肺も老化する? 咳が止まらない・息切れする人は要注意! 6つのチェック診断

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

20151012_300

運動不足を解消するために階段を使ってみたら、なんだか息がゼイゼイ……。普段、呼吸する時は意識していませんが、呼吸を行っているのは「肺」。そして、肺もお肌のように、年齢とともに老化すること、知っていましたか?

風邪と診断されたのに「肺がん」だったケースも

呼吸器専門医の大谷義夫先生によると、肺の機能は20歳がピークで、少しずつ低下していくのだそう。運動不足だと、少し走っただけで息切れしますが、これも肺の衰えのひとつです。
肺の症状で最も身近なのは咳。風邪だと思っていたら、実は「ぜんそく」というケースも多いとか。風邪がきっかけで咳が抜けなくなり、「咳ぜんそく」になることもあります。
また、ある35歳の女性は、1カ月以上咳が続きながら、3つの病院で風邪の診断。大谷先生が診ると「肺がん」が発覚したそう。
「風邪の咳は長くて2週間まで。1カ月も続いたら他の病気ですが、病院で風邪と言われてしまうことは多い。咳や痰が続くなら、呼吸器内科を受診して下さい」と大谷先生は言います。

あなたの肺、弱っていませんか? チェックリスト

肺の衰えは自覚しにくいもの。下のリストで一つでも当てはまるものがあったら、肺機能低下の可能性があると考えられます。

□風邪でないのに咳が続く
□天気によって、咳がひどくなる
□よく痰がからむ
□階段の上り下りや少しの運動で息切れがする
□同年代の人と同ペースで歩くのが辛い
□呼吸がゼイゼイ、ヒューヒューする

深呼吸で肺の衰えを防ぎ、疲れにくい体に

肺の衰えを防ぐには、どうしたらよいのでしょうか。
「日頃の生活の中で、呼吸を大切にするとよいでしょう。他の臓器は自分で動かせませんが、肺は呼吸でコントロールできます」(大谷先生)。

最近はストレスで呼吸が浅くなっている人も多く見られますが、浅い呼吸では肺の一部でしか空気交換ができず、少ししか酸素が取り入れられなくなります。深呼吸をすると酸素がしっかり入り込み肺が元気になるので、時々、意識して深呼吸するように心がけましょう。

深呼吸がうまくできない人や、最近、息切れが気になる人は、下記の「肺トレーニング」を。胸が開かれるので、普段呼吸が浅い人も新鮮な空気をたっぷり吸い込むことができ、疲れにくい体になります。ぜひトライしてみてください。

1 手を頭の後ろで組み、ゆっくり息を吸う。
2 次に、細く長く息を吐きながら、腕を真上に伸ばしていく。
※1~2を3回繰り返す。




無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

疲れた時やイライラした時、甘いものを欲していませんか? もしかしたら、砂糖依存症かもしれません。すぐ、セルフチェックを試してみて。

小腹満たしのお菓子が気づかぬうちに習慣に

仕事や家事で疲れた時、ストックしておいたお菓子を食べるなんてことよくありますよね。小腹が空いた時に活躍する甘いもの。毎日食べる習慣になっている人は、砂糖中毒に要注意です。また「お菓子は食べないから」という人も人ごとではありません。
昨今、スーパーやコンビニで販売されているたくさんの商品には、いわゆるスイーツでなくても砂糖が使われています。パン、スープ、調味料、清涼飲料水などがそれ。パンは、いわゆる菓子パンでなく、サンドイッチなどの食事系パンにも原料に砂糖が使われているのです。砂糖中毒の弊害は、糖尿病のほか、うつ病、骨粗しょう症、冷え性、老化を促進させる糖化など多数。下の「砂糖依存症度チェック」で、2つ以上当てはまる人は、砂糖依存症になっている可能性があります。

無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック

<砂糖依存症度チェック>

・ 食後に甘いものを食べないと落ち着かない
・ 疲れやストレスを感じると甘いものが欲しくなる
・ 年々、甘いものを食べる量が増えてきている
・ 炭酸飲料やジュースが好き
・ 甘いものがないとぼーっとする
・ お腹が空いてないのに何か食べたくなる
・ 食事の代わりの甘いものを食べる時がある
・ 甘いものを食べ出すと止まらない
・ コーヒーや紅茶に砂糖が必須

