小鼻の横のツボ【天迎香】を押すと花粉症やアレルギーが治る?

ノーイメージ

【お話を伺った人】萩原秀紀(はぎわら・ひでのり)先生

萩原カイロプラクティック院長。鍼灸師。アメリカや中国での海外研修で研鑽を積み、施術者として多くの患者を救っている。著書に『「鼻の横を押す」と病気が治る』(マキノ出版)。

もっとみる

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

0208_300

花粉症だけでなく難病まで改善するツボ

萩原カイロプラクティック院長の萩原秀紀先生が偶然見つけたツボ「天迎香(てんげいこう)」。花粉症などのアレルギー症状に効き、さらに難病まで改善するなど、その効果は発見した萩原先生も驚くほどだそう。

「最初は、花粉症の症状を抑えるだけと思っていました。それで花粉症の患者さんにお教えしたところ、腰痛や肩こりもよくなり、下半身マヒの人が立って歩けたり、パーキンソン病の症状が消えたり。多くの不調・病気、難病にまで効果があったのです」

ちなみに「天迎香」とは、鼻の症状に効くツボ「迎香(げいこう)」の近くにあり、「天から授けられたように効くツボ」として名づけたものです。

その効果は、オリンピック選手にも! 2004年のアテネ五輪で男子体操選手に「天迎香」を刺戟する指導をしたところ「バランスが安定する」「集中力が増す」など大好評。28年ぶりの団体金メダルを獲得しています。

脳の血流をアップすることが医学的に証明

その秘密はどこにあるのでしょうか?
「脳機能の計測により、天迎香への刺激を行うと『すぐに脳の広い範囲で、酸素消費量が高まる』=『脳の血行がよくなる』ことが証明されています。これは、WHO認定の361個の既存のツボにはない作用。天迎香の刺激が脳の血流をよくし、体のゆがみを整えて、症状を快癒すると考えられます」(萩原先生)

「天迎香」の正しい押し方

まさに万能ツボといえる「天迎香」ですが、正しく刺激しないと効果は得られません。
以下にポイントをご紹介します。

【ポイント1】 まず「天迎香」を見つけましょう
「天迎香」は鼻の横、小鼻の両脇で小鼻の下のラインの高さにあります。

【ポイント2】 人さし指と薬指を使って刺激します
押す時は、左右のツボに同じ圧をかけるため、人さし指と薬指を使います。テーブルの上などの平らな場所に2本の指を置き、高さを揃えてから鼻に当てると高さが揃います。手は右手でも左手でもOKです。

【ポイント3】 斜め上の方向に2分間押します
「天迎香」に2本の指の腹を当て、斜め45度上の方向に2分間押します。背すじを伸ばし、あごを引いた姿勢でゆっくり呼吸しながら押しましょう。

【ポイント4】 ツボへの刺激はごく軽くでOK
2本の指の腹をまぶたに当ててみて、眼球が圧迫されない程度がちょうどいい力加減です。

正しい押し方を取り入れて、“奇跡のツボ”の効果をあなたの体で実感してください。




目をこすると皺が増える?! 花粉でかゆくても我慢すべき理由

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

目がかゆくなったとき、まぶたをゴシゴシ…。ふつうに行っているこのちょっとした動きが、どんどんあなたのまぶたを老化させているのです! 気をつけるべき理由をご紹介します。

目をこすると皺が増える?! 花粉でかゆくても我慢すべき理由

しみ、しわ、たるみの老化現象が加速

アレルギーなどが原因で、目がかゆくなったとき、つい目をゴシゴシこすってしまう人は多いはず。あるいは、寝起きにまず目をこすったり。なにげなく行っている、この「目をこする」という行為。実は、目にとってデメリットばかりなんです。
目のまわりの皮膚は、とても薄く繊細にできています。そのため、目をこすることによって、予想以上に悪影響が起きているのです。その理由をまとめてご紹介します。

<かゆくても目をこするのを我慢すべき理由>

1)しわが増える
顔の皮膚は体の皮膚より薄くできていますが、顔のなかでも特にデリケートなのが目のまわりの皮膚です。その厚さは、ティッシュ1枚分とも言われています。目をこすると皮膚の表面に小さな傷がつき、皮膚が乾燥してしまいます。もともと乾燥しやすい目元が、さらに乾燥することで、目のまわりに小じわが増えることに。

