魚介類のスープ煮

魚介類のスープ煮
ジャンル
洋食
主な食材
魚介類
料理種別
主菜

(1人分)
エネルギー:171kcal
たんぱく質:21g
塩分:1.8g

魚介類のスープ煮の効能

えび、いか、たらともに低エネルギー・低脂質で良質のたんぱく質を含む、ダイエットにおすすめの食材です。特にいかに多く含まれるタウリンには、血圧を正常に保つ、血中コレステロールを減らす、肝臓を強化するなどの働きがあります。また、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)にも、コレステロールや中性脂肪を抑え、動脈硬化や血栓を防ぎ、血圧を正常に保つ働きがあります。セロリとたっぷりの根菜でビタミン・ミネラル、食物繊維も豊富。香辛料を効かせて塩分を控えた、生活習慣病予防にもってこいの一品です。

魚介類のスープ煮の材料

  • (2人分)
  • えび 60g
  • いか 80g
  • たら 80g(1切れ)
  • にんにく 10g
  • セロリ・にんじん 各40g
  • 玉ねぎ・かぶ 各60g
  • オリーブ油 小さじ2
  • 水 2カップ
  • コンソメ(固形) 1個
  • A【パプリカ・チリパウダー 各少々
  •  カレー粉・オレガノ 各小さじ1
  •  塩 0.8g
  •  こしょう 少々】

魚介類のスープ煮の作り方

  1. (1)えびは殻と背わたを取り、いかは1cm幅の輪切り、たらは一口大に切ります。にんにくは薄くスライスし、にんじんは5mm厚さの輪切り、セロリは縦半分に切り5cm長さに切ります。かぶ、玉ねぎはくし形に切ります。
  2. (2)鍋にオリーブ油を熱し、(1)をサッと炒め、分量の水、コンソメを加えて煮ます。
  3. (3)沸騰したらAを加えて煮込みます。

魚介類のスープ煮のここがポイント!

オレガノ
しそ科のハーブで、ピザなどイタリア料理によく使われます