疲れがとれない、だるいとき――体の疲れ・だるさに効くツボ

疲れやだるさに効くツボマッサージ-全身のツボが分かるイラスト付き

疲れを癒して毎日を元気に過ごすためにぜひツボマッサージを。背中、胸、おなか、脚、手のツボを紹介

ツボマッサージは、まだ病気までいかない「未病」の状態に対しても有効

皆さんは「未病(みびょう)」という言葉をご存じですか? 健康診断、検査などで異常はないけれど、体の疲れやだるさ、胃腸の不調、手足の冷え、不眠などなんらかの体調不良を感じている状態、まだ病気ではないが放置するといずれ病気として治療が必要になるかもしれない状態を、東洋医学では未病といっています。ツボマッサージは、そんな未病の状態に対しても効果があります。

また東洋医学では、疲れやすくエネルギー切れをした状況を「腎虚症(じんきょしょう)」といい、「腎」という親からもらった先天の精(生まれ持ったエネルギー)をしまっておく場所が「虚」になっていると考えます。そこでツボ療法では、ツボを押して溜まっている疲れを取り、エネルギーを補うための「補気」を行って、明日への活力を補います。
疲れを癒して毎日を元気に過ごすために、ぜひツボマッサージをご活用ください。

ツボマッサージが得意とするのは、肉体的な疲れと精神的ストレスによる疲れ

一言で「疲れ」といっても状況は一様ではありません。疲れは、大きく次の3つに分けられます。
(1)運動や労働による肉体的な疲れ
(2)精神的ストレスによる心身の疲れ
(3)病気からくる疲れ

このうち、(3)は病院で治すべき疲れ。ツボマッサージが得意とするのは(1)と(2)です。そこで、今回は「肉体的な疲れ」に効くツボマッサージを、次回は「精神的な疲れ」に効くツボマッサージを紹介します。

運動や労働で疲れたときには、ゆっくり入浴し、水分をたっぷり取り、ぐっすり眠り、休養を取り、気分転換をするのが理想的ですが、そうできない日もあるでしょう。そんなときの疲れ解消法をご提案します。

まず、ツボを押す前に、大の字になって深呼吸をしましょう。疲れたときは肩が落ち、あごは前に突き出て、猫背になりがちです。そんな姿勢が胸郭を狭め、呼吸は浅くなり、疲れが抜けにくくなってしまいます。
そこで、大の字に寝て手と足を伸ばします。丸まった背中にバスタオルを畳んで差し入れ、その上に横になり、胸を広げて深く深呼吸してください。深い呼吸は気の巡りを良くし、ツボ療法の効果をアップさせます。
体を伸ばして深く長く呼吸するだけでも、疲れた体に酸素が行き渡り、一日の緊張から解放されます。

疲れやだるさに効くツボマッサージ-全身のツボが分かるイラスト付き

体の疲れ・だるさに、家族に押してもらう背中のツボマッサージ

深呼吸をしっかり行った後、ツボを押していきます。疲れているときは人から優しくされるとうれしいものですね。ツボマッサージも、「優しく柔らかく」を基本に行いましょう。
ご家族など指圧をしてくれる人がいれば、背中のツボを押してもらうとよいでしょう。

*一般的なツボの探し方、マッサージの方法は、『目が疲れたときのツボとマッサージ方法-イラスト解説付き』を参照してください。

疲れやだるさに効くツボマッサージ-全身のツボが分かるイラスト付き

体の疲れ・だるさに、自分でも押せる体の前面、手足のツボマッサージ

指圧してくれる人がいなくても、一人暮らしでも大丈夫です。体の前面や手足にも、体の疲労、しんどさを解消してくれるツボがあります。これらのツボを押すと疲れが残らず、明日の活力につながります。

疲れやだるさに効くツボマッサージ-全身のツボが分かるイラスト付き
(編集・制作 (株)法研)
※この記事は2013年6月に配信された記事です