同じ年齢でも目の衰えが進む人と進まない人の違いは生活習慣の差が大きいとされています。疲れ目、老眼、緑内障などのトラブルは目にいい習慣で今日から予防しましょう。

目の老化を防ぐ4つの習慣-老眼・眼精疲労・ドライアイは予防できる

目の病気や不調を引き起こす悪習慣をチェック

同じ年でも体の衰えに差があるように、若くても目の衰えを感じる人、年をとっても目に不調を感じない人もいます。これは生活習慣の差によるものが大きいと指摘するのは、あまきクリニック院長の味木幸先生です。
味木先生によると、下記のような習慣が、目の病気や不調を引き起こすそう。早速チェックしてみましょう。

●アイメイクが濃かったり、まつげエクステをしている
●1年以上眼科を受診せずに同じメガネやコンタクトレンズを使っている
●寝室の明かりをつけて寝ている
●遠くの風景を見る機会がほとんどない
●ペタンコ靴ばかり履いている
●待ち時間や移動中はいつもスマホを見ている

1つでもあてはまる人は、目の老化が進んでいる可能性大です。下記に紹介する、目にいい生活習慣を改善して、目のアンチエイジングをはかりましょう。

1、アイメイクは薄めにして「ドライアイ」防止
まつげの生え際の内側には「マイボーム腺」という小さな穴がたくさんあり、油を分泌して目の乾きを抑えています。ところがアイラインなどの化粧品を目の際までつけると、このマイボーム腺が詰まって涙が蒸発しやすくなるため、ドライアイにつながることに。目が乾きやすい人アイメイクは薄めにしましょう。また、アイメイクは洗顔時にしっかり落とし、ついでに上下のまぶたを軽くさするようにすると、詰まりが改善できます。

2、部屋を真っ暗にして寝ることで「眼精疲労」防止
目は閉じていても光を感じます。電気をつけっぱなしで寝ると常に目を刺激することになり眼球の負担になるので、寝室は真っ暗にして眠りましょう。明かりをつけないと寝られないという人は、光源をできるだけ目から遠い場所に置く、タイマーつきのコンセントや延長コードを利用するなど工夫しましょう。熟睡にもつながり、朝スッキリした目で起きられます。

3、ヒールのある靴を履いて「眼の病気」防止
目の血流や神経の流れが悪いと、目のさまざまな機能が低下して不調や病気につながります。その原因となるのが、悪い姿勢。正しい姿勢をキープするにはヒールのある靴をはくのがおすすめ。自然と骨盤が立ち、背筋が伸びます。ヒールの高さは、自分が歩きやすい高さを選びましょう。ペタンコ靴はラクですが、姿勢が悪くても歩けてしまうので、毎日履くのは避けましょう。

4、朝晩2回、遠くを見て「老眼」予防
手元ばかり見ていると、ピント合わせを助ける筋肉である「毛様体」が緊張しっぱなしになり、老眼が進むことになります。毛様体をゆるめるためには時々、空、木など遠くのものを見ましょう。遠くのものを見ながらさらに眼球をキョロキョロ動かすと、毛様体の筋トレにもなり、目の疲れも防止。通勤時や外出時などの習慣にしましょう。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと