汗、水に強いのが特徴のウォータープルーフ処方のファンデーションやマスカラ。便利な一方、使い方に気をつけないと肌トラブルの元にも!

便利だけど恐い、ウォータープルーフのファンデ、マスカラの問題点

キレイが長続きする分、肌には負担が

夏に欠かせない化粧品といえば、ウォータープルーフ処方のコスメ。汗や水に強く、キレイが持続するといわれているアイテムです。最近では、化粧下地、ファンデーション、アイブロウ、アイライン、マスカラなど、ほとんどのコスメにウォータープルーフタイプがあるのではないでしょうか。
特に、夏用のファンデーションは、ウォータープルーフ処方。汗をかいてもくずれにくく、長時間つけていてもよれたり、くずれたりしないのがウリ。また、マスカラは、涙に強いのはもちろん、マスカラが下まぶたにつく“パンダ目”にもなりにくいのが特徴です。とっても便利なコスメですがウォータープルーフ処方のものは、気をつけて使わないと肌荒れや敏感肌、色素沈着、まつげの抜け落ちなどのトラブルに見舞われる場合もあります。

くずれないのはシリコンが配合されているから

ウォータープルーフ処方のコスメが長時間つけていてもくずれたりしないのは、シリコンが配合されているから。シリコンは肌やまつ毛への密着力を高める働きをします。合成樹脂などからできており、配合するとつるっとした質感になるのが特徴です。
シリコンが配合されているアイテムで有名なのが、シャンプー。洗い上がりの髪がなめらかな手触りになります。このシリコンが落ちにくく頭皮の毛穴につまりやすいということから、ノンシリコンシャンプーが流行しました。ただ、ノンシリコンシャンプーはシリコンのコーティング効果がないため髪がきしみやすく、髪への摩擦ダメージが高くなるという面も考えられます。

手持ちのコスメがウォータープルーフかどうか不明な場合は、シリコンが配合されているかパッケージを確認してみましょう。「ジメチコン」「ジメチコノール」「シクロペンタシロキサン」「シクロメチコン」「アモジメチコン」などと記載されているのがシリコンです。シリコンは安全性が確認されている成分なので、入っているから危険ということではありません。

肌に密着するため強いクレンジングが必要に

ウォータープルーフのコスメを使っている場合は、落ちにくいと考え、クレンジングをしっかり行う必要があります。専用のリムーバーやクレンジングの使用を推奨するコスメも多数あるのもそのためです。
ウォータープルーフのコスメを落とすために洗浄力が高いクレンジングを使うと、メイクと一緒に肌に必要な潤いも取り去ってしまうことになります。そのため、毎日使い続けると乾燥肌や敏感肌になる場合も。逆に、肌へのダメージを恐れて、クレンジングを優しくしすぎるとファンデーションが残り毛穴が詰まったり、マスカラやアイラインが落としきれず、目元の色素沈着にも。
極力、肌は強い力でこすらないようにクレンジングするように心がけましょう。マスカラを落とす時は、ポイントメイク落としを綿棒につけ、その綿棒とコットンでまつげを挟むようにしてオフすると目の周りの肌への負担が軽減されます。また、肌への負担が気になるなら、プールや海に出かける時などにウォータープルーフ、それ以外は一般のコスメと使い分けるのがベターです。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと