キレイに整えられたネイルは、女性らしくてとってもおしゃれ。その反面、ネイルには危険性も秘められています。その気をつけたいポイントをご紹介します。

知っているようで知らない“ネイルの危険性”について

爪水虫やグリーンネイルの危険性も

手や足のネイルがキレイだと、すみずみまで気を使っていておしゃれな人だと感じます。その反面、出血したり、爪カビになったりと、現在では爪のトラブルも増えています。おしゃれなネイルを安全に楽しめるように、注意点をご紹介します。

マニキュアで注意したい2つのポイント

1)マニキュアを塗りっぱなし
マニキュアには、発色を良くしたり、速乾性を良くするために化学物質が使われています。吸い込むと頭痛やめまいを引き起こす成分が配合されていることも。塗るときは、マニュキュアに顔を近づけないようにして塗りましょう。また、ずっとネイルをし続けると爪が黄色に変色することが。1週間ネイルをしていたら、1週間休むなど、感覚を調整して楽しんで。最近では、爪にやさいしい成分でできたネイルポリッシュも販売されています。

2)ネイルをオフせずに重ね塗りする
せっかく塗ったネイルが剥げてしまったとき、全部落としてから塗り直すのはめんどう。剥げた部分だけ重ね塗りしたことありませんか? 重ね塗りするとその隙間に水が入り込み、菌が繁殖する可能性も。特に足の爪は伸びるのが遅く、菌が繁殖しやすいので注意して。

ジェルネイルで注意したい3つのポイント

1)爪を削りすぎる
ジェルネイルを付ける際に、爪の表面を削って整えます。一般的な女性の手の爪の厚みは0.5mm前後と薄くて繊細。ジェルネイルを何度も繰り返すことにより、削りすぎ、出血や化膿というトラブルが発生することが報告されています。ネイリストの技術力にもよりますが、爪を削りすぎて割れてしまったということも。痛みや違和感を感じたらすぐストップしてもらいましょう。

2)除光液で爪が乾燥する
マニュキュアと同様、ジェイルネイルもアセトン入りの除光液でネイルオフします。ジェルネイルの場合、特に除光液に爪を浸している時間が長いため、爪が乾燥しがち。爪の黄ばみや、爪が割れやすくなるなどのリスクがあります。

3)手を洗ってもよく拭かない
爪が緑色に変色する感染症のことをグリーンネイルと言います。自爪とジェルネイルの隙間に、水がたまりやすくなり緑膿菌に感染したもの。また、ネイルをしていると爪水虫にも感染しやすくなるので、いつもより清潔にすることを心がけましょう。水仕事が多い人は、感染しやすいので注意が必要です。ジェルネイルが一部でも剥がれてきたら、ネイルサロンでリペアするか、ネイルをオフしましょう。ネイルでトラブルが起きたら、皮膚科に相談をして下さい。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

おすすめ

  1. サラダから食べるダイエットは効果がない?! やめた方がいい美容・健康法
    サラダから食べるダイエットは効果がない?! やめた方がいい美容・健康法
    よかれと思ってやっている食習慣が、実は体に悪かった? 健康にいいとい…
  2. 【これで冬も楽々過ごせる】からだを温める5つの簡単テクニック
    【これで冬もぬくぬく過ごせる】からだを冷やさない5つの腸ポカテクニック
    気温が低いと腸が冷えて便秘になりがち。腸を温めて健康に。 腸の冷えは…
  3. 今年の冬は冷え知らず!“3・3・3”入浴法|むくみ解消、デトックスにも
    体を冷やす“水”が流れ出て、体の芯からポカポカに。 湯船に3分間入り…
  4. パパッとひとふり!シナモンで解消できる女性の悩みーむくみ・冷え・肌荒れ
    パパッとひとふり!シナモンで解消できる女性の悩みーむくみ・冷え・肌荒れ
    毛細血管の老化を遅らせ、冷えや肌荒れにも効果。 毛細血管が衰えると、…
  5. 【声で歳はごまかせない】声も老化する!? 加齢で声が低くなる原因とは
    【声は老化する】声で歳はごまかせない!? 加齢で声が低くなる原因とは
    体型や肌、髪が老化するのはもちろん、声も年をとるのを知っていますか? …