健康と美のパーソナルアドバイザー 知って得する“相談薬局”の底力

監修:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

相談薬局は病院に行くかどうか迷ったときも頼りになるアドバイザー。
不調の時、病院に行く前に利用して、地域に根付いた相談薬局をかかりつけの健康パートナーにしましょう。

健康と美のパーソナルアドバイザー 知って得する“相談薬局”の底力

実は身近にいた、健康のスペシャリスト

体が不調になった時、あなたはいつもどのように対処していますか?病院を予約して医師の診察を受けたり、忙しければドラッグストアに立ち寄って薬を買ったりする、と多くの人が答えるかもしれません。しかし、その選択肢に加えるのをお勧めしたい場所があります。それは、地域に根付き、気軽に相談できる薬局です。相談薬局と呼ばれ、中には、3代、4代と続いているところもあります。

薬局ならドラッグストアでも同じじゃないか、と思われるかもしれません。確かに、お薬を売っているという点では同じですが、商品の種類やサービス内容には違いがあります。

薬局と一口にいっても、実はいくつかの種類に分かれています。利用する側からの目線に立つと、まず、街中でよく見かける調剤薬局があります。病院のそばにあり、処方箋を持って行くと、医師が処方した医療用の医薬品を調剤してくれるところです。クリニックの隣で開設していたり、大きな病院の前で何軒も連なって営業したりしていることもあります。

そして、量販店も数多く存在します。皆さんがよくご存知のドラッグストアもこれに含まれます。薬剤師が勤務していて調剤の機能を持つこともありますが、量販店として医薬品以外の雑貨や食品なども陳列しています。消費者側にとっては、相談せずに商品を購入することも多い場所です。

一方で、相談薬局は、ドラックストアが世の中に普及する前から存在していた、主に個人経営の店舗です。ドラッグストアとの大きな違いは、薬剤師や登録販売者(医薬品販売の専門家)がお薬を選ぶ手助けをする関わりの度合いが強いことです。

チェーンの調剤薬局やドラッグストアと違い、スタッフの入れ替わりも少なく、地域に根付いて1人ひとりに合わせた健康サポートができるという強みがあります。そうした相談薬局と行きつけの関係を作れば、あなただけのパーソナルアドバイザーを持つことができるのです。

健康について、気軽に相談できる場所

体調不良になった時、病院に行くべきかの判断は意外と厄介です。具合が本格的に悪い時は、病院に行こうと即決できますが、ちょっと悪いぐらいだと迷います。そのような時に、薬局に相談するとアドバイスをもらうことができます。病院の隣の調剤薬局やドラッグストアでもアドバイスはしてもらえるでしょう。ただし、行きつけの相談薬局をもっておくと、これまでの病歴や普段の健康状態・生活習慣を深く理解していますので、より適切な判断が期待できます。

例えば、私が薬剤師の母と共に経営している薬局は、祖父の代から約60年にわたり地域の皆様の健康をサポートしてきました。世代を超えてお付き合いしているご家族も多く、場合によっては薬を売らずに医師の診察を受けるようお伝えすることもあります。また、顔なじみのお客様から時間外にお電話をいただいて対応するなど、長年顔の見えるお付き合いをしているからこそできる良い点があります。

2016年4月、診療報酬改定によって調剤に関しては「かかりつけ薬剤師指導料」という項目が新設され、「かかりつけ薬剤師制度」が正式にスタートしていますが、私たち相談薬局は、そのような役割を以前から積極的に担ってきた存在と言えます。

また、こうした相談薬局では、健康食品をおすすめすることもあります。健康を維持したり、美しさを保ったりするために、健康食品を摂っている人は昨今少なくありません。そうした健康食品選びにもこれまでの体調を知った上でのアドバイスは有効ですし、現在服用している薬がある場合は、それを考慮することも大切です。薬局では一般的に手に入るものより質の高い商品を取り扱っていることも多いですから、それらを相談しながら選べることも魅力ではないでしょうか。お肌にやさしい化粧品を取り扱っている店舗も少なくないので、肌トラブルでお悩みの方は相談されるとよいかもしれません。

地域の薬局は頼れる存在です

相談薬局はかつて、その地域に欠かせない健康・生活の気軽な相談所でした。何か困り事があれば、「まずは、薬局に行って聞いてこよう」というふうに地域の方々に日常的に利用してもらっていたのです。皆さんも、健康についてはもちろん、こうした多様な相談のできる場所として、薬局をとらえなおしてみるのはいかがでしょうか。特に女性は、妊娠、出産と様々な体の変化を経験しますし、家族の体調管理も担うケースが多いです。気の置けない薬局を近所に見つけ、心身ともに健康で美しく過ごしていただけたらと思います。

