犬や猫と暮らすと長生きできるってホント?

(編集・制作 (株)法研

ペットとのふれ合いは、年齢を問わず心身両面によい影響

安心感や親近感、なついてくれることで責任感も生まれる。血圧や中性脂肪値の改善、通院減少で医療費抑制も

ペットには、心身を癒す力がある

いま、日本はペットブームだといわれます。犬と猫だけでも2,000万頭以上が飼育されていて、多くの人がペットを家族と同じくらい「生活に喜びを与えてくれるもの」と考えています(「ペットフード協会」調査より)。

ペットの存在は気持ちを和ませ、ふれ合う心地よさは誰しも感じることでしょう。多くの研究・報告から、ペットには私たちの心身を「癒す力」のあることが明らかになっています。ペットを飼うことは、長生きにつながるかもしれません。

一般的に私たちが感じ取れることや、内外の研究・報告が明らかにしているペットの健康効果を挙げてみましょう。

犬や猫と暮らすと長生きできるってホント?

●ペットで心が癒される
・ペットが身近にいるだけで「ホッ」とした気分になれる
・エサやりやトイレの始末などの世話をすること、ペットからなつかれることなどで、「自分が必要とされている」と責任感が生まれる
・会話をしなくても、お互いを認識して感情を通じ合わせることができる
・犬や猫、うさぎなど体毛の多い動物と直接ふれ合うと、毛ざわりや体の温かさが心地よい
・抱きしめたり一緒に寝たりして親近感を味わえる
・ペットは決して他言しないから、ぐちや不満をこぼすことができる

●ペットは体を健康にする
・ペットを飼っている人の血圧や中性脂肪などの検査値は、ペットを飼っていない人より低め
(これは、ペットとのふれ合いでストレスが発散され、リラックスしたときに優位になる副交感神経が活性化されること、犬の散歩など世話をすることで運動量が増加することなどが影響しているとみられています)
・犬を飼っている人は飼っていない人より通院回数が少ない
(通院回数が減れば大きくは国民医療費の抑制につながります)

子どもや高齢者にもさまざまな好影響

犬や猫と暮らすと長生きできるってホント? 人の心身を癒すペットの力

●ペットを飼うと思いやりのある子どもに
・犬または猫の飼育がもたらす子どもへの効果についてのアンケート調査で、多かった回答は「心豊かに育っている」「生命の大切さを理解するようになった」「家族とのコミュニケーションが豊かになった」など(「ペットフード協会」調査より)
・他者を思いやる心が育つ
(これは、話すことのできない動物とのふれ合いのなかで、相手の気持ちを察する心が育まれるから、といわれています)
・向学心や集中力が向上する
(ペットによるリラックスや癒しの効果がこんなところにも)

●ペットは高齢者を元気にする
・精神面では、「情緒が安定する」「孤独感や疎外感がなくなる」「生きがいと安心感を生む」「笑顔と会話が増える」などの好影響が
・身体面では、「血圧や脈拍が安定する」「病気の治癒(ちゆ)率を高め延命効果をもたらす」「認知症を防ぐ」「高齢者施設では離床効果を高める」などの報告も

●ペットとのふれ合いで「幸せホルモン」
人間の脳の視床下部で作られるオキシトシンというホルモンは、夫婦のきずなや親しい人の間での親密感を強めることから「幸せホルモン」と呼ばれます。互いに見つめ合ったりスキンシップをとることで分泌されますが、これはペットとの関係でも起こります。
ペットをなでたり、ペットと目を合わせ見つめ合ったりすると、飼い主にもペットにもオキシトシンは活発に分泌されるといわれています。

世話をする手間を差し引いても、おつりがきそうなペット効果。自宅で飼うことができなくても、動物園や牧場、ペットショップ、猫カフェなどでふれ合うことができれば、ペットから素敵なプレゼントをもらえるでしょう。

※この記事は2015年1月に配信された記事です



ペットとのスキンシップで感染症に!? 動物から人へうつる病気

【お話を伺った人】神山恒夫先生

国立感染症研究所獣医科学部 第一室長 1946年北海道生まれ。1969年北海道大学獣医学部卒業。卒業と同時に国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)に就職。現職・獣医科学部第一室長。獣医学博士。…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

(「ジャストヘルス」法研より)

感染に気づかず治療が遅れると死に至ることも。人獣共通感染症が増えている! かわいいペットと自分の健康を守るために、正しい知識をもって!

身近なペットからの感染症が増えている

イヌやネコなどのペットを飼う人が増えています。ペットがそばにいるだけで心がなごみ血圧も下がるなど、動物との触れ合いは心にも体にもとてもいい影響が。でも、かわいいからといってキスしたり一緒に寝たり…、これはちょっと危険ですよ!

「人獣共通感染症」とは難しいことばですが、最近マスコミなどでさかんに取り上げられているため、ご存知の方も多いでしょう。「動物由来感染症」、「ズーノーシス」ともいわれる、動物から人間にうつる病気のこと。なかでも、身近なペットからの感染症が増えています。ペットを室内で飼うことが多くなって互いに接触する機会が増えたこと、住宅の気密性が高くなって病原菌が繁殖しやすくなったこと、ペットを家族のように扱い濃厚な接触をする人が増えたことも原因と考えられています。

しかし、ペットから病気がうつるなんてと、いたずらに怖がることはありません。どのような病気があって、どうすれば防げるのかを知って予防し、かかってしまったら早めに治療すれば、ほとんどの場合軽症ですみます。ペットとこころおきなく触れ合えるように、人獣共通感染症について十分な知識を身につけておきましょう。

こんなにある、人獣共通感染症

人獣共通感染症は世界で300種類近くもありますが、日本でみられるのは100種類ほどです。その中で、気になる身近なペットを感染源とする主な病気を紹介しましょう。

パスツレラ症

イヌやネコにかまれたり、ひっかかれたり、なめられて感染する。イヌの75%、ネコの100%近くが口の中に病原体を持っているため、飼い主が最も注意しなければいけない病気。傷の周りが赤く腫れて激しく痛む。鼻や口から感染し、せきなどかぜに似た症状が出て、副鼻腔炎や気管支炎になることもある。重症になると肺炎や髄膜炎を起こし死亡した例も。治療は抗生物質が効くので普通は1週間ほどで治る。

ネコひっかき病

ネコやイヌにかまれたり、ひっかかれたり、ときにはなめられて感染する。ひっかかれた部分の皮膚が赤く腫れ、その近くのリンパ節が腫れて痛む。微熱、全身の倦怠感などが現れる。通常は2-3週間で治るが、重症になると脳症をひき起こすことも。

オウム病

オウム、インコなどの鳥の羽毛や乾燥したフンなどを吸い込んだり、口移しでエサを与えたりして感染する。インフルエンザに似た症状が特徴で、1~3週間の潜伏期間の後突然、高熱(39℃以上)、せき、全身の倦怠感、頭痛や筋肉痛がみられる。重症になると血痰(けったん)や呼吸困難感(チアノーゼ)を起こしたり、髄膜炎を起こして死亡することも。初期のうちなら抗生物質で治るケースがほとんど。

イヌ・ネコ回虫症

イヌやネコのフンに含まれる虫卵を口に入れることで感染する。「公園の砂場が危ない」と話題になった感染症。人の体内に入った回虫が体内を移動して内臓や目に入ることでさまざまな障害をひき起こす。子どもに多くみられ、内臓に入ると発熱、ぜんそく、肺炎など、目に入ると視力障害や視野障害が起こる。

トキソプラズマ症

ネコのフンから感染。加熱が不十分な豚肉から感染することも。抗体をもたない妊婦が初めて感染すると、まれに胎児に影響する。胎児が感染した場合、死産や流産を招いたり、神経・運動障害をひき起こすことも。

サルモネラ症

イヌやネコ、ミドリガメ、爬虫(はちゅう)類、鳥、ハムスター、ウサギ、サルなどの排泄物で汚染された水から感染する。激しい下痢や腹痛などの症状がでる。

皮膚糸状菌症(真菌症)

白癬などともいい、皮膚病(糸状菌症)にかかっているイヌやネコ、ハムスターなどと接触することで感染し、発疹、かゆみ、化膿などを起こす。通常は抗真菌薬を塗ればよくなる。ペットの治療によって感染源をなくすことが重要なので、獣医師に相談する。

感染を防ぐには過剰なスキンシップを避けること

人獣共通感染症は、ペットの病気に気づかずに感染してしまうことがほとんどです。そのため、早めに治療すれば軽症ですむものが、長引いたり重症化してしまうことも。とくに赤ちゃんや高齢者、糖尿病などの病気で抵抗力が低下している人は注意が必要です。
傷口やリンパ節が腫れる、かぜのような症状がつづく、皮膚の異常などの症状がみられたら受診し、医師にペットを飼っていることを伝えましょう。また、以下の基本的な注意事項を十分に理解しておきましょう。

