きんめだいの梅煮

きんめだいの梅煮
ジャンル
和食
主な食材
魚介類
料理種別
主菜

(1人分)
エネルギー:143kcal
脂質:7.2g
糖質:3.7g

きんめだいの梅煮の効能

きんめだいは良質のたんぱく質と脂肪を含み、ビタミンB群・D・E、マグネシウムなどが豊富です。また、赤い皮の色素成分アスタキサンチンには強い抗酸化作用があり、動脈硬化の抑制、がん予防、美容などに効果が期待されています。春菊はビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富。特にβカロテン、カルシウム、鉄などを大変多く含み、貧血予防や骨粗しょう症の予防にも効果があります。独特の香り成分には、胃腸の働きを高める、唾液の分泌を促すなどの働きがあります。調理に油を使わないので、摂取エネルギーを抑えたい人にも安心です。

きんめだいの梅煮の材料

  • (2人分)
  • きんめだい 160g(2切れ)
  • 春菊 80g
  • A【湯 1/2カップ
  •  酒 小さじ1】
  • 梅干し 2個

きんめだいの梅煮の作り方

  1. (1)きんめだいは、皮目に切り込みを入れます。
  2. (2)春菊は3~4cm長さに切ります。
  3. (3)鍋にAを合わせ、梅干しをちぎって加え、種も入れます。強火にかけ、煮立ったら(1)を入れます。再び煮立ったら中火にし、落としぶたをして12~13分煮ます。
  4. (4)(2)を加えひと煮してでき上がり。
  5. (5)春菊を添えて盛りつけます。