ドラマ「母になる」の主役・結衣の息子「広」は愛着障害?

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

2017年4月にスタートした日本テレビの連続ドラマ「母になる」。
約3年ぶりに沢尻エリカが連続ドラマの主演を務めるということで、放送開始前から話題になっていました。小池栄子との演技対決を、毎回、ハラハラしながら見守っている人も多いのではと思います。

ドラマ「母になる」の主役・結衣の息子「広」は愛着障害?

誘拐犯に置き去りにされた子どもの心理を描く

沢尻エリカ演じる結衣と、藤木直人演じる陽一の間に生まれた息子広(こう)がある日突然、誘拐されたところからストーリーが始まります。当時、広はわずか3歳。
それから紆余曲折あって、結衣と陽一は9年ぶりに広と再会することになります。行方不明になっていた9年間、広は小池栄子演じる門倉麻子によって育てられていました。

生みの親と育ての親。子を思う二人の対決が見モノの、このドラマ。
簡単にいえば、結衣や麻子、それから結衣の友だちで同時期に娘を出産した、ワーキングママの莉沙子が、傷ついたり、迷ったりしながらも母として成長していく様子を描いたヒューマンドラマです。

ドラマを見ていて気になるのが、息子・広の性格について。
結衣や陽一と一緒に暮らし始め、3人の生活を取り戻そうとしたとき、広はとても大人しく、素直でよい子でした。
しかしその一方、結衣の作ってくれたお弁当を食べず、ゴミ箱に捨てたり、結衣に対して素っ気なく当たったりしています。
これは、育ての親である麻子に対する思いや、麻子が服役していた間、預けられていた施設に戻りたいという気持ちの裏返しだったのでしょう。
しかし、「大人しく良い子」という表の顔と、「冷たく素っ気ない」という裏の顔には、若干、違和感を覚えずにいられません。

5歳までに発症する「愛着障害」とは?

ここで浮かんでくるのが、「広は『愛着障害』なのか?」という疑問です。
「愛着障害」とは、「幼い頃、長期に渡って親から十分な愛情を与えられなかったことで起こる障害」のこと。
子どもはお腹が空いたときやオムツを交換して欲しいときなど、泣くことで養育者にアピールします。父親や母親はこれに応え、子どもの面倒を見ることでコミュニケーションを図ります。
こうした繰り返しの結果、築かれるのが「愛着(アタッチメント)」。要するに、養育者と子どもとの間で育つ心理的な結びつきです。
子どもはこの愛着をベースに、人に対する信頼感や自己表現などを高め、社会性を育んでいくのですが、乳幼児期にうまく愛着が育たないと、その後、子どもの発達にたくさんの障害が出てきます。
愛着が育たない主な原因は、養育者による虐待やネグレクトなど。近年、社会で取り上げられることが多い、大切なテーマですよね。

愛着障害のある子どもには、次のような症状がみられます。

・人間不信になり、人との積極的な関わりを避ける
・いつも他人に依存してしまう
・周りの目が気になり、常にビクビクしている
・行動が衝動的で、自制がきかないことがある
・他人の注意を引こうとしたり、無差別に親しげに振舞ったりする
・心から喜んだり、満足したりすることがなく、情緒的な反応が欠如する など

愛着障害はほとんどの場合、5歳以前に発症します。だから、この時期には養育者と子どもとの間に、しっかり愛着(アタッチメント)を育てることが大事なのです。
広が誘拐されたのは3歳の時。そこから9年間、麻子の手によって厳しくも愛情たっぷりに育てられたとはいえ、実の両親と離れ離れになっていたことは、少なからず広の心に大きな影響を与えたでしょう。
広の場合、暴力的だったり衝動的だったりするようなことはありませんでしたが、その反面、いわゆる“よい子”として誰に対しても親しげに振舞ったかと思えば、母親が作ってくれた弁当を無表情に捨てたりする二面的な性格に、愛着障害が表れているのかもしれません。

実は、育ての母親である麻子も!?

もうひとつ考えたいのが、実は、広の育ての親である麻子も愛着障害ではないのかということです。
故郷で長期療養中の母から「早く孫の顔を見せてくれ」と迫られ、信じていた男に裏切られ、挙げ句の果てに流産。
麻子自身、「お母さんは悪くない。お母さんの期待に応えることができなかった自分が悪い」と述べているように、幼い頃から母親に厳しく育てられ、大人になった今もなお、母親の過剰な期待で押しつぶされそうになっている様子がうかがえます。
愛着障害の症状がみられるのは一般に小学生くらいからですが、なかには30歳を過ぎても見られる人がいると言います。
誘拐犯に置き去りにされた広を見つけ、最初は看病するだけのつもりだったのに、やがて広を我が子として育てることを決意した衝動的な行動は、愛着障害のためだったのかもしれません。
そして、そうした行動に対してほとんど悪びれることなく、「広を育てた母親は自分」と結衣に堂々と名乗る自分本位な行動も、麻子自身、幼い頃から母親の愛情を受け取ることができず、愛着障害を起こしていることに由来するのかもしれません。

いずれにしても、「母になる」という事実が女性の人生にとってどのような重みをもつのか。そして、女性が母になっていく過程で、子どもがどのような心理的変化を見せるのか。視聴者に深く問いかけるドラマです。




ストレスを生みやすい考え方|なんで自分ばっかり…て思ってない?

ノーイメージ

【執筆者】ピースマインド・イープ

■ピースマインド・イープ株式会社 高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルーム…

もっとみる

ものごとの受け止め方は、人それぞれ違うものです

ものごとに対する見方や受け止め方、考え方は人それぞれ違います。
例えば、仕事で小さなミスをしてしまい、同僚や上司に注意を受けたとき、「このくらいのミスで良かった」と思う人と「こんなミスをしてしまうなんてすべて台無しだ」と思う人がいたとします。この場合、どちらがストレスを生じやすいでしょうか。

皆さん、お分かりですね。後者のほうがストレスを生じやすいと考えられます。ストレスの受けやすさは、ものごとに対する見方や受け止め方、考え方(心理学の用語では「認知」と呼びます)によって変わってきます。ストレスを生じやすい人は、ものごとの捉え方に独特のものがあり、行動の柔軟性が失われ、自縄自縛の悪循環を生み出す結果を招いてしまいます。

専門的には「認知のゆがみ」と表現される、このストレスを生じやすい思考パターンの代表例をご紹介します。知らず知らずにうちに、このような思考パターンに陥っていないかどうかチェックしてみましょう。

全か無か思考

(例)自分の仕事に一部でも不完全な部分があると、それだけで「すべて失敗だ」と思い込んでしまう。

あらゆるものごとに対して「白か黒か」といった両極端な見方をしてしまうことで、先程の「こんなミスをしてしまうなんてすべて台無しだ」というものごとの捉え方は、これにあたります。「白か黒か」「全か無か」という極端で硬直したものごとの捉え方ではなく、できるだけ柔軟にものごとを捉えるよう心がけましょう。
また、普段は柔軟にものごとを捉えることができていても、過大なストレスを受け続けていると、心のゆとりを失ったうえに、このような硬直した捉え方に陥ってしまい、一層ストレスが増すといった悪循環にもなりかねません。

感情的決めつけ

(例)「不安だ、だから失敗するに決まっている」「私はダメな人間だと感じる、それが何よりも自分がダメな人間であることの証拠だ」

「自分はこう感じるのだから、それは事実である」というように、自分の感情を事実の証明であるかのように思い込んでしまう考え方を「感情的決めつけ」といいます。感情的決めつけは、ネガティブな思考、感情が前面に出てきていて、ポジティブな思考や感情が後退しているような場面で生じやすいものです。ものごとに対する見方や受け止め方は、人それぞれ違います。「なんで自分だけ~と思うのだろう」と疑問に思ったり、なんとなく生きづらさを感じる場合は、カウンセリングを利用して、認知の歪みを修正してみてはいかがでしょうか。

※この記事は2007年7月に配信された記事です

続きを読む




良い関係を築きたい相手には心を開くといい|自己開示の効果

ノーイメージ

【執筆者】ピースマインド・イープ

■ピースマインド・イープ株式会社 高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルーム…

もっとみる

集団生活からは逃れられない

私たちは、日々、多くの人々と社会生活を営んでいます。1人で行動することもありますが、ほとんどの場合、様々な集団に属し、その一員として活動しています。集団とは、ある目的を達成するために集まったものと定義され、その中で行なう行動は集団行動です。

近年は、個を尊重するという名目のもと、集団行動自体が少なくなってきたといわれますが、私たちの生活は、地域や学校、職場といった集団で行なわれることが多く、集団を意識しないという方は少ないのではないでしょうか。このように、集団は、私たちが社会生活を送っていく中で欠かせないものです。その集団の中で、私たちは、様々な人間関係を築いています。もっとも身近な人間関係である家族をはじめ、学校では友人、働く人にとっては、職場の同僚や上司、部下などと人間関係を築いていかなければなりません。特に、新しい集団の中では、相手がどういう人か分からず、その距離感をつかんでいくことで精一杯になってしまうことも多いかもしれません。

こうした人間関係を構築していくためには、ある程度の時間が必要ですが、その集団の中では、表面的な人間関係が楽なのでよいと考えている方もいます。特に職場などでは、複雑な利害関係が発生するため、仲間と仕事以外の話をしたことがないという方も少なくないでしょう。しかし、日頃から、その集団の中で、自分自身の様々な話をしていきながら、相手との信頼関係を深め、高いパフォーマンスを上げている例があります。これは一体どういうことでしょうか。

自己開示がもたらす効果とは

自分自身のことを他の人に伝えることを自己開示といいますが、私たちは人間関係を築くとき、相手との関係の進展に伴った自己開示をしています。表面的な自己開示、たとえば、差しさわりのない趣味の話といった個人的な情報を伝えることから、関係が徐々に深まるにつれて、自分自身のこれまでの経験や価値観、将来に向けて考えていることといった深い自己開示をしていきます。

こうした相手との関係に合った自己開示をしていくと、自己開示された相手も同じように自己開示をしてくれることが多く、これを専門的には「自己開示の返報性(へんぽうせい)」と言います。こうした自己開示は、集団の中で、信頼関係を築きやすくさせる効果があり、その信頼関係の深さがパフォーマンスに影響することがあるのです。

自己開示といっても構えることはありません。興味があるものや、日頃考えていること、難しいようであれば、表面的な個人の情報、たとえば、好きな食べ物の話などでもよいでしょう。集団の中で上手に自己開示することによってお互いを知り、信頼関係がもたらす効果を実感してみませんか。

※この記事は2008年6月に配信された記事です

続きを読む




叱り上手・ほめ上手の6つのコツ|人間関係を円滑にする極意

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

どちらも難しいけれど、部下や子どもを成長させたり、人との関係をよくしてくれるキメ手になるのが“叱ること”と“ほめる”こと。うまく使いこなして、人間関係を円滑に構築しましょう。

叱られた経験の少ない人が増えている

人を叱ることと、ほめることは、円滑な人間関係を築くのに欠かせない要素です。特に職場や子育てでは、この2つが大きなポイントに。

「ほめる」は相手のいいところを認めたり、引き出したりすること。ほめられた方は自信がついて、どんどんできることが増えるようになります。また、こちらにとっても、ほめるコツを知ることで、相手のいいところがたくさん見えるようになります。さらに相手をほめることは会話のきっかけにもなるので、初対面の人と会うといった緊張する場面でも使えて、相手との距離を縮めることもできるのです。
一方、少し難しく感じるのは「叱る」こと。上の世代では「隣のおじさんに叱られた」など、周りの大人が遠慮なく叱ってくれるのが日常茶飯事でした。昨今では、叱られた経験も少ない人も多く、そういった経験がない人たちにとって、人を叱るのは難しいことになっています。
でも「叱る」時のコツを知れば、相手に自分の思いを伝えることができるようになります。「上手にほめるコツ」と「上手に叱るコツ」を身につけて、ほめ上手、叱り上手になりましょう。

叱り上手・ほめ上手の6つのコツ|人間関係を円滑にする極意

<上手にほめるコツ>

◯外見をほめるときは具体的に

ほめるというと浮かぶのは、外見をほめること。「かっこいいですね」「きれいですね」などは、言いやすい言葉です。ただし、よく使われる言葉だけに相手の心に響きにくいことも。これらの一般的なほめ言葉には、具体的な言葉をプラスすると、より印象的なほめ言葉になります。たとえば「そのネクタイかっこいいですね」、「きれいなネイルですね」など。

◯その人の個性はほめポイント

個性的なファッション、珍しい形のメガネやピアス、ナチュラルカールの髪、声質など、その人のオリジナルのものは絶好のほめポイント。まれにコンプレックスであることもありますが、ほめられることでその人の自信になっていくものです。自分がその人の個性的な箇所を素敵だと思ったら、ぜひ言葉にしてほめましょう。

◯結果はもちろん、その過程もほめる

「成績がよかった」「うまくできた」など、よい結果はほめやすいポイントのひとつ。でも、いまいち結果が振るわなかった場合、努力した過程をほめましょう。もちろん、よい結果をほめる場合でも努力した過程もふくめると、相手は自己肯定感を大きく抱くことができるので、よりうれしく感じるのです。

<上手に叱るコツ>

◯感情まかせにしない

「怒る」と「叱る」は違います。「怒る」は、イライラして我慢できない自分の感情を相手にぶつけるもの。「叱る」は、相手のために注意を促すものです。「叱る」時に、感情が入ってしまう場合もありますが、できるだけ冷静に話して。声を荒げて「叱る」と、叱られている方は怒られているように感じ、話の内容に耳を傾けようとはしません。結果的に、叱っている人の意図は相手に伝わらず、その人は同じミスをくり返すことになってしまいます。

◯論理的、具体的に話す

叱っている理由や、どうして叱っているのかなどを、倫理的に話しましょう。具体的に今後はこうした方がよいなども話すと、相手も理解しやすくなってすぐ行動に移せるように。叱る側も、倫理的、具体的に話すことを意識することで、内容がシンプルになり、短い時間で相手に自分の思いを伝えることができます。

◯ひとつのことだけにする

一度にたくさんのことを言われても理解できないもの。特に「叱る」時は、叱られる相手もナーバスになっているので、理解しやすいように叱る内容はひとつのことだけに絞って。叱る時間が短くなるので気持ちも楽になります。

続きを読む



ストレスや疲労を感じたら、自律神経を整えて心身をリセット!

ノーイメージ

【執筆者】ピースマインド・イープ

■ピースマインド・イープ株式会社 高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルーム…

もっとみる

【執筆】ピースマインド・イープ 若尾秀美

季節の変わり目に、体調を崩す方も少なくありません。今回は、心身をリセットし、ニュートラルな状態に戻す方法を、自律神経をヒントに考えてみましょう。

自律神経とは

自律神経とは、自分の意思とは関係なく体の機能を調整している神経で、交感神経と副交感神経から成り立っています。交感神経は、血圧や心拍数を上げ、心や体をより活動しやすい状態、いわゆる「攻めモード」に導きます。人前で話す前に胸がドキドキしたり、カッとして顔が赤くなったことはありませんか?これらは交感神経が活性化しているしるしです。ビジネスや人間関係など、とかく緊張やプレッシャーの多い現代人は、交感神経がより強く働く傾向にあると言えそうです。
一方副交感神経は、体をリラックスさせ、休息させる方向に働く、いわゆる「癒しモード」の神経です。副交感神経が働くと、脈拍はゆっくりとなり、血圧は下がります。

本来は、私たちが意識をしなくても、日中は交感神経が、夜間は副交感神経が自動的により強く働き、心身のバランスを保っています。しかし、生活リズムが乱れたり、精神的に不安定な状態が続くと、このバランスが崩れ、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかなくなります。つまり、仕事中など「攻めモード」になるべき時に「癒しモード」が働いてしまい、仕事に集中できない、気力が出ないなどの不調が現れたり、逆に、「癒しモード」になるべき就寝時間に「攻めモード」が働いてしまい、眠れない、眠ってもすぐに目が覚めてしまうなどの不調が現れてきます。他にも、頭痛や耳鳴り、動悸、のぼせ、冷や汗、不安感、イライラなども自律神経のバランスが崩れている時に出やすい症状と言われています。

