執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

トレーニングは、行う時間帯によって身体への影響が変わります。ダイエットなど目的に合った時間に行って効率アップを図りましょう。

ダイエット効果が一番期待できる時間帯-運動するなら朝昼晩のいつ?

いつトレーニングするかで 運動&脂肪燃焼効果に差が

せっかくトレーニングをするなら、一番効果的な時間で行いたいもの。タイミングとしては、トレーニングの後に食事を摂る、睡眠をとるといった回復要素があることがベストです。それは、トレーニングとは身体を傷付ける行為なので、トレーニング後はすぐに身体が回復できることが、修復を早くさせパワーアップにつながるからです。
例えば、トレーニング後30分以内に、筋肉を修復するため、筋肉を構成するメインの要素であるたんぱく質を摂ることが大切です。となると、基本は食後ではなく食事の前がゴールデンタイムになります。ただし、トレーニングでどのような効果を得たいかにより、ベストなタイミングは異なります。

ダイエット目的でやるなら 脂肪が燃える朝にトレーニングを

効率的に脂肪燃焼させたいなら、朝の時間帯にトレーニングを行うのがベストです。朝は身体が目覚めておらず、運動やトレーニングを行うことで身体が活性化されます。それによって、自律神経の交感神経が優位になります。
交感神経には身体を活性化させる働きがあるため、交感神経が優位になると、体液循環や代謝も活性化され、脂肪が燃焼しやすくなると言われています。また、部分やせを狙うなら、朝に脂肪を落としたい部位をトレーニングすると、そこの筋肉に血液や意識が向きやすい身体で1日過ごすことができるので、効果的です。

記録更新、ハイパフォーマンスを狙うなら昼に

記録更新を狙うなど、運動能力向上のためのトレーニングを行うなら昼の時間帯がおすすめです。この時間は身体が目覚め、エネルギーも十分あり、疲労が溜まっていないので、身体がよく動きます。うまくなりたいスポーツの練習は、日中の時間帯にトレーニングをしましょう。

美肌を手にいれたいなら 夜にトレーニングを取り入れて

夜は1日の疲労が溜まっている時間帯ですが、心は落ち着いた状態。そして、運動後に睡眠をという修復時間を取ることができます。トレーニングを行うと、修復を促す成長ホルモンが分泌。この成長ホルモンは、睡眠中にも分泌されるので、身体の修復力がかなり高まります。トレーニングで傷ついた筋肉はもちろん、肌の修復も行われるので、健康的な身体とともに、ハリのある美肌も手にいれることができるのです。

ただし、夜のトレーニングはデメリットも。朝から日中にかけて活発だった交感神経は、夜に向けて副交感神経優位のリラックスモードに入ります。でも、夜にトレーニングを行うと、再び交感神経が活発に。そのため、寝付きが悪くなる場合もあります。

睡眠は、トレーニング後の筋肉修復に欠かせない要素なので、眠れない場合は運動の量を調整するか、時間帯を変更しましょう。理想は、目的にあったタイミングで運動をすることですが、理想の時間帯にできない人も多いはず。トレーニングで一番大事なことは“続けること”です。自分が一番継続しやすい時間帯を優先してください。

【参考】
『筋膜ボディセラピー』

おすすめ

  1. キュッとくびれたウエスト・スッキリお腹を手に入れる! 体幹エクササイズ
    キュッとくびれたウエスト・スッキリお腹を手に入れる! 体幹エクササイズ
    (編集・制作 (株)法研) 「体幹ダイエット」でウエストをシェイプ!…
  2. これなら続けられる! ダイエット効果をより高めるウォーキングの仕方
    短時間で効果を上げるウォーキングのフォーム―脂肪を燃やす歩き方
    (編集・制作 (株)法研) (「ジャストヘルス」法研より) 運動効…
  3. 食べすぎを防ぐコツ4つ!デザートは別腹・やけ食い・ドカ食いをやめるには
    (編集・制作 (株)法研) 今年こそ健康的に、楽にダイエット! 「ゆ…
  4. 食後に甘い物が食べたくなる5つの理由
    食後に甘い物が食べたくなる5つの理由
    ケーキやタルト、アイスにチョコレートなど。なんとなく、食事の後になんと…
  5. 食べ過ぎリセット! 食べ過ぎた翌日からできる太らない為の8つの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと うっ…