たっぷり保湿で全身プルプル。温めと免疫力アップでかぜ予防。
心を和らげるユズ、巡りをよくするラズベリーリーフ、心沸き立つジャスミンなどを用いて!

たっぷり保湿肌! つるつる美肌になれるアロマテラピー

寒さが厳しい冬のボディケアは温めとたっぷり保湿、そして代謝アップ! これに尽きます。クリスマスや年末のパーティーなどで、肩から背中、腕と大胆に露出する機会が増えてきます。顔も体も、全身プルプル肌をめざしましょう。

お風呂で使える☆ソルティーハーブゴマージュ

<材料>
天然塩 35g
植物油(ホホバオイルなど) 10cc
ラベンダーの精油 2滴
ユズの精油 2滴

粒の細かい天然塩に植物油をしっかりと混ぜ合わせます。植物油はスウィートアーモンドオイルでもOK。ラベンダーの精油とユズの精油を入れてかき混ぜると、柔らかい香りに包まれます。ユズの香りは副交感神経の働きを高め、リラックス効果があります。
できればゆったりと湯船につかり、洗い場でゴマージュタイム!
かかとやひざ、ひじを手のひらでゆっくりマッサージしていきましょう。粒の細かな天然塩ですから、足からお尻までしっかりと磨き上げ、肩から腕も柔らかくマッサージしましょう。温かいシャワーで塩を洗い流したら、オイルの加減で体がしっとりと保湿されていますから、そのままバスタオルに包まれてしばらく過ごすことをおすすめします。ごしごしこすらないことが大切です。夜はぐっすり眠ることができるでしょう。

美肌の伝統療法☆ハト麦パック

<材料>
ハト麦(ヨクイニン)の粉末 50g
水 30cc
ゼラニウムの精油 2滴
サンダルウッドの精油 2滴

ハト麦が肌に良いことはとても有名です。ハト麦パックは夏の終わりのケアとしても紹介しましたが、乾燥する冬にもぜひ続けて行ってほしいケアです。今回は精油をプラスしてみましょう。
ハト麦(ヨクイニン)の粉に、その半分量の水を混ぜ合わせると、粘土のようなもちもちしたパックの基材ができあがります。そこへゼラニウムとサンダルウッドの精油をしっかりと混ぜ合わせます。洗顔後に首から顔全体にたっぷりと塗って7分ほど待ち、洗い流しましょう。

ハト麦を煎じて飲み、塗って肌を和らげることが、舞子さんの美肌の秘訣! 昔からある伝統療法の一つですが、保湿力のあるゼラニウムとサンダルウッドをブレンドして、心まで温まるアロマテラピー効果もお楽しみください。ゼラニウムには肌の引き締め効果があり、また虫よけ効果もあるので夏にもおすすめです。サンダルウッドは肌を柔軟にし、シミや肌荒れ、にきびや吹き出物にも効果があります。

寒さに負けない! かぜ予防に役立つアロマテラピー

かぜやインフルエンザの流行する季節。『あっ、かぜっぽい?!』では遅すぎます。免疫力を高める温かいハーブティーと、こまめなうがいで予防しましょう。ハーブと精油にきっと助けられることでしょう。

免疫力を高める☆エキナセアとラズベリーリーフのハーブティー

<材料>
(2人分)
ナツメの実(乾燥したもの) 2個
クコの実(乾燥したもの) 5~6粒
ラズベリーリーフ 5g
エキナセア 5g

これらの乾燥果実とハーブを不織布製のお茶・だし用ティーバッグに詰めて弱火で6~7分煎じます。ナツメが入ることで甘みが出ます。夜温かい飲み物にすっとした甘さは心の栄養になります。エキナセアは免疫力を上げかぜの予防になります。ラズベリーリーフは出産のためのハーブともいわれるくらい、血流を高め体の巡りを良くしてくれます。ナツメは神経の興奮を抑えて安眠効果があります。クコは不老長寿の薬ともいわれ、疲労回復や美容効果、老化予防効果などが期待されています。
全ての材料を小さな缶に入れ、シリカゲルを入れて保管しましょう。冬ごもりのためにぜひ用意してくださいね。カップの色にもひと工夫が必要です。温めには、色はピンクやオレンジ色。ハートがついていたり、少しユーモアのあるカップがよいでしょう。

抗菌作用とさわやかな香り☆ティートリー&ユーカリのうがい水

<材料>
ぬるま湯 100cc
ティートリーの精油 1滴
ユーカリの精油 1滴

洗面台にティートリー油とユーカリ油を置き、毎朝と帰宅時のうがいを日課にしましょう。どちらの精油も非常に強い抗菌力をもち、さわやかな香りがのどに気持ちいいですよ! 遊びに来た友人にもおすすめのレシピです。

お好みの香りでリラックス! 手作りクリーム

手作りだから安心☆ミツロウとジャスミンのリップクリーム

<材料>
ミツロウ 5g
植物油(ホホバオイルなど) 8~10cc
ジャスミンの精油 2滴
空のリップケース

小鍋にお湯を沸かします。ミツロウと植物油(スウィートアーモンドオイルでもよい)を耐熱ガラスの容器に入れ、容器ごとお湯につけて温めます。ミツロウがゆっくりと植物油に溶けていくのがわかります。2~3分冷まし、指を入れることができるくらいになったときジャスミンの精油を入れます。よくかき回し、さっとリップケースに流してそのまま固めましょう。安心して使える天然素材のリップクリームのできあがりです。
ジャスミンの香りは心の免疫力を高めてくれます。疲れたな…というときに耳の下から首筋にひと塗り。ジャスミンの心湧き立つ香りに、周りの気がぱっと変わったような気がするから不思議です。寒い冬、がんばりすぎたときのエールの香りを1本作っておきましょう。ジャスミンにオレンジを1滴加えても素敵です。

この冬を温かくのりきっていきましょう。

 

(編集・制作 (株)法研)
※この記事は2010年12月に配信された記事です
森田 敦子先生

【執筆者】森田 敦子先生

植物療法士、サンルイ・インターナッショナル代表取締役 1992年パリ大学所属の薬学専門校入学、生物化学、植物学、大脳生理学、フィトテラピーを学び、植物療法士資格を取得。1998年サンルイ・インターナ…

もっとみる

おすすめ

  1. バラの香りで心と体を癒して 美肌や消臭効果まで、バラの凄い効能
    花の女王と呼ばれるバラ。その種類は200種類以上もあり、さまざ…