いい香りが『香害』に。強い香りで体調を崩す人が増えている…

【お話を伺った人】桐村里紗(きりむら・りさ)先生

内科医・認定産業医。 治療より予防を重視し、ヘルスケアをライフスタイルデザインと再定義し、生活者の行動変容を促すコンテンツ開発を行う。著書に『日本人はなぜ臭いと言われるのか~体臭と口臭の科学』(光文…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

香りビジネスが盛んなアメリカでは、香料の使用を禁止する都市も。香りのトラブル、ご存知ですか?

強い香りの柔軟剤が健康を害する?

強い香りのする柔軟剤や洗剤のブームが続いています。しかし、これが健康を害する可能性が指摘されています。
日本より先に香りビジネスが盛んになったアメリカやカナダでは、香料による呼吸困難やアレルギー症状などが問題になり、市職員などで香料の使用を規制する都市も出ているほど。オフィスや学校、病院で使用を自粛するところも増えているそうです。

また、日本消費者連盟が2017年に2日間限定で開設した「香害110番」には、213件の訴えが寄せられました。ご近所の洗濯物や、職場、学校、電車の中で充満する香料のニオイ刺激で、日常生活に弊害を受けた人が少なからずいたということです。シャボン玉石けんの行った「香り付き洗濯洗剤に関する調査」でも、59%の人が「人工的な香料のニオイで、頭痛、めまい、吐き気、関節痛など体調不良になったことがある」と回答しています。

ブルガリアンローズ小さじ2杯には花びらが30kg必要

香料は、洗剤などの日用品だけでなく、多くの加工食品にも添加されて私たちの口にも入っています。香料に触れない日常をおくることは、私たちにとってもはや難しいことかもしれません。

では香料の何が問題なのでしょう。日本で使用される香料の95%は合成、5%が天然です。天然香料は花や植物などから抽出され、大量の原材料が必要になったり、希少性があったりして高価です。たとえば、ブルガリアンローズの香料を小さじ2杯とるため、開花前のローズの花びらが30kgも必要になります。

一方、合成香料は、天然香料に含まれる匂い分子を分析し、似た成分を合成したもの。安価なため、一般的に柔軟剤や洗剤に使われているのは合成です。しかし、合成だから悪いわけではありません。天然でも毒のあるものもありますし、逆に合成だと毒性のある分子を取り除けるため、ほとんどは安全です。

発がん性や内分泌かく乱作用が指摘されることに

しかし、毒性は後から見つかる場合もあります。「ムスク」という香料は、麝香鹿(じゃこうじか)の分泌物から作られていましたが、乱獲が問題になり、合成ムスクしか使用できなくなりました。この合成ムスクが、後に発がん性や内分泌かく乱作用が指摘されることになったのです。ムスクには香料を定着させる作用もあるため、シャンプーや洗剤、芳香剤などに広く使われています。これが下水から海にばらまかれ、食物連鎖として魚を通じて、ヒトの体内からも検出されています。

現在では、安全性の高い合成ムスクが開発されていますが、こちらは比較的高価なため、安価な工業製品には利用しづらいのが現状です。日本を含めた先進国では、厳しい国際基準に基づいて安全な香料が使用されてはいますが、日常的に手に入る安価な輸入品や工業製品には注意が必要です。

消臭・芳香剤でアレルギー症状を起こすことも

また、置き型の消臭・芳香剤では、シックハウス症候群や化学物質過敏症の原因になるアルデヒド類やケトン類などの揮発性有機化合物が放散される懸念も。簡単に空気中に拡散するので、体を守る働きが弱い小さなお子さんの気管支や皮膚に影響し、アレルギー症状を起こす場合もあります。

本来、暮らしを快適にするはずの香りですが、まちがってプラスしてしまうと、周りの人を不快にするだけでなく、健康や環境を害する可能性もあります。こうしたことを念頭に置いて、身の回りの香りをコントロールしましょう。

出典:https://www.shabon.com/kougai/




寒がりと冷え性には違いがある。冷えない体を作る『温活』5大原則

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

靴下を何枚も重ねてもまだ冷える、冷えで夜眠れない…。ただの寒がりとは違う、冷えの正体を解説します。

寒さに敏感な人が「寒がり」常に体が冷たくつらいのが「冷え」

冷えは体に悪いとわかっていても、冷えの正体についてはよく知らないもの。まず、寒がりと冷えとの違いを知っていますか? 多くの人が寒いと感じない温度でも、寒さを敏感に強く感じる人が「寒がり」。一方、多くの人が寒いと感じないような温度でも、手足の指先や足、お腹など体の一部や全身が常に冷たくてつらく感じるのが「冷え」です。

なかには、自分では冷えに気づいていなくても、冷えが原因で肩こりや腰痛、頭痛、不眠、むくみ、だるさなどを起こしている場合もあるので注意が必要です。

熱が作れない・全身に配れないのが冷えの原因

冷えの原因は血流の悪さにあります。血流と体温は密接な関係にあり、生活環境や食生活の滞り、運動不足などで血行が悪くなると、本来、体の隅々まで運ばれるはずの熱エネルギーが届けられなくなり、体が冷えます。

また、太りたくないからと食事量が少ない人は、食事から十分な熱エネルギーが作られず冷えの原因になる場合も。ストレスで緊張が続いている人や、女性の場合は月経などで血流が滞りやすくなることも冷えの原因になります。下記に冷えの原因をまとめました。

・熱がうまく作れない
熱を作る働きをする筋肉が少なく、熱エネルギーを十分生み出せなかったり、熱エネルギーの元となる食物を十分とっていないと、熱を作り出すことができず冷えます。

・熱がうまく配れない
緊張して交感神経が優位になると、血管が収縮し血流が悪くなり、熱を全身に配れなくなります。リラックスして副交感神経が優位になると血管が広がって血流が良くなり、熱が全身に巡ります。

冷えない工夫を生活習慣に取り入れて

では、冷えを解消するには、まず何からはじめればよいのでしょうか? 血流を良くすることが冷えの改善には最も大切です。下記の5大原則が冷え予防の基礎になるので、このなかで取り入れやすいものからはじめましょう。

●冷えない体を作る「温活」5大原則

  • 1)体を冷やさない
  • 2)体を内から温める
  • 3)体を外から温める
  • 4)体を冷やすものを食べたり飲んだりしない
  • 5)熱を作れる体にする

体を冷やさない服装や、熱を逃がさない着方の工夫をしっかりと。冷たい飲み物やアイスなど体を冷やすものをとらず、温かいものをとって体を内側から温めることも大切です。

また、筋肉を増やし、熱を作れる体にするのも大事なポイント。エレベーターでなく階段を使う、ふだんの動きを大きくしたりゆっくり行うなど、ちょっとした心がけで、軽い運動なみの効果が得られます。

また、入浴はシャワーでなく湯船につかって。38〜40度のぬるめのお風呂に10〜30分入れば、体温を上げる副交感神経が活発になります。ちょっとしたコツで、冷えは改善可能です。生活に取り入れて、冷えない体を作りましょう。

続きを読む




からだが喜ぶオイルの決定版!『カメリナオイル』加熱&常温保存もOK

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

オメガ3系オイルなのに、加熱調理&常温保存が可能。便利なカメリナオイルについて解説します。

機能性オイルはどれを摂ればいいの?

健康に良い「機能性オイル」が次々話題になり、いまやスーパーの棚が空になるほどのオイルブームに。エゴマ油、ココナッツオイルなど選択肢が増えるなか「どれを、どう摂っていいかわからない」という方も多いのでは。また、加熱できないオイルも多く、取り入れるのが大変という声も。

そこで、おすすめなのが「カメリナオイル」。オメガ3系のオイルでNGとされていた“加熱”と“常温保存”が可能。しかも成分バランスのいいスーパーオイルなのです。

ビタミンEがオリーブオイルの5倍!

原料は、アマナズナというアブラナ科の植物の種子。欧米では数十年前まで一般的に使われていましたが、安価な菜種などの食用油の登場で生産量が激減。しかし近年、その効能が見直され、カナダの著名な健康誌で「ベストスーパーフード」に選ばれるなど話題に。
なんとカメリナオイルには、ビタミンEが、オリーブオイルの5倍含まれています。加熱と常温保存が可能なのは、天然の抗酸化成分であるビタミンEとカロテノイドが豊富に含まれており、加熱しても酸化しにくいためなんです。

肌細胞膜を整え保湿力を高める

カメリナオイルは、体に必須の不飽和脂肪酸の中の、オメガ3、6、9の比率が2:1:2と理想的であることも大きな特徴。オメガ6はアレルゲンから身を守るため必要ですが、取り過ぎは逆にアレルギー誘発の恐れも。一方、オメガ3は炎症を抑制し、細胞壁を柔軟に保ちます。このオイルだけで両者をバランスよく摂取できるのです。
また、有効成分も豊富で「植物ステロール」は、血中のLDLコレステロールの吸収をおさえる成分。また、珍しい美肌成分「イコセン酸」も含まれています。肌細胞膜を整え、保湿作用があるのだそう。

風味を生かして料理のアレンジを

ただし、体に良いからとむやみに取り入れては「過剰摂取」の危険も。機能性オイルは、日本人女性で1日大さじ1〜2杯が目安です。入手しやすいのはカナダやオーストリア産ですが、日本でも生産が始まり話題に。カメリナ独特の、ネギのような香りが強いものは、風味を生かして料理の減塩にお役立ち。無臭タイプは炒め物に利用するなど、アレンジを楽しんで。水にも油にもなじむレシチンが豊富なので、酢を加えるだけでマヨネーズが作れるから、卵アレルギーの方にもおすすめですよ。

続きを読む




カラオケの歌いすぎでポリープが…しわがれ声や喉のイガイガの原因にも

【お話を伺った人】福田 宏之先生

国際医療福祉大学東京ボイスセンター教授 慶応義塾大学医学部客員教授 昭和40年に慶應義塾大学医学部耳鼻咽喉科に入局以来、一貫して喉頭の基礎及び臨床研究に従事してきた。2年間のエール大学留学を経て…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

(編集・制作 (株)法研

無理な音域の曲、熱唱は声帯にかなりの負担がかかる。人の歌も聞いて楽しんで。のどを休ませて「カラオケポリープ」を予防しよう。

声帯にポリープができ、しわがれ声に

カラオケといえば、かつてはサラリーマンが接待で利用することが多かったものですが、気軽に入れるカラオケボックスが増えたこともあり、今や小学生から高齢の方まで、年齢や職業に関係なく、多くの人がカラオケを楽しんでいます。こうしてカラオケが身近なものになる一方で、カラオケが原因のポリープが増え、問題になっています。無理な発声によって声帯を傷め、しわがれ声になってしまうのです。

声は、声帯というのどの奥にある2本の帯が振動し、触れ合うことによって発声しています。声帯の振動回数は、普通の会話でも男性で毎秒100回以上、女性で200回以上もありますが、歌うときはこれが大幅に増えるため、声帯の粘膜に負担がかかってポリープができやすくなります。こうして、カラオケが原因でできるのが「カラオケポリープ」です。

ポリープには、大声を出したときなどに声帯粘膜が傷ついて炎症や内出血をおこしているタイプと、声帯粘膜が長期にわたって過剰にこすれ、ペンダコのような硬いものができる声帯結節があります。

こうしたポリープができると、声がしわがれる、のどがイガイガしてスッキリしない、声を出しにくくなる、高音や裏声が出ないといった症状がおこります。こういう症状に悩むカラオケポリープの患者が増えているのです。原因は曲の選び方や歌い方にもあります。

無理のない音域で歌い、マイクを独占しない

以前は、カラオケの定番といえば演歌でした。独特の節回しで、お酒を飲まなくても歌詞に酔っている人が少なくなかったものです。
これに対して、最近流行している曲は、メロディーやリズム優先で、高音域の曲が多いようです。歌手の歌声だけを聞いていると、実際は男性歌手なのに、女性が歌っているものと思い込んでしまうほどキーが高いのです。そういう曲が、カラオケでも人気があるようです。

しかし、自分の声帯の能力を超えて無理に高い音を出すと、声帯は周囲の筋肉に引っ張られて過度の負担がかかり、ポリープができやすくなります。これは高音だけに限らず、無理して低い声で歌うときも同じです。要するに、無理な音域の声で歌ったり熱唱すると、声帯を傷めてしまうのです。

