寝ても疲れがとれない、だるい、気持ちが憂鬱…など。これらの症状は、ホルモン不足が原因で引き起こされている可能性があります。

病気ではないけど調子が悪い…プチ体調不良の原因はホルモンにある!?

ホルモンが減ることで体に不調が出始める!

ホルモンとは、体のさまざまな働きを調整する物質のこと。脳などから分泌されたホルモンは血液にのって全身をめぐり、「壊れた筋肉を修復する」「排卵をする」といった指令を伝達、各細胞を働かせています。このように重要な役割を担っているホルモンですが、加齢と共に、その分泌量は低下する傾向にあります。そしてその結果、疲れやすい、太りやすいといった、体の不調があらわれやすくなるのです。

例えば、疲れが取れないと感じている人は副腎から出るアンチエイジングホルモンの「コルチゾール」が枯れ、疲れのもとを消せなくなっている可能性があります。正しい食生活で副腎をいたわり、コルチゾールを適量出せるよう心がけることが大切です。また、食べていないのに太るという人は、成長ホルモンが不足しているのかもしれません。成長ホルモンが不足すると、脂肪の分解が滞る原因になります。成長ホルモン分泌のカギは、少しキツめの運動。筋肉を一度壊すと、脳が体を修復させるよう判断し、成長ホルモンが分泌されやすくなります。

肌、髪、物忘れ、冷えなどに影響する女性ホルモン

なかでも女性ホルモンは、体に大きな影響を与えています。手足の冷えやむくみは、自律神経の乱れが主な原因。女性ホルモンが不足すると、脳の働きが鈍くなり物忘れがひどくなる、血流が滞り首コリや肩コリが起こるなど、様々な不調があらわれます。更年期障害も代表的な症状のひとつです。女性ホルモンと自律神経の司令塔は脳の同じ部位にあるため、女性ホルモンの分泌が整えば、同時に自律神経も正常に働くようになります。すると血流がよくなり、冷えやむくみが解消します。

気持ちの落ち込みはセロトニンが不足している可能性が

幸せホルモンといわれる「セロトニン」が不足することでも、首コリや肩コリは起こります。気持ちを明るくするホルモンが足りず心が不安定になるので、筋肉が緊張してコリの原因に。また、「セロトニン」が不足すると、イライラしやすくなるのも特長です。夜なかなか寝付けないのは、睡眠ホルモンの「メラトニン」が加齢などにより減少するためです。目の網膜に入る光の刺激を減らすことでメラトニンが増えるので、真っ暗な部屋で寝るようにしてみましょう。

ホルモンの出やすい体にする生活習慣

体のさまざまな機能をコントロールしているホルモン。毎日の生活を少し変えるだけでホルモンの出やすい体に変えることができます。まず、下記のホルモン生活を乱す食事に気をつけてみてください。これらの食事を避けるだけでも、体の負担か軽くなるはずです。

<ホルモンバランスを乱す食事>

1、化学調味料を使ったインスタント食品

インスタント食品は体内のミネラルを奪い、成長ホルモン分泌の妨げになります。

2、冷たい飲み物や食べ物

体を冷やすと血流が悪くなり、ホルモンバランスが乱れます。

3、食事制限をするダイエット

食事はホルモンを分泌させるための燃料となります。燃料が不足すれば、ホルモンも不足しがちに。
その他にも、日常で出来ることはたくさんあります。ストレスがたまる前に息抜きを入れるのも、そのひとつ。ストレスが多いと副腎から「コルチゾール」が過剰に分泌され、ホルモンの無駄使いになってしまいます。また、お尻や太ももなどの大きな筋肉を効率よく刺激できるウォーキングもおすすめです。ホルモンを運ぶ血流の流れをスムーズに出来ます。夜は成長ホルモンの分泌を促すために、寝る1~2時間前に湯船につかるようにしてください。寝るときは、部屋を真っ暗にして熟睡できる環境に。食事面では、良質な油をとるのがよいでしょう。油はホルモン分泌を行うためのエネルギーになります。亜麻仁油やえごま油など、オメガ3系を積極的に摂るようにしてください。青魚から摂るのも◯。豆腐や納豆など大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンと同様の働きをするので、こちらも積極的に摂ってください。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

おすすめ

  1. デスクワークによる肩こりを解消|ボディメンテナンス・ダイエット3
    デスクワークによる肩こりを解消|ボディメンテナンス・ダイエット3
    血液循環と代謝をよくするストレッチ&筋力トレーニング。動作中収縮する主…
  2. 【声で歳はごまかせない】声も老化する!? 加齢で声が低くなる原因とは
    【声は老化する】声で歳はごまかせない!? 加齢で声が低くなる原因とは
    体型や肌、髪が老化するのはもちろん、声も年をとるのを知っていますか? …
  3. 垂れ乳になる6つの悪習慣と改善法
    年を重ねるごとに、バストは垂れていくものと思っていませんか。垂れ乳はそ…
  4. 太らないおやつの食べ方-おすすめの低カロリーおやつ
    太らないおやつの食べ方-おすすめの低カロリーおやつ
    おいしく賢いおやつの楽しみ方。小腹が空いたときのエネルギー補給、時間は…
  5. ハイヒールは脚を太くするのか? 細くするのか?
    ハイヒールでかっこよく歩く女性は素敵なもの。脚の筋力を使うハイヒールは…