顔周りにはツボとリンパ節が集中。やさしくマッサージすれば、リラックス、健康、美容にも効果が。

顔のマッサージで表情が明るく、美しく健康に

パソコンや携帯メールの長時間使用で目の周りが緊張したり、人間関係のストレスなどで疲れが出た顔は、周りの人の気分も暗くしてしまいます。逆に、美人ではなくても明るく口角の上がった笑顔は、周りの人の気分も明るくしますし、若々しく見えるものです。
パートナーの表情が疲れて暗くくすんでいたら、ぜひ顔のマッサージをしてあげてください。顔周りのマッサージは、自律神経に作用し、メンタル面にも働きかけて心身のバランスを整え、リラックスできて、表情も明るくなります。

ツボとツボをつなぐ経絡、さらにリンパを刺激して小顔に

さて東洋医学では、人体には気の道筋である経絡(けいらく)が左右対称に通っていて、全身を気が循環していると考えられています。気は生命エネルギーにたとえられ、精神、内臓、筋肉が疲労したり、緊張などで機能が低下すると気の流れが滞り、筋肉の硬直や体の痛みといった不快な症状が出たり、病気になると考えます。経絡上の要所にはツボがあって、ツボを適度に刺激することで気の流れが整い、健康になれるというわけです。

下図のように、顔とその周りの頭、首、胸元にかけてはたくさんのツボがあり、ツボとツボをつなぐ経絡が走っています。経絡とそのライン上にあるツボの位置を意識しながらマッサージしてみてください。

さらに顔周りには、免疫の砦となるリンパ節も密集し、特に鎖骨のくぼみや頸部は、全身で最もリンパ節が集中しているところです。そのため、この部分のマッサージは体の免疫機能を高め、体調を整えるのに最適です。美容面からは、リンパドレナージ(リンパ液の排液を促すマッサージ)とツボへの刺激を組み合わせることで、顔のむくみをとり、リフトアップや小顔効果があります。そんな良いことずくめのマッサージで、パートナーを健康に美しく、幸せにしてあげましょう。

準備マッサージで緊張をとって効果を高める

大きな筋肉がある体と違って、目・鼻・耳・唇といった感覚器が密集している顔は、薄く繊細な筋肉と皮膚でできていますから、指の先と指の腹でていねいに優しくマッサージしていきます。
突然顔を触られるとびっくりしてしまいます。まずは胸元から肩口あたりをさすり、緊張をとってリラックスさせてあげましょう。それによってリフトアップや小顔効果も高まります。

まず、パートナーに仰向けに寝てもらい、頭の側に立つか座ります。
※マッサージの前に、メガネやコンタクトレンズ、入れ歯などは外してもらいましょう。

(1)手のひらを胸の中心に当て、肩口までさすり、手のひらの根元で肩口を押すようにします(雲門(うんもん)と中府(ちゅうふ)のツボを刺激します)。

(2)鎖骨の上のくぼみに指を当て、リンパ節を軽くプッシュします。

(3)顔を横に倒し、首すじを手のひらで鎖骨に向かってさすります(リンパ節を刺激してリンパ液の排液を促します)。
※胸鎖乳突筋(首筋の太い筋肉)内縁にある頸動脈拍動部の軽い押圧は、頸動脈洞反射(*)によって血圧と心拍数を下げ、リラックス効果も上がります。

(4)親指と残り4指で耳をはさみ、耳の前後にあるリンパ節を鎖骨に向かって軽く押し下げるようにさすります。

(5)あごの下に指をかけてあごの下のリンパ節を押し込むように指の腹で刺激します。

(1)~(5)のマッサージは、リンパ液の循環を良くして、顔のむくみを取り、肌の環境を良くします。ゆっくりくり返すと、さらに効果が高まります。

次に、頭と首の下に手のひらを入れ、頭の重みを利用してマッサージしていきます。

(6)頭の根元(後頭部生え際)には、首こり・肩こりに効くツボが密集して並んでいます(「首こり・肩こりに効くツボとマッサージ方法-イラスト解説付き」参照)。ここに指の腹を引っかけるように力を入れ、コリをほぐしましょう。
次に後頭部や側頭部の髪の毛の中に指を入れ、後頭部生え際に向かってリンパ液を流し込むイメージで、頭皮に当てた指を徐々にずらしてマッサージします。

(7)ここまで行ってもまだ緊張が取れないときは、軽く閉じたまぶたの上を手のひらで10秒間ソフトに圧迫します。この刺激によってアシュネル反射(*)が起こり、血圧と心拍数が下がります。

*反射を利用してリラックス状態を作る
(3)の頸動脈洞反射は、頸動脈小体から迷走神経へ、(7)のアシュネル反射は、三叉神経から迷走神経へと興奮が伝わることで引き起こされる反射です。副交感神経である迷走神経が刺激されることで緊張がゆるみ、血圧と心拍数が下がります。

次回は顔面のマッサージに入っていきます。

(編集・制作 (株)法研)
※この記事は2011年12月に配信された記事です
佐藤明子先生

【執筆者】佐藤 明子先生

心愛治療院 院長 宮城学院女子大学卒業。鍼灸按摩マッサージ指圧師、リンパ浮腫療法士(5学会認定)。2002年よりがん術後リンパ浮腫治療、がん術後の身体のコリ違和感の専門治療を行う。東京・南青山『心愛…

もっとみる

おすすめ

  1. 『年末年始太り』を予防するー食べすぎ・飲みすぎに効くツボ
    年末年始の暴飲暴食による胃の疲れや食欲不振などを改善する。 つい食べ…
  2. 冷え症・風邪を改善するツボマッサージ-イラストで解説付き
    冷えが気になる人に試してもらいたい! じんわり効くツボマッサージ
    寒く乾燥する冬、特につらい冷え性や風邪に効くツボを紹介。冷え症は巡りを…
  3. 顔の大きさは“噛み方”の癖で決まる!? 顔デカの悪習慣とは?
    すっきりリフレッシュ! 顔のリンパマッサージ|小顔効果・たるみ改善
    頭もすっきりリフレッシュ、リフトアップや小顔効果など、女性にも男性にも…
  4. 寒い時期の腰痛は温めてからストレッチ&マッサージが効果的!
    寒い時期は腰痛が悪化しやすい…温めてからストレッチ&マッサージが効果的
    寒い季節、足が冷えて腰痛を起こしてしまったら…。冷えからくる腰の痛みに…
  5. 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…