鼻づまり、くしゃみ…風邪の症状は早くラクにしてあげたい

ママが安心 子どもが風邪の時、薬を飲ませる以外にラクにできる方法

気温が下がり、空気が乾燥するようになると風邪が流行ってきます。子どもが一番かかりやすい病気は、風邪です。大人よりも子どもがかかりやすいのは、免疫力がまだ十分でないから。特に初乳の免疫が切れる6ヶ月ごろの赤ちゃんは、かぜをひきやすくなるタイミング。病院を受診するほどではないけれど、鼻づまりやくしゃみがつらそうなときは、早くラクにしてあげたいと、ママも気持ちがあせってしまいますよね。かといって市販の薬はまだ飲めないし……。

薬が飲めない小さい赤ちゃんにも、「触れる」ことは有効なケア

ママが安心 子どもが風邪の時、薬を飲ませる以外にラクにできる方法

そんなときにママができることのひとつが、“触れる”こと。「手当て」というように、お母さんに額に手をあててもらったり、お腹や背中を軽くさすってもらうだけで気持ちがラクになり、症状まで軽くなったような気持ちになったことのある人も多いのではないでしょうか。
4人のお子さんのママでアロマ・セラピストの伏間真紀子さんによると、赤ちゃんや子どもにとって、ママにタッチされることは、赤ちゃんの体と心を強くする働きがあるのだそうです。そのため、ベビーマッサージは世界各地で行われているのだとか。
「普段から赤ちゃんに触れていると、季節の変わり目などはいつもより少し肌がガサガサしたり、体調が悪くなる前は肌の色がいつもより違ったりと、小さな変化にも気づくようになります。すると、『かぜをひきそうだから、食事内容に気を付けよう、いつもより多く睡眠をとらせよう』など、早めの対応ができるので、赤ちゃんにとってもママにとってもいいことがたくさんありますよ」と伏間さん。ご自身も4人のお子さんの子育てにマッサージを取り入れて、とても助けられたそうです。

ぬるかぜ薬「ヴイックス ヴェポラッブ」をママの手で

ママが安心 子どもが風邪の時、薬を飲ませる以外にラクにできる方法

「ヴイックス ヴェポラッブ」は、お母さんに頼りにされてきた“ぬるかぜ薬”です。生後6ヵ月から使え、胸・のど・背中に優しくぬることで、鼻づまりやくしゃみなどがラクになります。その有効成分はいい香りの植物由来成分が中心。

ママのマッサージとアロマで、赤ちゃんも落ち着きます。
「親に触れられた温かさは一生残り、思春期や成人してからもずっと見守ってくれる安全基地になります」と、伏間さん。普段は忙しくてなかなかタッチしてあげられないママも、風邪の時は子どもに触れられるチャンスかもしれませんね。

大正製薬「ヴイックス ヴェポラッブ指定医薬部外品
taisho_vaporub400300

 

○効果・効能
鼻づまり、くしゃみ等のかぜに伴う諸症状の緩和
○用法・用量
次の量を1日3回、胸・のど・背中に塗布、又は塗布後布で覆ってください。
6ヵ月~2才:3g   3~5才:4g  6~11才:5g  12才以上:6~10g
6ヵ月未満:使用しないこと
※3gは、ティースプーン1杯が目安です。
○製品についての問い合わせ先
お客様119番室 03-3985-1800 受付時間8:30~21:00(土、日、祝日を除く)

提供:大正製薬株式会社[PR]