美容や健康にいいオイルの見分け方-ノンオイルは時代遅れ?

【お話を伺った人】桐村里紗(きりむら・りさ)先生

内科医・認定産業医。分子栄養学や常在細菌学、生命科学などの知識を活かし、執筆・講演を行う。著書に『日本人はなぜ臭いと言われるのか~体臭と口臭の科学』(光文社新書)他。『ドクターりさの躍動するブログ』 …

もっとみる

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

カロリーを気にしてノンオイルにすると逆に老化を早める可能性が。いい油と悪い油の見分け方を知って、美容と健康によい油を摂りましょう。

美容や健康にいいオイルの見分け方-ノンオイルは時代遅れ?

油はカラダにとって必須の成分。ホルモンの原材料でもある

健康のためにノンオイルという発想は、時代遅れ。間違った情報が広がってしまっただけです。カラダの約15%は脂質でできています。細胞の骨格を作る細胞壁、特に脳・神経組織、ホルモンの原材料など、エネルギー源としてだけでなく脂質は重要な役割をしています。
また、骨粗しょう症やがん、糖尿病などの予防や改善にも必要なビタミンDの原材料にもなりますし、ビタミンA、E、D、Kなど脂溶性のビタミンの吸収を助ける働きもありますので、油分は食事に必須なのです。
お肌を若々しく保つために、女性ホルモンを十分に分泌させるためにも油を摂ることはとても大切です。

オイルの種類とカラダへの影響とは?

オイルには多数の種類があります。油脂は、脂肪酸とグリセリンからできていて、この脂肪酸がカラダの細胞を作るのに不可欠な原材料になります。
1種類の油には複数の脂肪酸が含まれていて、この脂肪酸の種類やバランスが油脂の質の違いになります。大まかには常温で固形になる飽和脂肪酸と液体になる不飽和脂肪酸の2種類に分かれます。

飽和脂肪酸は肉類や乳製品、ココナッツオイルに多く含まれます。体内でも合成されますので、たくさん摂る必要はありません。ただし、ココナッツオイルに多く含まれる中鎖脂肪酸は体の中でケトン体に変換され、エネルギーとして燃焼しやすく、ダイエット効果に注目が集まっています。

一方、不飽和脂肪酸は植物性や魚の油ですが、種類によって性質が違います。n-3系(オメガ3、αリノレン酸)、n-6(オメガ6、リノール酸)は、カラダを作るのに絶対必要な必須脂肪酸です。必須ではあるのですが、n-6系脂肪酸は過剰になると体に様々な弊害を起こすので摂り過ぎに注意。
でも、現代人はほとんどが摂り過ぎであるために多くの不調や症状が起きていると言われています。n-9系(オメガ9、オレイン酸)脂肪酸は必須脂肪酸ではありませんが、悪玉コレステロールを低下させ、細胞を酸化させにくくする働きがあります。

必須脂肪酸、n-3系とn-6系の油とは?

n-6系の脂肪酸が多い油は、サラダ油、コーン油、ベニバナ油、ひまわり油、大豆油、ゴマ油、加工油脂など。外食、ファストフード、加工食品をよく摂る人は要注意です。n-6系脂肪酸は必須脂肪酸ですが、カラダを酸化させやすい油。細胞の壁に取り込まれると、アラキドン酸という炎症物質を作り、細胞や脳の老化を起こします。また、炎症の影響でアトピーや花粉症、動脈硬化、認知症、炎症などの弊害を起こすとされています。

一方、n-3系脂肪酸が豊富な油は、亜麻仁油、インカインチオイル、エゴマ油、麻の実の油など。n-3系は、炎症を抑制し、アレルギーや血栓を抑制し、記憶力を向上させるなど嬉しい働きが期待できます。カラダの中に入ると、血液をサラサラにするEPAやDHAに変化します。EPAやDHAは魚の油にも含まれます。n-3系もn-6系脂肪酸も加熱によって酸化します。加熱調理には本来不向きなので、特にn-3系はドレッシングやジュースに混ぜて摂るとよいでしょう。
n-6:n-3=4:1で摂るのが理想のバランスなのですが、現代人は10:1程度。EPA/DHAも1日2000mgの摂取推奨量に比べて500mg程度しか摂取できていないのが現状と言われています。脂肪酸バランスに注目して、質のいい油を摂りましょう。

オリーブオイルやキャノーラ油・国産菜種油のn-9系脂肪酸もとりたい

熱に強い油が、n-9系(オメガ9、オレイン酸)脂肪酸です。必須脂肪酸ではありませんが、悪玉コレステロールを低下させ、細胞を酸化させにくくする働きがあります。
オリーブオイルやキャノーラ油、国産菜種油がn-9系の多い油。オリーブオイルは、エクストラバージオリーブオイルがおすすめです。コールドプレス製法のものであれば、クロロフィルなどのフィトケミカルも生きていますし、香りも風味も豊かです。国産菜種油は、キャノロールというビタミンCの何十倍も抗酸化作用が豊富なフィトケミカルを含んでいます。特に、国産・焙煎製法で作られたものには豊富です。

悪魔のオイル、トランス脂肪酸とは

逆に、絶対に避けたい油がトランス脂肪酸です。欧米では明確な規制や表示義務があり、アメリカでは2018年までに全廃することが決定しています。一方で日本では規制がゆるく、表示義務もありません。企業努力により減少傾向ではあるものの、一般的にはクッキーやドーナッツなどの加工菓子、菓子パンの原材料のショートニングや加工油脂、マーガリンに多く含まれています。この油は「悪魔のオイル」とも呼ばれ、細胞や遺伝子を傷つけ、老化を進めるといわれています。
よい油と悪い油の見極め方を身につけて、美容の強い味方にしましょう。

【参考】
『「美女のステージ」に立ち続けたければ、その思い込みを捨てなさい』(光文社)




肌ダメージが増える夏のスキンケア…肌質に合う洗顔法のみつけかた

【お話を伺った人】赤須 玲子先生

赤須医院院長 皮膚科専門医、医学博士、日本美容皮膚科学会員。確かな臨床経験と美容に精通したきめ細やかな診療で多くの女性患者を集める。専門はしみ、しわ、にきび、ほくろなど。著書に「2週間でつるつる美…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

汚れはふんわり泡で包んでやさしく落とす。正しい洗顔、うるおい補給と紫外線対策であなたも素肌美人。

紫外線と汗、乾燥でいためつけられている夏の肌

じりじりと照りつける太陽にふき出す汗、ビルからの熱風、そしてクーラーによる乾燥……。夏の肌はいためつけられています。日焼けが肌にいけないことはいうまでもありませんが、汗もお肌の大敵です。

大量にかく汗が流れたり蒸発するとき、お肌のうるおい成分も一緒に奪ってしまいますから、そうならないうちにふき取ってしまいましょう。汗をかいたままにしていると、角質層が汗の水分を吸収し、ふやけてもろくなります。だからハンカチなどで汗をふくとき、こすってはいけません。そっと押しあて、汗を吸い取るようにしましょう。

うっかり紫外線を浴びてしまったら早めのお手入れを。まずはしっかり洗顔して、汚れや古い角質をとることが大切。肌に残った古い角質はメラニン色素を増加させ、シミの原因になるからです。汗によるダメージを最小限にするためにも、家に帰ったらすぐに洗顔しましょう。

肌ダメージが増える夏のスキンケア…肌質に合う洗顔法のみつけかた

メイクをした肌にはダブル洗顔を

メイクをしている人は、クレンジングと洗顔のダブル洗顔が基本です。夏は汗をかいても落ちにくい化粧品を選ぶ方が多いと思いますが、落ちにくいということは、落としにくいということ。でも、しっかり落とそうとゴシゴシこすったり、洗いすぎたりしては、肌に大きな負担がかかります。やさしく、短時間に、確実に落とすことが肝心です。

1.まずポイントメークを落とす

落ちにくいアイライナー、マスカラ、口紅などには専用リムーバーがありますが、肌への刺激も強いため注意が必要です。おすすめなのが、オリーブオイルやスクワランオイル(サメの肝臓から抽出したオイル)。コットンに含ませて目元や口元にのせておき、メークが浮き上がったらやさしくぬぐいます。