まずは近所の相談薬局を気軽に覗いてみませんか。ちょっと敷居が高いかもしれませんが、女性が利用しやすいように取り組んでいる店舗も増えています。例えば私も、特に若い女性の方に情報を活用していただければと、当店で取り扱っている漢方薬・健康食品・健康雑貨をフル活用して自らダイエットを行い、その様子をブログで公開するなど、親しみやすい雰囲気づくりを実践しています。

また、長年にわたり地域を支えてきた約900軒の薬局や薬店(調剤機能のない店舗)が集まった「薬のグリーン会」は、「相談できる くすりやの文化を つなごう」をスローガンに活動しています。中部地区を中心に展開し、会員名簿をネットで公開していますので、ぜひ薬局・薬店選びの参考になさってください。

(編集・制作 益田美樹)

【執筆】
ファーマシー大学堂 前田真理子

■ファーマシー大学堂
1956年創業の名古屋市中村区にある相談薬局。自然治癒力の向上を基本に、丁寧なカウンセリングで漢方薬や高品質な健康食品・健康雑貨を提供。健康と美を総合的にケアするために、自然派化粧品の無料エステも実施しています。2015年には、オンラインショップ【健康と美のDAIGAKUDO】http://daigakudonet.com/ をオープン。日・英・仏の3カ国語対応や、音楽と健康の関係に着目したティータイムコンサートなど、常に新しい取り組みを通じて、お客様の健やかな毎日をサポートしています。




かぜのひきはじめに市販の薬は効くの? 初期のかぜに本当に有効な対策4つ

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

身の回りで一番身近な病気といえば、かぜ。「ひいたかな?」と思ったら早めの対策が重症化を防ぐコツです。かぜをひいた時の対策をご紹介します。

かぜのひきはじめに市販の薬は効くの? 初期のかぜに本当に有効な対策4つ

ほとんどのかぜがウイルスや細菌によるもの

気温が下がり始めると、とたんに流行り出すのがかぜ。街には、マスクをしている人の姿も増えてきました。実は、「かぜ」は通称で、正確な名前は「かぜ症候群」。かぜは、せきやくしゃみなどからうつる感染症です。ウイルス性と細菌性に分けられ、かぜをひきおこすウイルスや細菌は、なんと250種類以上。ほとんどのかぜがウイルスまたは細菌によるものなのです。

寒くなるとかぜが流行るのはなぜ?

冬場にかぜが流行るのは、低い気温と乾燥した空気をウイルスや細菌が好むから。かぜが治っても、またすぐかぜをひいたりするのは、ウイルスや細菌の種類が多いことも理由のひとつです。感染したウイルスや細菌により、喉の痛み、下痢など症状が異なります。

市販薬を飲んで3日経っても治らなければ病院へ

市販のかぜ薬は、ウイルスや細菌に効く薬ではなく、かぜの諸症状を緩和する薬。熱を下げたり、喉の痛みを抑えたりすることで、体を回復させるために必要な食事や睡眠をとりやすくする作用があります。ただし、こうした薬はかぜの根本治療にはなりません。ウイルスや細菌の数が多かったり、合併症を起こす場合もあるので、3日たっても治る気配がなかったら病院を受診しましょう。

初期のかぜに有効な対策

初期のかぜには市販薬のほか、下記のような対策が有効とされています。

1、部屋を暖め、加湿する

かぜをひき、体を休める時は、部屋を暖かくし、できれば加湿も行いましょう。細菌やウイルスが繁殖しにくい環境を作ります。のどの潤いも保たれるので、かぜのひき始めはもちろん、予防にも効果的です。

2、水分をとる

高熱が出ると汗をたくさんかき、脱水症状に陥る場合も。自宅で療養する場合には、水分をたっぷりとりましょう。糖分と塩分も補給できるスポーツドリングを飲むのもおすすめです。

3、マスクをする

療養するとき、マスクをするのも手。もともとは外から入ってくるウイルスや細菌を防ぐものですが、同時に口の中の温度を上げて、ウイルスや細菌を繁殖しにくくさせる効果も。不織布のマスクを使い、鼻と口をおおいながら、顔とマスクの間に隙間ができないようにしましょう。

4、消化のよいものを食べる

かぜを治すためにも栄養は必要です。かぜの時は、胃腸も弱っているので消化がよく、体の温まるものを少量摂るようにしましょう。にゅうめんやスープ、おかゆなどがおすすめです。

お風呂は適温で短時間なら入ってもよい

ちなみに、かぜをひいていてもお風呂に入ってOKです。昔は、お風呂場と部屋が遠く、温まっても移動中に体が冷えてしまうために、「かぜをひいたらお風呂に入らないように」と言われるようになったのではと考えられます。確かに、高熱で少し動くのもつらい時は、無理に入浴する必要はありません。かぜの初期で熱が高くない時や、熱が下がって体力に余裕ができてきたら、お風呂に入ってもOKです。脱衣所も温かくして、入浴後は体を冷やさないように注意しましょう。また、熱すぎる湯や長風呂は体力を奪うので、適温のお湯に短時間入るようにしてください。

続きを読む




解熱剤が必要なのはどんな時? 飲まなくてもいい場合とは

【お話を伺った人】澤田めぐみ(さわだ・めぐみ)先生

内科医。東京医科歯科大学医学部卒。「医学を学ぶのは医師を目指す人たちだけ」という現状に疑問を抱き、「賢い医療消費者を育てたい」という思いから、2011年に日本で唯一の小中学生を対象とした医学教室「とう…

もっとみる

熱が出る仕組みを知れば、あわてて解熱剤を飲む必要はなし。体が熱を発する原因や、体温が上昇・低下する仕組みを解説いたします。

解熱剤が必要なのはどんな時? 飲まなくてもいい場合とは

熱は体の防御反応。辛くなければ解熱剤は必要ありません

熱が出た時、その症状を弱めるために使われるのが解熱剤です。ただ、感染症で熱が出るのは、生体の防御反応でもあります。少しの発熱で体が辛くないのであれば解熱剤は必要ないでしょう。

風邪の発熱はウイルスによるもの。こういったウイルスは体温が低い状態の時のほうが繁殖しやすいため、人は体温を上げることで体を守ろうとします。風邪の時はウイルスに対して白血球が反応しサイトカインを作るため熱が出ます。ウイルスは低温の方が繁殖しやすいので、体温が上がると増殖が抑制されます。また、体温が上がることで白血球の働きも高まります。つまり体は熱を出すことで風邪を治そうと頑張っているのです。

また、風邪をひいた時に、ぞくぞくするのは、筋肉を震えさせて熱を作るため。これはまだ熱が上がるサインです。高熱で体力の消耗が激しい時には解熱剤も必要ですが、熱だけ下がっても病気が治るわけではありません。やみくもに解熱剤を飲むのではなく、ゆっくり体を休めることも大切です。

脳が指令を出し、血液の量やホルモンで体温をコントロール

体温は自分でコントロールすることができません。それではどのような仕組みで上がったり下がったりするのでしょうか。
発熱の原因となる発熱物質には、細菌の菌体成分などの外因性発熱物質と、ヒトの体の中で作られる内因性発熱物質があります。発熱物質は脳室周辺の細胞に働きかけてプロスタグランジンE2の産生を促し、サイクリックAMPという情報伝達物質を介して体温調節中枢に作用し、発熱を起こします。

体温調節の中枢は脳の視床下部です。体温が上がり過ぎると、その情報が視床下部に伝えられ、自律神経の働きで皮膚の血管を広げて体表から熱を逃したり、発汗を促して気化熱で体温を下げたりします。
逆に体温が下がると、皮膚の血管は収縮して体の表面近くを流れる血液量が減り、熱が失われないように働きます。寒い時に震えるのも筋肉で熱を産生するためです。さらに寒さが続くと、甲状腺ホルモンや副腎髄質ホルモンの分泌が増し、代謝を高めて熱の産生を増やします。

意外と知らない自分の平熱。体調のよいときに計測しておいて

体温は1日の中で変動があり、年齢によっても変化します。1日の中では、午前2~4時頃に最低、午後2~6時頃に最高になります。年齢では、乳幼児は高めで、高齢になるほど低下。女性は、生理周期によっても体温が変化します。若い頃の平熱は現在とは違っている場合があるので、体調のよい時の平熱を計っておきましょう。具合が悪い時に比較しやすくなるので、健康管理に役立ちます。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

続きを読む




薬は緑茶で飲んでも大丈夫? やっちゃいけない薬との飲み合わせは?

【お話を伺った人】澤田めぐみ(さわだ・めぐみ)先生

内科医。東京医科歯科大学医学部卒。「医学を学ぶのは医師を目指す人たちだけ」という現状に疑問を抱き、「賢い医療消費者を育てたい」という思いから、2011年に日本で唯一の小中学生を対象とした医学教室「とう…

もっとみる

薬と食品の飲み合わせには注意が必要なものがあります。特定の飲み物と一緒に飲むと、効果が弱くなったり強くなったり副作用を引き起こすものもあるので注意しましょう。

薬は緑茶で飲んでも大丈夫? やっちゃいけない薬との飲み合わせは?

薬を液体と一緒に飲むのは粘膜の保護のため

そもそも、飲み薬はなぜ、そのまま単独で飲んではいけないのでしょうか。それは、薬が食道などの粘膜にくっついて炎症を起こすのを避けるためです。水なしで飲めるOD錠(口腔内崩壊錠)もありますが、通常の薬を飲む時は、十分な量の水や白湯と一緒に飲むのが基本です。どうしても水が手元にない時などは、他の液体と一緒に飲まざるを得ない場合もあるかもしれませんが、薬によっては一緒に飲むと、効果に影響を及ぼすものがあるので注意が必要です。

お茶で薬を飲んでも問題はない

「薬をお茶で飲むのはダメでしょう? 小さい頃、親に注意されたことがあるけど」と言う人もいるのではないでしょうか。確かに昔から、お茶と一緒に薬を飲むのは避けた方がよいと言われてきました。これは鉄欠乏性貧血の治療で用いられる鉄剤が、お茶のタンニンと結びつくと腸で吸収されにくくなるためです。しかし、治療に用いる鉄剤の量はとても多いことや、貧血の状態では鉄の吸収が高まっていることから、最近ではお茶と鉄剤を一緒にとっても、鉄剤の吸収にはほとんど影響がないことがわかってきました。

ジュースと一緒に飲んではいけない薬もある

では、もしも薬をジュースで飲んだらどうでしょうか。ジュースで注意が必要なのはグレープフルーツジュースです。降圧剤のカルシウム拮抗剤やコレステロールを下げる薬、不整脈の薬などの中には、グレープフルーツと一緒に摂ると効果が強くなってしまうものがあります。これは、グレープフルーツの成分が肝臓や消化管で薬の分解に働く酵素に影響して、薬の血中濃度を上げてしまうためです。グレープフルーツジュースについても同じで、場合によっては重大な副作用を引き起こす危険性もあります。

腸で溶ける薬は牛乳と一緒に飲まない

それでは、薬を牛乳で飲むのはどうでしょうか。一見、牛乳が胃を保護してくれて良さそうに思えますが、薬には腸で溶けるタイプのものがあり、こうした薬と牛乳とは相性が良くありません。牛乳が胃の中の酸性を中和してしまうため、酸性の胃では溶けずに腸で溶け出す予定の成分が、胃で溶けてしまったりするためです。

薬と絶対に一緒に飲んではいけないのはアルコール

また、ビールなどアルコールと一緒に薬を飲むのは絶対にやめましょう。薬もアルコールも肝臓で分解されますが、薬とアルコールを一緒に飲むと、肝臓の酵素がアルコールの解毒に使われて、薬の分解にまで回らず、その結果、薬の血中濃度が高くなってしまうことがあるからです。アルコールと薬を一緒に飲むだけでなく、お酒を飲んだ後で食後の薬を飲むことも、同じ理由から避けましょう。

飲み合わせによるトラブルを避けるためにも、飲み続けている薬がある人は、自分が飲んでいる薬の作用や特徴について、主治医の先生や薬剤師さんに確認しておきましょう。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

【参考】
『医師に聞けないあんな疑問 医師が解きたいこんな誤解』

続きを読む



漢方薬にもある副作用-薬の副作用が起きるしくみについて

【お話を伺った人】澤田めぐみ(さわだ・めぐみ)先生

内科医。東京医科歯科大学医学部卒。「医学を学ぶのは医師を目指す人たちだけ」という現状に疑問を抱き、「賢い医療消費者を育てたい」という思いから、2011年に日本で唯一の小中学生を対象とした医学教室「とう…

もっとみる

漢方薬は副作用がないから安心ってホント?

副作用がゼロの薬はない、漢方薬も例外ではないことを知って。
薬本来の目的以外の好ましくない働きが副作用。副作用が起こる仕組みと、起きた場合の対処法について解説します。

漢方薬だからといって、副作用がゼロではない

病気を治したり、症状を軽くするために役に立つ薬。こうした薬本来の目的に合った働きのことを「主作用」、本来の目的以外の好ましくない働きのことを「副作用」といいます。
副作用は誰しも避けたいと思うもの。漢方薬には副作用がないと思っている人も多いようですが、漢方薬だからといって副作用がゼロというわけではありません。
例えば、薬の副作用によって肝機能が障害される「薬剤性肝障害(薬物性肝障害)」では、健康食品や漢方薬が原因のものが2割近くを占めていたというデータもあります。

患者さん側の要因は、アレルギーや肝臓・腎臓の機能低下など

副作用が起こる原因には、薬を使う人、つまり患者さん側の要因である場合と、薬自体の性質による場合があります。
患者さん側の要因としては、アレルギーなどの体質や年齢などのほか、薬を分解・排泄する肝臓や腎臓の機能低下のため、薬が効きすぎて副作用が起こることもあります。薬を使った後に気になる変化が見られたら、すぐ主治医に報告しましょう。薬をすぐやめなくてはならない場合もありますし、副作用とは全く関係のない場合もありますので、自己判断は禁物です。薬の名前と副作用を忘れずに記録しておきましょう。

薬自体の性質による副作用は、薬の目的次第で主作用にもなる

では、薬自体の性質による副作用とはどのようなものでしょうか。
例えば、アスピリンなどの消炎鎮痛剤は、痛みや発熱の原因になるプロスタグランジンという物質の生成をブロックすることにより、痛みを抑えて熱を下げます。しかし、プロスタグランジンの仲間には、止血作用に関係する物質や、胃粘液の分泌を促して胃を守る物質もあるため、アスピリンによって出血傾向や胃潰瘍といった副作用が現れることがあるのです。その半面、止血作用を妨げる働きを期待して、血栓予防にアスピリンが使われる場合もあります。このように、薬の性質が目的としたところで発揮されれば主作用に、望まないところで出れば副作用になるのです。

他の薬との飲み合わせによる副作用にも注意

他の薬との飲み合わせや、一緒にとる食品との組み合わせに影響を受け、薬の効き目に変化が起きる場合もあります。この影響を相互作用といい、薬の効き目が強くなりすぎて副作用が出やすくなったり、反対に薬の効き目が弱くなることもあります。
他の病院で処方された薬を服用している場合や、市販薬や健康食品などを利用している場合は、必ず医師や薬剤師に伝えましょう。
医薬品には、使用上の注意などを記した添付文書の作成と添付が法律で義務付けられており、同時に使ってはいけない薬についても明記されています。添付文書は医薬品医療機器総合機構(PMDA)の公式サイトなどでも閲覧することができます。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

【参考】
『医師に聞けないあんな疑問 医師が解きたいこんな誤解』

続きを読む



風邪には抗生物質は効かない? 細菌とウイルスの違いがポイント

【お話を伺った人】澤田めぐみ(さわだ・めぐみ)先生

内科医。東京医科歯科大学医学部卒。「医学を学ぶのは医師を目指す人たちだけ」という現状に疑問を抱き、「賢い医療消費者を育てたい」という思いから、2011年に日本で唯一の小中学生を対象とした医学教室「とう…

もっとみる

0316_300

抗生物質が効くのは細菌だけ

「風邪をひいたから病院に行って抗生剤をもらって早く治そう」と思って病院に行ったのに、抗生物質は処方されなかった……こんな経験はありませんか?
風邪には基本的に抗生物質は不要です。その理由を知るには、細菌とウイルスの違いを知っておく必要があります。

風邪などの感染症の原因となる主な病原体は「細菌」と「ウイルス」ですが、この2つの違いの一つは「細胞でできているかどうか」です。細菌は細胞からできていますが、ウイルスはDNAやRNAといった核酸を蛋白質の殻が包んだ構造をしていて、細胞ではありません。細菌は、人の体と同様、細胞でできていますが、細菌や植物には人などの動物細胞にはない「細胞壁」という構造があります。ペニシリンのような抗生物質は、細菌の細胞にある「細胞壁」を作るのに必要な酵素をブロックすることで、人の細胞には影響を与えることなく細菌の増殖を抑えることができるのです。一方、そもそも細胞ではないウイルスには、抗生物質は効果がありません。

