我慢できない頭皮のかゆみ。かくほどに悪化するし、フケも出るなど見た目も不潔です。そんな不快症状の原因と改善方法をご紹介します。

頭皮のトラブル改善-かゆみ・フケ・かさぶたの原因と正しいケアの仕方

シャンプーの仕方を見直せば、症状も改善

頭を洗っているのに頭皮のかゆみが続く時、考えられる原因は頭皮の乾燥です。もともと頭皮は適度な皮脂で潤っているはずなのですが、洗浄力の強すぎるシャンプーを使っていたり、日に何度も頭を洗ったり、爪を立てて洗うなどによって、頭皮が乾燥しやすくなります。過剰に清潔にしすぎるのも、頭皮トラブルの引き金になるのです。

また、フケが出る場合は、乾燥とともに、頭皮の炎症や傷が原因として考えられます。フケは、頭皮のターンオーバーの異常によって出るもの。頭皮も顔と同じ皮膚なので、古い角質細胞は周期的に剥がれ落ちていきます。ただし、ターンオーバーが正常だと、古い角質細胞は目に見えないほど小さいもの。それが、なんらかの理由でターンオーバーが崩れると、大きな角質細胞がはがれ、フケとなって認識されるのです。

かゆみやフケが出ているというのは、合わないヘアケア剤を使ったり、間違ったシャンプーの仕方をしているサインです。まずは毎日のシャンプーを見直しましょう。高級アルコール系のシャンプーは洗浄力が強いので、アミノ酸系に変えるとよいでしょう。高級アルコール系のシャンプーとは、「ラウリル硫酸ナトリウム」や「ラウレス硫酸ナトリウム」が配合されたシャンプーのことで、市販品の多くがあてはまります。また、シャンプーをする時も、頭皮を爪でこすったりせず、指の腹を使って下から上にもみ上げるようにしてみましょう。かゆみやフケがひどい場合は、こうした見直しとともに、食事の栄養バランスが乱れていないか、睡眠時間が足りているかもチェックしてみてください。

頭皮のかさぶたは、脂漏性皮膚炎の可能性が

頭皮にかさぶたができる原因として考えられるのは、「脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)」です。もともと頭皮は顔のTゾーンと比べても皮脂腺の多い場所ですが、なんらかの原因で皮脂が多量に分泌されすぎるとそこに人の皮脂をエサにする雑菌が集まり、その分解物で頭皮に炎症を起こします。かさぶた以外にもかゆみやフケが出たり、皮脂が酸化して加齢臭のような臭いを放つこともあります。

脂漏性皮膚炎は慢性化して、再発を繰り返すことも多い病気です。症状に悩む人は、早めに皮膚科を受診しましょう。頭皮にかさぶたができると、つい指でさわったり、はがしたくなってしまいますが、極力さわらないのがベターです。
セルフケアでできることは、普段使っているシャンプーやコンディショナーをアミノ酸系など低刺激性のものに変え、すすぎの時間をいつもの倍以上とること。そして、頭皮が乾燥している場合は、毎日の洗髪を、お湯だけで洗う日とシャンプー剤を使う日と交互にしてみましょう。頭皮への刺激と皮脂の取り過ぎを防ぐため、熱めのお湯ではなく、寒くない程度のぬるま湯で洗髪するのもポイントです。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと