「もしかして……」。HIVや性病にかかっているかもしれないという不安を抱いた時、いち早く受けるべきなのが検査です。検査はどこで受けられるのか、またその方法や流れをご紹介します。

誰でも一度は検査するべき? HIVや性病の検査について詳しく解説

保健所などでは無料&匿名で行っているところも

HIVの検査は、全国の保健所や自治体の特設検査施設で無料・匿名で受けることが可能です。もちろん医療機関でも検査はでき、自費診療の場合で費用はだいたい5000~10000円です。保健所などの無料匿名検査は、施設により受けられる日時が異なります。多くの施設は1~2週間に1度、平日の昼間に実施。施設により異なりますので、厚生労働省が運営している下記HPで事前に確認をしましょう。

HIV検査相談マップ http://www.hivkensa.com/

症状が出ているものは病院で保険適用で検査が

性病は、自然治癒しませんし、放置しておくと悪化し不妊の原因にもなります。体調などの変化から「性病かもしれない」と感じたら、すぐに検査を受けるようにしましょう。また、保険診療の病院の場合、症状がないと検査費用が保険適用になりません。でも、陽性だった場合、すぐに治療が開始できるので、早期発見、早期治療につながるというメリットもあります。

自覚症状がある場合は、症状がある部位によって受診する科が異なります。

性器に症状がある時/性病科、男性の場合は泌尿器科、女性の場合は産婦人科
のどに症状がある時/性病科、耳鼻咽喉科
皮膚に症状がある時/性病科、皮膚科

HIVは、スクリーニング検査と確認検査の2つを行う

コンドームを使わない性行為をした時や、HIVに感染したかもしれないと、不安になった時は、すぐに検査を受けましょう。HIV感染は、HIV検査を受けないと見つけられないもの。感染が疑われる日から1カ月しか経っていなくても、感染していれば陽性の反応がでます。体を守るためにも、不安を解消するためにも、気になったらすぐに検査を受けましょう。

検査は、膣分泌液やおりもの、血液や尿から調べる方法が一般的です。HIV検査は、エイズ(後天性免疫不全症候群)の原因ウイルスであるHIVに感染しているかどうかを調べる検査です。HIVに感染すると、体内でHIVに対する抗体が産生されます。一般的には、この抗体が血液中にあるかを調べる「抗体検査」をまず行います。その後、「確認検査」といって、HIVを構成するたんぱく質にHIV抗体があるかどうかを確認する検査を行います。これは、スクリーニング検査で陽性となった時、その反応が本当にHIVによるものなのかを確認するためです。

また、最近は、検査キットを購入して自宅でHIVウイルスの検査を行うこともできます。インターネットでも販売しており、だいたい3000円から。購入する際は、登録衛生検査所で検査を行っている製品か、医療機器を販売する事業許可(高度管理医療機器等販売業・賃貸業の許可)を取得している企業の製品かチェックしましょう。病院や保健所で受ける方が失敗は少ないのでベストですが、事情があって病院や保健所に行けない時は、利用してみてもよいでしょう。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと