ダイエット効果を持続させるのに欠かせないコツは、リバウンドの原因“ホメオスタシス”を反応させないこと。ホメオスタシス原理を解説します。

ダイエットを成功させる、リバウンドしないための3つのポイント

ダイエットでリバウンドが起こる原因は身体の防御反応

ダイエットの敵“リバウンド”。はじめのうちはダイエット効果がよくでているのに、途中で停滞しはじめ、そのうち戻ってしまう……。人によっては、ダイエットする前の体重をはるかに超えるほど、太ってしまう人も。実はこのリバウンド、身体が持つ生体反応のひとつなのです。この仕組みを理解すれば、リバウンドを防ぐことができます。

“ホメオスタシス”を反応させないことでリバウンドは防げる

例えば、ダイエットのためにトレーニングを取り入れたとします。はじめは、1回ごとのトレーニングによって、顔や脚のむくみがとれたり、肩や首のコリが解消されるなどの効果が実感できることでしょう。肌にもハリや弾力が生まれます。これは、身体がリセットされた証拠です。さらに定期的に続けると、これらの効果が体に定着。3週間ほどで、これまであまり使っていなかった筋肉への神経回路が開通することにより、筋肉量に比例する代謝が上がって、少し体重が落ちたり、身体が動かしやすくなったり、汗をかきやすくなったりします。

そのまま2~3ヶ月継続的にトレーニングを行うと身体のシルエットが変わったのを実感できます。これが運動によるダイエットの基本的な流れです。
ここで注意したいのが、運動と食事制限を同時に行っていたり、極端な食事制限のみを行っている場合です。体重があまりに急に、そして大幅に減少すると、体を戻して一定に保とうとする生理的な防御反応が起こります。これは身体が急な変化を生命維持にとって危険と判断し、戻そうとするもので、ホメオスタシスといいます。この反応がおこると、いくらダイエットを行っても、体重の減少が起こらなくなります。

身体が“これ以上体重が落ちないように”と、先に消費カロリーを制限して変化から身を守ろうとしてしまうのです。ダイエット中に効果が止まる停滞期や、逆に体重が増えてしまうリバウンドの原因は、このホメオスタシスにあります。

ホメオスタシスの目を盗んで ダイエット効果を定着!

リバウンドを防ぐためには、ホメオスタシスを反応させないことが大切です。以下の3つのポイントをおさえれば、ホメオスタシスが反応しないので、ダイエットを成功させることができます。

ポイント1 急激な変化を起こさないこと
ダイエットは、「消費量>摂取量」とすることが前提ですが、過度な食事制限と運動をすると、その差が大きくなりすぎホメオスタシスが反応することに。筋肉も育たないため、特に食事を大幅に減らすのはさけましょう。

ポイント2 ビタミン、ミネラルをしっかりとる
バランスのよい食事を中心にするのはもちろん、タンパク質、炭水化物、脂質の3大栄養素の働きをサポートするビタミンとミネラルをしっかり摂取して燃えやすい体をつくりましょう。

ポイント3 身体の質の変化に目を向けること
体重減少だけにこだわらずに、身体の質の変化にも目を向けるのがポイント。脂肪を減らして筋肉を発達させることで、停滞期やリバウンドを防げます。

リバウンドを防ぐことは、体の負担を減らすことにもつながります。健康的なダイエットで、理想のボディを目指しましょう。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

【参考】
『筋膜ボディセラピー』

【お話を伺った人】大久保圭祐(おおくぼけいすけ)さん

米国Rolf Institute®を卒業し、世界三大ボディワークのロルフィング®を修得する。各種メディアにてボディメークや店舗メニューの監修、セミナー講師、コラムの執筆など幅広く活躍中。著書に『筋膜ボ…

もっとみる

おすすめ

  1. 【痩せすぎ注意】モデル体型は“早発閉経”に注意!?痩せすぎのリスク11
    【痩せすぎ注意】モデル体型は“早発閉経”に注意!?痩せすぎのリスク11
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 生活…
  2. 【足のむくみ度チェック】冷え・むくみを解消するストレッチ&マッサージ
    【足のむくみ度チェック】冷え・むくみを解消するストレッチ&マッサージ
    (編集・制作 (株)法研) 足の疲れと冷え、むくみを解消するスト…
  3. あなたはどっち? 糖質太りタイプと脂質太りタイプをチェック!
    ダイエットをするなら、見極めたいのが自分のタイプ。糖質タイプか脂質タイ…
  4. 全身の筋力バランス&ゆがみチェック|ボディメンテナンス・ダイエット10
    全身の筋力バランス&ゆがみチェック|ボディメンテナンス・ダイエット10
    骨格がゆがむと関節や内臓に大きな負担がかかる BM(ボディメンテナン…
  5. 女性が痩せやすいのは生理前or生理後?生理周期を活用して賢くダイエット
    女性が痩せやすいのは生理前or生理後?生理周期を活用して賢くダイエット
    月経後はやせやすく、月経前はやせにくい。 代謝や血行がよくなる卵胞期…