海外セレブもハマってる 「カッピング」って何がいいの?

なかなか解消しないコリや不調……もしかして、老廃物が溜まったドロドロ血のせいかもしれません。古代エジプトやギリシャ、中国などでは「汚れた血液=万病の元」と考えられ、汚れた血液を浄化する療法が開発されました。それが「カッピング」(吸い玉)です。ピラミッドの壁画にも描かれているこの伝統療法が最近注目されるようになったのは、海外セレブがきっかけだといわれています。

レディ・ガガも……”背中にカッピングの跡”がステイタス?

カッピングとは、ガラスの器具を肌につけて吸引し、血行を促進する方法。竹の筒や陶器で行う場合もあります。カッピングをするとピンク~紫色の跡がつき、その色合いや濃さによってカッピングした部分の状態がわかるといわれています。
この跡はすぐに消える場合もあれば、しばらく残ることもあります。日本ではちょっと考えられませんが、レディ・ガガ、ビクトリア・ベッカム、グウィネス・パルトロー、そして47歳で「世界で最も美しい女性」に選ばれたジェニファー・アニストンといった海外セレブは、背中にカッピングの跡がついたまま、堂々と背中のあいたドレス姿を披露しているのです。

毛細血管に溜まったドロドロの血液を引き上げ、血流をアップ

背中に跡をつけてまで、セレブたちがハマるカッピングには、どのような効果があるのでしょうか。

コリや不調がある時は、毛細血管に汚れた血が溜まって、新しい血液が通りにくい状態、つまり血流が悪くなっていると考えられます。

海外セレブもハマってる 「カッピング」って何がいいの?

カッピングをすると、毛細血管に溜まったドロドロの血液が皮膚表面近くに移動し、新しい血液が流れ込むようになります。血流がよくなることにより、体のバランスが整って、コリや不調が解消するのです。

海外セレブもハマってる 「カッピング」って何がいいの?

肩や首などコリのあるところにカッピングすれば、コリの解消に。また、体の悩みに対応したツボにカッピングをすれば、不眠や疲労、慢性便秘、全身の冷えなど、さまざまな不調に対しても効果が得られます。

アスカ鍼灸治療院院長の福辻鋭記先生によると、「血流をアップして体のバランスを整えるカッピングは、鍼を打つのと同じ原理。ツボ1点に打つ鍼より広範囲に刺激を与えられるので、簡単かつ効果的です」。とのこと。

カッピングは治療院などで受けられるほか、シリコン製のカッピングなどを使って自分で行うこともできます。体が資本のセレブたちを見習って、血流アップ美人になりませんか?

もっと詳しく知りたい

からだにいいことweb「血流UPカッピング」を動画で検証
カッピング付録付き!『からだにいいこと』2016年7月号を購入

karakoto201607