かきとチンゲン菜の炒め煮

かきとチンゲン菜の炒め煮
ジャンル
中華
主な食材
魚・貝
料理種別
主菜

(1人分)
エネルギー:178kcal
たんぱく質:6.4g
カルシウム:155mg

かきとチンゲン菜の炒め煮の効能

かきは良質のたんぱく質が多く低脂肪。ビタミンAやB群、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅などビタミン・ミネラル類が豊富で、「海のミルク」と言われるほど栄養的に優れています。チンゲン菜はβカロテン、ビタミンC、カルシウム、鉄、食物繊維などを豊富に含みます。この2つの食材だけで骨粗しょう症の予防に役立つ栄養素がたっぷりとれます。また、かきに豊富なタウリンは、疲労回復や肝機能改善に役立つほか、血圧を正常に保ち血中コレステロールを減らすなど、動脈硬化の予防に効果があります。

かきとチンゲン菜の炒め煮の材料

  • (2人分)
  • かき(むき身) 160g
  • 小麦粉 大さじ1
  • チンゲン菜 160g
  • しょうが 少々
  • 豆板醤 小さじ1
  • 油 小さじ4
  • A【酒 大さじ2
  •  しょうゆ 小さじ2
  •  砂糖 小さじ1】

かきとチンゲン菜の炒め煮の作り方

  1. (1)かきは水洗いし、汚れを取り除きます。
  2. (2)チンゲン菜はサッとゆで、3cm長さに切ります。
  3. (3)フライパンに油をひき、薄切りにしたしょうが、豆板醤を炒めます。香りが出たら、水けを切ったかきに小麦粉をまぶし、ソテーします。
  4. (4)(3)のかきに火が通ったら、(2)のチンゲン菜を加え、サッと炒めます。
  5. (5)(4)に混ぜ合わせたAを加え、さらに炒めます。

かきとチンゲン菜の炒め煮のここがポイント!

かきの効用
高たんぱく・低脂肪で消化がよく、カルシウム、マグネシウムを豊富に含みます