きんめだいのかぶら蒸し

きんめだいのかぶら蒸し
ジャンル
和食
主な食材
魚・貝
料理種別
主菜

(1人分)
エネルギー:170kcal
たんぱく質:16.6g
脂質:7.3g

きんめだいのかぶら蒸しの効能

きんめだいは良質のたんぱく質と脂肪、ビタミンB群・D、マグネシウムなどを多く含みます。また、脳を活性化させるといわれるDHA(ドコサヘキサエン酸)も豊富で、皮の赤い色素成分アスタキサンチンには強い抗酸化作用があり、動脈硬化やがんの予防、美容などに効果が期待されています。かぶの根の部分にはビタミンCや食物繊維などが豊富で、消化酵素アミラーゼはでんぷんの消化を助けてくれます。春菊の独特の香り成分には、胃腸の働きを高める効果があります。

きんめだいのかぶら蒸しの材料

  • (2人分)
  • きんめだい 140g(小2切れ)
  • かぶ 50g(大1個)
  • 春菊 3本
  • にんじん 20g
  • 塩 少々
  • 酒 小さじ2
  • 卵白 1個分

きんめだいのかぶら蒸しの作り方

  1. (1)きんめだいに塩、酒を振り、10分ほど置いて水けを切ります。
  2. (2)春菊はサッとゆでて食べやすい長さに切ります。にんじんは皮をむき、薄めの輪切りにしてゆでます。
  3. (3)かぶは皮をむいてすりおろし、軽く水気を切ります。ボウルに卵白を入れ、塩ふたつまみを加えてかたく泡立て、かぶのすりおろしを加え混ぜ合わせます。
  4. (4)(1)を器に盛って(3)をかけ、蒸気の上がった蒸し器に入れ、蒸気が再び勢いよく上がったら火を弱め、8分ほど蒸します。
  5. (5)(4)を蒸し器から取り出し、(2)を添えます。