風邪は原因が一つではない「症候群」。さまざまな合併症も

風邪は正式には「かぜ症候群」と呼ばれ、鼻や喉といった上気道に急性の炎症がおこる病気の総称です、発熱など全身の症状が見られたり、気管支などの下気道に多少の炎症が及ぶこともありますが、通常は数日で自然に治っていきます。風邪の80~90%はウイルスが原因といわれますが、そのウイルスも多くの種類があり、一部の細菌やマイコプラズマも原因となります。

また、かぜ症候群には合併症が起こることがあります。耳の痛みや耳だれが出てきた場合は中耳炎、黄色っぽい鼻水が長く続いたり顔面や頭の痛みがある時は副鼻腔炎、喉の痛みがひどい時は扁桃周囲膿瘍、黄色い痰が出たり咳が強い時は肺炎など、さまざまな合併症が考えられます。こうした合併症の中には、抗生物質が有効なものもあります。

そのため、医師は風邪症状の患者さんを診察する際には、特定の病原体によるものを区別し、合併症がないか、風邪以外の病気ではないかといった点に、常に気を配って診療を行っています。その結果、風邪で受診した患者さんに抗生物質を処方することもあれば、抗生物質を処方しない場合もあるのです。

患者さんは「風邪」と決めつけずに症状を正確に伝えることが大切

ほかにもインフルエンザやヘルパンギーナ、プール熱(咽頭結膜熱・アデノウイルス感染症)も一般的な風邪と似た症状を起こします。溶連菌感染症は子どもに多い病気ですが大人も感染することがあり、溶血連鎖球菌という細菌によるものなので抗生物質が有効です。
熱が出た,咳が出る,といっただけでは,風邪とは限りません.場合によっては心臓の病気など全く別の重要な病気が隠れていることもあるのです。正しく診断・治療を行うためにも、大切なのは患者さんが自分で「風邪」と決めつけてしまわないこと。いつからどのような症状があるかを、正確に医師に伝えるようにしましょう。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

【参考】
医師に聞けないあんな疑問 医師が解きたいこんな誤解

続きを読む



  1. 1
    女性に多い『痔』原因と症状|こんな人は要注意!痔になりやすい7つの習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 男性…
  2. 2
    体はストレスや疲労のサインを出している―年度替わりのストレス対策
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 3~…
  3. 3
    野菜ジュースは飲んでも意味がない? 野菜ジュースでとれる栄養とは
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 4
    批判されても挫けない!『心が折れない』強いメンタルの作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  5. 5
    足がむくむ、足がダルい…女性に多い『下肢静脈瘤』かも? 原因と症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  6. 6 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  7. 7 ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    環境の変化にストレスを感じる人と感じない人がいる 日々、暖かくなって…
  8. 8
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  9. 9 仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  10. 10
    寝起きスッキリ! 朝すぐに起きられる人になる11個の方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 早朝…
  11. 11
    【医師が教える】夏まで90日!リバウンドなしダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  12. 12 うまくいかない人間関係の原因は親への葛藤や感情にあるかも?
    うまくいかない人間関係の原因は親への葛藤や感情にあるかも?
    心理学用語―転移とは? 臨床心理学の用語に、『転移』という用…
  13. 13
    怒りの対処法「アンガーマネジメント」で人間関係を円滑に
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14 ポッコリお腹がへこむ!道具いらずのお腹ヤセ体操
    ポッコリお腹がへこむ!道具いらずのお腹ヤセ体操
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 北海…
  15. 15
    あの人うつ病かも? うつを見分ける症状のポイント|接し方のヒント
    【執筆】住本吉章カウンセラー 誰でもが陥りやすいうつ状態 …
  16. 16
    ネガティブな考えにオサラバ、考え方のクセをつかみ改善する7つの方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ネガ…
  17. 17
    ひとりぼっち…誰もわかってくれない…と感じたらー不安の応急手当
    【執筆】石野朝子カウンセラー 「こころのひとりぼっち感」を抱えて…
  18. 18
    脳は疲れない? 酷使することで能力を高める方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19 疲れをためない体になる! おすすめの新習慣7つ
    疲れをためない体になる! おすすめの新習慣7つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  20. 20
    春の眠気を吹き飛ばす!眠くなった時に集中力を取り戻す5つの方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ぽか…

一覧