薄毛対策というと育毛シャンプーや育毛剤などに目が向きがちですが、食生活の見直しも髪の健やかな成長には必須。髪にいい食べ物と悪い食べ物をご紹介します。

美しい髪を育てる食べ物と、薄毛を進行させる食べ物

毎日しっかり摂りたい! 髪をつくる栄養素

薄毛の原因は複合的です。シャンプー剤や洗髪の仕方を見直すのと同時に、栄養面も対策が必要です。髪を作る栄養素と、髪の成長をサポートする栄養素が足りなければ、髪は育ちません。また、体はまず内臓など命に関わる重要な機関へ優先的に栄養を送ります。髪は優先順位が低いので、髪まで栄養を届けるには、十分な量を毎日きちんと摂る必要があります。

・良質なタンパク質
髪の毛の主な成分はタンパク質。約18種類のアミノ酸が結合して作られたケラチンというタンパク質でできており、これが不足すると髪が細くなります。動物性タンパク質より、植物性タンパク質の大豆製品、魚、乳製品から摂る方がおすすめです。

・亜鉛
髪をつくる毛母細胞の細胞分裂を促す栄養素で、ケラチンの合成に不可欠。髪の新陳代謝を高めて、育毛や発毛をサポートします。亜鉛は牡蠣、納豆、アーモンドなどのナッツ類、のり、いわし、豚レバーなどに多く含まれています。また、ケラチンの合成をサポートする栄養を運ぶのがミネラルなので、亜鉛だけでなく鉄やカルシウムといったミネラルもしっかり摂りたいもの。レバー、ほうれんそう、ピーマン、芽キャベツ、ひじきなど、野菜や海藻類を積極的に摂りましょう。

・ビタミンE
女性の場合は、女性ホルモンの分泌を促すビタミンEも意識して摂りましょう。頭皮の血行を促進する効果もあります。ビタミンEが多く含まれる食材は、アボカド、オリーブオイル、ごま、うなぎなど。美肌効果もあるので、一石二鳥です。

育毛を妨げる、摂りすぎを避けたい食べ物とは

髪に必要な栄養成分を摂る一方で、育毛を妨げる食事を避けることで、よりよい育毛環境を作ることができます。下記に挙げたものをたくさん摂っている人は、食生活を見直しましょう。

・脂っこいもの
揚げ物など脂っこい食事ばかりを摂っていると、脂肪の過剰摂取になり、皮脂の分泌が増加。毛穴を詰まらせ、髪の成長を妨げます。脂っこい食事が好きな人は、週1~2回程度に抑えて。

・辛いもの、刺激物
唐辛子など辛いものは適度なら血行促進作用があってよいのですが、大量に摂ると発汗作用とともに出る皮脂で頭皮の毛穴詰まりの原因に。カフェインやチョコレートなどの刺激物は頭皮や髪に悪影響を与え、薄毛を促進する可能性があります。少量ならOKです。

・アルコール
アルコールも少量なら、血流促進作用がありますが、毎日大量に飲むのは考えもの。アルコールを摂りすぎると、肝臓がアルコールを分解するのにエネルギーを取られ、髪の毛を生成する分をその分解に使ってしまいます。そのため必要な成分が頭皮まで届かないのです。

・塩分が多いもの
髪の栄養は血液を通して運ばれます。塩分が多い食事ばかり摂ると、血液がドロドロになり、栄養が髪まで届きません。栄養不足の髪はもろく、抜けやすくなってしまうことに。ラーメンやスナック菓子など、塩気が多いものは油分が多い場合も多いので、極力避けたいものです。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと