くらっときて、足元がおぼつかなくなった経験ありませんか? 誰もが経験したことのあるめまいは、ストレスと大きく関わっています。セルフチェックでストレス具合を確かめてみましょう。

めまいの原因はストレスかも? 25の質問からストレス危険度チェック

体のバランスがうまくとれなくなり、めまいがおきる

ふとした時に、目が回ったり、目が眩んだりするめまい。少し安静にしたり、目を閉じたりしていると、自然と治ることも多い症状のひとつです。「たかが、めまい」と放っておくと危険な場合もあるので注意が必要です。

めまいは、体の器官の働きが滞り、バランスがうまくとれなくなることで起こります。めまいが起こる原因には、体の動きを把握する三半規管、スピードや重力をとらえる耳石器、これらの器官がとらえた情報を脳幹へ伝える前庭神経、情報を受け取る脳幹、さらに脳幹から情報を受け取る視床、大脳皮質といった、さまざまな器官が関わっています。三半規管や耳石器がうまく働かないとめまいが起こるのはもちろん、これらの器官が把握した情報がうまく伝わらなくてもめまいは起こります。

めまいには、ストレスが大きく関わっている場合が。まず、下のセルフチェックで自分のストレス度を調べてみましょう。

<セルフストレスチェックリスト>

最近の自分の体調と照らし合わせながら、下の質問に答えましょう。質問にいくつ当てはまるか数えてください。

1、風邪をひきやすく、治りにくい
2、手足がよく冷えるようになった
3、手のひら、脇によく汗をかく
4、急に息苦しくなる
5、動悸がする
6、胸がぎゅっと締めつけられたようか感じになることがある
7、頭が重い感じがしてスッキリしない
8、眼精疲労が激しい
9、鼻づまりがある
10、めまいがする
11、ときどき立ちくらみがある
12、耳鳴りがする
13、喉がヒリヒリして痛くなる
14、舌の色をチェックすると白い
15、好きなものなのに食欲がわかない
16、胃の調子が悪い
17、お腹の調子が悪い
18、肩がこる
19、背中や腰が痛くなる
20、疲れが取れない、疲れやすくなった
21、体重が減った
22、寝起き、寝つきが悪い
23、集中力が弱くなってきた
24、人付き合いがめんどうだと感じる
25、口内炎ができやすくなった

当てはまる数が多い人ほど、ストレス度が高くなります。5つ以内の人は、問題なし。6〜10個の人は軽度のストレス具合。11〜20個の人は、ストレスフルな状態になりつつあります。21個以上の人は、すでにストレスが原因で生活に支障が出てきているはず。心療内科や精神科に一度、相談することをおすすめします。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと