半身浴より手軽で簡単! 全身ポカポカ暖まる”足湯”の嬉しい効果

【お話を伺った人】漆畑 修

東邦大学医学部客員教授、宇野皮膚科医院院長 1973年東邦大学医学部卒業後、東邦大学医学部皮膚科教室入局。1978年より東邦大学医学部大橋病院皮膚科講師、准教授、皮膚科部長、院長補佐を経て、200…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

(編集・制作 (株)法研)

手軽にリラックスできて冷え性対策にも確かな効果。
温泉地で人気の足湯、手湯。そのさまざまな効果と、家庭でも簡単にできる方法を紹介します。

手軽な足湯、手湯が温泉地で人気

足だけ温泉気分につかる“足湯”は、今やどこの温泉地に行っても見られる光景です。さらに手軽な、手だけ温める“手湯”も登場しています。また、手と足を同時に温めることができるところもあります。一年のうちで寒さが最も厳しいこの時期、あちこちの足湯や手湯で、立ち上る湯気の中にくつろぐ人たちの姿を目にすることができるでしょう。

足湯・手の嬉しい効果とは?

そもそも足湯や手湯にはどういう効果があるのでしょうか。多くの人が口にするのは、足や手だけでなく全身が温まるという感想。例えば足湯がひざから下しか温めないのに全身に効果が及ぶのは、足には太い血管が走っているため、温められた血液が効率よく全身を巡るからです。手湯では、片方だけ温めてもその温感刺激が脳に伝わり、反対側の手も血管収縮が抑えられて温まるという研究報告があります。

足湯は冷え性の人におすすめ!

足湯や手湯は冷え性の改善に効果がありそう。冷え性の人はよく、手足の冷たさを訴えます。心臓から一番遠い手足は、血流が滞りがちなために冷えやすいという宿命の部位なのです。それに加えて今の季節では、寒さで体が冷えると内臓の血流を確保するために手足など末端の血管を収縮させようとする体の仕組みがあり、なおさら手足の冷えを増幅させてしまいます。こんなとき足湯や手湯で温めると、収縮していた末端の血管も開き、血流が良くなるのです。

疲労やむくみにも効果あり!

長時間歩いて疲れたり、ずっと立ちっ放しでいたためにむくんでしまった足をいたわるのにも、足湯は最適です。疲れた足は、血流だけでなくリンパ液の流れも滞り、血液中に疲労物質(乳酸)がたまっています。お湯の温かさと水圧の効果で血液やリンパ液の循環が回復すると、疲労物質や老廃物が尿とともに体外に排出されやすくなり、疲れやむくみが解消されます。手湯ではひじや手首から指先までをお湯にひたすのですが、肩こりや頭痛、鼻づまり、腕の疲れなどを和らげる効果が期待できます。

家庭でもできる『足湯・手湯』のやり方

足や手を温めるのなら温泉地まで行かなくても、家庭でもできそうです。足湯には足先を伸ばせて、少なくとも足首まで、できればひざ下までつかることができる深めの容器を用意します。大きめのバケツが適当ですが、最近では足湯用のバケツとか、振動や気泡を発生させる電動式のフットバスなども市販されています。手湯は洗面器か洗面台にお湯を張ればよいでしょう。

容器に入れるお湯の温度は42~43度。バスタブに全身でつかるには少し熱いくらいです。お年寄りや皮膚の弱い人は39度前後が適温。手でも足でも10~30分つけていると体が温まってくるでしょう。その間にお湯が冷めてきますから、熱いお湯をつぎ足したりする必要があります。全身が温まってきたら、汗をかく前に上着を1枚脱いで調節しましょう。
お湯にアロマテラピー用の精油を数滴たらせば、立ち上る香りでリラックス効果が高まります。スプーン1杯ほどのあら塩を入れると、お湯から出た後も温かさが長い時間持続します。

足湯にしても手湯にしても、実施するにあたって糖尿病の人は注意が必要。神経障害の合併症があると、お湯が熱すぎてもそれを感知する体のセンサーが働かず、やけどの危険があるからです。それを防ぐためには、温度計を用意してお湯の温度を確かめながら行うとよいでしょう。

温めた後は保温にも気を配ろう

温めた後のケアも大切です。足は皮脂の分泌が少ないし、手も皮脂がお湯の中に溶け落ちてしまいますから、とくに乾燥しやすいこの季節は、水気をきちんとふき取った後で保湿クリームを塗ったほうがよいでしょう。

また寒冷地では、皮膚に水分を残したまま冷たい空気にさらすと、霜焼けの原因になりかねません。指の間まで水分をよくふき取ることと、保温のためにすぐにタオルで覆ったり、手袋や靴下を着用しましょう。ある実験では、手湯の後水分を十分にふき取ってから、26度前後の室温で空気にさらしたままでいたところ、皮膚の温度が温める前よりも低下してしまったという結果が出たくらいです。

温まったらしっかり保温し、「大寒」(1月20日)の季節をホカホカで乗り切りましょう。

※この記事は2010年1月に配信された記事です



こんなに簡単でいいの?混ぜるだけで体ポカポカ『薬膳ドリンク』が完成!

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

家庭にある身近な食材を使って簡単に作れる、からだを温める薬膳ドリンクレシピを紹介。

こんなに簡単でいいの?混ぜるだけで体ポカポカ『薬膳ドリンク』が完成!

身近な食材の“薬効”で冷えを追い払う!

薬膳料理といえば、レアな材料を手に入れて面倒な調理をする難しいもの……と思っていませんか? いつもの食材でササッと作れるものでも、薬効が期待できるレシピはあるんです。季節や体質、体調に合わせて、必要な薬効をもたらす食材を取り入れることで、不調を改善するのが薬膳料理。冷えが気になるときには、温める作用の食材を積極的に取り入れましょう。
具体的にはショウガやかぼちゃなどが体を温める力を持つ食材。また黒酢や黒豆は血行促進作用があり、冷えの改善に働きます。
一方、南国生まれのフルーツや白砂糖には体を冷やす作用があるため、寒い季節は控えたほうがいいでしょう。

からだを温める薬膳ドリンクの作り方

薬膳料理の中でも、今回は簡単にできて取り入れやすい、薬膳ドリンクのレシピを2つご紹介します。さっそく試してみて!

○ ショウガくず湯

くずには、発汗を促すことで、体の温め作用をサポートする効果が。風邪の引き始めなどにもおすすめの食材です。また、ショウガは血行を促進し、新陳代謝を上げる作用があります。冷えによる胃の痛みや下痢にも効果的。

(材料)

  • ・ くず粉・・・8g
  • ・ ショウガ(すりおろし)・・・小さじ1
  • ・ はちみつ・・・大さじ1
  • ・ 水・・・150ml
  • ・ ショウガ(細切り)・・・少々

(作り方)
くず粉、すりおろしたショウガ、はちみつ、水を鍋で混ぜ合わせる。中火にかけ、とろみがついたらでき上がり。カップに入れて細切りのショウガを添える。

○ 黒酢ティー

黒酢には、滞った血のめぐりをよくし、手先や足先にまで血液を送り届けることで全身を温かくする作用があります。また紅茶は、お茶の中でも特に体を温める作用が強いもの。利尿作用があるため、むくみの緩和にも◎。

(材料)

  • ・ 紅茶のティーバッグ・・・1バッグ
  • ・ 熱湯・・・150cc
  • ・ 黒酢・・・大さじ1
  • ・ 黒糖・・・適量

(作り方)
カップにティーバッグを入れて熱湯を注ぎ、紅茶をいれる。黒酢を加え、黒糖を入れてお好みの甘さにする。

続きを読む




30秒でOK!冷えとむくみを解消『ふくらはぎのストレッチ&マッサージ』

ノーイメージ

【お話を伺った人】二村 ヤソ子先生

フタムラ式血液循環体操研究所所長 理学博士。NPO法人ケアマネージメントサポートセンター特別顧問、日本健康運動指導士会講師、埼玉県厚生年金休暇センター社会保険等講師などを務める。フタムラ式「血液循…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

(編集・制作 (株)法研

たった30秒のらくらく体操で血行をよく。ふくらはぎのストレッチとマッサージで血液循環を促進、冷え性改善とむくみ解消を!

筋肉を動かせば血行がよくなり体が温まる

毎日を健康に過ごすためには血液の循環がよく、体のすみずみまで血液が行きわたっている必要があります。心臓から送り出された血液は体の細胞に酸素と栄養を供給し、老廃物と二酸化炭素を回収して排出します。
そのため血液循環が悪いと体のすみずみまで酸素や栄養が行きわたらず、老廃物の排泄や新陳代謝がうまくいきません。そうなると疲れがたまりやすく、肩こり、腰痛、むくみ、冷え性の原因になったり、内臓機能や免疫力が低下して、あらゆる病気の引き金にもなります。女性に多い肩こりや冷え性、むくみなど、多くは血液循環の悪さが原因だったのです。

血液の流れをよくしてあげれば、代謝が活発になって体が温まり、免疫力も高まるため、さまざまな病気の予防につながります。
それには体を動かすこと。運動やストレッチで筋肉を刺激することで、全身の血行をよくしたり、不足しているところに血液を集めることができます。目的をもって筋肉を動かすことで、意図した特定の部分の血流を促進することができるのです。
この仕組みを利用した血液循環体操のなかから、今回はふくらはぎを動かして冷え性やむくみを解消する体操を紹介しましょう。

血液循環に密接にかかわるふくらはぎ

ふくらはぎが全身の血液循環に関係しているといったら意外でしょうか? 「足は第二の心臓」と言われるように、足は血液循環と密接な関係があります。血液は心臓から全身に送り出され、再び心臓に戻りますが、下半身から心臓へと重力に逆らって血液を戻すのは大変。そこで大きな働きをするのがふくらはぎです。

ふくらはぎには、足先まで下がった血液を心臓に戻すための静脈と、それを囲むように大きな筋肉が集中しています。そして、静脈の周りの筋肉が伸びたり縮んだりして静脈に圧力をかけるポンプ作用によって、血液を心臓に送り返し、全身の血液循環をよくする助けをしているのです。
しかし、ふくらはぎの筋肉が弱っていたり疲労しているとポンプ作用がうまく働かず、血液循環が悪くなって、冷え性や足のむくみ、だるさなどを起こす原因になります。運動不足の人やデスクワークの人は筋肉が弱く、立ち仕事の人や動き回っている人のふくらはぎには疲れがたまりやすいため、ふくらはぎを動かして血行をよくしてあげる必要があります。

ラップの芯を使ってふくらはぎのケア

いつもは使い終わると捨ててしまうラップの芯(しん)を使って、簡単にできる体操を紹介しましょう。ラップの芯を使うことで筋肉の伸び縮みがよくわかり、運動の手ごたえが違うだけでなく、軽くさすることで血液やリンパ液の循環もよくなり、運動の効果を上げることができます。

(「I’m fine」法研より)

※この記事は2007年9月に配信された記事です

続きを読む




太りやすい・肌老化・免疫力ダウン…『腸体温』の低下が招く体調不良

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

腸の体温が低いと、病気にかかりやすくなります。そのしくみを解説します。

太りやすい・肌老化・免疫力ダウン…『腸体温』の低下が招く体調不良

免疫細胞が働かず病気になりやすい体に

がんの死因は、女性で大腸がんがトップ。男性でも3位になっています(人口動態統計によるがん死亡データ/2016年)。
大腸がんが多くなっている原因として、食の欧米化があげられます。
それと共に注意してほしいのが“腸体温”の低下。大腸がんには、腸体温が関係していると考えられる、と東京有明医療大学の川嶋朗教授は指摘しています。
人の体は、体温が低くなると免疫力が低下します。実は、50年前の調査で、日本人の体温は、いまより1度近く高かったそう。それが運動不足や、冬でも冷たい食べ物や飲み物をとるなど生活様式の変化で低下してきました。

体温の低下にともない、腸の温度も下がっています。これが健康に大きな影響を与えているのです。
腸には食物の消化・吸収という重要な役割があります。体を作る、動かす、回復させる……すべての体の活動に栄養が必要です。
しかし、腸体温が低いと消化・吸収能力が落ち、栄養が十分に供給されず、体中に不調が起こってきます。また、がんは「嫌気性」といい、酸素のない状態を好む病気。冷えた体は酸素が巡りにくく、がんが喜ぶ状態です。つまり腸の冷えが大腸がん増加の原因のひとつと考えられるのです。

そして、腸は体で最も「免疫細胞」が集まるところでもあるのも、近頃知られるようになってきました。腸には食べ物などに付着した菌が、そのまま入ってきます。これを排除して体を守るため、体中の6〜7割の免疫細胞が集まり、外敵をやっつけているのです。しかし腸体温が下がると、免疫機能が働きにくくなり、病気にかかりやすくなってしまいます。

腸体温が下がると現れる全身の不調

腸が冷えると、以下のようにさまざまな不調が起こります。あなたも“腸冷え”が原因で、体にトラブルが起きているかもしれません。

◯体が栄養不足に

消化酵素は40度くらいで最もよく働くため、腸は常に40度の高温を保っています。この温度が低いと消化酵素が十分働かず、栄養不足になってしまい、全身の機能が低下します。

◯代謝が下がり生活習慣病に

腸は24時間365日働き、カロリーを消費しています。腸温度の低下で動きが悪くなると、代謝がダウンします。すると太りやすくなったり、さまざまな生活習慣病を引き起こすことにも。

◯免疫力ダウンで病気がちに

腸には体の約7割の免疫細胞が集中しています。腸温度が下がると、免疫細胞の働きも悪くなります。免疫力が下がり、病気にかかりやすい体になります。

◯アレルギー反応も腸冷えから

腸体温の低下で起こりがちなのが、アレルギー症状です。卵などのタンパク質が十分に消化されないまま血中に入ると、体はこれを異物とみなして、アレルギー反応が起こることにも。

◯血液老化で肌が老化!

腸の環境が悪くなると、悪玉菌が増加します。ここで発生した有害物質は、血液にのって全身に回ります。汚れた血で肌が老化したり、さまざまな不調の原因にもつながります。

腸のためにとヨーグルトを食べている人は気をつけて!

健康のために“腸活”を心がけている人も多いのでは? ただし、腸にいいと思ってやっていることが、実はまちがっている場合もあるのです。

◯ヨーグルトで腸が冷える

「腸にいいから」と食べるヨーグルトで、逆に腸を冷やしているかも。腸にいい発酵食品は、納豆や漬物、みそなど日本古来のものがオススメです。ヨーグルトを食べるなら、レンジで40度くらいまで温めましょう。

◯半身浴は温活にならない

半身浴では体が十分温まりません。必要なのは水圧が心配な心臓病の人だけ。腸体温アップには、39度くらいのお湯に全身で長く入るのがベスト。熱いお湯は交感神経を刺激して、腸体温を逆に下げてしまうので×。
ちなみに、体温が高くても冷房が苦手だったり、冷えを感じる人は、腸が冷えている可能性が高いので油断禁物です。温かい食べ物を食べ、腹巻をしたり、お腹に湯たんぽを当てるなどして、腸を温めるよう心がけましょう。

続きを読む



知らぬ間に『足指』が変形…疲れや冷えの原因に|足指健康度チェック

提供:gooヘルスケア

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

「靴を履く」「平らな道ばかり歩く」~現代人にとってあたり前のことですが、そのために昔の人に比べて足指が弱り、疲れや冷えなどの不調をひきおこしているのだそう。あなたの足指の健康度をチェックしてみましょう。

知らぬ間に『足指』が変形…疲れや冷えの原因に|足指健康度チェック

足指がうまく使えず、浮き指になると体に不調が

「なんだか疲れが取れない」「体が冷えやすい」と感じたら、その原因は足の指にあるかもしれません。というのも、慢性的な疲労や冷えに悩まされる人の多くに、足指の変形が見られそう。

でも、普段から自分の足指を気にしている人ってなかなかいませんよね? そのため、自分の足指の変形に気付かぬまま、慢性的な不調に悩まされている人も多いのだとか。昨今では、女性の3人に1人、男性の2人1人が、足の指が地面に着かない「浮き指」になっているともいわれています。

靴と靴下を履いた生活時間が長く、舗装された平らな道を歩くことが多いため、現代人の足指は年々退化しています。足指は、全身を支えている重要な部位なのですが、ここが変形するとひざや腰など全身の骨格にも悪影響が。すると、体がコリ、痛みなどが発生するのです。足指が地面に接触していると地面からの衝撃を吸収することができるのですが、浮き指だとその衝撃をダイレクトに受けるため、体の不調を引き起こす大きな原因に。
冷えやむくみ、頭痛、腰痛、肩こりも浮き指が原因のひとつです。自分の足指が浮き指かどうか、下のセルフチェックを試してみましょう。

足指健康度チェック

●浮き指チェックのやりかた

1)足を片手でにぎる。
2)もう一方の手で、指をつまみ、手前に倒していく。
3)指が手前に倒れる角度を確認する。5本指とも行う。

指が90度以上の角度で手前に倒れたら、浮き指の可能性があります。手前に大きく倒れるのは、足の筋力が衰えているためです。しっかりと足指が使えていれば、90度以上に反り返ることはないと考えられます。

また、下記の質問に当てはまるものが1つでもあれば、あなたの疲れや冷えの原因が足指にあるかもしれません。

・足指が浮いている
・親指の腹やつけ根にタコがある
・足指の爪が小さい
・巻き爪になっている
・足先が冷えている
・足指でグーができない
・足指を曲げると痛む
・歩くとペタペタという足音がする

ほぐしてからトレーニングで浮き指を改善!

実は、ほとんどの人が何かしら浮き指の傾向をもっているのだとか。足指が踏ん張る力を取り戻せるように、足指ほぐしとトレーニングを行いましょう。ほぐす&トレーニングのW効果で、足指がしっかり動かせるようになり、浮き指の改善につながります。また、ほぐしていると足先がポカポカして冷えが解消されますよ。

●足指ほぐしのやり方

1)足裏が見えるように、足を太ももにのせる
イスに座るか、あぐらをかいて床に座る。片方の足を、足の裏が見えるように、反対の脚の太ももの上に乗せる。

2)足指をつかんで足裏側に曲げる
足の親指の付け根をつかむ。持ち方は、手の親指を足裏側に、その他の指を足の甲側に当てて。しっかりつかんだら、足の親指を足の裏側に曲げる。

3)足指の関節を曲げる
足指をつかんでいる位置を少し足先側に移動させ、足指の関節を曲げる。仕上げに、足指の先をつまんで、円を描くようにまわす。これを両方の足指すべてに行う。

●足指トレーニングのやり方

ハンドタオルを足指で引き寄せるトレーニングで、足指のつかむ力を強化します。

1)ハンドタオルを床に敷く
ハンドタオルを床に敷き、タオルの端に足先をのせる。

2)足指でグーパーの動きを繰り返す
足指をぎゅっと曲げて、タオルをつかむ。足指でグーパーの動きをするようして、タオルを少しずつ引き寄せる。両足行う。

続きを読む



自覚のない隠れ冷え性…あなたの体が冷えているか症状をセフルチェック!

ノーイメージ

【お話を伺った人】班目(まだらめ) 健夫先生

東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック 1980年岩手医科大学医学部卒業後、同大第一内科、東京女子医科大学附属東洋医学研究所助手を経て、東京女子医科大学附属成人医学センター自然療法外来担…

もっとみる

提供:gooヘルスケア

昼でもこまめに体を温めて冷えを解消。足先でなく体の中心部を温めることで、効率的に冷えを改善・解消することができる。

(編集・制作 (株)法研

(「健康のひろば」法研より)

体のどこかがわきの下より冷たかったら冷え性

ここ数年、「湯たんぽ」がちょっとしたブームです。お湯を沸かして湯たんぽに入れるだけで、あとはガスも電気も使わないから経済的。やわらかな温かさが気持ちいいと女性に大人気です。寒い冬の夜、冷えた布団の中で足先を温めるのに使われてきたこの湯たんぽ、実は、昼間も積極的に使うことで「冷え性」を改善・解消できるすぐれものなのです。

「冷えは万病のもと」といわれますが、最近は自覚症状はないが体の表面温度の低下した人が増えています。まずは自分が冷え性かどうかチェックしてみましょう。

朝目覚めたとき、寝たままでわきの下に手をはさみ、その部位と、おなか、太もも前面、お尻、二の腕の4カ所をさわって温度の違いをチェックします。わきの下よりも、1カ所でも冷たいところがある人は冷え性です。また、太ももの前面に湯たんぽを当て、気持ちがいいと感じたら、やはり冷えがあるといえます。

もう一つ冷え性かどうかを判断するチェックポイントを紹介しましょう。次のうち一つでも該当したら軽い冷え性、半分の6つ以上該当する人はかなり冷えているといってよいでしょう。