2)しみ
目をこすると、皮膚の表面に小さなしわができ、これが原因で皮膚に色素沈着を起こします。目のまわりが黒ずむとともに、皮膚が弱くなっているので、さらに紫外線が当たることで、しみもできやすくなります。

3)はれ
まぶたをこすることによって、まぶたがむくみ、はれが起こります。目をこするのが習慣になっている人は、毎日まぶたをはれさせているのと同じこと。まぶたのはれが習慣化すると、たるみやしわの原因にもなります。

4)たるみ
目をこすると、皮膚が伸びてしまいます。伸びた皮膚は、目のまわりのたるみとなり、目ヂカラがダウンします。

5)目が小さくなる
まぶたには「ミュラー筋」という、まぶたを持ち上げる働きをする筋肉があります。この筋肉は刺激に弱く、目をこすると伸びてしまいます。このミュラー筋、一度伸びると、元には戻らないのです! まぶたをうまく持ち上げることができず、目が小さくなってしまいます。

6)結膜炎などの病気
目をこすると、目の角膜に傷がつきます。そこから、ウイルスや細菌に感染することで目の病気につながります。特に、手にはさまざまなウイルスや細菌が付着しているので、手でこすらないことが重要なのです。

目をこすらずにかゆみを止める方法とは

目をこすることなく、かゆみを止める方法はいくつかあります。まず、アレルギーなど目の炎症が原因でかゆい場合は、まぶたが熱をもっているのが原因です。タオルを冷たい水で濡らし、まぶたの上にのせて皮膚を冷やすとかゆみが緩和します。

また、乾燥によるかゆみの場合は、蒸しタオルをのせることで目が温まり、涙が分泌されやすくなってかゆみが治まります。目の乾燥は、濃いメイクを落とすときに強くこすりすぎていることも原因のひとつなので、注意して。乾燥によるかゆみがある場合は、一時的に石けんで落とせるタイプのコスメを使い、強いメイク落としを使わなくてもよいようにしましょう。なかなか改善しない場合は、自己判断せず、眼科医に相談してください。

続きを読む




大事な場面でもくしゃみを我慢しちゃいけない理由4つ

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

シーンとした中で、くしゃみが出そうになったら我慢してしまいますよね? でもこの行為、実はとても危険なんです。その理由をまとめました。

大事な場面でもくしゃみを我慢しちゃいけない理由4つ

くしゃみが出る速さは新幹線と同じ!

花粉、ホコリなどが舞っていると「へ〜っくしょん」と出るのがくしゃみです。くしゃみは、体のなかに入ろうとするホコリやバイ菌、ウイルスなどを排出する役目があります。

人は、鼻から空気を吸いますが、そのなかにホコリなどがたくさん含まれているのです。そのまま、吸い込むと病気の原因にもなるので、まず鼻毛で大きなゴミを取り除きます。同時に、鼻の粘膜で小さなゴミを除去するのです。常に粘膜が湿っているのは、小さなゴミが付着しやすくするためだったんですね。粘膜にゴミが付着すると、粘膜にある神経を刺激して、付着したゴミを体外に吐き出そうと息を出すのが、くしゃみの仕組み。これは体を病気から守るための生理現象です。

ちなみに、くしゃみは時速約300kmの速度で、なんと新幹線とほぼ同じ速さ。また、一度のくしゃみで最大500ml、ペットボトル1本分もの空気を排出するそう。
もし、電車の中やレストラン、会議中など、静かな空間でくしゃみが出そうになったら……。マナーの観点から我慢したり、鼻をつまんで止める人も多いのでは。でも、この行為とても危険なんです。くしゃみを我慢してはいけない理由はこちらです。

くしゃみを我慢しちゃいけない理由4つ

1)気管、咽頭裂傷
喉の下の方から肺につながる、空気の通り道が「気管」です。くしゃみを止めることによって、気管に異常な圧がかかり、気管が裂傷したというケースが報告されています。あるイギリスの男性は、鼻をつまんで口を閉じてくしゃみを我慢したことで気管が裂傷。飲み込むことや、声を出すことができなくなり、緊急入院を余儀なくされました。入院中は、飲食ができないためチューブで栄養を補給。回復するのに、1週間の入院と、2ヶ月の通院が必要だったそう。

2)鼓膜破裂
口と鼻、耳はつながっています。口と鼻をふさぐことで、空気の逃げ場がなくなり、耳に圧がかかります。くしゃみを止めた後、キーンという音がして、聞こえが悪くなったり、鼓膜が破れることも。

3)脳内の血管破裂
口や鼻をふさぐことによって、空気が通る気道の圧が上がり、血圧が急上昇します。もともと脳動脈瘤がある人は、脳内の血管が破裂する可能性も。

4)腰痛の悪化
くしゃみを我慢すると、体に排出されなかった空気圧が原因で、脳脊髄圧が上昇。もともと腰痛持ちの人や、坐骨神経痛の人は、くしゃみを止めると腰が痛くなる可能性があります。

くしゃみをするときは、決して鼻をつままないようにしましょう。ハンカチで鼻と口を軽く押さえて、空気を逃がしつつ、唾液や鼻水などが周囲に飛び散らないように配慮するのが、マナーも体の健康も守る、正しいくしゃみの方法です。

続きを読む




春におすすめのアロマ|食べるだけじゃもったいない!新しい生姜の活用法

森田 敦子先生

【執筆者】森田 敦子先生

植物療法士、サンルイ・インターナッショナル代表取締役 1992年パリ大学所属の薬学専門校入学、生物化学、植物学、大脳生理学、フィトテラピーを学び、植物療法士資格を取得。1998年サンルイ・インターナ…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

春につきものの不安とストレス、かぜ・花粉症予防などに! 春活躍するしょうが、ラベンダー、ユーカリなどを用いたケア。春の元気の元、八丁みそも紹介。

乾燥させたしょうがで1年のスタートを切る準備を

春の訪れは突然にやってきます。ふと気がつくと梅の花が咲き、桜の花が開き始めます。暖かな日差しを受け、春を迎える喜びを感じるその日は、新たな1年のスタートのように思われます。まずは体の準備が必要です。冬の間の寒さから体を守ってくれた肌や粘膜をいたわって、ケアしてあげましょう。おすすめはしょうがです。

しょうがは薬そのもの。漢方では生薬としてさまざまな処方で用いられ、ヨーロッパでも薬用に使われてきました。しょうがには胃腸の働きを活性化したり、身体を温めて発汗を促す作用があります。かぜのひきはじめに、しょうがの粉末に甜菜(てんさい)糖などを混ぜてしょうが湯をつくったり、紅茶にしょうがの粉末を入れてジンジャー・ティーにしたりするのもそのためです。
しょうがを薄切りにして日陰で乾燥させておくと、何にでも使うことができる万能の家庭薬になり、春はめいっぱい活躍します。お子様にも安心して使えます。

☆しょうが&オレンジの入浴剤

<材料>
乾燥させたしょうが 5g
塩 10g
オレンジの精油 3滴
だし取り用パック 1袋

塩10gにオレンジの精油を3滴落としてよくかき混ぜます。そこへ乾燥させたしょうが5g(数枚)を入れ、材料をすべてだし取り用パックへ入れて入浴剤に。入浴の際にお風呂へ入れます。ふんわりとオレンジ&しょうがの香りに包まれながらリラックス。体がゆっくりと温まります。
お湯の温度を40度くらいに保ち、20分くらいつかっていると、硬くなった肌が柔らかくなります。足のかかとも柔らかくなるので、入浴後にかかと削り棒などを使ってケアするのに最適です。

☆しょうがのうがい

<材料>
乾燥させたしょうが 2~3g
お湯 100cc
塩 少々

コップの中にしょうが2~3gを入れてお湯を入れます。そこへ少々の塩を入れます。かき混ぜて数分置くとよい具合のうがい薬ができ上がり。のどの奥まで流し込みガラガラと2~3回うがいをしましょう。しょうがの抗菌効果で花粉症にもかぜ予防にも効果があります。