自律神経のバランスが崩れるとき

自律神経は、様々な要因でバランスを崩します。長時間の仕事やパソコン作業、睡眠不足、過度な緊張感などの日常生活のストレスや生活リズムの乱れ、騒音や温度差の激しい環境なども要因となり得ます。考え方や体質、過去のトラウマなどが原因となり、偏った自律神経のバランスがパターン化している方もいらっしゃいます。

自宅でできる、自律神経の整え方

自宅で気軽にできる、自律神経の整え方をいくつかご紹介します。

●ゆっくりとバスタブに浸かる

夏とはいえ、クーラーや冷たい飲み物で体は冷えています。シャワーだけで済まさず、1日の終わりにゆっくりとバスタブにつかりましょう。お好みのアロマオイルやバスソルトなどを加えると、リラックス効果が高まり、副交感神経が働きやすくなります。

●足上げをして脳の緊張をとく

床に仰向けに寝て、椅子や台、ベッドなどにかかとを乗せて足を伸ばします。うまく循環できていなかった血液が全身に巡りだし、脳の緊張がとけていきます。

●エクササイズをする

ストレッチやウォーキング、ヨガなど、ご自分に合ったエクササイズを生活に取り入れてみましょう。抹消神経の血流がよくなります。

負担がかかっていたとしても、体は何とかバランスを保とうと試みます。不調のサインが現れるのは、そういった体の努力が力尽きた時ともいえ、何らかの無理のある生活習慣が一定期間続いていた結果とも考えられます。不調を体からのメッセージととらえ、睡眠や食事、仕事へのスタンスや人間関係、余暇の過ごし方など、生活全般を見直すことも効果的と言えそうです。

心身をリセットし、実り多い時間を過ごしましょう。

参考文献:寺門琢己『骨盤教室』幻冬舎、2005年

※この記事は2009年9月に配信された記事です

続きを読む



頑張り屋さんは“うつ”になりやすい?こんな性格の人はちょっと休もう

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

年々増加するうつ病。頑張り屋さんをはじめ、うつ病になりやすい性格があることがわかってきています。自分が当てはまるかチェックしてみましょう。

努力し続けることが心のストレスに

近年で急に身近な病気となったうつ病。厚生労働省の平成26年の発表によると、こころの病気で病院に通院や入院をしている人たちは、約392万人。日本人のおよそ32人に1人が、現在治療を受けていることになります。また、生涯を通じて5人に1人がこころの病気にかかるとも言われています。

なかでも、うつ病は著しい増加が見られています。うつ病は、昨日まで元気に一般的な社会生活を送っていた人が、いきなりベッドから出ることもできなくなるほど、突然現れます。この状況はコップの水に例えられますが、突然の発症は、コップのなかにたまった水があふれた状態。コップに水が少しずつたまるように、ストレスは確実にたまっていて、それが限界に達した時に、水があふれるように症状が現れるのです。なにかしら、事前にサインはでているはずですが、「ただの疲れ」などと軽く考えて対処していなかったことが考えられます。うつ病は、不眠、頭痛、体がだるい、食事ができない、過食などの症状がみられる病気です。一度回復しても、再発する可能性もあります。

頑張り屋さんは“うつ”になりやすい?こんな性格の人はちょっと休もう

うつ病になりやすい性格の人とは

なかでも、うつ病になりやすいと言われているのが、頑張り屋さんタイプです。高いハードルであっても目標のために頑張り続けることが、どんどん自分を追い込んでいくことに。これが限界を超えた時に、うつ病となってあらわれるのです。そのほか、うつ病になりやすい性格の人はこちら。

・ 完璧主義である
・ 少しの疲れでは休まない
・ 目標を立てるのが好き
・ 負けず嫌い
・ 人に気を使うことができる
・ 周囲の評価が大切
・ 人に甘えるのが下手

ひとつでも当てはまると感じる人は、心の持ちかたを変えた方がいいかもしれません。下で紹介する、うつ病を予防するための対処法のうち、やりやすいものを取り入れてみましょう。

