デコルテを綺麗にみせたいなら『鎖骨ほぐし』の筋膜ストレッチがおすすめ

【お話を伺った人】大久保圭祐(おおくぼけいすけ)さん

米国Rolf Institute®を卒業し、世界三大ボディワークのロルフィング®を修得する。各種メディアにてボディメークや店舗メニューの監修、セミナー講師、コラムの執筆など幅広く活躍中。著書に『筋膜ボ…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

女性の美にとって重要なデコルテの美しさは、鎖骨がカギ。鎖骨まわりの筋膜は緊張しやすいので、ストレッチによってほぐせば、見た目もスッキリ!さらに、動きが滑らかになり所作もきれいになります。

デコルテを綺麗にみせたいなら『鎖骨ほぐし』の筋膜ストレッチがおすすめ

「素肌のアクセサリー」といわれる鎖骨は女性らしさのポイント

どんなゴージャスなネックレスもかなわない「素肌のアクセサリー」といわれる「鎖骨」。美しい鎖骨は女性らしさをぐっと引き立ててくれます。鎖骨の美しさを願わない女性はいないのではないでしょうか。

見た目だけでなく、鎖骨は腕部と体幹部の動きをつなげる役割をしている大切なパーツです。また、鎖骨まわりにはリンパ液の最終的な出口が集中していて、それが滞ると老廃物の除去がスムーズにいかず、むくみなどにつながります。

スムーズに動く鎖骨が「いい鎖骨」

あなたの鎖骨はよく動く鎖骨でしょうか。まずは一方の手で自分の鎖骨に触れて、そのまま触れられている側の腕を内側と外側に何度かねじってみてください。腕の動きと連動してわずかに鎖骨が動くのが感じられるはずです。
次に肩を前後、上下に動かしてみましょう。肩の動きに連動して、鎖骨も前後、上下に動きます。この動きを頭で理解した上で、改めて前後、上下に鎖骨を10回ずつぐらい、ゆっくりと大きく動かしてください。これだけでも最初にチェックした鎖骨の動きよりも数段、動きが滑らかになっているはずです。

筋膜リリースでなめらかに動く鎖骨を手に入れる

前後、上下という鎖骨の動きを生み出しているのは、鎖骨まわりにある筋肉です。ただ、鎖骨まわりには小さな筋肉がいくつもの層になっているため、筋肉の表面にある筋膜が癒着しやすいのです。また、現代はパソコンやスマホなど、手指を使うことが多いので、腕とつながっている鎖骨まわりの筋膜は緊張しやすく、カチカチの状態になっています。これをほぐせば、さらに鎖骨の動きが改善されてなめらかになります。

やり方は、自分の指先で鎖骨をしっかりと押さえたまま、ヒジを回します。鎖骨まわりの筋肉が縮んでいたり、筋膜が緊張していると、押さえている指が押し返されますが、それに負けずにしっかりと指先に圧を加えながらヒジを動かすうちに、動きがなめらかになります。

回しにくかったり、指先に力が必要だったりする人は、カチカチ鎖骨の証拠。気づくことで意識的に鎖骨をゆるませることができます。鎖骨まわりのコリが改善すると、体液循環がよくなり、老廃物の除去がスムーズになるのでデコルテラインがスッキリ。また、腕と体幹の連動が活性化されるので、所作がキレイになるというメリットもあります。座ったままできる、鎖骨まわりの筋膜リリースをぜひ習慣にしてください。

【参考】
『筋膜ボディセラピー』




背中の肉がつまめるのは太っている証拠?スッキリ後姿の作り方

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

気づかないうちに脂肪がついている背中。この脂肪をとるにはどうしたら? 背中に脂肪がつく原因と、スッキリ後ろ姿の作り方をご紹介します。

背中の肉がつまめるのは太っている証拠?スッキリ後姿の作り方

正面は若作りしても後ろ姿が老け見えに!?

自分では見えないから放っておきがちだけれど、他人からはしっかり見られている背中のぜい肉…。正面はがんばって若作りしても、背中に脂肪がついているだけで後ろ姿がぐんと老けて見えるということも。そんな、自分では気づきにくい背中の脂肪がつく原因と、スッキリした後ろ姿を作るコツをご紹介します。

背中の肉がつまめるようになる理由

○ 姿勢が悪い

つねに猫背でいると、背中の姿勢を保つ筋肉が使われません。すると、使われない筋肉が衰え、姿勢を保つのが大変に。さらに姿勢が悪くなるという悪循環に。姿勢が悪いと、それだけで背中の肉に脂肪がつきやすくなります。背中の脂肪を取りたいなら、常に背筋をピンと伸ばしていることを意識して。イスにも浅く腰掛け、背もたれを使わないようにするのもオススメです。

○ 運動不足

体の後ろ側の背中は、普段なかなか動かさない部位。1日中、デスクワークや常に車移動など、運動不足が続くと、背中に脂肪がつきやすくなります。特に、日常生活は、体の前側で作業をすることばかり。ヨガやピラティス、筋トレなど、普段の生活ではやらない動きをする運動を取り入れるのがおすすめです。

○ 肩こり・首こり

首こりや肩こりは、背中の血流を滞らせ、背中に脂肪をつきやすくします。デスクワークなどの仕事の人は、タイマーを設定して、1時間に1回は肩や首をまわすなどを習慣にして。これだけでも、背中の血流が改善されて、脂肪がつきにくくなります。

○ サイズの合わないブラジャー

下着専門店によると、体のサイズは変化しやすいので、ブラジャーは3カ月に1度採寸をした方がよいそう。サイズの合わないブラジャーをしていると、ブラジャーからはみでた肉が背中にまわり脂肪に。また、サイズのあったブラジャーは正しい姿勢をサポートしてくれるので、姿勢改善にも◎。

スッキリ後ろ姿になれる筋トレ

床やベッドにうつ伏せになります。手足をピンと伸ばしたら、その両手足を数センチ浮かせます。その状態で、手と足をバタバタ動かしましょう。これで、背中側の筋肉を鍛えられます。はじめは、10秒でもキツいはず。少しずつ、秒数をのばして、1分は行えるように目指して!

続きを読む




実年齢より『若くみえる人』と『老けてみえる人』の違いはどこにある?

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

外見年齢の差がぐっとわかるのが同級会などの集まり。同い年なのに、若くみえる人と、老けてみえる人がいるのはなぜでしょうか? その違いをまとめました。

実年齢より『若くみえる人』と『老けてみえる人』の違いはどこにある?

同窓会でかつての同級生に見た目の差が!

「この見た目で実は○歳!」といろいろなメディアで見かけます。実際、同窓会に参加した経験がある人は、かつての同級生たちの見た目に大きな差がでるのを目撃しているはず。実年齢よりも、若くみえる人と老けてみえる人の差はどこにあるのでしょうか?

実年齢より「若くみえる人」と「老けてみ見える人」の違い

○姿勢がよい

すっと伸びた背筋は、それだけでイキイキとしてみえます。人は老けてくると、姿勢を保つ筋肉も弱り、すっとした背筋を保つのが難しくなるもの。そのため、背筋が伸びたキレイな姿勢はそれだけで、若くみえるポイントになるのです。日頃から、姿勢をよく保つことを意識して、姿勢を維持する筋肉を鍛えて。

○肌にハリとツヤがある

年齢を重ねると、肌はしぼみ、潤いからくるツヤも失われます。特に、肌のしぼみからくる顔のたるみは、見た目の印象をかなり老けさせるもの。シャープなフェイスラインを維持していると、若見え効果大です。

○髪がキレイ

残念ながら髪も肌と同様に、加齢とともに潤いが失われます。パサついた髪は、光が乱反射するので、美髪の人が持つ天使の輪のような輝きがでません。また、髪1本1本が細くなり、ボリュームがダウン。ごわついた、ボリュームのない髪になると、老けてみられます。トリートメントやヘアオイルなどで、うるおいをプラス。また、頭皮をマッサージなどでケアして、健康な髪が育つ環境を整えましょう。

○声が高い

声がかすれたり、以前より低い声になってきたと思ったら、声帯の老化のはじまりです。話し声が低く、ハリがなくなってくると、元気のない印象に。原因は声帯のほかにもあり、表情筋や滑舌が衰えることも老化に深く関係しています。割り箸を横にして口にくわえ「あいうえお」と発声すると、表情筋を鍛えられます。

○よく笑う

ふだんからよく笑っている人は、表情筋が刺激されているので、顔の筋肉が動かしやすく、繊細な感情も顔で表現することができるため、若々しくみえます。逆に、人と話すことが少なかったり、人のうわさや陰口ばかり言っている人は、その表情筋への刺激が少なく、陰口を言うせいで口角が下がる筋肉ばかりが発達。ほうれい線や、顔のたるみにつながり、見た目印象を老けさせます。

○体にメリハリがある

加齢とともに筋肉量が減り、脂肪がつきやすくなるもの。スポーツなどで筋肉をキープして、体のラインにメリハリがあると、シルエットが若々しくみえます。

また、世界各国の研究では、実年齢が若いと思っている人は実際に見た目年齢が若く、そう思っていない人は実年齢より老けてみえる傾向に。見た目年齢を左右するポイントはたくさんありますが、まずは「実年齢より自分は若い」と思うことが、自分の見た目年齢を引き下げるコツのようです。

続きを読む




朝食を変えれば『ヤセ体質』になれる!食べてヤセる食事法

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

あなたは朝食を食べる派?それとも食べない派? ダイエットをしているなら朝食は食べた方が○。その理由は「血糖値の上昇」と「セカンドミール効果」にありました。

朝食を変えれば『ヤセ体質』になれる!食べてヤセる食事法

血糖値が急上昇すると脂肪がたまる

忙しい朝に、しっかりした食事を用意するのは難しいかもしれません。でも、ダイエットしたいなら、ちょっとした工夫をするだけで、朝食の効果でヤセ体質になれるんです。その前に、体が太りやすくなる理由を少し解説しましょう。

健康のために『ベジファースト』や、『一口目は野菜から食べる』などと聞いたことがある人も多いはず。その理由は、血糖値の上昇を抑えるから。
人の体は、食事をとると血糖値が上昇します。すると、体は血糖値を一定に保とうと、血糖値を下げるために、膵臓からインスリンというホルモンを分泌します。このインスリンが血糖値を下げる時に、血中の糖を脂肪に変えてしまうのです。これが、体に脂肪がたまってしまう仕組みです。

朝食を上手にとるとランチにもいい効果が

血糖値の上昇が穏やかであれば、インスリンが分泌されないので、体に脂肪がため込まれることはありません。また血糖値が急降下すると、食欲が増すともいわれています。そのため、ダイエットには、血糖値の急上昇を避けることが重要なのです。ちなみに、血糖値を急上昇させる食品は、糖質を含むもの。甘いものや、パン・ごはん・麺類などの炭水化物にあたり、特に空腹時にいきなりこれらの食品をとると、血糖値が急上昇します。

朝食時は空腹状態なので、こうした糖質を含む食品をいきなりとるのは避けたいもの。さらに、上手に朝食をとることで、ランチに取りがちな丼もの、麺など、炭水化物に偏りがちな食事をとった場合でも、血糖値の急上昇が抑えられるのです。それが、「セカンドミール効果」と呼ばれているものです。

食物繊維を朝とれば太りにくくなる

「セカンドミール効果」とは、1日の最初にとる食事(ファーストミール)が、次にとる食事(セカンドミール)の血糖値の上昇を抑え、太りにくくするという効果のこと。1982年、カナダ・トロント大学のジェンキンス博士によって発表されました。

この効果を発揮させるために必要なのが、食物繊維です。消化・吸収に時間がかかるため、血糖値の上昇がゆるやかに。また消化の段階で、腸内細菌が食物繊維を発酵させる時に出す水素ガスが、昼食の糖の吸収も穏やかにしてくれるそう。昼食は、丼物や麺類に偏りがちですが、朝食にしっかり食物繊維をとっておけば、昼間に炭水化物に偏った食事をとっても太りにくくなるのです。

食物繊維というと、サラダをイメージしがちですが、野菜たっぷりの味噌汁や、白米に大麦などの雑穀をプラスすることでも、食物繊維の摂取量を増やせます。パン食なら、ごまペーストをパンに塗ったり、オムレツの具にきのこソテーを加えたりすると手軽です。自分なりの方法で、朝食の食物繊維の摂取量を増やしてみましょう。

続きを読む



1分だけ頑張ればいい!ウエスト・二の腕がほっそり『振り子エクササイズ』

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

体のあまり使わない部位を少し動かして成長ホルモンを分泌。効率よく脂肪を燃やすテクをご紹介。

1分だけ頑張ればいい!ウエスト・二の腕がほっそり『振り子エクササイズ』

ちょっと大きな負荷で成長ホルモンを出す

成長ホルモンは、主に寝ている間に分泌され、脂肪を燃焼してくれるとして注目のホルモン。成長ホルモンを出すには、スクワットなどのキツめの運動をしたほうがいいと言われがちですが、実は“いつもよりちょっと大きな負荷をかける”ことで充分だそう。また、いつもよく使っている筋肉は、さらに負荷をかけるのが大変ですが、ふだんほとんど使っていない筋肉なら、少し動かすだけで大きな負荷に。

そこでいつも使っていないわき腹や、肩甲骨まわりの筋肉をたった1分、振り子のように動かすだけの簡単エクサをご紹介。これで二の腕やウエストがスッキリ! さらに、振り子のように一定のリズムを保つことでリラックスホルモンが優位になりぐっすり眠れて、成長ホルモンが分泌されます。寝ている間にどんどん脂肪を燃やしましょう。

寝ている間にヤセる「振り子エクサ」のやり方

1) 組んだ手を高く上げる
体の前で、腕をクロスし両手の親指が下になるようにして手を合わせる。そのまま高く腕を上げる。肩の関節が動かないようにしっかりとロックし、肩甲骨が寄っていることを意識するのがポイント。

2)リズミカルに1分間、体を左右に倒す
上半身を左右に倒す。肋骨を動かして、わき腹に効かせるように1分間行って。メトロノームのように一定のリズムを保って倒すのが大事。体を左右に一生懸命倒そうとすると、姿勢が崩れがちに。肩甲骨から腕をまっすぐ上げた状態をキープし、無理のない範囲で体を倒しましょう。

続きを読む



肉ばかり食べると体が臭くなる…糖質制限ダイエットの落とし穴

【お話を伺った人】桐村里紗(きりむら・りさ)先生

内科医・認定産業医。 治療より予防を重視し、ヘルスケアをライフスタイルデザインと再定義し、生活者の行動変容を促すコンテンツ開発を行う。著書に『日本人はなぜ臭いと言われるのか~体臭と口臭の科学』(光文…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

ダイエットへの効果でブームの「糖質オフ」。しかし肉を増やすだけだと、クサイ人になる恐れも。

肉ばかり食べると体が臭くなる…糖質制限ダイエットの落とし穴

消化できないタンパク質が腸内で腐敗

ブームが続く糖質制限食ですが、思わぬニオイのモトになるので要注意です。
糖質制限食では、糖質を減らす分、タンパク質と脂肪の摂取を増やすことになります。食べ物は、それぞれに合う消化酵素を出して消化するのですが、その分泌が追いつかないと、しっかり消化できません。すると、腸内でタンパク質が腐敗菌によって腐ってしまい、有害物質である、ニオイ分子が発生しやすくなるのです。また、咀嚼不足で十分に噛まずに飲みこんでしまう場合も、消化が不十分になり、腐敗の原因になってしまうかもしれません。

