ぶりの鍋照り焼き

ぶりの鍋照り焼き
ジャンル
和食
主な食材
魚介類
料理種別
主菜

(1人分)
エネルギー:267kcal
たんぱく質:18.1g
塩分:1.9g

ぶりの鍋照り焼きの効能

ぶりは良質なたんぱく質と脂質を含み、ビタミンB1・B2・D・E、カルシウム、鉄などを豊富に含みます。また、EPA(エイコサぺンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)、タウリンを含み、生活習慣病の予防効果が期待されます。ビタミンDはカルシウムの吸収を促し、ビタミンEはEPAやDHAなど不飽和脂肪酸の酸化を防いでくれます。大根おろしでビタミンCや食物繊維が補えます。また、青じそはビタミン類が豊富で、独特の香り成分には食欲増進効果や殺菌作用がありますから、残さず食べましょう。

ぶりの鍋照り焼きの材料

  • (2人分)
  • ぶり(切り身) 160g(2切れ)
  • 塩 少々
  • サラダ油 小さじ1/2
  • たれ【しょうゆ 小さじ2
  •  みりん 小さじ2
  •  酒 小さじ2】
  • 大根おろし 80g
  • 青じそ 2枚
  • しょうゆ 小さじ1

ぶりの鍋照り焼きの作り方

  1. (1)ぶりは塩をして、10分おきます。
  2. (2)フライパンを熱し油を入れ、(1)を表に盛る面から焼き、裏側も同様に焼きます。
  3. (3)(2)にたれを加え、魚にからめて照りをつけます。
  4. (4)器に(3)を盛りつけ、青じそと大根おろしを添え、しょうゆをかけます。

ぶりの鍋照り焼きのここがポイント!

おいしく食べるひと工夫
焼いている魚にたれをかけると、味がよくなじみます。