臭いおならの原因と改善方法|おならを我慢するとどうなるの?

【お話を伺った人】辨野義己(べんの・よしみ)先生

独立行政法人理化学研究所イノベーション推進センター辨野特別研究室(特別招聘研究員)。農学博士(東京大学)。約40年以上にわたり、腸内細菌・微生物分類の研究に取り組んでいる。『大便通』(幻冬舎新書)や『…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

悪玉菌が多いと臭くなる。においがきつくないのは健康な証拠。
肉食が多いと腸内でにおいの強い有害物質が発生。がんや生活習慣病が心配。発酵食品と運動で腸内環境を改善。

臭いおならの原因と改善方法|おならを我慢するとどうなるの?

正体は飲み込んだ空気や、食べものを分解するときに出るガス

「出もの腫れものところ嫌わず」とは昔からよくいわれてきましたが、お尻から思わずもれてしまったガス(おなら)が、無音だったにもかかわらずにおいが強烈で、周囲に無言のひんしゅくを呼び起こしてしまった、という経験はありませんか。
もしもにおいがしなかったら、そんなバツの悪い思いをせずに済んだかもしれませんね。それに、においの少ないおならのときは、実は腸の中もバツ(×)が少ない良好な状態でもあるのです。出るものはしかたありません。でもそのときは、できるだけにおいの少ないものであることが、自分にも周囲にも望ましいというわけです。

そもそも、おならのほとんどの成分は、食事のときなどに口から飲み込んだ空気で、これが約70%を占めます。残りは腸壁を通して血液中から浸透してきたガスと、食べもののかすが腸内で細菌により分解されて発生したガス。おなら成分の90%を占める窒素、水素、炭酸ガス、メタンなどは無臭ですが、腸内細菌が産生したガスの中に含まれる硫化水素やインドール、アンモニア、スカトールなどが悪臭のもとになります。

おならが臭いのはなぜ? おならを我慢すると?

食べもののかすのうち、肉などの動物性たんぱく質や脂肪を大腸菌やクロストリジウム(特にウエルシュ菌)などのいわゆる悪玉菌が分解するときに悪臭を強くする有害物質を発生させます。おならのにおいが強いのは悪玉菌が増えているときで、高脂肪・高たんぱくの食事が続いたり、胃腸の機能が弱っていると起こります。

通常、貯まった腸内ガスは排便時に排出されますが、困るのは周囲に人がいる場合。ところ嫌わず出ようとするものを、無理に我慢するとどうなるのでしょうか。たまったガスの圧力は腹痛を引き起こすでしょう。ガスが胃を圧迫すると食欲不振、吐き気、胸焼けなどを起こすことがあります。腸の消化吸収の働きを悪くしたり、大便の排出の妨げになる可能性もあります。腸内に食べものかすがとどまっている時間が長くなれば、その分、有害物質の発生も多くなり、大腸の病気や生活習慣病の危険性が高まります。また、腸内細菌が産生したガスが腸内で吸収されると、肌荒れや吹き出物が出やすくなるなど、時と場合によりやむを得ないこともあるかもしれませんが、おならを我慢するのはよいことではなさそうです。

腸内環境を整えよう

有害物質の発生しやすい腸内の環境を改善するには、肉食に偏らず野菜、豆や海藻類もたっぷり取り入れた食生活に修正することです。とくに、ごぼう、にんじん、大根、いも類などの根菜や、大豆や小豆などのまめ類、わかめ、ひじき、こんぶなどの海藻類に豊富な食物繊維は便通を整えてくれます。

腸内にいる細菌のうち、ビフィズス菌や乳酸菌などいわゆる善玉菌は、悪玉菌の活動を抑制し腸内での腐敗の進行を食い止めることがわかっており、善玉菌を増やせば腸内環境はどんどん良くなるといわれます。
そこで実践したいのが、ヨーグルトをはじめとした善玉菌を多く含む発酵食品を食卓に取り入れること。ヨーグルトは「特定保健用食品(トクホ)」に指定されているものがよいでしょう。これなら乳酸菌やビフィズス菌が生きたまま大腸まで届くことが証明されているからです。また、ぬかみそ漬けやすぐき漬け、納豆などといった日本の伝統的な発酵食品もぜひ利用したいものです。
こうした食生活の改善をしてもおならは出てくるでしょうが、有害物質を生み出す悪玉菌より善玉菌が優位になっていれば、顔をしかめるようなにおいは少なくなるはずです。

ところで、年齢とともに腸の機能も低下しがち。腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増えてしまうのは防ぎようがありません。しかし最近は、若い女性でも悪玉菌が増える傾向にあります。これには食生活の欧米化やストレス、誤ったダイエットによる偏った食事内容、運動不足などから便秘になる人が多いためではないかと見られています。
毎日朝食をきちんと食べることから食事の習慣と内容を見直し、運動によって、腸のまわりの筋肉(腸腰筋や大腰筋など)を鍛えることなどを心がけるようにすれば、腸内環境が整えられ、おならのにおいが気にならなくなるでしょう。

※この記事は2010年10月に配信された記事です



太りやすい・肌老化・免疫力ダウン…『腸体温』の低下が招く体調不良

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

腸の体温が低いと、病気にかかりやすくなります。そのしくみを解説します。

太りやすい・肌老化・免疫力ダウン…『腸体温』の低下が招く体調不良

免疫細胞が働かず病気になりやすい体に

がんの死因は、女性で大腸がんがトップ。男性でも3位になっています(人口動態統計によるがん死亡データ/2016年)。
大腸がんが多くなっている原因として、食の欧米化があげられます。
それと共に注意してほしいのが“腸体温”の低下。大腸がんには、腸体温が関係していると考えられる、と東京有明医療大学の川嶋朗教授は指摘しています。
人の体は、体温が低くなると免疫力が低下します。実は、50年前の調査で、日本人の体温は、いまより1度近く高かったそう。それが運動不足や、冬でも冷たい食べ物や飲み物をとるなど生活様式の変化で低下してきました。

体温の低下にともない、腸の温度も下がっています。これが健康に大きな影響を与えているのです。
腸には食物の消化・吸収という重要な役割があります。体を作る、動かす、回復させる……すべての体の活動に栄養が必要です。
しかし、腸体温が低いと消化・吸収能力が落ち、栄養が十分に供給されず、体中に不調が起こってきます。また、がんは「嫌気性」といい、酸素のない状態を好む病気。冷えた体は酸素が巡りにくく、がんが喜ぶ状態です。つまり腸の冷えが大腸がん増加の原因のひとつと考えられるのです。

そして、腸は体で最も「免疫細胞」が集まるところでもあるのも、近頃知られるようになってきました。腸には食べ物などに付着した菌が、そのまま入ってきます。これを排除して体を守るため、体中の6〜7割の免疫細胞が集まり、外敵をやっつけているのです。しかし腸体温が下がると、免疫機能が働きにくくなり、病気にかかりやすくなってしまいます。

腸体温が下がると現れる全身の不調

腸が冷えると、以下のようにさまざまな不調が起こります。あなたも“腸冷え”が原因で、体にトラブルが起きているかもしれません。

◯体が栄養不足に

消化酵素は40度くらいで最もよく働くため、腸は常に40度の高温を保っています。この温度が低いと消化酵素が十分働かず、栄養不足になってしまい、全身の機能が低下します。

◯代謝が下がり生活習慣病に

腸は24時間365日働き、カロリーを消費しています。腸温度の低下で動きが悪くなると、代謝がダウンします。すると太りやすくなったり、さまざまな生活習慣病を引き起こすことにも。

◯免疫力ダウンで病気がちに

腸には体の約7割の免疫細胞が集中しています。腸温度が下がると、免疫細胞の働きも悪くなります。免疫力が下がり、病気にかかりやすい体になります。

◯アレルギー反応も腸冷えから

腸体温の低下で起こりがちなのが、アレルギー症状です。卵などのタンパク質が十分に消化されないまま血中に入ると、体はこれを異物とみなして、アレルギー反応が起こることにも。

◯血液老化で肌が老化!

腸の環境が悪くなると、悪玉菌が増加します。ここで発生した有害物質は、血液にのって全身に回ります。汚れた血で肌が老化したり、さまざまな不調の原因にもつながります。

腸のためにとヨーグルトを食べている人は気をつけて!

健康のために“腸活”を心がけている人も多いのでは? ただし、腸にいいと思ってやっていることが、実はまちがっている場合もあるのです。

◯ヨーグルトで腸が冷える

「腸にいいから」と食べるヨーグルトで、逆に腸を冷やしているかも。腸にいい発酵食品は、納豆や漬物、みそなど日本古来のものがオススメです。ヨーグルトを食べるなら、レンジで40度くらいまで温めましょう。

◯半身浴は温活にならない

半身浴では体が十分温まりません。必要なのは水圧が心配な心臓病の人だけ。腸体温アップには、39度くらいのお湯に全身で長く入るのがベスト。熱いお湯は交感神経を刺激して、腸体温を逆に下げてしまうので×。
ちなみに、体温が高くても冷房が苦手だったり、冷えを感じる人は、腸が冷えている可能性が高いので油断禁物です。温かい食べ物を食べ、腹巻をしたり、お腹に湯たんぽを当てるなどして、腸を温めるよう心がけましょう。

続きを読む




女性はお腹にガスが溜まりやすい? その原因と解消法

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

お腹が張って苦しかったり、おならをガマンしてつらいと感じることが多いなら、それはガスが溜まっているからかも。女性がお腹にガスが溜まりやすい理由と、その解消法をご紹介します。

女性はお腹にガスが溜まりやすい? その原因と解消法

ガスの元は口から飲みこんだ空気

「ポコッと出た下腹」、「お腹の圧迫感」、「おならがでやすい」など、ガスが溜まることで起こる不快症状に悩む女性が多くいます。実際、20〜50代の女性の約3割がお腹にガスが溜まっていると感じているそう。お腹に溜まったガスのほとんどは、口から飲み込んだ空気です。
人は気づかないうちに、飲食をしながら空気も一緒に飲み込んでいます。その一部は、ゲップとして口から排出されますが、それ以外は腸に送られます。特に早食いの傾向がある人は、食事の時に空気もたくさん飲み込んでしまいがちです。また「副鼻腔炎」、「蓄膿症」などの人は、口呼吸になりがちで、喉に空気が流れ混みやすくなるため、ガスも溜まりやすくなるのです。

女性ホルモンの影響で女性はお腹にガスが溜まりやすい

そして、女性は女性ホルモンの影響で、ガスが溜まりやすいのだとか。排卵から月経までの半月は、腸が便を送り出すぜん動運動が鈍くなります。そのため腸に便が溜まりやすくなり、溜まった便がガスを発生させます。
また、炭水化物が好きな女性も注意が必要。イモ類、パン、ごはんなど、でんぷん質が多い食べ物は、腸内のガスを発生しやすくするのだそう。ガスが溜まったらおならとして排出すればよいのですが、人前では出しにくいもの。トイレなどで排出するのだけでは不十分で、日中ガマンし続けていると、なんと腸に穴が開く場合もあります。女性はお腹にガスが溜まりやすい要素がたくさん。お腹にガスが溜まってきたなと感じたら、こんな方法を試してみましょう。

<お腹に溜まったガスの解消法>

◯ヨガのガス抜きポーズをする

腸内のガスを排出して、腸内環境を整えるのが「ガス抜きのポーズ」。床に仰向けに寝たら、両ひざを腕でかかえるようにして胸に近づけます。お腹が圧迫されるのを感じるはず。そのまま、ゆっくり呼吸を10回程度行いましょう。終わったら足を戻し、仰向けのまま数回呼吸してリラックスします。

◯うつ伏せで寝る

お腹の下に枕やクッションなどを入れて、うつ伏せで寝ます。10分くらいを目安にお腹を圧迫して、おならを出しやすくしましょう。左右に体を揺さぶるとより効果的。寝る前に、うつ伏せになりながら読書をするなどを習慣にすると、ガスが溜まりにくくなります。

◯腸内環境を整える

ヨーグルトやぬか漬けなどに含まれる乳酸菌や、不溶性・水溶性の食物繊維をバランスよくとって、腸内環境を整えましょう。食事の量が極端に少ない女性は、便の量が少ないため便秘がちになります。同時にガスも溜まりやすくなるのです。3食きっちり食べることも心がけて。

◯腹式呼吸をする

ストレスを感じると、腸のぜん動運動が起こりにくくなります。すると便秘になり、ガスがお腹に溜まりやすくなります。朝起きたとき、腹式呼吸を行ってリラックスし、腸のぜん動運動を促してスッキリ便が出せるような体を目指して。

◯お腹を冷やさない

お腹が冷えると腸内細菌のバランスが悪くなったり、腸のぜん動運動が鈍くなったりします。夏でも薄手の腹巻をする、素足にならないなど、お腹を含めた下半身を冷やさないようケアを心がけて。

続きを読む




腸内環境の改善で”性格”まで変わる?!心の安定を得るための方法5つ

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

腸内細菌の状態が心の状態まで左右することが、研究でわかっています。腸をケアして心の安定を得る方法をまとめました。

腸内細菌で体の不調からうつまで改善

「ストレスは万病のもと」といいますが、現代で生活する上ではストレスから逃げることはできません。そのストレス、腸にも影響しているのを知っていますか?
心と腸と脳はお互いに影響しあっていて、これを「腸脳相関(ちょうのうそうかん)」といいます。脳がストレスを感じると、腸の働きも低下するのです。強いストレスを感じると便秘や下痢になるのもこのせい。

昨今の研究では、腸内の細菌が脳の幸福度までコントロールしていることもわかってきたとか。つまり、腸の状態をよくすれば、心も安定するということ。
ついには、健康な人の腸内細菌を移植する「腸内フローラ移植療法」も登場。この治療法では、体の不調だけでなく、うつを改善したり、社交的にしたりなど性格を変える効果もあるというほど。ストレスに負けない体になるためには、腸内環境を改善することが大切なんです。

腸が元気になると、幸せを感じるホルモン「セロトニン」の分泌量がアップします。幸せな気分を感じることができ、小さいことでクヨクヨせず前向きな人になれます。
また、自律神経の「交感神経」と「副交感神経」のメリハリが出てくるので、ストレスを感じてもコントロールできるようになり、ストレスに強くなります。すると、ストレスによる便秘や下痢も起こりにくくなることに。
このように、ストレス社会で生活しても心の安定を得られる、腸のケア方法をご紹介します。

腸内環境を改善して心の安定を得るための方法5つ

1)朝食を食べる

食欲がないからと朝ごはんを抜いていませんか? 朝ごはんは、腸にとって目覚まし時計と同じ作用があります。眠っていた腸を目覚めさせるため、朝ごはんには脳のエネルギーになる糖質を含めて、しっかりとりましょう。卵などのタンパク質のほか、みそや漬物など、腸内環境を整える発酵食もとると、さらに◎。

2)腸をもむ

お腹を手でマッサージする「腸もみ」をすることで、腸のぜん動運動を促して便秘や溜まったガスを解消しましょう。最近では、腸をもむことでストレスに強くなることもわかっています。

3)食事は寝る2時間前までに

寝る直前に食事をすると、睡眠中も腸などの消化器官は働きっぱなし。本来、睡眠中は腸を休ませ、昼間の疲れを回復させる時間です。腸が休めないと、翌日の体にも疲労が残ります。これが心の安定の妨げに。腸を休めるためにも、食事は寝る2時間前までに済ませましょう。どうしてもお腹が空いてしまった場合は、温かいミルクなど消化しやすいものを摂って、お腹を落ち着かせて。

4)腸を温める

腸が冷えると、腸内細菌のバランスが悪くなり、これが心の不安定にもつながります。夏場でも冷たいものは控える、お腹を冷やさないようにタンクトップなどの下着を重ね着するなどして、冷えからお腹を守りましょう。

5)白湯を飲む

アーユルヴェーダで白湯は“内臓のシャワー”と言われています。朝、起き抜けに自分が心地よいと感じる温度の白湯を飲むことで、胃や腸の疲れの解消に。眠っていた内臓を目覚めさせるとともに、冷えた腸を温めることができます。また、白湯には消化力をアップさせる効果もあるそう。朝食前に飲むことで、腸の準備運動にもなります。

続きを読む



【これで冬もぬくぬく過ごせる】からだを冷やさない5つの腸ポカテクニック

気温が低いと腸が冷えて便秘になりがち。腸を温めて健康に。
腸の冷えは便秘の原因になるだけでなく、肌荒れ、疲労などにも関係。腸を温める簡単な方法をご紹介。

【これで冬もぬくぬく過ごせる】からだを冷やさない5つの腸ポカテクニック

寒くなると腸管の運動が停滞して、便秘になりやすくなる

寒くなると便秘や下痢などお腹の不調が現れたり、肌荒れ、肩コリがひどくなったり……。思い当たる人は「腸冷え」による不調かもしれません。腸博士として知られる医師の松生恒夫先生の元には、毎年冬になると、便秘に悩む患者さんが増えるのだそう。これは、手足とともにお腹も冷えて、腸管の運動が停滞することが原因と考えられるのだとか。

便秘だけじゃない 腸冷えで起こる不調

腸が冷えると腸内の悪玉菌が増えて腸内環境が悪化。便秘だけでなく、以下のようにさまざまな不調につながる可能性もあります。

・ 肌荒れ・吹き出物
・ やせにくい
・ 便秘ぎみ
・ 肩がこる
・ すぐに疲れる
・ 風邪をひきやすい
・ 体臭・口臭が気になる

こうした不調は、腸を温めて働きを正常にすれば、解消や予防ができるということ。お腹がぬくぬくと温まって腸が元気になると、体全体も元気になっていきます。健康を維持したいなら、お腹は絶対に冷やさず、常に温める意識をもちましょう。

簡単「腸ポカ」テクニックで、手軽に腸冷えを撃退!

がんこな冷えも日頃から腸を温める「腸ポカ」テクニックを取り入れれば、改善することができます。できるところから実行してみましょう。

テクニック1)エキストラバージンオリーブオイルを毎日摂る

温かい食べ物にオリーブオイルを加えると効果大。胃の中でオイルの油膜が広がり、一緒にとった食べ物の温度が冷めにくくなります。その結果、腸の温度が上昇するのです。特にエキストラバージンオリーブオイルは酸度が低く、抗酸化作用が高いため、腸のアンチエイジングにオススメです。
オリーブオイルはパンやパスタのほか、味噌汁やラーメンにスプーン1杯加えても。また、カレーなどスパイスがたっぷり入った食事にプラスするとなお良いです。オリゴ糖が豊富なバナナやリンゴなどのフルーツと一緒にとれば、腸が活性化されます。

テクニック2)朝食を食べて腸温度を上げる

食べ物をよくかんで食べるとエネルギー代謝が高まるため、体温が上がります。この反応がもっとも大きいのが朝。また、朝は腸のぜんどう運動がいちばん活発になる時間帯。朝食をしっかり食べることで腸を動かし、温めましょう。

テクニック3)「腹タオル」を持ち歩く

ちょっと寒いと感じた時、肩にショールを羽織ることがありますが、その時お腹にもタオルを一枚かけることを習慣にしましょう。ひざ掛けをする場合は、お腹まですっぽりと覆うこと。冷たい空気から腸が守られ、温まります。

テクニック4)薄手の腹巻を24時間着用して

昔ながらの腹巻は、腸冷え対策の強い味方。最近では薄手で温かいものが出ているので、服の下につけても着ぶくれしません。日中はもちろん就寝中も着用を。

テクニック5)家事をしながら歌をうたう

料理や掃除をしながら、大きな声を出して歌をうたってみましょう。ポイントは、お腹をふくらませるように息を吸い、お腹から声を出すこと。この腹式呼吸で腸の動きが活発に。歌っているうちにお腹がポカポカになります。

続きを読む



便秘・肌荒れ・ぽっこりお腹の原因は『むくみ腸』? 10の診断チェック

顔や足のむくみは、実感したことがある人も多いはず。実は、腸もむくみ、便秘や肌荒れなどの悩みを引き起こしています。その原因と解消法をご紹介します。

 便秘・肌荒れ・ぽっこりお腹の原因は「むくみ腸」? 10の診断チェック

月経不順やインフルエンザにも関係?『むくみ腸』

むくみとは、血液中にある水分が体や手、足などに滞ったもの。飛行機に乗った後に足のむくみを感じたり、塩分の強いものを食べた翌日、顔がむくむのを感じる人も多いはず。同じように、腸もむくむのを知っていますか?

「むくみ腸」とは大腸と小腸がむくんだ状態。腸の疲労によって、水分代謝がうまくいかず、むくんでしまうのです。むくみ腸になると、全身がむくみやすくなるだけでなく、血行不良、代謝の低下などの不調も起こります。また、便秘、肌荒れ、月経不順などにも関係すると言われます。さらに、腸には、体の7割の免疫細胞が集まっています。むくみ腸を放置すると、腸内環境が悪化し、免疫力が低下。風邪やインフルエンザなどにかかりやすくなります。

腸は臓器の中でもストレスに弱い繊細な器官。過剰な水分摂取や水分不足、食生活の乱れ、冷え、運動不足などがむくみ腸の原因と言われています。便秘や下痢などの症状を気にかける人はいても、むくみ腸までケアしている人はほとんどいないのではないでしょうか?
腸の不調を感じる人の半数は、むくみ腸と言われています。下の「むくみ腸セルフチェック」で1つでも当てはまれば、腸がむくんでいる可能性大です。