食物繊維が減ると善玉菌が育たない

糖質を減らすために、単純に炭水化物をカットする方法で穀物を減らすと、食物繊維も減ってしまう可能性があります。炭水化物の中には、糖質と食物繊維が含まれます。食物繊維は、腸内細菌のエサとなったり、寝床になったりして、腸の善玉菌を増やしてくれる働きがあります。
糖質制限で減った分、野菜や海藻類で食物繊維をとらないと、やはり腸内環境が悪化して、ニオイのモトに。
糖質オフでは「炭水化物さえ抜けば、肉は無制限に食べていい」などと勘違いされていますが、ただ肉を増やすだけでは、腸内環境や代謝を悪くし、不健康と悪臭の原因になってしまいます。

甘い物やアルコールで脂臭い体に!

また糖質制限とは逆に、糖質の多い食べ物のとり過ぎもニオイの原因に。甘い物などの糖質は、体内でエネルギーとして使われずに余ると、中性脂肪に変化します。中性脂肪は皮脂の原料なので、皮脂分泌が過剰になり、脂臭い体臭に。
また、お酒の飲み過ぎも中性脂肪の増加につながります。アルコールが肝臓で処理されてできる代謝物は、中性脂肪の合成促進に働きます。その結果、血中の中性脂肪を増やしてしまうことに。飲み過ぎは、体に悪いだけでなく、脂臭さの原因にもなることを知っておいて。

いまの食事の内容があなた自身の体にあっているかどうかを判断する一つの方法として、こうしたニオイを指標にしてみてはいかがでしょう。

続きを読む



  1. 1
    更年期障害ってどんなことがおこるの?つらい症状は薬で改善できる?
    つらい「更年期障害症候群」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 気を巡…
  2. 2
    かぜを早く治すには?|食欲がないなら食べなくてもいいってホント?
    つらい「風邪」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 早めの対処で、悪化…
  3. 3
    実年齢より『若くみえる人』と『老けてみえる人』の違いはどこにある?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 4
    乳首がかゆくなる原因とは?乳がんの可能性もある?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと たま…
  5. 5
    朝食を変えれば『ヤセ体質』になれる!食べてヤセる食事法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  6. 6
    目の下にクマができるのは血のめぐりが悪い証拠?原因と改善法
    つらい「目のクマ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 温めて、血を巡…
  7. 7
    手作りケーキの生クリームに注意!安価な植物性ホイップは体に悪い?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 張り…
  8. 8
    発達障害と共に現れやすい障害|ADHD・解離性障害の症状とは?
    発達障害と併存が多い障害(ADHD、運動能力障害、解離性障害、適応障害…
  9. 9 ムシ歯予防には"うがい"も大事。歯磨き後のうがいは何回が正解?
    ムシ歯予防には"うがい"も大事。歯磨き後のうがいは何回が正解?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと むし…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  11. 11
    発達障害の子どもこそ『ほめて伸ばす』が大事な理由
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  12. 12
    うちの子発達障害かも?と思ったら…早目の支援が社会適応のカギ
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  13. 13
    背中の肉がつまめるのは太っている証拠?スッキリ後姿の作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 気づ…
  14. 14
    肌荒れは内臓からきてる?生理時のニキビ・乾燥・かゆみ肌の対処法
    つらい「肌荒れ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 内臓をととのえて…
  15. 15
    肉ばかり食べると体が臭くなる…糖質制限ダイエットの落とし穴
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17
    めまい、立ちくらみ…女性に多い貧血の症状。鉄分が摂れる食材とは?
    つらい「貧血」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 鉄分をとり、血を補…
  18. 18
    肩こり・首の痛みの治し方。めぐりを良くする食材で改善!
    つらい「肩こり・首の痛み」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 血行を…
  19. 19
    足にむくみがある人は筋肉が少ない?むくみの原因と解消法
    つらい「むくみ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 余分な水分をとり…
  20. 20
    【発達障害者支援センター】とはどんなところ?専門家のアドバイスや訓練も
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…

一覧