豆乳の冷製スープ

豆乳の冷製スープ
ジャンル
汁物
主な食材
大豆・豆製品
料理種別
副菜

(1人分)
エネルギー:67kcal
たんぱく質:4.5g
塩分:0.4g

豆乳の冷製スープの効能

一晩水につけた大豆をすりつぶして加熱し、濾(こ)した液体が豆乳です。消化の悪い繊維質などが取り除かれているため、良質のたんぱく質や脂質ほか大豆の栄養成分が消化吸収しやすくなっています。トマトとオクラにはβカロテン(ビタミンA)とビタミンC、食物繊維が豊富。ビタミン類は皮膚を保護して肌を若々しく保ち、食物繊維は体内の余分な塩分を排泄して高血圧を防ぐのに役立ちます。オクラのネバネバ成分であるムチンは、ペクチンという水溶性食物繊維の一つ。胃の粘膜を保護し、腎機能や肝機能を高める作用があるといわれています。かつお昆布だしをしっかり効かせて、塩分控えめです。

豆乳の冷製スープの材料

  • (2人分)
  • オクラ 45g
  • トマト 60g
  • 豆乳 200g
  • しょうが汁 2g
  • かつお昆布だし 50g(1/4カップ)
  • しょうゆ・みりん 各6g(各小さじ1)

豆乳の冷製スープの作り方

  1. (1)オクラはゆでて、薄切りにします。
  2. (2)トマトは皮をむいて種を取り、小さいさいの目切りにします。
  3. (3)豆乳、だし、しょうゆ、みりん、(2)を加え、しょうが汁、(1)を加えます。