ふろふき大根の薬膳あんかけ

ふろふき大根の薬膳あんかけ
ジャンル
和食
主な食材
野菜
料理種別
副菜

(1人分)
エネルギー:47kcal
糖質:7.9g
コレステロール:0g

ふろふき大根の薬膳あんかけの効能

じんわりと煮汁のしみたふろふき大根は、低脂肪・低エネルギーでもボリューム感があり、おなかも大満足。あと一品ほしいとき、コレステロールや中性脂肪が気になる人も安心していただけるサイドメニューです。クコの実、松の実は、いずれも中国では老化防止の食材とされ、クコの実は目の疲れにも有効です。

ふろふき大根の薬膳あんかけの材料

  • <2人分>
  • 大根 200g
  • 大根の煮汁 だし昆布(5cm角) 1枚
  •       塩 少々
  •       薄口しょうゆ・砂糖 各小さじ1
  • A だし汁 1/2カップ
  •   酒・薄口しょうゆ 各小さじ1
  • 片栗粉 小さじ2
  • 水 小さじ4
  • クコの実 少々
  • 松の実 少々
  • ゆずの皮 少々

ふろふき大根の薬膳あんかけの作り方

  1. (1)大根は2〜3cm厚さの輪切りにして皮を厚めにむき、面とりして裏側に十文字の隠し包丁を入れます。米のとぎ汁で竹串が通るくらいまでゆで、火から下ろして流水を少しずつ加え、水を替えながら冷まします。
  2. (2)鍋に昆布を敷き、(1)を入れて、ひたひたの水(分量外)、塩、薄口しょうゆ、砂糖を加え、やわらかくなるまで煮ます。
  3. (3)別の小鍋にAを煮立て、クコの実を加えます。水溶き片栗粉でとろみをつけ、器に盛った(2)にかけ、松の実、ゆずの皮を散らします。

ふろふき大根の薬膳あんかけのここがポイント!

クコの実、松の実のほか、ゆり根、ナツメ、白きくらげを加えてもよいでしょう。