細胞再生の季節 春に欠かせない赤みそ

春は細胞が再生する季節です。食べ物では赤みそといわれる八丁みそが欠かせません。日本人にとって、発酵の科学はひとことでいい尽せないほどの自然の宝物です。みそは大豆を麹(こうじ)菌で発酵させて作った食品です。八丁みそは豆みそともいわれ、3年もの長期間熟成させることから、色も濃くてカチンカチンになり、包丁で刻むのも大変なほどです。

その熟成過程で独特の旨みと香りが生まれ、栄養価も高まって体の細胞を賦活させてくれる大切な成分になります。八丁みそは、良質のたんぱく質と脂質、内臓の調子を整えるビタミンB2、鉄、リン酸、カルシウムを含んでいます。ご飯にみそ汁はつきものですが、米に不足しているたんぱく質やビタミンをみそで補えるぴったりの組み合わせです。

また、味噌には毒消しの働きもあるといわれます。みそに含まれる食物繊維や微生物が腸内を掃除して有害物質を体外に出してくれるのです。この効果はごぼうや大根などを一緒に調理するといっそう高まり、疲れた体の回復に役立ちます。
元気が売り物の春は、五穀米とみそ汁から始めましょう。

愛知県に古くから伝わる民間療法にもみそが使われています。たとえば、体にできものや関節の腫れがあるときに、患部にみそを塗り、その上にお灸をすることもあります。

リラックスできる春のアロマテラピー

始まりは楽しみであると同時に、不安とストレスがつきものです。新しいメンバーとのコミュニケーションも緊張がぬぐえませんから、毎日が「あー疲れたー」のくり返し。そんなとき、お風呂上がりに心と体のリラックスマッサージを始めてみましょう。

☆リラックスマッサージオイル

<材料>
スウィートアーモンドオイル 20cc
ラベンダー 5滴
ベルガモット 3滴

さわやかな香りとともに眠りを誘うゆったりとした気分を味わえる簡単ブレンドです。スウィートアーモンドオイルに精油を加え、お風呂上りのマッサージに。疲れてパンパンになったふくらはぎから肩、首へ、そして手と手を合わせてゆっくりと香りを楽しんでください。ラベンダーは切り傷ややけどにも効果があるので、ご家庭に1本用意するとよいでしょう。

春につきものの花粉症に

毎年のことながら、この季節は花粉症に悩まされる方々が多いです。マスクにうがいだけではどうにもならず、注射や薬に頼らなくてはならない人も少なくありません。アロマテラピーも一つの予防として覚えておきましょう。

☆ユーカリとティートリーのうがい液

<材料>
水 100cc
ユーカリ 2滴
ティートリー 2滴

コップに100ccの水を入れ、ユーカリとティートリーを2滴ずつ落とし、よくかき混ぜます。のどの奥までしっかり、ガラガラとうがいをしましょう。家族で毎日のケアにするとよいでしょう。ユーカリもティートリーも非常に強い抗菌力があります。コップ1杯の熱いお湯の中にユーカリとティートリーを落として湯気を吸入するのも大変よい方法です。さわやかなシャボン玉のような香りがします。
朝、マスクについている換えのガーゼにユーカリを1滴落としてみる(使い捨てマスクなら直接1滴落とす)のも優しい方法です。朝の通勤ラッシュの中でもこのさわやかな香りは嫌がられません。どうぞ安心してお試しください。

※この記事は2010年3月に配信された記事です

続きを読む



花粉の飛散はいつまで?ピークは? いますぐできる花粉症対策6つ

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

春に悩まされる花粉によるくしゃみや鼻水。今年の花粉の飛散ピークや、花粉の対策についてまとめました。

花粉の飛散はいつまで?ピークは? いますぐできる花粉症対策6個

スギは3月末から4月上旬、ヒノキは4月中旬まで

くしゃみや鼻水、目のかゆみなど、花粉症の人にとってつらいシーズンの春が到来。街にはマスク姿の人が多数見られるように、別名「季節性アレルギー性鼻炎」は、なんと日本人の4人に1人が罹患しているともいわれています。