●かぜをひきやすい
●トイレが近く、夜中にトイレに起きる
●肩こり・頭痛・腰痛がある
●人よりも疲れやすい
●のぼせやすい、汗かきである
●脚がよくむくむ
●ダイエットをしていないのに便秘がちである
●太りすぎ、またはやせすぎている
●睡眠時間は足りているのに、朝起きるのがつらい
●長風呂が苦手である
●エアコンの効いた部屋に長時間いることが多い
●食事を抜くことがよくある。または早食いである

湯たんぽでおなか、太もも、お尻、二の腕を温めよう

冷えは、リラックス神経ともいわれる副交感神経の働きを弱め、頭痛や肩こり、体のだるさ、便秘、月経異常など体の不調を招いたり、免疫力を低下させてさまざまな病気の原因にもなります。
これを防ぐためには自分の冷えを自覚し、体を温めることが大切。ここで「湯たんぽ」の登場です。足先だけを温めても体全体は温かくなりませんが、朝チェックした4カ所は体の中心に近く筋肉も多いため、ここを直接温めることで効率的に体全体を温めることができるのです。次の順番で温めましょう。

(1)おなか→湯たんぽを抱えて手も温める
(2)太ももの前面→湯たんぽを太ももの上に置き、ずらしながら全体を温める
(3)お尻→いすの背に湯たんぽを置いて腰から温める
(4)二の腕→机の上などに湯たんぽを置き、二の腕を当てて温める

温めたらしっかり保温し、温める機会を増やそう

湯たんぽを当てるときは、汗をかく前にやめること、やけどを防ぐために少しずつずらしながら当てることに注意しましょう。当てる時間はそれぞれ3~10分が適当です。

温めたら重ね着をしてしっかり保温しましょう。手袋、マフラーなどで熱を逃さないことも大切です。そして外出時や職場などでも、カイロなどを使って、少しでも体を温める機会を増やしましょう。

お風呂にゆっくり入ると体が温まりますが、体が冷えている人の場合、温まる前にのぼせてしまって、十分に体を温めることができません。足が冷えて眠れない人は、湯たんぽでおなかなどを温めてから入浴するとよいでしょう。

冷えの強い人は、直接体を温めるだけでなく、食事や運動、睡眠など生活習慣全体の見直しすることも大切です。

※この記事は2008年11月に配信された記事です

続きを読む



  1. 1
    肩こり・首の痛みの治し方。めぐりを良くする食材で改善!
    つらい「肩こり・首の痛み」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 血行を…
  2. 2
    朝食を変えれば『ヤセ体質』になれる!食べてヤセる食事法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3
    肉ばかり食べると体が臭くなる…糖質制限ダイエットの落とし穴
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 4
    冬のお洗濯は夜にすると時短になる!乾きにくいニットもOK
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 天気…
  5. 5
    実年齢より『若くみえる人』と『老けてみえる人』の違いはどこにある?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  6. 6
    足にむくみがある人は筋肉が少ない?むくみの原因と解消法
    つらい「むくみ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 余分な水分をとり…
  7. 7
    お腹がポチャポチャするのはなぜ?胃の症状の原因と改善法
    つらい「胃もたれ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 胃を温めて、消…
  8. 8
    発達障害の子どもに注意するとき、褒めるときのコツ
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  9. 9
    発達障害の子どもこそ『ほめて伸ばす』が大事な理由
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  11. 11
    ボディーソープで肌荒れ!?清潔のつもりが皮膚を傷めることに…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 清潔…
  12. 12
    やたらと正論を押しつける『モラハラ男』の見分け方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 他人…
  13. 13
    目の下にクマができるのは血のめぐりが悪い証拠?原因と改善法
    つらい「目のクマ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 温めて、血を巡…
  14. 14
    うちの子発達障害かも?と思ったら…早目の支援が社会適応のカギ
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  15. 15
    ゴム手袋が”手荒れ"の原因になる!?意外と知られていない手荒れの元凶
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 冬の…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17
    【発達障害の子ども】日常生活をスムーズに送るためのポイント
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  18. 18
    感情的に叱ってはいけない!発達障害の子どもへの接し方のポイント6つ
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  19. 19
    肌荒れは内臓からきてる?生理時のニキビ・乾燥・かゆみ肌の対処法
    つらい「肌荒れ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 内臓をととのえて…
  20. 20
    アスペルガー症候群の小学生|不登校から特別支援学級に通うまで
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…

一覧