好きな曲を歌うのは楽しいものですが、もし、音域に無理があるのなら、自分の音域に合わせてキーを調節するとよいでしょう。また、大声で熱唱するのではなく、ほどほどの声量で歌うと、自分も、周りの人も心地よく感じます。
「マイクをつかんだら放さない」というのもNG! 1曲歌ったら、最低10分はのどを休め、ほかの人の歌声に耳を傾けましょう。

お酒は適量、タバコを控え、かぜぎみのときはのどを休める

声帯を傷める原因は、無理な発声や歌いすぎだけではありません。声帯の粘膜が乾燥すると、ポリープができやすくなります。
歌った後は声帯が乾燥しやすいものですが、タバコを吸っていると、なおさら乾燥させてしまいます。タバコは控えましょう。

お酒は、適量なら声帯の動きを滑らかにしますが、飲みすぎや、アルコール度の高いお酒は、声帯を刺激して内出血を招きやすくなります。ほどほどにとどめてください。

また、疲れているときやかぜぎみのときは、のどのコンディションもよくありません。そういうときは、体を休めると同時に、のども安静を保つことが大事です。無理に声を出したり歌ったりしないことです。

なお、カラオケポリープは、初期であれば、声帯を休めて安静を保つことで自然に治ることもありますが、ひどくなると、ポリープの切除手術が必要になる場合もあります。もし、症状が数日間続くようであれば、耳鼻咽喉科を受診することをおすすめします。

また、カラオケポリープと症状がほとんど同じなのが喉頭がんです。早期に発見できれば治る可能性が高いので、とくに喉頭がんになりやすいヘビースモーカーの中高年男性は、このことを忘れず早めに受診してください。

(「すこやかファミリー」法研より)

※この記事は2008年8月に配信された記事です

続きを読む



しゃっくりはナゼ起こるの?なかなか止まらない時は病気が原因の場合も…

ノーイメージ

【お話を伺った人】河合 隆先生

東京医科大学病院 内視鏡センター教授 1984年東京医科大学卒業、88年同大大学院修了。同大講師、内視鏡センター部長、助教授を経て、2008年から現職。日本消化器病学会指導医、日本消化器内視鏡学会…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

(編集・制作 (株)法研

ほとんどの場合は心配ないが、重大な病気が原因のことも。横隔膜のけいれんと声帯の閉鎖が連動。脳や消化器の病気、がんなどが原因で起こることもある。

横隔膜のけいれんで声帯が閉じられるときに特有の音が

熱いものを飲んだときや大笑いをしたとき、あるいはお酒を飲みすぎたようなとき、不意にしゃっくりが起こってなかなか止まらずに困った、という経験はありませんか。自分の意思とは無関係に「ヒクッ」「ヒクッ」と続くとわずらわしいものですが、そのうち何とか治まるのがふつうのしゃっくりです。

ところが中には何時間も続くことがあり、そうなると食事や睡眠の妨げになって、高齢者だと全身が衰弱することにもなりかねません。ときには胃や食道など消化器の病気、脳神経系の病気などが原因で起こることもあります。たかがしゃっくり、されどしゃっくり、なのです。

しゃっくりは、実は赤ちゃんがお母さんのおなかの中にいる胎児のときからしているといわれます。胎児が母体の羊水の中に浮かんでいるとき、飲み込んだ羊水で膨れた胃の刺激により横隔膜がけいれんを起こすことがあり、これらの運動がしゃっくりである、などの説があります。確かに、胎児のしゃっくりを感じとっている妊婦さんは少なくないようです。

けいれんを起こす横隔膜とは、体の内部の胸の部分とおなかの部分を上下に分けている膜状の筋肉です。この筋肉が何らかの刺激が引き金になってけいれんし、それと連動して声帯のすき間が閉じられるときに例の特有の音が出ます。引き金になる刺激とは、暴飲暴食、炭酸飲料を飲んだとき、たばこの吸いすぎ、食事や飲酒のときに空気も一緒に飲み込んでしまう空気嚥下(えんげ)症 [呑気(どんき)症ともいう]などがあり、また肥満によってもしゃっくりが起こりやすくなります。

