1207_300

できることなら子供が産めるギリギリの年齢で一人産めたらいいと思っています。何歳くらいまで子供を産むことは可能ですか?
(質問者:yamatonade45さん)

教えて!goo

ここ数年、グンと増加し続けている高齢出産率。“35歳過ぎても普通に出産できる”と考える女性が増えていますが、高齢出産にはいろいろなリスクが伴います。今回は、女性たちの妊娠・出産に関しての悩みに本音でアドバイスを送り続けている、いけした女性クリニック銀座院長 池下育子先生にお話を伺いました。

高齢出産を楽観的に考えているオーバー40の女性たち

35歳すぎたら高齢出産と言われていますが、最近は40歳を過ぎて妊娠を希望する女性が増えています。友達や芸能人が高齢で出産しているのを見て“自分もいずれは産めるはず”と楽観的に考え、不妊で悩んでいる人たちは対岸の火事という意識の人がとても多い。さらに、彼女たちの多くに共通しているのが“自分のDNAをこの世に残したい”という男性的思考で、出産=ゴールと考えていること。出産後の育児がどれだけ大変か…、産んだ後のことまでしっかり考えていないように感じます。

35歳を過ぎたら、自然妊娠の確率は下がり続けます

年を重ねれば重ねるほど卵巣の老化も始まり、妊娠可能な良好な卵子の数もどんどん減ってきます。そうすると、受精する確率も低くなるので自然妊娠も難しくなり流産率も高まってしまうんです。さらに、子宮内膜症や子宮筋腫など婦人科系の病気も増え、性感染症を繰り返していれば、子宮外妊娠や流産、早産の確率も高くなるんです。

これから妊娠を望む女性に気をつけてほしいこと

自分の体が妊娠できる状態かどうか確かめるためにも、婦人科系の検診はしっかり受けましょう。そして、年に一度は必ず健康診断や人間ドックを受けてほしい。実は、血圧や血糖値なども妊娠に大きく関わってくるんです。男性と同じ環境で肩を並べて頑張れていても体は女性、男性より弱いんです。妊娠する準備として、日頃からしっかり健康管理をしておくことが大切。そして、いざ妊娠した時のことを考えて、風疹抗体検査をして予防接種も受けておきましょう。妊娠初期に風疹に感染すると、赤ちゃんに重症な病気が出る可能性があるんです。

35歳を過ぎて妊娠・出産を希望するなら、“私もいつかは産めるはず…”という安易な考えはやめ、まずは自分の健康管理を徹底していくことが大切なんですね。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

おすすめ

  1. 仕事と育児の両立に役立つー働きながら子育てする女性を支援する制度
    仕事と育児の両立に役立つー働きながら子育てする女性を支援する制度
    (編集・制作 (株)法研) 仕事と妊娠・出産を両立させるために。 …
  2. 産後の体重減少や激しい抜け毛の原因は「産後無痛性甲状腺炎」だった!
    産後の体重減少や抜け毛の原因は「産後無痛性甲状腺炎」だった!
    (編集・制作 gooヘルスケア)文/亀井満月 出産後の体重減少に抜け…
  3. 妊娠の前に受けておきたい検査やワクチンとは?
    妊娠の前に受けておきたい検査やワクチンとは?
    (編集・制作 (株)法研) 母体の健康状態を整え、順調な妊娠・出…
  4. 妊娠中の腹痛は過敏性腸症候群が原因だった! 自力で見つけた改善方法
    妊娠中の腹痛は過敏性腸症候群が原因だった! 自力で見つけた改善方法
    腹痛でトイレに駆け込んでも排便がない……。腹痛には様々なケースが考えら…
  5. 【子宮筋腫を抱えて妊娠・出産】高齢初産の不安との戦い…産後の経過まで
    【子宮筋腫を抱えて妊娠・出産】子宮筋腫合併妊娠の体験記ー産後の経過まで
    人間ドックで子宮筋腫が見つかり、経過観察中に想定外の妊娠が発覚。初めて…