コカインよりも強力な砂糖の中毒性

では、砂糖をとると体の中でどのようなことが起こるのでしょうか。甘いものをとると、血糖値が上昇します。特に、白砂糖は糖の中でも分子が小さいので、血糖値を急上昇させます。すると、血糖値を一定に保とうと、膵臓から血糖値を下げる作用のある「インスリン」という物質を分泌します。このインスリンが血糖値を急降下させると、今度は体内が「低血糖」の状態に。すると、脳はエネルギー不足と勘違いし、「甘いものを摂取しろ!」という指令を出します。この繰り返しで、砂糖をずっと欲するようになってしまうのです。

また、砂糖依存になる大きな原因といわれているのが、砂糖をとると脳内の神経伝達物質の「ドーパミン」などが分泌されること。ドーパミンは、脳機能を活性化させ、快楽とともに、意欲も作りだす物質です。昨今では、ドーパミンは依存にも関わっていることがわかっています。コカインなどの覚せい剤やモルヒネなどの麻薬のように依存性を持つ物質も、ドーパミンを分泌させる作用が。なんと、ラットを使ってコカインとサッカリン(砂糖の4,500倍の甘みを持つ人工甘味料)の中毒度を比べた実験では、甘いものの中毒の方がコカイン中毒よりも強いということがわかりました。この実験では、中毒になるとともに、どんどん量を増して欲することも判明したのです。

こういった砂糖依存を予防するには、少しずつ自分の食生活から砂糖の摂取量を減らしていくことが必要です。清涼飲料水やソーダ、ジュースといった飲み物を、お茶に変える、お菓子のストックをしないなどといったことを実践していきましょう。
砂糖をいきなり断つのは難しいので、甘いものが欲しいときは、フルーツやさつまいもなど、自然の甘みのものを少量とるように心がけて。食事では、甘いものの摂取で不足しがちな、ビタミンやミネラルを積極的にとりましょう。知らずにとっている砂糖もあることを意識して、砂糖の摂取を少しずつ減らしていくことが大切です。

続きを読む




舌を見て健康チェック!色・形・舌苔から分かるからだの不調とは?

【お話を伺った人】天野 恵子先生

千葉県衛生研究所所長 千葉県立東金病院副院長  1942年生まれ。東京大学医学部卒業(医学博士・循環器内科専攻)。東京大学講師、 東京水産大学教授を経て、現在千葉県衛生研究所所長 兼 千葉県立東金…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

舌は健康のバロメーター。色、形、舌苔をチェックしよう。血液が集まる舌は、全身の健康状態をあらわす「鏡」。貧血や水分過多、血液のドロドロ状態までわかります。

舌はからだをうつす鏡

鏡に向かって、あ~んと口を開き、自分の舌を見てみましょう。どんな色、形をしていますか? 舌はからだの情報の宝庫。舌には血液がたくさん集まっているために、血液や体液の質およびその過不足が見てとれ、体調などがよくわかります。東洋医学でも、患者の舌を診る「舌診」を非常に重視しています。
それでは、舌の色、形、大きさなど、ポイントごとに健康状態の判断の目安をお話していきましょう。

舌の色

健康な人の舌はピンク色をしています。白っぽい人は貧血ぎみ。また、冷えがあるときも、血の巡りが悪くなり白くなります。舌が紫色がかっていたり、黒っぽいときは血液に粘りが出て、血行障害を起こしています。また、舌が真っ赤なときは、血液中の水分が減少しているか、発熱により血管が拡張している可能性があります。

舌の形

周囲に歯形がついている舌は、水分の代謝が悪く、舌がむくんでいる証拠です。舌が水をふくんで膨張し、歯におしつけられているからです。このようなときには、循環器系疾患の疑いがあり、色もややオレンジがかっています。逆に、舌が小さくなって口の中が乾いているときは、水分不足の証拠です。

舌の厚さ

厚ぼったく黄色みをおびている舌は、胃腸の状態が悪いときに見られます。通常より厚い舌は、エネルギー過剰で血流が悪くなりがちです。逆に薄い舌は、水分が不足していたり、栄養不良で体力が衰えている可能性があります。舌が薄くなっている人は、しっかりと栄養を摂るようにしましょう。

静脈の状態

舌を上にあげて裏側を見ると、舌下静脈が両側に見られます。この静脈が黒みをおびて浮き出ているときは、血流が滞っているしるしです。体の他の部分にも、微小血管障害を起こしている可能性があります。また、静脈が細すぎて見えないときは、貧血や低血圧の疑いがあります。これはエネルギー不足の現われと考えられます。

舌苔

舌の表面に見られる白い苔のようなものが舌苔です。舌苔は、新陳代謝によって剥がれ落ちた舌の上皮細胞、食べ物のかす、口腔内細菌などからできています。うっすらと、舌の上に白く付着した状態が健康といわれます。

舌苔が厚いときは、水分代謝の不良や胃腸障害などが疑われます。一方、薄い場合は水分不足のしるしです。また、舌が見えないほどびっしり生えているときは、重い病気の可能性もあります。

また舌苔の色が、過剰に白いときはアレルギーや発熱などの症状があることも。黄色い舌苔は、歯周病など感染症があったり、喫煙習慣のある人によく見られます。

最近では、舌苔は口臭のもとになる、と、頻繁に除去する人が見られます。欧米では歯磨きとともに舌磨きは、毎日の習慣となっているほど。でも、舌苔の取り過ぎは舌の表面を荒らしたり、味覚を感知する「味蕾」を傷つけることも。除去するのは、適度な回数にしておきましょう。

鏡に向かうとすぐに観察できる舌は、健康チェックのためには役立つ器官です。朝、メイクするときなど、数秒間でできる自己診断法として、習慣にしたいものですね。

(「よくわかる女性のからだ事典」、法研より)

※この記事は2006年7月に配信された記事です

続きを読む




あなたのパートナーは大丈夫? 相手のモラハラ度をチェック!

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

「モラハラ」がひどいパートナーになにもかも合わせていると、心に大きなダメージを受けることになります。ひどくなってしまう前に、相手のモラハラ度チェックを試してみて。

まわりはもちろん自分でも気づきにくいのがモラハラ

夫婦や恋人など、親密な間柄で起こりやすいのが「モラハラ」。モラハラとは「モラル・ハラスメント」の通称で、言葉や態度などによって人の心を傷つける、精神的な暴力や嫌がらせのこと。
近年ではパートナーのモラハラに悩む人が増えています。身体的に暴力をふるわれるDV(ドメスティックバイオレンス)と違い、まわりはもちろん、本人も気づかない場合があるのが特徴です。パートナーの態度が急に変わるのではなく、徐々に変わってくるのも、気づきにくい理由のひとつ。
また、モラハラを行う男性には外面のいい人も多く、2人きりの時以外は優しかったり、時折見せる優しさの方を本当の彼だと信じてしまう女性の傾向もあります。また、モラハラを行う方は、自分が正しいという態度を取るので、受け手側は自分が悪い、と思い込んでしまう傾向もあります。
モヤモヤした気持ちを抱えたまま、ずるずるとパートナーと一緒に過ごしていませんか? 下の「モラハラ度チェック」を試してみて。

<パートナーのモラハラ度チェック>

・ 無視されたり、舌打ちされたりすることがある
・ 思い通りにいかないとパートナーがキレる
・ 2人きりの時にだけ機嫌が悪くなる
・ うまくいかないことはすべてこちらのせいにされる
・ 日中の行動やお金の使い道を管理される
・ 子供のしつけが悪いのはお前のせいだと怒鳴られたことがある
・ あやまっても、なかなか許してくれない
・ 小さな間違いでも延々と責められる
・ 自分が決めたルールを強要する
・ あなたの両親や友達の悪口を言う
・ 機嫌がいい時はやさしい
・ 会社や近所の評判はよい
・ パートナーの帰宅時間になると緊張する
・ パートナーに自分の意見を言えない
・ パートナーの機嫌がいいだけで安心する
・ 夫婦生活を強要される

上の項目のいずれかにあてはまるなら、モラハラパートナーの可能性があります。たくさんチェックがつくほど、モラハラのひどい相手ということに。

真面目な人が被害に遭いやすい

また、モラハラの被害に遭いやすいのが、真面目で責任感が強い人。モラハラを受けても「自分が我慢すれば幸せに生活できる」、「自分の努力が足りない」など、パートナーのモラハラを自分のせいと勘違いしてしまいます。
まずは、一人で抱え込まないこと。ただし、親などパートナーの手の届く存在の人に相談するのはNGです。モラハラをする男性は、外面がよいので親に相談すると「あんないい人がそんなことするわけない。あなたの我慢が足りない!」などと言われる可能性が。昔からの友人など、自分の味方になってくれる人に相談しましょう。
ちなみに、モラハラは会社やサークル、ママ友同士など、人間関係のあるところならどこでも起こるそう。被害者はもちろん、加害者にもならないように気をつけましょう。

続きを読む



カサカサの唇は胃が荒れている?唇の色やトラブルから分かる体のSOS

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

唇がカサつくとき、まずはリップクリームを塗りますよね。でもカサカサの原因は、ただの乾燥ではなく、体の不調によるものかもしれません。唇からわかる体のSOSサインをまとめてご紹介します。

唇の色・状態をチェックして健康維持を

東洋医学には、体の状態を目で見て、そこから根本の原因である体の不調を判断して治療に役立てる「望診」という診断方法があります。これは覚えておくと、自分の体調管理にも役立ちます。今回は、顔のなかでも比較的わかりやすい、唇で見分ける体の不調をご紹介します。

カサカサの唇は胃が荒れている?唇の色やトラブルから分かる体のSOS

<唇の色やトラブルからわかる体のSOS>

○口角が切れる

口角が切れて血が出たり、炎症を起こしている場合は「胃炎」や「十二指腸炎」が考えられます。特に、食べ過ぎていないのにこういった症状がでている人は、ストレスなどで胃腸が弱って、ふだんの食事でも胃腸に負担がかかっている場合があります。心と体を両方休ませて。

○口内炎

もともと口のなかは雑菌が侵入しやすいところで、通常は自分の免疫力で雑菌を除去しています。口内炎ができるのは、雑菌を除去できていない証拠。免疫力が低下して、体が弱っているのです。疲れをためていませんか? しっかりと体を休めて、免疫力を回復させましょう。胃腸も弱っている可能性が高いので、消化のよいものをとるように心がけて。

○カサカサする

上唇がカサカサする場合は「膵臓」や「胃」、下唇の場合は「大腸」が熱を持っています。甘いもの、油物、香辛料、塩辛いものを食べ過ぎていませんか。消化器官に負担がかかっているので、日頃からよく噛んで食べることを意識して。また、しばらくは消化しやすいものを食べましょう。

○唇が乾く

鼻の通りが悪いため、口呼吸になり、唇が乾いている可能性が。甘いもの、乳製品をとりすぎると鼻づまりが起き、口呼吸になりがちです。食生活を見直して。

○唇の縦じわ

唇に入る縦じわは、顔を老けてみせるもの。唇の縦じわは、ホルモンが低下していることが考えられます。また、体の水分量が足りていない場合も。塩分を摂りすぎると体の水分が足りなくなるので、ナトリウムを排出するカリウムを含む、イモ類やほうれん草などを積極的に食べて。

○白い唇

いつもより唇が白い場合は、体が冷えている、または貧血の可能性が。アイス類や冷たい飲み物、フルーツなどの食べ過ぎかもしれません。また血流不足になっているので、レバーなどを食べて血液の量を増やして。

○赤い唇

いつもより赤く、熱っぽい唇は、肺などの呼吸器に炎症がある可能性が。風邪を引いたときも、赤くなることがあります。肺の状態をよくするには、薬膳でレンコンがいいとされています。また、疲れがたまって体温を下げる力がないことも考えられます。水分補給をして、休養をとって。

○紫色の唇

お酒が好きな人、脂っこい食事を好む人に多いのが、紫の唇。肝臓や腸の機能が低下している証拠です。お酒や脂っこい食事を控えましょう。

続きを読む



老化防止には体幹力が必須!あなたの体幹力を診断

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

動くのがおっくうだったり、つまずくことが多くなったりしていませんか? それは老化のはじまりです! 老化防止に必須の体幹力を、まずはチェックして。

ハイヒールをはけない人は体幹力が弱い

「体幹」という言葉、かつては、アスリートに必要な筋肉という印象でした。しかし、体の健康を保つために必要であることが、広く知られるようになりました。小柄な体格ながら世界レベルのプレイヤーと互角に戦う、サッカー日本代表の長友選手が出した「体幹トレーニング」の本も評判になっています。
そもそも体幹とは、胴体の部分のことで「体幹を鍛える」と表現する場合には、お腹まわりの筋肉を鍛えることになります。胴体部分の筋肉は人が生活する上で欠かせないもので、歩いたり、姿勢をキープしたりするほか、呼吸することにも体幹の筋肉を使います。ここが弱ると老化にも直結することに。いつまでも若々しい体をキープするために重要なポイントなのです。
でもなかなか、意識するのが難しいのが体幹。まずは、セルフチェックであなたの体幹力がどれくらいか確認してみましょう。

<セルフ体幹力チェック1>

下記にあてはまる項目はいくつありますか? 2つ以上あてはまる人は、体幹力が弱っている可能性が大。体幹力アップエクササイズをして鍛えましょう。

・ お腹がポッコリしている
・ 腰痛持ちだ
・ 疲れやすい
・ 立ったまま靴下を履けない
・ 平らなところでよくつまずく
・ 電車内で立っている時、必ず何かにつかまっている
・ ハイヒールをはくのが苦手
・ 歩くとペタペタという足音がする
・ 太りやすくなった
・ イスから立つ時は、必ず何かに手をそえる

<セルフ体幹力チェック2>

片足バランスを行って体幹力をチェックします。背筋を伸ばして立ち、両手を腰に当てて、片足を上げます。ひざが90度になる高さまで足を上げたら、30秒キープしましょう。30秒以上、上半身がグラグラすることなくキープできれば合格。それ以下の人は、体幹力が弱っています。

自宅でできる簡単体幹トレーニング

体幹を鍛えるのに難しいトレーニングは必要ありません。自宅でできる簡単なトレーニングをご紹介します。毎日、数分でも続けることで体幹が鍛えられますよ。

<ドローイン>

床にあおむけに寝て、ひざを立てます。息を吐きながら、お腹をぐ~っとヘコませていきます。その状態をできるだけキープしながら、浅く呼吸します。お腹をヘコませている時間を、5秒、10秒と長くできるように練習しましょう。毎日続けていると体幹が鍛えられて、長くお腹をヘコませていられるようになります。

<プランク>

老化防止には体幹力が必須!あなたの体幹力を診断

床にうつ伏せに寝たら、顔の前あたりで両手を組み、前腕を使って体を持ち上げ、低い腕立て伏せの姿勢に。体を一直線にすることを意識し、お尻が上がりすぎたり、下がりすぎたりしないように注意して。ゆっくり息をしながら、30秒キープを目標に行いましょう。

続きを読む



  1. 1
    使うほどお尻にダメージが…ウォシュレットでお尻が悲鳴を上げている
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと トイ…
  2. 2 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  3. 3
    知りたくなかったかも…身の周りにあるトイレよりも不潔なものたち
    見た目では意外とわからない、トイレより不潔なもの。実は、自分の体の一部…
  4. 4
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  5. 5
    おデブサラダになっていませんか?太るサラダと痩せるサラダの大きな違い
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健康…
  6. 6
    知っておきたい女性の『アソコ』5つの真実|大事な場所の正しいケア方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと デリ…
  7. 7
    【女性に多い貧血】体がだるい・動悸…鉄分が足りないサインとは?
    (編集・制作 (株)法研) 【取材協力】澤田 賢一先生 秋田大学医学…
  8. 8
    コンビニ弁当を食べ続けると早死にする? その理由は…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  9. 9
    1分で寝落ちしちゃう!? 気絶するように眠りにつける呼吸法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ベッ…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  11. 11 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  12. 12
    【女性の病気】こんな症状がでたら婦人科へ!注意してほしい8つの症状
    (編集・制作 (株)法研) 信頼できる婦人科医が決まっていると、毎日…
  13. 13
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  14. 14
    顔のたるみを加速させる4つのNG習慣|顔のシワ・目のクマを予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 顔が…
  15. 15
    お風呂の入浴剤はもう不要!?キッチンのある物を入れるだけでOKの入浴法
    (編集・制作 (株)法研) 自宅でのバスタイム、天然温泉、クアハウス…
  16. 16 年齢よりおばさん臭く見えてるかも?見た目年齢を左右する体内老化度診断!
    年齢よりおばさん臭く見えてるかも?見た目年齢を左右する体内老化度診断!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 街中…
  17. 17
    目のかすみ・ぼやけ・近くのものがみえづらい…眼精疲労のタイプと症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 【監…
  18. 18
    コリの原因はストレスにある!?コリを簡単にとる方法とは?
    (編集・制作 (株)法研) 運動性とストレス性のコリは違います。コリ…
  19. 19 無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 疲れ…
  20. 20
    ダイエットにカロリー制限はいらない!? 食べて痩せるダイエットの新常識
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 食事…

一覧