しゃっくりは始まると一定の間隔でくり返し起こりますが、ふつうはしばらくすれば自然に治まるか、しゃっくり止めの民間療法を試みて止めるのが一般的でしょう。どのようなしゃっくり止めの方法があるか、いくつかご紹介します。これらのうち、どれかは試したことがあるという人も少なくないでしょう。

●しゃっくり止めの民間療法

  • ・息を深く吸ってできるだけ長い間止める
  • ・舌を引っ張る
  • ・くしゃみを誘発する
  • ・冷たい水を一気に飲み干す
  • ・急に驚かす
  • ・かきのへたを煎じて飲む など

病気が原因で起こる場合もある

いろいろな民間療法を試してもなかなかしゃっくりが止まらなかったり、たびたびくり返すようだと、日常の会話や仕事に支障が出るでしょうし、食事や睡眠も難しくなって健康が損なわれる恐れも生じます。外国には68年間もしゃっくりが止まらなくても普通の生活を送った人もいるようですが、一般には48時間以上続く場合は「難治性しゃっくり」として、何らかの病気が原因になっている可能性が高いとみられます。

以下のような病気がしゃっくりを引き起こすことがある、と考えられています。なかなか治まらないしゃっくりの原因を確かめるためには、「総合診療科」とか「振り分け外来」といった外来が近くにあればそこを受診し、必要なら別の専門科を紹介してもらうとよいでしょう。そういった外来が近くになければ、まずはかかりつけ医に相談してみましょう。

●しゃっくりを引き起こす主な病気

  • ・横隔膜を直接刺激する病気:横隔膜下腫瘍、肝臓がんなど
  • ・横隔膜神経を刺激する病気:食道がん、肺がん、甲状腺がんなど
  • ・脳神経系の病気やけが:脳腫瘍、脳梗塞、頭部外傷など
  • ・呼吸器や消化器の病気:肺炎、気管支ぜん息、消化器系のがんなど
  • ・代謝性の病気:アルコール中毒、痛風、尿毒症など

※この記事は2009年6月に配信された記事です

続きを読む



1日に飲んで良いアルコールの量ってどのくらい? 飲みすぎを防ぐコツ

【お話を伺った人】蒲池 桂子先生

女子栄養大学栄養クリニック准教授・主任 1985年女子栄養大学栄養学部栄養科学専攻卒業。東京慈恵会医科大学内科学講座を経て、2003年4月より女子栄養大学栄養クリニック主任、2006年より現職。一…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

(編集・制作 (株)法研

アルコールに強い体質の人ほど、飲みすぎが問題になる。自分の適量を知って楽しく、健康的に。飲みすぎ、食べすぎを防ぐには、飲む前に軽く食べて。

命の危険もある急性アルコール中毒ー酔いつぶれて寝た人を放置しないで!

アルコールの処理能力には個人差がある

12月から1月にかけて、パーティーや忘年会、新年会など、お酒を飲む機会が続きます。飛ぶように出ていく財布の中身も気になりますが、飲みすぎによる二日酔い、肝臓へのダメージ、エネルギーのとりすぎによる太りすぎにも注意が必要です。
意外にこうしたことが問題になるのは、アルコールに強い人のほうです。肝臓でのアルコール処理能力が高いため、ついグイグイと飲みすぎてしまうからです。

アルコールは肝臓に入ると、アセトアルデヒドという体に有害な物質に分解されます。アセトアルデヒドは、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の働きで酢酸に分解され、最終的には水と炭酸ガスになって体外に排泄されます。
ところが、このALDHの働きには個人差があり、日本人のおよそ4割は働きが弱いといわれます。そのためアセトアルデヒドが分解されにくく、アルコールを飲むと顔が赤くなったり、頭痛や吐き気、頻脈などの不快な症状が起こったりします。

このような不快症状が起これば、それ以上お酒を飲むことはできません。体が受けつけないからです。一方、ALDHがよく働くタイプの人、つまりアルコールに強い人は、お酒を飲んでも不快な症状が起こらないため、どんどん飲んでしまいがち。その間、ALDHはアセトアルデヒドを分解するために一生懸命働いています。こうして肝臓は酷使され、疲れきってしまうのです。

アルコールの「適量」は純アルコールで1日平均20g

飲みすぎによるいろいろな問題を防ぐには、「適量」を守ることが大切です。といっても、どれくらいが適量なのか、「いける」口の人ほど多めに見積もりがちです。飲んだ翌朝、頭痛や吐き気がする場合はいうに及ばず、体がなんとなくだるい感じがするときも飲みすぎといってよいでしょう。

厚生労働省では、「節度ある適度な飲酒」量として、純アルコールで1日平均20gとしています。普通に飲める健康な成人男性の場合、肝臓で処理できるアルコールの量は1時間に7g程度とされるので、20gというのは3時間程度で分解できるアルコールの量に相当します。女性の適量は、一般的に男性の6割程度とされています。

純アルコール20gをお酒の種類ごとに換算した数字は下記の通りです。

  • ・ビール、中ジョッキ1杯(500ml)
  • ・日本酒、1合(180ml)
  • ・焼酎25度、コップ1/2杯(100ml)
  • ・ワイン、グラス2杯(240ml)
  • ・ウイスキー40度、シングル2杯(60ml)

純アルコール量(g)は、飲んだ量(ml)にアルコール度数(%)とアルコールの比重(0.8)を掛ければ求められます。たとえば、アルコール度数5度のチューハイを中ジョッキ1杯(500ml)飲んだとすると、以下の計算により、純アルコール量は20gとなります。

500×0.05×0.8=20

実際に飲んだ純アルコール量がわかると、アルコールが体から抜ける時間も計算することができます。上の計算で求めた純アルコール量を1時間に処理できる7gで割ればよいのです。もし、飲んだ純アルコール量が70gだとすれば、処理するのに10時間もかかることになります。

お酒を飲みすぎると、アルコールの処理に時間がかかり、肝臓は働きすぎて疲れてしまいます。肝臓には、アルコールの分解のほかに、栄養素の代謝、消化酵素・ホルモンの製造など、健康を維持するための重要な働きがあります。アルコールの分解だけにかかわっていると、こうした重要な働きもおろそかになります。

長期にわたりお酒を飲みすぎると、中性脂肪が増え、肝臓に脂肪として蓄積され、脂肪肝のリスクを高めます。また、肝臓への負担が肝繊維症、アルコール性肝炎、さらには肝硬変、肝がんなどを引き起こすこともあります。また膵臓への影響も見逃せません。急性膵炎などは、肝臓の強い人がお酒を飲みすぎることによって起こす場合もあるのです。

ふだん、純アルコールにしてどのくらい飲んでいるか、その処理にどれだけ時間がかかっているか、ぜひ計算してみてください。気づかずに、肝臓そして膵臓を酷使しているかもしれません。

飲みすぎ、食べすぎを防ぐコツ

お酒には、肝臓や膵臓を酷使するだけでなく、アルコールの食欲増進効果で食べすぎて肥満になったり、生活習慣病の原因にもなるという弊害もあります。アルコール自体が高エネルギーのうえ、つまみも高エネルギーかつ塩分高めのものが多いからです。

飲みすぎ、食べすぎを防ぐには、飲む前に何かを軽く食べておくとよいでしょう。空腹だと、お酒もつまみも、次々と注文して口に入れてしまいますが、飲む前に軽く食べておくと自制が利きやすく、その後飲んだり食べたりの加減がしやすくなります。大豆や食物繊維、たんぱく質などの栄養補助食品なら低エネルギーで手軽、飲み会の前におすすめです。

つまみは、つい油っこいものを注文しがちですが、胃腸などで消化するのに負担がかかって悪酔いしやすくなります。野菜スティックなら、ビタミン、ミネラルをとれ、食物繊維も豊富なので食べすぎを防げます。また、イカ、タコ、エビ、貝類も、お酒のつまみに適しています。胆汁酸の分泌を盛んにするアミノ酸の一種「タウリン」が豊富で、肝臓の働きを助けてくれるのです。

お酒の飲み方自体も、少しずつ変えていくとよいでしょう。焼酎やウイスキーは、ストレートやロックではなく、水割りにすると、アルコール量を少なく抑えられます。また、お酒と同時に水も注文し、お酒を一口飲んだら水を飲むというようにすると、胃へのアルコールの刺激を弱くしたり、飲みすぎを防いだりすることができます。

※この記事は2009年12月に配信された記事です

続きを読む



  1. 61
    生理が来ても妊娠の可能性がある? 妊娠初期に起こる出血の原因
    妊娠を望んでいる人にとっても、妊娠を望んでいない人にとっても、生理が…
  2. 62 鳥肌が立つのはなぜ? なんで鳥肌って呼ぶの? 鳥肌のメカニズム
    鳥肌が立つのはなぜ? なんで鳥肌って呼ぶの? 鳥肌のメカニズム
    寒いとき、怖いときなどに無意識にできるブツブツ。 毛穴を閉じて熱の…
  3. 63
    足の小指が痛い人は要注意 「内反小趾」を治してサンダル美人に
    (編集・制作 gooヘルスケア) 素足にサンダルを履く…
  4. 64 自閉症(広汎性発達障害)とはどんな病気? 症状がでるのは何歳から?
    自閉症(広汎性発達障害)とはどんな病気? 症状がでるのは何歳から?
    発達障害のひとつ、自閉症。コミュニケーションが苦手で、自分独自の強い…
  5. 65
    脂肪腫を5年放置ー豆粒大の皮膚のしこりがピンポン玉サイズに(体験談)
    (編集・制作 gooヘルスケア)文/亀井満月 ■体に皮膚のしこり…
  6. 66 驚いたときに腰が抜けるのはなぜ?
    驚いたときに腰が抜けるのはなぜ?
    脳や交感神経の作用のほかに、病気の一症状としても。 大脳皮質の一時…
  7. 67 その症状、自律神経失調症かも? 主な症状と自律神経を整える方法
    その症状、自律神経失調症かも? 主な症状と自律神経を整える方法
    急に動悸がしたり、なんとなくだるかったり。原因はわからないけど、不定…
  8. 68 ストレスの自覚がなくても発症する、心因性じんましんとは?
    ストレスの自覚がなくても発症する、心因性じんましんとは?
    ストレスが原因で発症するじんましんがあるのを知っていますか? 原因不…
  9. 69
    『話すスピード』と『声の高さ』を変えるだけで好感度アップ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 話す…
  10. 70
    寒がりと冷え性には違いがある。冷えない体を作る『温活』5大原則
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 靴下…
  11. 71
    便秘になると口から便臭がする!?便秘と口臭の意外な関係
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと お…
  12. 72
    アスペルガー症候群の小学生|不登校から特別支援学級に通うまで
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  13. 73 日本人の約80%が感染しているヘルペスウイルスとは?
    日本人の約80%が感染しているヘルペスウイルスとは?
    ウイルスを持っている人が多いヘルペス。体調が悪い時などに、唇や性器に…
  14. 74
    風疹の抗体はなくなるの?「子供のころかかったから安心」とは言えない事情
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  15. 75
    あと一品ほしい時に最適!切って包むだけ『ホイル焼き』の時短レシピ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 一品…
  16. 76 生理が長い、8日以上は要注意!量が多すぎるのも病気の疑いが?
    生理が長い、8日以上は要注意!量が多すぎるのも病気の疑いが?
    毎月訪れる生理。いっそ1日で終わってくれたら……と思うことはありませ…
  17. 77 着床出血とは?生理との違いとまとめ
    着床出血は妊娠のサイン? 量・色・期間から生理と見分ける方法
    妊娠超初期症状のひとつが「着床出血」。生理のときの出血と似ているので…
  18. 78 星野源、KEIKOが患った「くも膜下出血」ってどんな病気?【芸能人健康まとめ】
    GENKINGや今井翼が患った「メニエール病」ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】
    (編集・制作 gooヘルスケア) めまいといえばメニエール病と…
  19. 79 【下っ腹の痛み】に隠れた意外な病気に注意
    【下腹部が痛い】女性はまず婦人科へ-主な6つの病気とその症状
    下腹部には大腸や小腸、膀胱、女性の場合は子宮、卵巣と、たくさ…
  20. 80 救急車を呼ぶ前に…緊急性があるか迷ったら、相談ダイヤルを利用して
    救急車を呼ぶ前に…緊急性があるか迷ったら、相談ダイヤルを利用して
    緊急性がないのに救急車を呼ぶ人が増えているそうです。そういった人が多…

一覧