環境省によると、今年の花粉は昨年並みまたは、多い傾向。前年と比較して、東北から中国、四国地方にかけて「非常に多く」、例年比では東北と東海地方で「やや多い」、特に青森県では「非常に多い」とされています。2月の上旬に九州や関東地方で花粉の飛散が始まったのを皮切りに、スギ花粉は3月にピークを迎え、3月末から4月上旬が終わり頃。ヒノキ花粉のピークは4月上旬で4月の中頃まで続きます。花粉シーズンもあと少し。今すぐできる花粉対策を取り入れて、できるだけ快適に乗り越えましょう。

いますぐできる花粉症対策

1)喫煙、受動喫煙を避ける

タバコの煙は、鼻の粘膜を刺激し、花粉症を悪化させることに。受動喫煙も粘膜の刺激になるほか、排気ガスなどの刺激に。室内では、空気清浄機を使って空気を清潔に保ちましょう。

2)ストレスを解消する

花粉症は免疫システムの異常によるものですが、その大きな原因がストレス。春は、学校や職場環境がかわることもあり、ストレスを感じやすい時期ですが、カラオケに行くなど、自分なり発散する時間をもうけて溜め込まないようにしましょう。

3)睡眠をたっぷりとる

睡眠不足だと免疫力が低下するので、花粉症が悪化しやすくなります。特に春は季節柄ホルモンバランスを崩しやすい時期。たっぷり睡眠をとり、規則正しい生活を心がけましょう。

4)アルコールはほどほどに

アルコールは血管を拡張させる作用があるので、鼻づまりや目の充血などが起こりやすく。完全にアルコールを避ける必要はありませんが、飲まない方が花粉症対策には◯。

5)アロマオイルを活用

アロマオイルには、鼻づまりを改善したり、免疫力を高めたりする効果があります。なかでも、花粉症対策に有効なアロマがペパーミント、ユーカリ、ティーツリーです。ペパーミントには、清涼感のある香りで鼻の通りをよくする効果が。ユーカリ、ティーツリーは殺菌効果があり、免疫力も高める作用があるそう。マグカップにお湯を入れ、数滴垂らすだけで簡単にアロマが楽しめます。また、お出かけする際には、ハンカチに数滴垂らしたものを持ち歩くと便利です。

6)腸内環境を整える

花粉症などのアレルギー症状は、体の免疫システムが異常になっている状態。免疫システムの70%は腸にあり、それに影響を与えているのが腸内細菌です。善玉菌が免疫システムをサポートすることがわかっているため、腸内環境を整えておくのが大切です。その代表的な食材がヨーグルト。菌のなかでもビフィズス菌の一種、BB536の花粉症改善効果が期待されているそう。また、便秘の人は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよくとって、快便習慣をつけて。

続きを読む



毎日つけるなら自分用に調整できる「手作りマスク」が便利でエコ!

(編集・制作 gooヘルスケア)文/亀井満月

かぜ予防や花粉症対策にと重宝するマスク。この時期は手放せないという人も多いのではないでしょうか。

市販のマスクも様々なタイプがあり、ウイルスや花粉だけでなく、PM2.5の侵入を考慮したものなど機能性の高いタイプが出回っています。また、サイズも大・小だけでなく女性向けにサイズを調整、メイクに影響がでないよう快適性を追求したものと用途によって選択肢が随分と広がりました。

一方で、エコやファッション性の観点から注目されているのが「ハンドメイドマスク」。お気に入りの布でつくったオリジナル作品がInstagramで話題を集めています。

キャラものから大人向けのレースまで「ハンドメイドマスク」が人気

市販のマスクは機能性は高いものの、長時間装着していると耳が痛くなる、微妙にサイズが合わないなど調整がきかないケースも。つけ心地を追求できるのもハンドメイドならではです。

