ヘルスケア領域での
アプリケーション開発

健康志向・女性向けメディアへの
アプローチなら

健康管理・生活習慣改善のソリューション提供

ヘルスケア分野での新規参入をお考えですか?

ヘルスケア分野におけるサービス形態は多岐に渡り、カテゴリごとに多くの課題が存在します。
行動ログアプリとしてのUI設計や、機器連携アプリとしての安定したデータ連携、情報アプリとしての質の良いコンテンツの供給フローなど、
自社サービスの運営で培った知見を活用し、ヘルスケアサービスを展開するあなたの手助けを行います。

ヘルスケア領域でのビジネス参入には
多くの課題が存在します

  1. 機器連携とサポート

    ヘルスケア領域では不可欠となる健康機器とスマートフォン間のデータ連携機能は、各機器メーカの通信規格に合わせたインターフェース作りと、安定した通信処理を実現するまでのシステム開発力に加え、リリース後のカスタマーサポートをいかに充実出来るかも重要なポイントとなります。

    機器連携とサポート
  2. バイタルデータの可視化

    大規模となりやすいバイタルデータの集積には、高速処理を前提としたデータベースの構築・運用だけでなく、集積したデータを利用者向けに可視化することまで求められます。また個人情報でもあるバイタルデータの管理には、セキュリティ対応が必須となります。

    バイタルデータの可視化
  3. 実証実験・トライアル

    生活習慣病(高血圧症、高脂血症、糖尿病など)の特定疾患に関しては、生活習慣の分析と改善を促すためソフトウェア活用が重要視されますが、多くのプロジェクトは大規模な実証実験を事前に行う必要があり、集積すべきデータ対象と集積後の膨大なデータ解析など、システム開発の知見だけでなく実証実験としての知見も重要です。

    実証実験・トライアル
  4. 医療ベンダとのシステム連携

    医療機関や製薬会社に関連するその開発プロジェクトでは、電子カルテに合わせたデータフォーマットやnsipsなどの業界専用の規格も多く存在し、単なるシステム開発技術に加えて、医療システム開発の知見とノウハウが重要となります。合わせて患者データの取り扱いには厳格なセキュリティ対応が必須です。

    医療ベンダとのシステム連携

NTTレゾナントの
ヘルスケアソリューションが持つ強み

インフラ基盤からアプリ開発までトータルソリューション提供

NTTレゾナントでは、全レイヤ一貫した「トータルソリューション」体制を確立しています。 数百の商用サービスを支える自社データセンタを活用した基盤調達から、web・スマートフォンアプリケーション開発を強みとしたシステム設計・開発、リリース後の運用保守と監視にいたるまで、ヘルスケア情報システムを一貫してトータルサポートします。

インフラ基盤からアプリ開発までトータルソリューション提供

自社サービス運営を生かしたコンサルティング業務

NTTレゾナントでは、10年にわたりポータルサイト「goo」を代表とするwebメディア運営を続けています。ヘルスケア領域では、その強みを生かし2005年から「gooヘルスケア」のメディア運営に加え、健康管理サイト「gooからだログ」や健康増進アプリ「ヘルスアシスト」の開発・運営を行ってきました。ヘルスケア業界で長年自社サービス運営した知見・ノウハウを生かしたサービス開発のコンサルティング業務が強みです。

  • アプリ開発

    カロリー値を推定できる「gooからだログ ヘルスアシスト」と、NFC・ble機器との機器連携したスマホ向けアプリ「gooからだログbodycloud」の開発と提供を実施

    アプリ開発
  • メディア運営

    女性のカラダとココロの不安を解消する健康メディア「gooヘルスケア」の運用を2005年より実施。

    メディア運営
  • ソリューション提供

    自社健康記録サービスに管理機能を追加し、地方自治体や医療機関向けに利用者の生活ログを記録し、生活改善を目指すソリューション提供を実施

    ソリューション提供 ソリューション提供

開発実績・事例

コンシューマ向けアプリ開発実績 Android/iOS

健康サービスを提供しているドコモ・ヘルスケア株式会社様と、コンシューマ向けヘルスケアアプリを開発しました。食生活や睡眠のちょっとしたコツで体内時計を整えて、ダイエットやアンチエイジングの効果アップや、生活習慣病の予防を目指す総合的な健康管理アプリです。

楽しみながら健康になるアプリ設計

楽しみながら健康になるアプリ設計

毎日の記録が楽しくなるようなユニークなUI設計に加え、数千を超える健康コンテンツ(食事レシピ・エクササイズ動画・健康記事etc)はユーザの健康への意識を高めることが可能です。また蓄積した生活データは実在する栄養士に相談することで、健康管理のトータルソリューションとなるアプリを実現しています。

ASEAN地域での実証実験

ASEAN地域内のシンガポールを対象として、ICTを活用した生活習慣病患者の重症化予防のための健康管理モデルがビジネス展開できるかのトライアルとして、実証実験のプロジェクトマネジメント・システム開発を担当。対象国・地域の社会や制度に合わせた現地化や、現地通信インフラの普及状況等に応じた対応、対象国の政府・病院関係者・民間企業などの人的ネットワーク構築によるパッケージ化等を進めるに際しての課題について調査研究を行いました。

ICTを活用した健康管理モデルの構築 ASEAN地域での実証実験

ICTを活用した健康管理モデルの構築

1バイタル記録
生活習慣病モニターが、NFC通信機能を備えたバイタルセンサーとスマートフォンアプリにより、血糖・血圧・運動量等の状況を定期的にシステム上に記録。
2遠隔モニタリング
医療等従事者が、カルテ等の従前の総合的なデータと、上記①で得られたバイタルデータ等を組み合わせることで、患者の状況を踏まえた遠隔モニタリング指導を実施。
3記録継続支援
記録継続を支援するために必要な家族などのサポーターから、最適なフィードバックを受けられる機能を実装。
ASEAN地域での実証実験

ヘルスケア分野での新規参入をお考えですか?

基盤構築、UI/UX設計、アプリ開発、リリース後の運用保守まで一括対応