2.顔全体のメークを落とす

クレンジング剤は、洗い流せるクリームタイプやジェルタイプなど刺激が少ないものを。ごしごしこすらないように量はたっぷり使いましょう。まずTゾーン(額から鼻にかけて)にのせて、指の腹でなでるようにしてなじませます。次にUゾーン(ほほからあごにかけて)、最後に目元・口元の順になじませます。全体になじんだら、すぐに洗い流しましょう。

3.泡でやさしく洗顔

石けんや洗顔料をしっかり泡立ててから顔全体にのせます。のせる順番はクレンジングと一緒。汚れを泡で包んで落とすという気持ちで、指の腹でやさしく洗いましょう。小鼻、鼻筋、額などはとくにていねいに。ぬるま湯でしっかり洗い流したら、柔らかいタオルで押さえるよう水気を取ります。このときもこすらないこと。

肌質を見分けて正しい洗顔方法を

以上が洗顔の基本ですが、肌が乾燥気味な人と脂っぽい人では洗顔法も違ってきます。みなさんは自分の肌質がどのタイプか知っていますか? 見分け方は簡単です。洗顔後10分くらいそのままにして、肌質をチェックしてみましょう。

顔全体にテカリが出る⇒脂性肌
ノーメークの日もしっかりダブル洗顔を。クレンジング後、顔に蒸しタオルをのせると毛穴が開き、皮脂の汚れが落ちやすくなります。

ほおはつっぱるのに額や鼻にテカリが出る⇒混合肌
Tゾーンは念入りに、ほかの部分は軽めに、ゾーン別に洗い方を変えると効果的です。

顔全体がつっぱる⇒乾燥肌
朝の洗顔はぬるま湯でよごれを洗い流すだけで十分でしょう。洗いすぎて皮脂を落としすぎないよう注意。

つっぱらずテカリもない⇒普通肌
うるおいがあって理想的ですが、季節や体調で肌の状態は変わるので、その日のコンディションで洗顔方法を変えましょう。

洗顔後は保湿成分でうるおいキープ

洗顔後は、保湿効果のある化粧品でうるおいを補いましょう。セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、レチノールなどが配合されている美容液が効果的。ビタミンC誘導体は、皮膚の水分の蒸発を防ぎ、皮脂の分泌をコントロールするので、どんな肌質の人にもおすすめです。

紫外線対策には、メラニン色素の生成を抑えシミを予防する物質を配合した美白剤を使用するとよいでしょう。ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸、ビタミンC誘導体などが有効です。ただし、長時間たってしまったシミには、あまり効果は期待できません。

化粧品は、自分の肌に合うものを選びましょう。サンプルなどで1週間ほど試してみるのがおすすめ。使用後にかゆみや赤みが出るようなら肌に合わない証拠ですから、すぐに使用をやめます。1~2カ月使ってみて効果が感じられないときは、別の成分のものを試してみるとよいでしょう。

(「すこやかファミリー」法研より)

※この記事は2007年8月に配信された記事です

続きを読む




年齢よりおばさん臭く見えてるかも?見た目年齢を左右する体内老化度診断!

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

街中や電車で、ガラスに映る自分をふと見て「あれ、おばさん臭くなってる!?」と、ドキッとしたことありませんか? 外見が老けている人は、体も老けています。セルフチェックで体内老化度を診断しましょう。

体内年齢が高いと見た目年齢も高くなる!

年齢を感じさせない、若々しい人は魅力的です。自分もそうでありたいと思いますよね。見た目年齢を若くするために、メイクやヘアを整えたり、明るい色の服を着てみたり。
ただし、外見を磨くのもよいですが、同時に注目してもらいたいのが「体内年齢」。見た目年齢は、体内年齢と深く関わっています。まずは下の「体内老化度診断」で、自分の体をチェックしてみましょう。

年齢よりおばさん臭く見えてるかも?見た目年齢を左右する体内老化度診断!

<年齢よりおばさん臭い? 体内老化度診断>

以下の項目で、いくつ当てはまりますか?
・炭酸飲料やジュースが好き
・甘いものが好き
・炭水化物が好き
・お腹いっぱいまで食べる
・加工食品をよく食べる
・野菜不足だと感じる
・肉料理をよく作る
・フライや唐揚げなどの揚げ物が好き
・食事をとる時間が日によって違う
・便秘になったり、下痢になったりする
・デスクワークが多い
・週に1回以上の運動習慣がない
・徒歩15分以上はバスやタクシーを使う

0~4個 体内老化度は低レベル。実年齢より若く見える、または実年齢と同じくらいの見た目年齢を持っています。

5~9個 体内老化度は中レベル。実年齢より少し上に見られています。生活習慣を見直すと、ぐんと若く見られる可能性大です。

10個以上 体内老化度は強レベル。実年齢より、見た目年齢が確実に上回っているはず。見た目年齢だけではなく、生活習慣病になるリスクも高いので、生活習慣を見直して。

糖質があなたを老けさせる

結果はいかがでしたか? 「体内老化度診断」では、主に下記のことをチェックしています。老化を進める習慣を変えることで、若々しい外見をキープしましょう。

1.糖質をとり過ぎていないか

糖質は、砂糖はもちろん、パンや麺類などの炭水化物、糖分の入った炭酸飲料やジュースのほか、ソースやケチャップなどの調味料にも含まれています。糖は、エネルギー源として必要な成分ですが、とりすぎると、「糖化」を引き起こします。糖化は、タンパク質と糖が結びついて変性し、劣化したタンパク質の「 AGEs(糖化最終生産物)」をうみだします。体内にAGEsがたまると、血管の老化をはじめ、全身のあらゆる機能にトラブルを引き起こすことがわかっています。肌の老化はもちろん、病気のリスクも。

2.体内での酵素の消費度は?

人が生きていく上で、必要不可欠な成分が「酵素」です。酵素は体の中で、細胞の再生や消化、吸収などに深く関わっています。しかしこの体内酵素は、加齢で減ってしまいます。ほかにも、毎日3食お腹いっぱいまで食べると、消化に体内酵素が使われ、細胞の再生に使う酵素が減り、見た目年齢が上がってしまうということに。体内酵素は、食品添加物をデトックスする時にも消費されますし、肉や油物が多くて野菜が少ない食生活でも消費されます。

3.運動習慣の有無

運動習慣は、見た目年齢の若さに大きく関わっています。おばさん臭く見える人は、メリハリのない体のライン、猫背などの悪い姿勢、鈍い動きなどが共通しています。運動をすることで筋肉が鍛えられ、体のラインはシャープに、姿勢良くキビキビと動くことができます。

生活習慣を見直して、体内老化を一掃! おばさん臭いと思われない見た目を目指しましょう。

続きを読む




お風呂の入浴剤はもう不要!?キッチンのある物を入れるだけでOKの入浴法

【お話を伺った人】植田 理彦先生

健康づくりシステム研究会会長 1927年東京生まれ、1951年東京大学卒業後、同大学物療内科にて温泉医学を学ぶ。医学博士。温泉療法専門医、人間ドック認定医。インペリアルタワー・内幸町診療所勤務。温…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

自宅でのバスタイム、天然温泉、クアハウスの活用法。美肌には「ハチミツ風呂」、肩こり解消には「打たせ湯」など、お湯の種類を選んできれいになる入浴術。

自宅のお風呂をちょっとアレンジ

一日の終わりに、ホッとくつろぐバスタイム。このリラックスした時間をさらに充実したものにしてみませんか? ひと手間かけるだけでいつものお湯が、美容と健康にいいお湯に変身! 市販の入浴剤を使用するのもいいですが、自宅にある材料を自分の好みに合わせて活用すれば、もっと手軽でヘルシーな入浴を楽しめます。その方法をいくつかご紹介してみましょう。

ハチミツ風呂
大さじ1~2杯のハチミツをバスタブのお湯に溶かします。お湯がなめらかになり、美肌効果は抜群!

紅茶風呂
紅茶のティーバック2~3個をお湯に浸します。紅茶に含まれるタンニンには、肌のほてりを沈める効果が。夏の終わりのバスタイムにもぴったりです。

ワイン風呂
安いワインでOK!ボトル半分、もしくは1本をバスタブに注ぎ、かき混ぜます。ワインに含まれるビタミンが血行をよくし、体を温めてくれます。赤ワインなら、お湯がバラ色に染まって見た目もきれい。

牛乳風呂
牛乳1リットルをバスタブに入れてかき混ぜます。保温、保湿効果があり、肌をなめらかにして、老化を防止します。「牛乳風呂」はクレオパトラも愛用したと言われています。

天然温泉できれいになる!

自宅のお風呂にひと工夫加えるのもひとつの手ですが、温泉旅行に出かけたときに目にする、さまざまなタイプのお風呂も、上手に選んで体調改善や美肌づくりに役立てたいもの。次のようなお風呂があったら試してみましょう。

泥湯
天然の泥を加えた温泉。通常の温泉の5倍の保湿効果を持っています。体の芯までしっかり温まりますから、リウマチや冷え性、肌荒れなどに効果的です。

砂湯
温泉によって温められた海辺などの砂に体を埋めて入浴するもの。砂の重みと熱で新陳代謝が高まり、老廃物が排出されます。入浴後のお肌はツルツルに。

打たせ湯
滝のように流れ落ちる温泉に、肩や首すじ、腰などを打たせます。水圧によりマッサージ効果があり、肩こりや筋肉痛の解消にぴったり。さらに、湯のしぶきによって、マイナスイオンが発生し、リラックス効果も期待できます。

寝湯
浅くお湯をはった浴槽に、寝るように体を横たえて入浴します。水圧があまりかからないため、ぬるめの温度なら、体力のない人でも長く入浴が楽しめます。効能では、リラクゼーション効果が抜群。脳波の測定では、普通の入浴に比べて、心理的にリラックスしたときに出るアルファ波の出現が多く見られるそうです。

クアハウスやスーパー銭湯にも注目

ところで、近年クアハウスなるものが人気をよんでいます。
クアハウスとは、温泉のさまざまな効果を利用して、健康増進をはかるための入浴施設。さまざまなお風呂や飲食施設、休憩所などがあり、健康ランドとも似ていますが、温泉利用指導者や健康運動指導士などのプロのインストラクターが配属されているほか、医療機関と提携を結ぶなど温泉療法に専門的に取り組んでいる点で健康ランドとは異なります。
腰痛コースやストレス解消コースなど、医療的に根拠のあるプログラムが用意されていますから、上手に利用するといいでしょう。自分に合うプログラムがないときは、インストラクターに相談してみるといいでしょう。
また銭湯並みの料金で、クアハウスのような多様な風呂が楽しめる「スーパー銭湯」もあいかわらず人気。最近では、露天風呂やサウナ、エステ、マッサージなど、さまざまな施設を備えたところが増えてきました。さらに、天然温泉を引いたり、海洋深層水を使用するなど、それぞれ個性たっぷりに頑張っているのも、楽しいところ。健康ランドやクアハウスより、おサイフの負担もぐっと軽めなので、機会があれば一度は足を運んでみたいものです。

日本人のお風呂好きは世界でも有数。以前は温泉による種類別の天然温泉しかありませんでしたが、最近ではお風呂の施設、タイプもバラエティに富んでいます。自宅で、旅先で、また休日のリフレッシュタイムにも、自分の目的に合わせてお風呂を活用したいものです。

※この記事は2006年9月に配信された記事です

続きを読む



ダイエットにカロリー制限はいらない!? 食べて痩せるダイエットの新常識

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

食事のたびにカロリーをチェックするカロリー制限ダイエットはストレス大! 誰もが望んでいる、楽に痩せられるダイエットの新常識をご紹介します。

運動よりもカロリー制限が手軽?

「ダイエットをしよう」と決意した時、まず思い浮かべるのが、太りそうな食べ物を控えたり、食べる物を減らす“カロリー制限”ではないでしょうか。いまは、スーパーやコンビニの商品、ファミリーレストランのメニューにもカロリーが記載されています。
ダイエットでカロリー制限するのは、摂取カロリーを抑えて、消費カロリーを増やせば、痩せるという理論からきているもの。運動をして消費カロリーを増やすより、食べ物を制限して摂取カロリーを制限する方が手軽なため、まず食べ物のカロリーを制限する方に向かいがちです。
ただ、食べ物のカロリー制限は好きなものが食べられないというストレスも多い方法でした。しかし、近年の研究ではダイエットにはカロリー制限がいらないことがわかってきています。

ダイエットにカロリー制限はいらない!? 食べて痩せるダイエットの新常識

お腹いっぱいたべても痩せるコツ

米国医師会が発行する『ジャーナル・オブ・ジ・アメリカン・メディカル・アソシエーション(JAMA)』に掲載された記事によると、カロリー計算や食事量の制限をしなくても、体重を減らせるのだそう。そのダイエット成功のカギは、食事の質でした。スタンフォード・プリベンション・リサーチ・センターの研究で、体重超過や肥満の人、約600人を対象に、1年にわたり炭水化物が少ない(ローカボ)と、脂質が少ない(ローファット)のダイエット効果を検証しました。
その結果は、2つのグループともに、ウエストサイズ、体脂肪、血圧・血糖値などが減少し、健康度が上がったのです(※)。

この2つのグループが行った方法で注目したいのが、どちらのグループも「お腹いっぱいまで食べていい」というルールで行ったこと。それぞれのグループは、炭水化物や脂肪の摂取を控えましたが、それ以外の食事制限は行っていません。参加者によると、食べ物との付き合い方が変わり、テレビを見ながらの“ながら食い”が減って、家族で食卓を囲むことが増えたそう。

この結果を見ると、カロリー制限は必要なしと思われがちですが、実は、実験の終わりには、以前より少ないカロリー摂取量になっていました。意識的にカロリー制限をしたわけではないけれど、結果的に摂取カロリーが少なくなっていたということです。類似の実験も多数行われており、最近では「健康的な食事を意識すると自然と摂取カロリーが減っていくこと」がわかっています。

ダイエット成功の鍵は、カロリー制限を意識することではなく、食事の質を上げることを意識することでした。

・ 野菜や自然の食品をとる
・ 精製した穀類を避ける
・ 人工甘味料、添加物を加えた加工食品を極力避ける

また、これらを意識することによって、従来のカロリー制限による食事に対するストレスを感じることもなく、自然とカロリーを制限することができます。ダイエットには我慢がつきものとイメージする人も多くいますが、ストレスなくダイエットできる方法もあるのです。まずは我慢することではなく、食事の質を上げることに注目してみましょう。

※)『JAMA Network』

続きを読む



体の中からキレイになる!顔のくすみ・たるみにはマッサージと食事で改善

ノーイメージ

【お話を伺った人】劉 勇先生

「コリとれーる」代表・医学博士 1958年中華人民共和国遼寧省沈陽市生まれ。北京軍医学校第二軍医大学卒業後、外科医として活躍。1983年来日し、86年中国鍼灸治療院(東京・銀座)で治療を始める。1…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

マッサージと食事で体の内・外からきれいになろう。マッサージと食事で体全体の血行を良くしましょう。内臓の機能が上がると、顔色も体調も良くなります。

気持ちよさからきれいを引き出す

ストレスがたまってくると、体全体の血行がわるくなり、内臓の機能も低下してくるのをご存知ですか? 体の中からきれいを引き出すためには、ストレスを取り除いて体全体の血行をよくし、胃腸などの内臓を元気に保っておくことが重要です。

ストレスを感じるときは、体のコリを感じることも多いはず。つまり、コリを感じるのはストレスが溜まっている証拠です。ですから、コリをほぐすことによって血行を良くし、内臓の機能が高まると、顔色も体調も良くなります。 つまり、コリをほぐす気持ちよさと同時に、とても体に良い効果が得られるのです。そして、血行が良くなった体の肌はきれいになるというわけです。
マッサージで気持ちよさを味わいながら、同時にきれいを実感してみませんか。

首の血行を良くして首のラインをシャープにするマッサージ

首の血行をよくし、きれいに効果的なマッサージをご紹介しましょう。
首やさ骨周辺は、むくんだりこったりしやすいところです。
手のひらを首の上にあて、肩先に向かってなでるように滑らせてマッサージします。 その後、さ骨をひとさし指と中指ではさみ、外側から内側に向かってなでるように指をすべらせます。首のまわりの血行がよくなり、首から肩にかけて美しいラインになります。
また、床に仰向けに寝て、手をお腹の上に置きます。後頭部で床を押すようにして5秒間力を入れたら、力を抜きます。毎日10回ほどおこなうと、首が鍛えられてこりにくくなり、ラインもきれいになります。

顔の血行を促してくすみをとるマッサージ

次は顔の血行を良くして明るい肌色になるマッサージです
両目の下のほおの部分、あごの部分、鼻の両脇の順に、円を描いて軽くなでるようにマッサージします。目や口のまわりの筋肉は輪状なので、筋肉の丸い流れに沿っておこなうと、血行が良くなり、肌がいきいきとしてきます。
マッサージは4~6回ほどまわしながらゆっくりと息を吐き、再度、2~3回ほどまわしながら息を吸います。
水中に顔をつけてこのマッサージを行うと、さらに効果的です。毛根に沈着している老廃物がとれて、シワなども予防できます。

体の中から肌を若返らせる食事

◆たるみ改善

たるみを改善するには、大豆イソフラボンがおすすめです。
女性ホルモンが減少すると顔がたるみやすくなります。大豆イソフラボンは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンに似たはたらきをするので、老化による肌のたるみを防いでくれるのです。
また、骨密度の低下を防いだり、更年期障害の症状をやわらげてくれる効果もあります。納豆や豆腐、きな粉や豆乳に豊富に含まれます。ビタミンEと一緒に摂取すると血行も促進され、さらに効果的です。

◆くすみ改善

くすみ改善の強い味方は鉄分です。くすみの最大の原因は血行不良です。血液に酸素を運ぶ鉄が不足すると、顔色がさえず、くすんだ印象になってしまいます。特に女性は鉄不足の傾向があるので、鶏レバー、シジミ、ひじき、カツオ、青菜など、鉄分をたくさんふくむ食品を日ごろから摂取するよう心がけましょう。
また、鉄の吸収率を高めてくれるのがビタミンC、クエン酸、酢酸です。鉄分を多く含む食材を酢で調理すると効率的ですね。

くすみやたるみのない肌のきれいな人は、男女問わず健康的で若々しく見えます。気持ちよさと同時にきれいも手に入れることができるなんて、うれしい美容法ですね。
(「呼吸マッサージ」、劉勇著、法研より)

※この記事は2006年8月に配信された記事です

続きを読む



  1. 1
    使うほどお尻にダメージが…ウォシュレットでお尻が悲鳴を上げている
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと トイ…
  2. 2 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  3. 3
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  4. 4
    知りたくなかったかも…身の周りにあるトイレよりも不潔なものたち
    見た目では意外とわからない、トイレより不潔なもの。実は、自分の体の一部…
  5. 5
    おデブサラダになっていませんか?太るサラダと痩せるサラダの大きな違い
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健康…
  6. 6
    【女性に多い貧血】体がだるい・動悸…鉄分が足りないサインとは?
    (編集・制作 (株)法研) 【取材協力】澤田 賢一先生 秋田大学医学…
  7. 7
    知っておきたい女性の『アソコ』5つの真実|大事な場所の正しいケア方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと デリ…
  8. 8
    コンビニ弁当を食べ続けると早死にする? その理由は…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  9. 9
    1分で寝落ちしちゃう!? 気絶するように眠りにつける呼吸法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ベッ…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  11. 11 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  12. 12
    【女性の病気】こんな症状がでたら婦人科へ!注意してほしい8つの症状
    (編集・制作 (株)法研) 信頼できる婦人科医が決まっていると、毎日…
  13. 13
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  14. 14
    たくさん食べてないのに太るのは『モナリザ症候群』かも?原因と症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 加齢…
  15. 15
    お風呂の入浴剤はもう不要!?キッチンのある物を入れるだけでOKの入浴法
    (編集・制作 (株)法研) 自宅でのバスタイム、天然温泉、クアハウス…
  16. 16 年齢よりおばさん臭く見えてるかも?見た目年齢を左右する体内老化度診断!
    年齢よりおばさん臭く見えてるかも?見た目年齢を左右する体内老化度診断!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 街中…
  17. 17
    顔のたるみを加速させる4つのNG習慣|顔のシワ・目のクマを予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 顔が…
  18. 18
    目のかすみ・ぼやけ・近くのものがみえづらい…眼精疲労のタイプと症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 【監…
  19. 19 無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 疲れ…
  20. 20
    “座り続けること”は体にも脳にも悪影響…死亡リスクも増加!?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…

一覧