便秘・肌荒れ・ぽっこりお腹の原因は『むくみ腸』? 10の診断チェック

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

顔や足のむくみは、実感したことがある人も多いはず。実は、腸もむくみ、便秘や肌荒れなどの悩みを引き起こしています。その原因と解消法をご紹介します。

 便秘・肌荒れ・ぽっこりお腹の原因は「むくみ腸」? 10の診断チェック

月経不順やインフルエンザにも関係?『むくみ腸』

むくみとは、血液中にある水分が体や手、足などに滞ったもの。飛行機に乗った後に足のむくみを感じたり、塩分の強いものを食べた翌日、顔がむくむのを感じる人も多いはず。同じように、腸もむくむのを知っていますか?

「むくみ腸」とは大腸と小腸がむくんだ状態。腸の疲労によって、水分代謝がうまくいかず、むくんでしまうのです。むくみ腸になると、全身がむくみやすくなるだけでなく、血行不良、代謝の低下などの不調も起こります。また、便秘、肌荒れ、月経不順などにも関係すると言われます。さらに、腸には、体の7割の免疫細胞が集まっています。むくみ腸を放置すると、腸内環境が悪化し、免疫力が低下。風邪やインフルエンザなどにかかりやすくなります。

腸は臓器の中でもストレスに弱い繊細な器官。過剰な水分摂取や水分不足、食生活の乱れ、冷え、運動不足などがむくみ腸の原因と言われています。便秘や下痢などの症状を気にかける人はいても、むくみ腸までケアしている人はほとんどいないのではないでしょうか?
腸の不調を感じる人の半数は、むくみ腸と言われています。下の「むくみ腸セルフチェック」で1つでも当てはまれば、腸がむくんでいる可能性大です。

<むくみ腸セルフチェック>

1、便秘、または、出ても残便感がある
2、肌荒れが治らない
3、寝起きの顔がむくんでいる
4、昨日の疲れが残る
5、太りやすくなった
6、頭痛や肩こりがある
7、平熱が低い(35℃台)
8、月経不順やPMSがある
9、お腹が冷えやすい
10、下剤を5年以上使っている

体を温め、食事は腹8分目で腸をいたわって

やっかいな不調を引き起こすむくみ腸ですが、日頃のケアで改善することができます。

まずは食べすぎをやめましょう。腸は、食べ物から栄養や水分を吸収したり、不要なものを便にして排出するのが役割。食べ過ぎは、消化から排出まで多くの時間がかかり、腸に負担がかかるので、食事は腹8分目に。寝る前の食事も腸を疲弊させます。睡眠時は腸も休ませたいので、寝る3時間前までには食事を済ませましょう。

また、冷えると体が血行不良になるように、腸も冷えると血流が滞り活動も鈍くなり、水分を溜め込んでむくみ腸になってしまいます。体の中心にあたる腸は決して冷やさないように注意を。

軽い運動は、体の血流がよくなり冷えも解消、腸にも適度な刺激が与えられるのでオススメです。滞った水分にダイレクトに働く、腸のマッサージも効果的。
むくみ腸を解消すれば、顔のむくみも解消するそう。取り入れやすいむくみケア方法から、試してみてください。




太りやすい・肌老化・免疫力ダウン…『腸体温』の低下が招く体調不良

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

腸の体温が低いと、病気にかかりやすくなります。そのしくみを解説します。

太りやすい・肌老化・免疫力ダウン…『腸体温』の低下が招く体調不良

免疫細胞が働かず病気になりやすい体に

がんの死因は、女性で大腸がんがトップ。男性でも3位になっています(人口動態統計によるがん死亡データ/2016年)。
大腸がんが多くなっている原因として、食の欧米化があげられます。
それと共に注意してほしいのが“腸体温”の低下。大腸がんには、腸体温が関係していると考えられる、と東京有明医療大学の川嶋朗教授は指摘しています。
人の体は、体温が低くなると免疫力が低下します。実は、50年前の調査で、日本人の体温は、いまより1度近く高かったそう。それが運動不足や、冬でも冷たい食べ物や飲み物をとるなど生活様式の変化で低下してきました。

体温の低下にともない、腸の温度も下がっています。これが健康に大きな影響を与えているのです。
腸には食物の消化・吸収という重要な役割があります。体を作る、動かす、回復させる……すべての体の活動に栄養が必要です。
しかし、腸体温が低いと消化・吸収能力が落ち、栄養が十分に供給されず、体中に不調が起こってきます。また、がんは「嫌気性」といい、酸素のない状態を好む病気。冷えた体は酸素が巡りにくく、がんが喜ぶ状態です。つまり腸の冷えが大腸がん増加の原因のひとつと考えられるのです。

そして、腸は体で最も「免疫細胞」が集まるところでもあるのも、近頃知られるようになってきました。腸には食べ物などに付着した菌が、そのまま入ってきます。これを排除して体を守るため、体中の6〜7割の免疫細胞が集まり、外敵をやっつけているのです。しかし腸体温が下がると、免疫機能が働きにくくなり、病気にかかりやすくなってしまいます。

腸体温が下がると現れる全身の不調

腸が冷えると、以下のようにさまざまな不調が起こります。あなたも“腸冷え”が原因で、体にトラブルが起きているかもしれません。

◯体が栄養不足に

消化酵素は40度くらいで最もよく働くため、腸は常に40度の高温を保っています。この温度が低いと消化酵素が十分働かず、栄養不足になってしまい、全身の機能が低下します。

◯代謝が下がり生活習慣病に

腸は24時間365日働き、カロリーを消費しています。腸温度の低下で動きが悪くなると、代謝がダウンします。すると太りやすくなったり、さまざまな生活習慣病を引き起こすことにも。

◯免疫力ダウンで病気がちに

腸には体の約7割の免疫細胞が集中しています。腸温度が下がると、免疫細胞の働きも悪くなります。免疫力が下がり、病気にかかりやすい体になります。

◯アレルギー反応も腸冷えから

腸体温の低下で起こりがちなのが、アレルギー症状です。卵などのタンパク質が十分に消化されないまま血中に入ると、体はこれを異物とみなして、アレルギー反応が起こることにも。

◯血液老化で肌が老化!

腸の環境が悪くなると、悪玉菌が増加します。ここで発生した有害物質は、血液にのって全身に回ります。汚れた血で肌が老化したり、さまざまな不調の原因にもつながります。

腸のためにとヨーグルトを食べている人は気をつけて!

健康のために“腸活”を心がけている人も多いのでは? ただし、腸にいいと思ってやっていることが、実はまちがっている場合もあるのです。

◯ヨーグルトで腸が冷える

「腸にいいから」と食べるヨーグルトで、逆に腸を冷やしているかも。腸にいい発酵食品は、納豆や漬物、みそなど日本古来のものがオススメです。ヨーグルトを食べるなら、レンジで40度くらいまで温めましょう。

◯半身浴は温活にならない

半身浴では体が十分温まりません。必要なのは水圧が心配な心臓病の人だけ。腸体温アップには、39度くらいのお湯に全身で長く入るのがベスト。熱いお湯は交感神経を刺激して、腸体温を逆に下げてしまうので×。
ちなみに、体温が高くても冷房が苦手だったり、冷えを感じる人は、腸が冷えている可能性が高いので油断禁物です。温かい食べ物を食べ、腹巻をしたり、お腹に湯たんぽを当てるなどして、腸を温めるよう心がけましょう。

続きを読む




女性はお腹にガスが溜まりやすい? その原因と解消法

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

お腹が張って苦しかったり、おならをガマンしてつらいと感じることが多いなら、それはガスが溜まっているからかも。女性がお腹にガスが溜まりやすい理由と、その解消法をご紹介します。

女性はお腹にガスが溜まりやすい? その原因と解消法

ガスの元は口から飲みこんだ空気

「ポコッと出た下腹」、「お腹の圧迫感」、「おならがでやすい」など、ガスが溜まることで起こる不快症状に悩む女性が多くいます。実際、20〜50代の女性の約3割がお腹にガスが溜まっていると感じているそう。お腹に溜まったガスのほとんどは、口から飲み込んだ空気です。
人は気づかないうちに、飲食をしながら空気も一緒に飲み込んでいます。その一部は、ゲップとして口から排出されますが、それ以外は腸に送られます。特に早食いの傾向がある人は、食事の時に空気もたくさん飲み込んでしまいがちです。また「副鼻腔炎」、「蓄膿症」などの人は、口呼吸になりがちで、喉に空気が流れ混みやすくなるため、ガスも溜まりやすくなるのです。

女性ホルモンの影響で女性はお腹にガスが溜まりやすい

そして、女性は女性ホルモンの影響で、ガスが溜まりやすいのだとか。排卵から月経までの半月は、腸が便を送り出すぜん動運動が鈍くなります。そのため腸に便が溜まりやすくなり、溜まった便がガスを発生させます。
また、炭水化物が好きな女性も注意が必要。イモ類、パン、ごはんなど、でんぷん質が多い食べ物は、腸内のガスを発生しやすくするのだそう。ガスが溜まったらおならとして排出すればよいのですが、人前では出しにくいもの。トイレなどで排出するのだけでは不十分で、日中ガマンし続けていると、なんと腸に穴が開く場合もあります。女性はお腹にガスが溜まりやすい要素がたくさん。お腹にガスが溜まってきたなと感じたら、こんな方法を試してみましょう。

<お腹に溜まったガスの解消法>

◯ヨガのガス抜きポーズをする

腸内のガスを排出して、腸内環境を整えるのが「ガス抜きのポーズ」。床に仰向けに寝たら、両ひざを腕でかかえるようにして胸に近づけます。お腹が圧迫されるのを感じるはず。そのまま、ゆっくり呼吸を10回程度行いましょう。終わったら足を戻し、仰向けのまま数回呼吸してリラックスします。

◯うつ伏せで寝る

お腹の下に枕やクッションなどを入れて、うつ伏せで寝ます。10分くらいを目安にお腹を圧迫して、おならを出しやすくしましょう。左右に体を揺さぶるとより効果的。寝る前に、うつ伏せになりながら読書をするなどを習慣にすると、ガスが溜まりにくくなります。

◯腸内環境を整える

ヨーグルトやぬか漬けなどに含まれる乳酸菌や、不溶性・水溶性の食物繊維をバランスよくとって、腸内環境を整えましょう。食事の量が極端に少ない女性は、便の量が少ないため便秘がちになります。同時にガスも溜まりやすくなるのです。3食きっちり食べることも心がけて。

◯腹式呼吸をする

ストレスを感じると、腸のぜん動運動が起こりにくくなります。すると便秘になり、ガスがお腹に溜まりやすくなります。朝起きたとき、腹式呼吸を行ってリラックスし、腸のぜん動運動を促してスッキリ便が出せるような体を目指して。

◯お腹を冷やさない

お腹が冷えると腸内細菌のバランスが悪くなったり、腸のぜん動運動が鈍くなったりします。夏でも薄手の腹巻をする、素足にならないなど、お腹を含めた下半身を冷やさないようケアを心がけて。

続きを読む




疲れ目解消で顔の印象まで変わる!?出会いの季節に役立つ即効目元ケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

目は顔の印象を大きく左右する重要なパーツ。出会いの多い季節に、第一印象をよくする目元ケアをまとめました。

疲れ目解消で顔の印象まで変わる!?出会いの季節に役立つ即効目元ケア

こまめなケアで疲れ目を解消してイキイキした目に

初対面では、まず目をみてあいさつしますよね。そのとき、目に力がなければ自信がなく見えますし、白目がクリアなら清潔感のある印象に。つまり目は、顔の一部というだけでなく、人の印象までも左右する重要なパーツです。
しかし、現代の生活では、パソコンやスマホなどの時間が増え、目にかかる負担が増えています。また、コンタクトレンズを日常使いしていると、ドライアイになり目の疲れに。目の疲れをそのままにしておくと、目の下のクマ、たるみ、しわなどの原因になります。
さらに、目が疲れると小さくなってくるので、顔全体に力がなく、疲れた印象を与えるように。そこで、目の疲れを取り、顔の印象をよくする方法をご紹介します。

<出会いの季節に役立つ速攻目元ケア>

1)ツボを押す

目の疲れに速攻で効くツボを押しましょう。目の疲れを感じたら、下の3つのツボを刺激して。ゆっくり息を吐きながら押し、吸いながら指を離して。ツボ押しはイタ気持ちいいくらいの強さが目安ですが、目の周りは皮膚が薄いので、優しく押しましょう。

・魚腰(ぎょよう)…眉のほぼ中央で、黒目から真上のラインにあたる部分。押すと痛みを感じる。
・攅竹(さんちく)…眉頭(眉毛のいちばん内側)の、すぐ下にある骨のきわの部分。
・晴明(せいめい)…目頭と鼻の横の間にあるくぼみの部分。

2)目を潤す

コンタクトレンズを使っていると、目の潤い物質が蒸発しやすくなり、目が乾きます。ドライアイは目の疲れの原因になるので、ドライアイ専用の人口涙液をこまめに使用しましょう。また、目の疲れがひどい時はメガネにするなど、コンタクトレンズを使い続けるのを避けることも必要です。

3)目を温める

手をこすり合わせて温めたら、目を閉じて手のひらを目元に当てます。すると、じんわりした温かさを感じるはず。目のまわりの血行がよくなり、目の疲れが取れます。疲れが楽になるまで、何回かくり返しましょう。

4)ストレッチをする

目元に疲れを感じている場合、首や肩、背中の筋肉も疲労しています。トイレに立つついでなどにストレッチをして、血流を良くしましょう。体内の疲労物質が流れて、目元がパッチリします。

5)耳をまわす

耳にはたくさんのツボが集中しています。耳を両手でつかみ、軽くひっぱりながら前に10回、後ろに10回まわしましょう。耳を前に折りたたんだり、上下に二つ折りにするのもおすすめ。疲れ目で血行が悪い人は、耳が冷たく、触ると痛い人も。少しずつほぐすことで顔の血行がよくなり、目の疲れが軽減します。

6)目の充血用の目薬を使う

目が疲れてくると、目の血管が目立ち、白目の部分が少しピンク色に見えます。目の充血用の目薬を使うと、白目がクリアに。速攻ケアとして目薬を常備するとともに、日頃から紫外線、パソコンなどのブルーライトなどから目を守りましょう。真っ白な白目をキープして、清潔感のある印象を与えて。

7)まつげをカールさせる

目が疲れている時、応急処置としてビューラーでまつげをカールさせるのも効果的。まつげを上向きにすることで、目が大きく見えるのはもちろん、目に光が入りやすいので、目が輝きイキイキして見えます。顔の印象を変える、即効テクとしておすすめです。

続きを読む



腸内環境の改善で”性格”まで変わる?!心の安定を得るための方法5つ

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

腸内細菌の状態が心の状態まで左右することが、研究でわかっています。腸をケアして心の安定を得る方法をまとめました。

腸内細菌で体の不調からうつまで改善

「ストレスは万病のもと」といいますが、現代で生活する上ではストレスから逃げることはできません。そのストレス、腸にも影響しているのを知っていますか?
心と腸と脳はお互いに影響しあっていて、これを「腸脳相関(ちょうのうそうかん)」といいます。脳がストレスを感じると、腸の働きも低下するのです。強いストレスを感じると便秘や下痢になるのもこのせい。

昨今の研究では、腸内の細菌が脳の幸福度までコントロールしていることもわかってきたとか。つまり、腸の状態をよくすれば、心も安定するということ。
ついには、健康な人の腸内細菌を移植する「腸内フローラ移植療法」も登場。この治療法では、体の不調だけでなく、うつを改善したり、社交的にしたりなど性格を変える効果もあるというほど。ストレスに負けない体になるためには、腸内環境を改善することが大切なんです。

腸が元気になると、幸せを感じるホルモン「セロトニン」の分泌量がアップします。幸せな気分を感じることができ、小さいことでクヨクヨせず前向きな人になれます。
また、自律神経の「交感神経」と「副交感神経」のメリハリが出てくるので、ストレスを感じてもコントロールできるようになり、ストレスに強くなります。すると、ストレスによる便秘や下痢も起こりにくくなることに。
このように、ストレス社会で生活しても心の安定を得られる、腸のケア方法をご紹介します。

腸内環境を改善して心の安定を得るための方法5つ

1)朝食を食べる

食欲がないからと朝ごはんを抜いていませんか? 朝ごはんは、腸にとって目覚まし時計と同じ作用があります。眠っていた腸を目覚めさせるため、朝ごはんには脳のエネルギーになる糖質を含めて、しっかりとりましょう。卵などのタンパク質のほか、みそや漬物など、腸内環境を整える発酵食もとると、さらに◎。

2)腸をもむ

お腹を手でマッサージする「腸もみ」をすることで、腸のぜん動運動を促して便秘や溜まったガスを解消しましょう。最近では、腸をもむことでストレスに強くなることもわかっています。

3)食事は寝る2時間前までに

寝る直前に食事をすると、睡眠中も腸などの消化器官は働きっぱなし。本来、睡眠中は腸を休ませ、昼間の疲れを回復させる時間です。腸が休めないと、翌日の体にも疲労が残ります。これが心の安定の妨げに。腸を休めるためにも、食事は寝る2時間前までに済ませましょう。どうしてもお腹が空いてしまった場合は、温かいミルクなど消化しやすいものを摂って、お腹を落ち着かせて。

4)腸を温める

腸が冷えると、腸内細菌のバランスが悪くなり、これが心の不安定にもつながります。夏場でも冷たいものは控える、お腹を冷やさないようにタンクトップなどの下着を重ね着するなどして、冷えからお腹を守りましょう。

5)白湯を飲む

アーユルヴェーダで白湯は“内臓のシャワー”と言われています。朝、起き抜けに自分が心地よいと感じる温度の白湯を飲むことで、胃や腸の疲れの解消に。眠っていた内臓を目覚めさせるとともに、冷えた腸を温めることができます。また、白湯には消化力をアップさせる効果もあるそう。朝食前に飲むことで、腸の準備運動にもなります。

続きを読む



顔の歪みチェックのやり方|えっこれだけ!?簡単マッサージで左右対称顔

ノーイメージ

【お話を伺った人】平山昌弘氏

フィジカル・ディレクター 1959年東京生まれ。日本体育大学大学院修士課程修了。ヨーロッパのナショナルスキーチーム専属フィジカルトレーナーとして貢献。帰国後、ゴルファーなどプロスポーツ選手の指導・…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

(「きれいになる ボディデザイン」平山昌弘監修、法研より)

顔のゆがみはからだ全体のゆがみのサイン。からだも顔もニュートラルポジションに戻し、魅力的な顔になろう!

顔の手入れの前にからだのゆがみをとろう

顔もからだの一部ですから、からだがゆがんでいると顔にもゆがみが出ます。だから顔だけをケアしたのでは魅力的な顔にはならないのです。
たとえば姿勢が悪いと、からだは無意識にバランスをとろうとして、首から肩、背中などが緊張します。そうすると、血行やリンパの流れが悪くなって老廃物がたまり、肌荒れやくすみができてしまうのです。また、からだの緊張は顔の筋肉や皮膚を下へ引っ張り、顔をゆがませる原因になります。

顔のゆがみをとる近道は、からだをニュートラルポジション(ゆがみがなく自然なバランスがとれた状態)に戻すことです。(『【体のゆがみをチェック】ゆがみを直せばスタイルが良く見える!』、『姿勢が悪い人は体が歪んでいる!? 寝る前のストレッチで歪みをリセット』 参照)

からだの中でも、ニュートラルポジションから外れやすいのが首。ほかの動物と違って、2本足で立って歩く人間の首は位置がずれやすく、デスクワークでパソコンを使うことが多い人は、特にその傾向がみられます。
首から肩へかけての緊張がひどくなると、顔がゆがむだけでなくしわやたるみ、口角が下がる原因に。だから、顔の手入れよりも前に、首の緊張をとることです。
方法は簡単。姿勢を正し、頭を前にうなだれ首の後ろを脱力したら、今度は頭を後ろに倒して首の前面を伸ばします。このとき首の力は抜いて、頭の重さにゆだねるようにするのが大切。もっと簡単なのは、舌をできるだけ前に出すこと。舌の奥の筋肉は首の前面の筋肉につながっているため、そこをストレッチすることで首の緊張をとくことができるのです。

鏡に向かって自分の顔をチェック、ゆがみに気づこう

魅力的な顔になるためには、顔のゆがみを知って、からだのゆがみといっしょに正していくことです。そこで大切なのは顔のゆがみに気づくこと。鏡に向かって自分の顔をじっくり観察し、顔のどこがどのくらいゆがんでいるのかチェックしましょう。こうした顔のゆがみは全身のゆがみの縮図。顔のゆがみから、全身のゆがみがチェックできるのです。

顔のマッピングでゆがみ具合がわかる

顔のゆがみを自分で手軽にチェックするためのエクササイズが顔のマッピングです。顔がゆがんでいると、肌の状態まで悪くなり、化粧品の効果も台無しに。顔のマッピングで、顔の骨格やほお骨、肌の弾力を感じ、顔のゆがみ具合をチェックしましょう。マッピングによって、今の状態がニュートラルポジションからどれだけ離れているかがわかります。手でしっかり触ってチェックしてください。

小鼻のマッサージで左右の顔のゆがみを解消、小顔効果まで

顔のゆがみがはっきりわかるのが、鼻の穴の大きさ。マッピングで鼻の穴の大きさとほお骨の高さをチェックしてみましたか? 左右差のある人が多かったのではないでしょうか。鏡の前であごを上げ、鼻の穴とほお骨をチェックすると、ほお骨の高いほうが鼻の穴が大きく、低いほうが鼻の穴が小さく楕円がきつくなっているはず。これは、鼻の穴の小さいほうが顔の緊張が強くなっているため。これでは、顔全体が下に引っ張られ、老け込んだ表情になってしまいます。

この顔のゆがみを正すには、鼻の穴が小さいか、楕円のきつい小鼻の横を円を描くようにマッサージする方法が効果的。これによって緊張していた皮膚がゆるみ、下から引っ張られていた顔の筋肉が上がってほお骨の高さがそろってきます。
これだけで小顔に見えると言ったら信じられないかもしれませんが、ほお骨がほんのコンマ数ミリ高くなっただけでも、実際の顔より小さく見えるのです。

※この記事は2007年3月に配信された記事です

続きを読む



  1. 1
    野菜ジュースは飲んでも意味がない? 野菜ジュースでとれる栄養とは
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2
    批判されても挫けない!『心が折れない』強いメンタルの作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3
    足がむくむ、足がダルい…女性に多い『下肢静脈瘤』かも? 原因と症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 4
    脳は疲れない? 酷使することで能力を高める方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  5. 5 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  6. 6
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  7. 7
    腸内環境の改善で”性格”まで変わる?!心の安定を得るための方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 腸内…
  8. 8
    あの人うつ病かも? うつを見分ける症状のポイント|接し方のヒント
    【執筆】住本吉章カウンセラー 誰でもが陥りやすいうつ状態 …
  9. 9 ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    環境の変化にストレスを感じる人と感じない人がいる 日々、暖かくなって…
  10. 10
    【医師が教える】夏まで90日!リバウンドなしダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  11. 11
    体はストレスや疲労のサインを出している―年度替わりのストレス対策
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 3~…
  12. 12
    【足のむくみを解消するストレッチ】座ったまま、仕事の合間でOK!
    (編集・制作 (株)法研) デスクワーク中でも座ったままできる運動で…
  13. 13
    女性に多い『痔』原因と症状|こんな人は要注意!痔になりやすい7つの習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 男性…
  14. 14
    寝起きスッキリ! 朝すぐに起きられる人になる11個の方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 早朝…
  15. 15
    怒りの対処法「アンガーマネジメント」で人間関係を円滑に
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  16. 16 痩せたい人が食べるべき食材|“脂肪を燃やす栄養素”の最新情報
    痩せたい人が食べるべき食材|“脂肪を燃やす栄養素”の最新情報
    知らなきゃ損! 微量でも体内で大きな力を発揮する。 微量栄養素が欠乏…
  17. 17 仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  18. 18 ポッコリお腹がへこむ!道具いらずのお腹ヤセ体操
    ポッコリお腹がへこむ!道具いらずのお腹ヤセ体操
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 北海…
  19. 19
    ネガティブな考えにオサラバ、考え方のクセをつかみ改善する7つの方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ネガ…
  20. 20
    家庭でできる食中毒予防|心がけて欲しい8つのポイント
    (編集・制作 (株)法研) 「わが家では起こるわけがない」と思ってい…

一覧