(編集・制作 (株)法研

意識はあるのに脳の指令が届かず体が動かない!
浅い眠りのときに起こる一種の睡眠障害。寝入りばなに起こりがちなのは睡眠リズムが乱れているから。

レム睡眠のときに起こる「睡眠まひ」

「金縛り」──字面からして怪しいフンイキ。「かなしばり」と声に出してみてもその印象は拭えません。睡眠から目が覚め、いざ体を動かそうとしても動けない、声も出せない、夢かと思うが意識は眠っていないようだ……。こんな現象から、「何か物の怪(け)にとりつかれたのではないか」という発想に結びついてしまうのでしょうか。実際、かつては日本でも西欧でも、この世のものではない何物かが引き起こす超常現象のように考えられてきましたが、現代では「睡眠まひ」という睡眠障害の1つとされています。

睡眠には2つの状態があります。レム睡眠とノンレム睡眠です。レムとはRapid Eye Movementの頭文字からきています。直訳すれば素早い目の動き。目はつむって寝ているのにまぶたの下では眼球が活発に動いている状態からの表現です。体は眠っていますが脳は覚醒時と似た状態にあり、夢を見ることが多く浅い眠りです。ノンレム睡眠は、眼球は動かず脳も眠っている深い睡眠です。睡眠中はこのレム睡眠とノンレム睡眠を交互に繰り返すのですが、金縛りはレム睡眠のときに起こります。

脳は起きているのに体は目覚めていない

レム睡眠中は脳は起きているのに、体は筋肉から力が抜けて全身が弛緩しています。脳波や筋電図の検査でそのような状態にあることがわかるようです。このとき何かの拍子で脳だけ完全に目が覚めて体を動かす指令が出ても、眼球を動かす筋肉と呼吸筋を除いては、その指令は脊髄で遮断されて筋肉に伝わらないことがあるのです。だから、意識は起きているのに体を動かせません。これが金縛りの正体、物の怪でも何でもありません。

金縛りは数秒から数分続きます。この間、目は少し動かすことができ、変なものが見えたり聞こえたりする幻覚を体験するとか、胸を圧迫されるような息苦しさを感じることも少なくないようです。その後、自然に体を動かせるようになりますが、体験した人にとっては夢ではなく現実に起こったことのように感じられますから、恐怖感や不安感を持ってしまうのも無理のないことかもしれません。

睡眠リズムが乱れていると起こりやすい

金縛りは、寝入りばなや途中で目覚めてしまうときに起こりがちです。睡眠のリズムは、まず深い眠りのノンレム睡眠になり、その後に浅い眠りのレム睡眠が現れるということを何回か繰り返します。寝入りばなに金縛りが起こるのは初めにレム睡眠になってしまうということで、何らかの原因で睡眠のリズムが乱れているといえるでしょう。疲れやストレスがたまっているとか、就寝時間が不規則で睡眠不足であったりすると金縛りが起こりやすいようです。

受験勉強などで睡眠時間が不足しがちな中高生や交代勤務のある看護師などに起こりやすいといわれるのもうなづけます。また、時差ボケの解消を急ぐあまり、睡眠リズムを到着地時間に無理やり合わせるようなことをすると起こることがあるともいわれます。金縛り体験をしたくなければ、夜更かしの習慣や慢性的な寝不足を改め、規則的な睡眠習慣を確立することが大切だといえそうです。

ものごとへのこだわりが強いとか妄想を抱きやすいなど性格的な傾向で金縛りにあいやすいものがあるとか、ある種の薬剤の服用との関係を指摘するむきもあります。また、日中耐えがたい眠気が起こる「ナルコレプシー」という睡眠障害でよく見られる症状でもあるので、金縛りがたびたび起こるようなら、睡眠障害の専門医に相談してみるとよいでしょう。

※この記事は2012年5月に配信された記事です

おすすめ

  1. 日中の眠気は寝不足以外にも原因が! 眠気を引き起こす病気とは?
    日中の眠気は寝不足以外にも原因が…眠気を引き起こす病気とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 睡眠不足による体のダメージは予想以上!|睡眠負債の危険な兆候とは
    睡眠不足による体のダメージは予想以上!|睡眠負債の危険な兆候とは
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  3. いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    (編集・制作 (株)法研) 単なる居眠りではすまされない、早期発見・…
  4. 年をとると睡眠時間がどんどん短くなるのはなぜ?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  5. 【いびきを治したい方に】舌の体操でいびきが改善できる!
    いびきの原因は舌の筋力低下かも? 舌体操で筋力アップ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …