

一覧