子ども用にはかわいいキャラクタープリント。マスクを嫌がるお子さんも喜んでつけてくれそうですね。

肌触りの良いやわらかいガーゼ素材に、太めのゴム紐でしっかりホールド。

こちらは大人向けの清楚系マスク。レースの柄が上品でハンカチを持つようにマスクも携帯。

新学期のスタートに向けて給食用のマスクを親子で一緒に手作りしても楽しそうです。

こちらはミニリボンをアクセントに。
自分だけのアレンジができるところもハンドメイドの魅力。

YyYyYさん(@akaoni.aooni.27)がシェアした投稿

gooヘルスケア「PM2.5から体を守る-マスクはした方が良い? 対策法など」によれば、マスクを着用する際の注意点として、「医療用や産業用の高性能な防じんマスクには微粒子の吸入を減らす効果があるが、顔の大きさに合ったものを空気が漏れないように着用する必要がある」と、まずは顔にフィットさせることが大切だとしています。

飛沫感染を防ぐ「レスピラトリー・エチケット」

くしゃみや咳などで感染する飛沫感染。特にインフルエンザなどのウイルス性の疾患の場合にはマスクをして感染拡大を最小限にとどめたいもの。そこで徹底したいのが「レスピラトリー・エチケット」。

レスピラトリーとは「呼吸器の」という意味で、熱やせき、くしゃみなどの症状を周囲に映さないようにするためのエチケットを指します。その一つの手段がマスクの着用です。
咳やくしゃみの影響範囲は3〜5メートルといわれるほど影響は大きく、マスクをすることによって飛沫の拡散を最小限に抑制することができます。
医療用のマスクなど機能性の高いマスクが理想ではあるものの、市販のマスクでも抑止効果があるとのこと。

(出典:gooヘルスケア「健康用語の解説 レスピラトリー・エチケット」より)

長時間の装着で耳が痛い、不織布が肌に合わない……など直接肌に触れるものですから、下着を選ぶように肌触りはとことん追求したいもの。繰り返し洗えて衛生的かつ経済的なハンドメイドマスク。かぜなどの予防から睡眠時の乾燥対策にとかなり重宝するアイテムになりそうです。

続きを読む



  1. 1
    野菜ジュースは飲んでも意味がない? 野菜ジュースでとれる栄養とは
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2
    批判されても挫けない!『心が折れない』強いメンタルの作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3
    足がむくむ、足がダルい…女性に多い『下肢静脈瘤』かも? 原因と症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 4
    脳は疲れない? 酷使することで能力を高める方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  5. 5 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  6. 6
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  7. 7
    腸内環境の改善で”性格”まで変わる?!心の安定を得るための方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 腸内…
  8. 8
    あの人うつ病かも? うつを見分ける症状のポイント|接し方のヒント
    【執筆】住本吉章カウンセラー 誰でもが陥りやすいうつ状態 …
  9. 9 ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    環境の変化にストレスを感じる人と感じない人がいる 日々、暖かくなって…
  10. 10
    【医師が教える】夏まで90日!リバウンドなしダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  11. 11
    体はストレスや疲労のサインを出している―年度替わりのストレス対策
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 3~…
  12. 12
    【足のむくみを解消するストレッチ】座ったまま、仕事の合間でOK!
    (編集・制作 (株)法研) デスクワーク中でも座ったままできる運動で…
  13. 13
    女性に多い『痔』原因と症状|こんな人は要注意!痔になりやすい7つの習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 男性…
  14. 14
    寝起きスッキリ! 朝すぐに起きられる人になる11個の方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 早朝…
  15. 15
    怒りの対処法「アンガーマネジメント」で人間関係を円滑に
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  16. 16 痩せたい人が食べるべき食材|“脂肪を燃やす栄養素”の最新情報
    痩せたい人が食べるべき食材|“脂肪を燃やす栄養素”の最新情報
    知らなきゃ損! 微量でも体内で大きな力を発揮する。 微量栄養素が欠乏…
  17. 17 仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  18. 18 ポッコリお腹がへこむ!道具いらずのお腹ヤセ体操
    ポッコリお腹がへこむ!道具いらずのお腹ヤセ体操
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 北海…
  19. 19
    ネガティブな考えにオサラバ、考え方のクセをつかみ改善する7つの方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ネガ…
  20. 20
    家庭でできる食中毒予防|心がけて欲しい8つのポイント
    (編集・制作 (株)法研) 「わが家では起こるわけがない」と思ってい…

一覧