<むくみ腸セルフチェック>

1、便秘、または、出ても残便感がある
2、肌荒れが治らない
3、寝起きの顔がむくんでいる
4、昨日の疲れが残る
5、太りやすくなった
6、頭痛や肩こりがある
7、平熱が低い(35℃台)
8、月経不順やPMSがある
9、お腹が冷えやすい
10、下剤を5年以上使っている

体を温め、食事は腹8分目で腸をいたわって

やっかいな不調を引き起こすむくみ腸ですが、日頃のケアで改善することができます。

まずは食べすぎをやめましょう。腸は、食べ物から栄養や水分を吸収したり、不要なものを便にして排出するのが役割。食べ過ぎは、消化から排出まで多くの時間がかかり、腸に負担がかかるので、食事は腹8分目に。寝る前の食事も腸を疲弊させます。睡眠時は腸も休ませたいので、寝る3時間前までには食事を済ませましょう。

また、冷えると体が血行不良になるように、腸も冷えると血流が滞り活動も鈍くなり、水分を溜め込んでむくみ腸になってしまいます。体の中心にあたる腸は決して冷やさないように注意を。

軽い運動は、体の血流がよくなり冷えも解消、腸にも適度な刺激が与えられるのでオススメです。滞った水分にダイレクトに働く、腸のマッサージも効果的。
むくみ腸を解消すれば、顔のむくみも解消するそう。取り入れやすいむくみケア方法から、試してみてください。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

続きを読む



  1. 1
    仕事・ワンオペ家事育児で女性は疲労困憊!? 危険な過労のサインとは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと まか…
  2. 2
    もっと気楽に!人間関係に疲れないための5つのポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3
    叱り上手・ほめ上手の6つのコツ|人間関係を円滑にする極意
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと どち…
  4. 4
    『大人のひきこもり』専業主婦のひきこもりが増加中?!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 若い…
  5. 5
    頑張り屋さんは“うつ”になりやすい?こんな性格の人はちょっと休もう
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 年々…
  6. 6 ひきこもりの心理。何が原因で『ひきこもり』になるの?
    ひきこもりの心理。何が原因で『ひきこもり』になるの?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 学校…
  7. 7 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  8. 8 眠い・だるい・疲れやすい・集中力がない…原因は鉄分不足かも?
    ストレスや疲労を感じたら、自律神経を整えて心身をリセット!
    【執筆】ピースマインド・イープ 若尾秀美 季節の変わり目に、体調を崩…
  9. 9
    【シワ・シミ・たるみ】老け顔の原因になる9つの食べ物
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 鏡で…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  11. 11
    ドーナツに栄養はない!? 実は体によくない物質だらけ…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  12. 12 睡眠不足が続くとうつ病になりやすい|睡眠5時間は危険ライン?
    睡眠不足が続くとうつ病になりやすい|睡眠5時間は危険ライン?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 仕事…
  13. 13
    体によさそうだけど、本当は“不健康”な食べ物9つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14 産後の体重減少や激しい抜け毛の原因は「産後無痛性甲状腺炎」だった!
    お腹がポッコリしてきた…それは太ったのではなく卵巣の病気かも?
    (編集・制作 (株)法研) 卵巣は腫瘍ができやすい臓器。しこりや張り…
  15. 15
    体がだるい・疲れが取れない時に!疲労回復にピッタリな食べもの
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  16. 16
    がん予防・老化防止・疲労回復・美肌…緑茶には健康効果がいっぱい!
    (編集・制作 (株)法研) (「すこやかファミリー」法研より) 「…
  17. 17
    真面目な人ほどストレスを感じやすい? ストレスと上手く付き合うコツ
    (編集・制作 (株)法研) 油断は禁物。長引くと社会生活に支障をきた…
  18. 18 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  19. 19
    食べ過ぎ注意!食べるだけでからだが臭くなる『臭う食べ物』
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  20. 20 ニキビが同じ場所に発生する原因を解明! ニキビ予防のスキンケア
    手軽な市販薬に要注意!20代以上の女性に多い『酒さ様皮膚炎』
    (編集・制作 (株)法研) (「ヘルス&ライフ」法研より) ステロ…

一覧