今はまだ大丈夫だけど、将来は……。と不安に思っている人のために、薄毛チェックをご紹介。チェックが多い人は今すぐ生活を見直して!

あなたは大丈夫? このままだとハゲるかも? 薄毛危険度診断チェック

チェックで今の生活の髪への影響が浮き彫りに!

男性と女性の薄毛になっていく過程は、それぞれ異なりますが、薄毛の原因は共通の部分も多くあります。現代の薄毛は、遺伝やホルモンのせいだけではありません。不規則な生活が、ホルモンの乱れをより助長している場合も。「将来、薄毛になるかも……」と心配な人は、まず下のチェックを行ってみましょう。当てはまる数が多い人ほど、薄毛になる可能性が高くなります。

<薄毛危険度チェック>

下記の項目を読んで当てはまるものを数えましょう。

1、寝不足の日が多い
2、インスタント食品をよく食べる
3、運動が嫌い
4、就寝時間は深夜2時すぎ
5、喫煙習慣がある
6、ストレスが多い生活だ
7、パーマやカラーをしている
8、頭皮を動かしても1cm以上動かない
9、紫外線を浴びることが多い
10、お酒を週3日以上飲む

◯1〜3個 薄毛危険度30%
薄毛になる危険度はやや低いでしょう。ただし、薄毛の原因は日々の生活習慣の積み重ねが起因しています。油断せずに、今よりも健康的な生活習慣を目指して。薄毛は徐々に進行するもの。予防も日頃から行うことが必要です。

◯4〜6個 薄毛危険度60%
薄毛になる危険度が、やや高いでしょう。特に、2、5、9、10の項目が当てはまる場合、危険度はさらに高くなります。これらは、意識すればすぐにでも改善できる生活習慣です。将来の髪のためにも、見直しましょう。

◯7個以上 薄毛危険度 80%
薄毛になる危険度が高いでしょう。あなたの生活には、髪に悪影響を及ぼす項目がたくさん。ひとつからでもいので、生活習慣を改善していきましょう。このままだと薄毛だけではなく、将来、生活習慣病にもなるリスクも高まります。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと