頭と首を別々に動かすことが、美肌とアンチエイジングの基本です。頭と首の境目にある筋肉を意識し、正しく動かすことで、頭部の血流を促し小顔効果や眼精疲労の改善を期待できます。

目鼻立ちクッキリの小顔になれる! 簡単3つの後頭下筋群ストレッチ

頭と首の境目は、血流・体液の巡りポイント

小顔になるために顔ばかりケアしていても、根幹となる頭部と体幹を結ぶ首にコリや滞りがあると、栄養や酸素が行き届かないため、効果を得ることができません。カギとなるのが、頭と首の境目にある筋肉「後頭下筋群(こうとうかきんぐん)」です。この筋肉が適切に動くことで、血流、体液の巡りがよくなり、小顔につながります。

「頭と首の境目」といわれても、わかる人は少ないのではないでしょうか? これは、ほとんどの人が正しい動かし方を知らない証拠。まずは頭と首の境目の正確な位置を把握しましょう。左右の耳たぶの後ろあるポコッと出た骨「乳様突起(にゅうようとっき)」を触ってみましょう。この突起の左右を結んだ線の高さの後頭部側が、頭と首の境目です。

頭、首、それぞれが単体で動くイメージで

頭と首はつながっているため、ほとんどの人は一緒に動かしてしまい、本来動かなくてもいい場所までが頑張ってしまっています。当然、その場所には負荷がかかるので、コリなどの不調が現れやすくなります。顔がむくんだりするのもこのせい。構造的には、筋肉と皮膚などで頭と首はつながっていますが、頭と首は「別々に動かす」ことがポイントです。初めはできなくても、意識して行っているうちに、筋肉に指令を送る神経系が少しずつ発達して体へしみこんでいくので、次第に無意識にできるようになっていきます。まずはデスクワークの合間などに、下のエクササイズを行ってみましょう。

頭と首を正しく動かすエクササイズ

1、前後に動かす
左右の耳の穴を結んだ線をイメージし、その線を軸としてうなずく動作を行います。

2、左右に倒す
鼻を中心にし、頭が首の上で転がるようなイメージで左右に倒します。

3、左右にねじる
頭頂部から地面に、体の中心に1本の棒が垂直に立っている軸をイメージします。頭と首の境目と、この軸を意識しながら頭を左右にねじります。すると、頭が揺れずに、きれいに左右にねじれるはずです。

顔のむくみが解消され、目鼻が際立つ小顔に!

頭と首の境目にある「後頭下筋群」は、酸素や栄養を頭や顔に届ける通り道。また、この部位は脳髄液の運搬も担っているため、神経伝達にも大きな影響を与え、うつ病にも関係があるとも言われる重要なポイントです。首まわりのだるさや頭痛、眼精疲労を感じたら、頭と首が正しく動かせていない証拠です。

上記のエクササイズを行い、「後頭下筋群」を正しく動かすうちに、首のコリも改善。と同時に小顔のベースとなる頭部への血流がアップするので顔色がよくなり、むくみも解消されます。また、眼精疲労も改善されるので、目が開けやすくなり、目の奥に輝きも! 顔のパーツがくっきりするのでより小顔効果が実感できるはずです。さっそく試してみてください。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

おすすめ

  1. 【声で歳はごまかせない】声も老化する!? 加齢で声が低くなる原因とは
    【声は老化する】声で歳はごまかせない!? 加齢で声が低くなる原因とは
    体型や肌、髪が老化するのはもちろん、声も年をとるのを知っていますか? …
  2. 垂れ乳になる6つの悪習慣と改善法
    年を重ねるごとに、バストは垂れていくものと思っていませんか。垂れ乳はそ…
  3. ハイヒールは脚を太くするのか? 細くするのか?
    ハイヒールでかっこよく歩く女性は素敵なもの。脚の筋力を使うハイヒールは…
  4. 遺伝だけじゃない!? 若白髪の3つの原因|まだ間に合う対策と予防法
    遺伝だけじゃない!? 若白髪の3つの原因|まだ間に合う対策と予防法
    1本あるだけでぐっと老けて見られてしまう白髪。若白髪は遺伝だけでなく理…
  5. 猫背を治すにはまずは首から-ストレートネックの解消法
    猫背を治すにはまずは首から-ストレートネックの解消法
    デスクワークの多い人の肩・首こりに肩甲骨周りのストレッチ。 緊張で硬…