●ペットに触ったり砂遊びをした後や、フンを処理をした後は必ず石けんで手を洗う
●ペットに食べ物を自分のはしで食べさせたり、口移ししない
●ペットと人の食器を一緒に洗わない
●ペットとキスしたり、過剰な口なめはさせない
●ペットと同じふとんで寝ない。一緒にお風呂に入らない
●ネコやイヌの爪は短く切っておく
●食事中は鳥を室内に放さない
●ペットの体や飼育小屋は常に清潔に保ち、フンの始末はこまめに行う。鳥かごの掃除はマスクで鼻までおおって
●定期的に動物病院で検診を受ける
●野生動物は飼育しない

※この記事は2007年3月に配信された記事です

続きを読む




ペットとのキスはダメ? 犬や猫から人に感染する病気-ペット由来感染症

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

空前のペットブームと言われる昨今。ペットとの距離が近づいているからこそ要注意したい、ペット由来感染症についてご紹介します。

 ペットとのキスはダメ? 犬や猫から人に感染する病気-ペット由来感染症

ペットからうつる感染症に注意を

犬や猫など、自分のペットの画像をSNSにアップして人気になっている人が急増中。今、空前のペットブームとも言われており、この15年間で、ペットの病院や餌などにかける金額は2倍に増えているのだそう。ペットを家族同然と考え、手厚いケアをしている人が増えていると考えられます。
大切な家族の一員ですが、やはりペットは動物。動物と人との間で感染する病気「ペット由来感染症(ズーノーシス)」に注意する必要があります。別名「人獣共通感染症」「動物由来感染症」とも呼ばれることも。世界保健機関(WHO)が確認しているもので、150種類以上もあります。犬や猫から人に感染する病気をご紹介します。

犬や猫から感染するペット感染症

◯狂犬病

感染した動物に人がかまれることで感染。発症すれば必ず死んでしまう危険な病気です。かまれた部分の感覚が鈍り、錯乱、興奮状態などの神経症状が起こったあと、呼吸麻痺に陥り、死に至ります。

◯猫ひっかき病

感染している猫にかまれたり、ひっかかれたりすることで感染。幹部が赤くなり、潰瘍に。発熱もともないます。

◯パスツレラ症

感染した動物にかまれたり、ひっかかれたりすることで感染。患部が発赤し、骨髄炎になる場合も。

◯トキソプラズマ症

感染した動物のふんの中にいるものが、口に入ることで感染。ほとんどの人の場合は無症状ですが、妊婦が感染した場合は流産、死産になることも。

◯回虫症

回虫の卵がいる毛、ふん、砂などが口に入ることで感染。子供に多く、発熱、肺炎、神経症状などがあらわれます。

◯Q熱

感染した動物の尿、ふんや獣皮等にふくまれる病原体を吸い込むことで発症。ダニが媒介する場合も。感染すると、発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛などの症状があらわれます。ただし、感染しても半数の人が無症状です。

大切なペットだからこそ一定の距離を

これらの感染症を予防するためには、予防接種はもちろんのこと、飼い主が普段から気をつける方法以外にありません。ペットは大切な家族の一員だからこそ、お互いのために一定の距離を保つように心がけましょう。

ペットの口や爪の中に細菌やウイルスがいます。キスやスプーンの共有、口移しで餌を与えることは避けて。また、タオルの共有もおすすめできません。ペットと一緒に寝ると、睡眠中にひっかかれる場合もあるのでベッドに入れることも避けた方がいいでしょう。そして、ブラッシング、爪切り、お風呂に入れるなど、ペットを清潔に保つことを心がけてください。

細菌やウイルスの中には、動物には病気を起こさなくても、人には病気を起こすものもあります。動物にさわったら必ず手を洗いましょう。

続きを読む




ペットを飼うと心も体も健康になる! 動物の凄い癒し効果とは?

(編集・制作 gooヘルスケア)

出典:http://newsroom.heart.org/news/pets-may-help-reduce-your-risk-of-heart-disease

ネット上には、赤ちゃんや子どもと並んで(もしかして、それ以上かも?)、イヌやネコなどのペット動画が溢れています。仕事中、ふと目にした動物たちの仕草に目がとまり、そのかわいさに思わずにやけてしまったことは数知れず。気がつけば、そのまま1時間近くペット動画を見ていたなんてことも。

201503_03_400

動画を見ている人を虜にしてしまうくらい可愛らしいペットたち。一緒に暮らしている飼い主ならば「ペットに癒される」という感覚がわかると思いますが、最近ではさらに一歩進んで、「ペットと暮らすことで病気予防になる」との研究成果も報告されています。

ペットと触れあうと「幸せホルモン」が分泌

201503_03_300

「動物と触れあうと幸せな気持ちになるのはなぜだろう」と考えた研究者は、飼い主とペットのイヌに30分触れあってもらい、その前後で飼い主の尿に含まれるオキシトシン濃度を測定。オキシトシンは「愛情ホルモン」や「幸せホルモン」と呼ばれる物質で、授乳中のお母さんの体内で多く分泌されることで知られています。そのオキシトシンが、飼い犬と触れあった後では大幅に増えていることがわかったのです。

オキシトシン濃度が上昇すると、血圧の低下や心拍の減少が起こり、身体的にもリラックスした状態になります。さらに、安心感や信頼感が増し、癒やしを感じるとのこと。ペットの癒やし効果が、心身ともに良い状態にしてくれているということです。

イヌの飼い主は心臓病リスクが低い

アメリカ心臓病協会の調査では、「イヌを飼っている人は、心臓病により死亡するリスクが低い」という結果も。この調査では、先に紹介した「動物の癒やし効果」も影響している可能性があるとしたうえで、「イヌと暮らすことで健康的な生活習慣が身につくこと」がポイントだと説明しています。イヌを飼っていると、毎日散歩をする必要があるからです(ただし、研究者は「もともと健康な人がイヌを飼っている可能性もある」としています)。

また、オーストラリアの大学が行った「ペット飼育による健康調査」と題した大規模研究では、ペットを飼っている人が病院に通院する割合は、飼っていない人に比べて15~20%も少ないことが判明。全国民の通院がそれだけ減れば、国レベルで数千億円の医療費削減につながる試算になるため、その健康効果に期待する国もあるというのです。

こうしてペットと健康の関係を知ると、今ペットを飼っている人はもちろん、飼っていない人も、動物を触れあいたくなってしまいます。それができないなら、せめてペット動画でも見て、しばし心を癒やしてもらいましょう!

続きを読む



  1. 1
    もっと気楽に!人間関係に疲れないための5つのポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2
    【シワ・シミ・たるみ】老け顔の原因になる9つの食べ物
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 鏡で…
  3. 3 睡眠不足が続くとうつ病になりやすい|睡眠5時間は危険ライン?
    睡眠不足が続くとうつ病になりやすい|睡眠5時間は危険ライン?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 仕事…
  4. 4 ひきこもりの心理。何が原因で『ひきこもり』になるの?
    ひきこもりの心理。何が原因で『ひきこもり』になるの?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 学校…
  5. 5 喉が渇く、疲れやすい…その症状、糖尿病予備軍かも?10のチェックリスト
    20代・30代の女性に増える『プチ更年期』こんな症状が続いたら注意を!
    (編集・制作 (株)法研) 原因はストレスや過剰なダイエット、過労な…
  6. 6
    ドーナツに栄養はない!? 実は体によくない物質だらけ…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  7. 7
    食べ過ぎ注意!食べるだけでからだが臭くなる『臭う食べ物』
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  8. 8
    『大人のひきこもり』専業主婦のひきこもりが増加中?!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 若い…
  9. 9 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  10. 10
    体によさそうだけど、本当は“不健康”な食べ物9つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  11. 11
    真面目な人ほどストレスを感じやすい? ストレスと上手く付き合うコツ
    (編集・制作 (株)法研) 油断は禁物。長引くと社会生活に支障をきた…
  12. 12
    骨粗しょう症の予防にいい食べ物と、摂りすぎ注意の食べ物
    (編集・制作 (株)法研) 骨粗しょう症の予防にはカルシウムの多い食…
  13. 13
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  14. 14
    仕事・ワンオペ家事育児で女性は疲労困憊!? 危険な過労のサインとは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと まか…
  15. 15
    これ以上もう無理!仕事を頼まれたときの上手な断り方、4つのポイント
    断り方のコツを練習しましょう たとえば、こんなことはありませんか? …
  16. 16 生理用品はどう使い分ける?
    将来、骨粗しょう症になりやすい人はどんな人?予防法は?
    (編集・制作 (株)法研) 若い女性も油断大敵! 骨粗しょう症。…
  17. 17
    がん予防・老化防止・疲労回復・美肌…緑茶には健康効果がいっぱい!
    (編集・制作 (株)法研) (「すこやかファミリー」法研より) 「…
  18. 18
    ぽっこりお腹を解消! 姿勢美人になる2つのエクササイズ
    (編集・制作 (株)法研) (「きれいになる15分トレーニング」山岡…
  19. 19 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  20. 20
    あの人うつ病かも? うつを見分ける症状のポイント|接し方のヒント
    【執筆】住本吉章カウンセラー 誰でもが陥りやすいうつ状態 …

一覧