完璧主義の人はラフな考えにシフトを

<うつ病を予防するための対処法>

・目標を80点にする

頑張り屋さんタイプは、目標が高すぎてそれに対して努力し続けることが気づかぬうちに心の負担になっています。頑張り屋さんは、できなかったところを探して、努力を続けてきたはず。これからは「80%できればOK」と考え、できた部分にフォーカスし自分をほめるようにしましょう。

・まわりの期待に応えない

まわりの期待に応えれば応えるほど、さらに期待も大きくなり心の負担も増えていきます。まわりは深く考えずに勝手に期待を大きくしている場合もよくあります。自分の頑張りを無駄にしないためにも、うまくかわすことも考えましょう。

・自分のせいにしない

失敗もあれば成功もあるのが世の常。失敗を自分のせいにするのはやめましょう。失敗とは、自分の努力が足りなかったのではなく、さまざまな要素が積み重なって今回の結果になっただけ。「運が悪かった」など、何かのせいにしてしまうくらいがちょうどいいこともあります。

・自分のための時間を作る

疲れを感じていなくても、1日1時間は自分のための時間を作りましょう。自分のための時間とは、とにかくぼ〜っとして何もしない時間です。常に興奮して交感神経が優位だった体を、副交感神経優位のリラックス状態に。できれば公園など自然があるところに身をおくと、よりリフレッシュできます。

続きを読む



  1. 1
    もっと気楽に!人間関係に疲れないための5つのポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2
    【シワ・シミ・たるみ】老け顔の原因になる9つの食べ物
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 鏡で…
  3. 3 睡眠不足が続くとうつ病になりやすい|睡眠5時間は危険ライン?
    睡眠不足が続くとうつ病になりやすい|睡眠5時間は危険ライン?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 仕事…
  4. 4
    『大人のひきこもり』専業主婦のひきこもりが増加中?!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 若い…
  5. 5 ひきこもりの心理。何が原因で『ひきこもり』になるの?
    ひきこもりの心理。何が原因で『ひきこもり』になるの?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 学校…
  6. 6
    ドーナツに栄養はない!? 実は体によくない物質だらけ…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  7. 7 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  8. 8
    仕事・ワンオペ家事育児で女性は疲労困憊!? 危険な過労のサインとは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと まか…
  9. 9 眠い・だるい・疲れやすい・集中力がない…原因は鉄分不足かも?
    ストレスや疲労を感じたら、自律神経を整えて心身をリセット!
    【執筆】ピースマインド・イープ 若尾秀美 季節の変わり目に、体調を崩…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  11. 11
    真面目な人ほどストレスを感じやすい? ストレスと上手く付き合うコツ
    (編集・制作 (株)法研) 油断は禁物。長引くと社会生活に支障をきた…
  12. 12
    頑張り屋さんは“うつ”になりやすい?こんな性格の人はちょっと休もう
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 年々…
  13. 13
    食べ過ぎ注意!食べるだけでからだが臭くなる『臭う食べ物』
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14
    体によさそうだけど、本当は“不健康”な食べ物9つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  15. 15 産後の体重減少や激しい抜け毛の原因は「産後無痛性甲状腺炎」だった!
    お腹がポッコリしてきた…それは太ったのではなく卵巣の病気かも?
    (編集・制作 (株)法研) 卵巣は腫瘍ができやすい臓器。しこりや張り…
  16. 16
    骨粗しょう症の予防にいい食べ物と、摂りすぎ注意の食べ物
    (編集・制作 (株)法研) 骨粗しょう症の予防にはカルシウムの多い食…
  17. 17 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  18. 18 喉が渇く、疲れやすい…その症状、糖尿病予備軍かも?10のチェックリスト
    20代・30代の女性に増える『プチ更年期』こんな症状が続いたら注意を!
    (編集・制作 (株)法研) 原因はストレスや過剰なダイエット、過労な…
  19. 19 ニキビが同じ場所に発生する原因を解明! ニキビ予防のスキンケア
    手軽な市販薬に要注意!20代以上の女性に多い『酒さ様皮膚炎』
    (編集・制作 (株)法研) (「ヘルス&ライフ」法研より) ステロ…
  20. 20
    記憶力のいい人・悪い人の違いって? 記憶力アップの秘訣5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 記憶…

一覧